主要な転職サイト、転職エージェントの2018年6月の求人動向

Trend.2018年6月の求人動向 主要な転職サイト、転職エージェントの2018年6月の求人動向。おすすめの求人も

2018年6月の求人動向求人動向

2018年6月の求人動向を総括すると、転職サイト最大手リクナビNEXT以外は求人が上昇するという結果になりました。例年求人のピークは3月から4月、5月と6月は求人が落ち着く傾向がありますが、2018年に関しては異なる動きを見せており、引き続き求職者に有利な状況が続いています

総務省が2018年5月29日に発表を行った、4月の失業率は2.5%と市場予想と一致しました。完全雇用に近い状況が続いていますが、実際には非正規雇用で働き、正規雇用を望んでいるものの、正社員になれていないという労働者が14%いるというデータも公表されており、まだまだ労働市場には改善の余地がありそうです。

転職を検討している方にとって、大切なのはまずはアクションを起こし、その上で判断するということです。例えば転職サイトを活用し、自身の市場価値を認識するのも選択肢の一つ。また転職サイトや転職エージェントに登録し、企業からのスカウトを待ってみるのも良いでしょう。

夢や目標があり、転職を検討しているのであれば、転職エージェントに登録し、プロのキャリアドバイザーに自身の転職市場での評価を聞き、将来のキャリアプランをいっしょに考えるところからスタートするのも選択肢の一つ

転職活動に取り組む過程で、転職を決断するのも良いでしょうし、転職するのを辞め、現在の職場で気持ちを新たに仕事に取り組むのも良い選択です。

人生は1回きり。どういう選択をするにせよ、最終的には自分自身の頭で決断し、悔いを残さない人生を歩みことが何よりも大切と言えるでしょう。

recommend転職サイトの求人動向

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

求人数
10,052件▼前月比マイナス192件
おすすめの求人
ソニー、東芝メモリ、公文教育研究会、インベスコ・アセット・マネジメント、国際経済労働研究所
求人動向
リクナビNXETの2018年6月の求人は、前月比マイナス192件と小幅な減少になりました。前々月が9,050件という大幅な減少だったことを考えると、求人の減少は落ち着いてきたと言えるでしょう。例年夏にかけてまた求人が増えていくので、ここからは求人増が期待できそうです。
今月の求人は微減でした、いまだに求人数は1万件を超えており、転職市場はまだまだ完全に売り手有利と言えます。転職を検討している方にとって、転職が決まりやすい状況と言えるでしょう。また、リクナビNEXTが取扱う求人を分析すると、完全復活を遂げた日本を代表する電機メーカーソニーが新たなに募集を開始、東芝の中核企業である東芝メモリや教育分野のガリバー、公文教育研究会も新たに求人を出稿しています。さらに世界的な運用会社インベスコ・アセット・マネジメントや、国際機関「国際経済労働研究所」も求人を行うなど、日系、外資系、公共機関問わず、求人が充実しています。
リクナビNEXTは、転職活動に取り組む求職者の約8割が登録する人気の転職サイトです。これから転職活動をスタートさせようと考えている方は、忘れずに登録しておきましょう。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)画像

求人数
46,314件△前月比プラス2,114件
おすすめの求人
日清食品、日本ヒューレット・パッカード、本田技研工業、日本郵便、三井不動産レジデンシャルサービス
求人動向
2018年6月のDODA求人動向は、前月比プラス2,114件と2か月連続で大幅なプラスになりました。一般的に4月、5月は求人が落ち込む時期と言われていますが、DODAは好調をキープしていると言えます。またDODAの新着求人の中身を分析すると、業績好調の日清食品、世界No.1のITインフラメーカー・ヒューレット・パッカードの日本法人「日本HP」、言わずと知れた日本郵便、北米での好調が続く本田技研工業、三井不動産のマンション事業の管理を行う三井不横断レジデンシャルサービス他、業種・職種を問わず、様々な企業が求人を新たに出稿しています。
DODAは、数ある転職支援サービスの中でもリクルートグループに次ぐ規模と実績を誇っており、TVCMを見たことがあるという方も多いはず。転職を検討するのであれば、選択肢の一つとして活用すべきサービスの1つと言えるでしょう。

関連ページ

求人サイト比較
人気の転職サイトを比較。求人数の比較はもちろん、スカウトサービスの有無や各サイトの特徴。利用者の評判も多数掲載。

recommend転職エージェントの求人動向

パソナキャリア

パソナキャリア画像

求人数
49,052件△前月比プラス537件
おすすめの求人
富士通、スクウェア・エニックス、アビームコンサルティング、PwCコンサルティング、FRONTEO
求人動向
2018年6月のパソナキャリアの求人は、前月比プラス537件となりました。前月は微減となったパソナキャリアの求人ですが、今月は減少分を取り戻しており、好調をキープしていると言えそうです。
実際の求人動向を分析すると、先月に引き続き求人を出稿している企業が多く、日本を代表する総合電機メーカー富士通、ゲーム企業大手として圧倒的な人気を誇るスクウェア・エニックス、外資系コンサル大手アビームコンサルティングや会計系の外資系コンサル大手・PwCコンサルティングが今月もパソナキャリア経由で採用を行っています。さらにAI開発に強みを持つFRONTEOも引き続き求人を掲載。パソナキャリアは、大手企業と外資系コンサルに加え、人気のスタートアップ企業の求人も目立ちます。業種と事業規模にこだわらず、様々な選択肢の中から転職先を見つけたいという方は、パソナキャリアを上手く活用すると良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数
211,023件△前月比プラス4,712件
おすすめの求人
アステラス製薬、日産自動車、野村證券、ボストンコンサルティンググループ(BCG)、シーメンス
求人動向
2018年6月のリクルートエージェントの求人は、前月比プラス4,712件のプラスと、前月に引き続き大幅な増加になりました。この2か月間の求人増加数は1万件を超えており、他社の求人増加数と比較しても圧倒的な求人増になっています。求人数で2位につけるパソナキャリアが5万件弱の求人数であり、その差は実に4倍以上と規模という面ではリクルートエージェントに圧倒的な優位性があることがわかります。今月の求人動向を分析すると、先月同様、製薬大手アステラス製薬に加え、野村證券や日産自動車といった国内資本の大企業が求人を引き続き掲載、外資系コンサル大手ボストンコンサルティンググループやシーメンスといった、外資を代表する大企業も、リクルートエージェント経由で引き続き求人を募集しています。また、圧倒的な求人数に加え、求職者へのサポート力という点でもリクルートエージェントは、高い評価を獲得しています。豊富な求人の中から、自分の希望に合った求人の紹介を受けたいと考えている方はもちろん、転職のプロによるサポートを受け、転職を成功させたいという方にとっても、リクルートエージェントは外すことができない転職エージェントと言えるでしょう。

関連ページ

転職エージェント比較
人気の転職エージェントを比較。非公開求人含む求人数の比較に加え、各社の得意分野や特徴、利用者の評判も。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 求人サイト比較
  • 求人サイトを比較!求人数やスカウト、独自サービスで人気のサイトは?
  • 転職にかかる期間
  • 知っておきたい時間の作り方、在職中の転職に役立つ転職エージェントやスカウトなどの便利なサービスを紹介!

New Contents新着コンテンツ

  • 時短勤務できる転職先の見つけ方
  • 時短勤務を希望する人が知っておきたい、転職成功のポイントとは?
  • 転職エージェントに登録できない場合の対処法
  • 転職エージェントに登録できない場合の対処法を3つのパターン別に解説
  • 転職面接の練習方法
  • 転職面接がうまくいかない方へ。成功する面接の練習方法をご紹介
  • DODA(デューダ)の評判
  • DODA(デューダ)の本当の評判は?良い評判だけではなく、中立評価や悪い評判も

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

リクナビNEXT

このページのトップへ