主要な転職サイト、転職エージェントの2018年7月の求人動向

Trend.2018年7月の求人動向 主要な転職サイト、転職エージェントの2018年7月の求人動向。おすすめの求人も

2018年7月の求人動向求人動向

2018年7月の求人動向を総括すると、転職サイト、転職エージェント問わず求人が増加しており、転職市場は堅調に推移したと言えるでしょう。7月以降転職市場は秋口に向けて再度盛り上がっていくことを考えると、今年の夏は転職市場が活発になりそうです。

いずれにせよ企業の求人需要が旺盛で、求職者に有利な状況が続いていることは間違いありません。

総務省が2018年6月28日に発表を行った、5月の失業率は2.2%と0.3ポイントも低下。市場予想を大きく上回る結果になりました。完全失業者数も151万人と前月比で21万人減少しており、労働市場の大幅な改善が目に付きます

転職を検討している方にとって、現在が好機であることに疑いの余地はありません。新しい職場での挑戦を考えている方は、まずは動いてみることが大切です。例えば転職サイトを活用し、自身の市場価値を認識するのも選択肢の一つ。また転職エージェントに登録し、プロのキャリアアドバイザーによる客観的な評価を聞いてみるのも良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントに登録する際、絶対に転職しなければいけないと思う方もいらっしゃいますが、転職活動に取り組む過程で、現在の会社の良さに気付き、転職を辞めるという方も実は少なくありません。

その場合は現在の職場で気持ちを新たに仕事に取り組むのも良い選択です。

人生は1回きり。転職するにせよ、転職しないにせよ、最終的には自分自身の頭で決断し、悔いを残さない人生を歩みましょう

recommend転職サイトの求人動向

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

求人数
10,938件△前月比プラス886件
おすすめの求人
オムロン、グリコ、日立製作所、ブルガリ・ジャパン、国際協力機構
求人動向
リクナビNXETの2018年7月の求人は、前月比プラス886件と順調に増加しました。前月は求人数が減少しましたが、その数を上回る上昇となっており、求人市場が堅調であることがわかります。2018年7月も引き続き売り手優位の状況であり、転職を検討している求職者にとって有利な状況と言えるでしょう。またリクナビNEXTが取り扱う求人を分析すると、日本を代表する総合電機メーカー日立製作所、計測機器大手オムロン、食品大手グリコに加え、外資系ブランドのトップ「ブルガリ」の日本法人や国際協力機構など、バラエティに富んでいます。
転職サイトを経由した転職活動を検討するのであれば、求職者の約8割が登録するリクナビNEXTは外せないサービスと言えるでしょう。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)画像

求人数
49,277件△前月比プラス2,963件
おすすめの求人
日清食品、ヤフー、オリックス、エイベックス・エンタテイメント、ゴディバジャパン、水戸市芸術振興団
求人動向
2018年7月のDODA求人動向は、前月比プラス2,963件のプラスとなりました。これでDODAの求人は3か月連続で大幅なプラスとなりました。その総数はパソナキャリアに迫っており、転職エージェントNo.2を奪還する時期もそう遠くはないかもしれません。それでは次にDODAの新着求人の中身を分析します。業績好調の日清食品の人事部、ポータルサイト最大手「ヤフージャパン」の営業、リース大手オリックスの役員秘書、音楽大手エイベックス・エンタテイメントの提案営業、言わずと知れたチョコレートのトップブランド「ゴディバジャパン」の人事、少し変わったところでは水戸市芸術振興団の舞台技術嘱託職員の募集も新たにスタートしています。
DODAは、転職サイトとしてのサービスに加え、転職のプロに相談できる転職エージェントとしてのサービスもワンブランドで提供。数ある転職支援サービスの中でもリクルートグループに次ぐ規模と実績を誇っており、TVCMを見たことがあるという方も多いはず。転職を検討するのであれば、選択肢の一つとして活用すべきサービスの1つと言えるでしょう。

関連ページ

求人サイト比較
人気の転職サイトを比較。求人数の比較はもちろん、スカウトサービスの有無や各サイトの特徴。利用者の評判も多数掲載。

recommend転職エージェントの求人動向

パソナキャリア

パソナキャリア画像

求人数
49,798件△前月比プラス746件
おすすめの求人
パナソニック、デンソー、オリックス銀行、Amazonジャパン、USJ
求人動向
2018年7月のパソナキャリアの求人は、前月比プラス746件となりました。これで2カ月連続の求人増となり、今月も総求人数は、ライバルのDODAの求人数を上回っています。
実際の求人動向を分析すると、日本を代表する家電メーカーの一つパナソニック、自動車部品メーカーとして世界トップクラスのシェアと実績を誇るデンソー、独自のサービスで消費者から高い評価を獲得しているオリックス銀行、既に日本でも楽天市場を上回る売り上げを達成していると言われるAmazonジャパン、ディズニー以上の成長を遂げているUSJなど、バラエティに富んでいます。パソナキャリアは、大手企業はもちろん、外資系企業の求人にも強い数少ない転職エージェントです。日系、外資系はもちろん事業規模に関わらず、様々な選択肢の中から転職先を見つけたいという方は、パソナキャリアを上手く活用すると良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数
212,765件△前月比プラス1,742件
おすすめの求人
アステラス製薬、日産自動車、野村證券、ボストンコンサルティンググループ(BCG)、シーメンス
求人動向
2018年7月のリクルートエージェントの求人は、前月比プラス1,742件のプラスと、前月に引き続き1,000件を超える大幅な増加になりました。他の転職エージェントも求人は増加していますが、リクルートエージェントはその数を上回る求人増を達成していることから、むしろライバルとの差は開いています。ライバルのDODA、パソナキャリア共に5万件弱の求人数であり、その差は実に4倍以上と規模という点ではリクルートエージェントを脅かすサービスはないのが現状です。
今月の求人動向を分析すると、先月同様、製薬大手アステラス製薬に加え、野村證券や日産自動車といった国内資本の大企業が求人を引き続き掲載、外資系コンサル大手ボストンコンサルティンググループやシーメンスといった、外資を代表する大企業も、リクルートエージェント経由での求人募集を継続しています。またリクルートエージェントは、圧倒的な求人数に加え、求職者へのサポート力という点でも利用者から高い評価を獲得しています。豊富な求人の中から、自分の希望に合った求人の紹介を受けたいと考えている方はもちろん、転職のプロによるサポートを受け、転職を成功させたいという方にとっても、リクルートエージェントは外すことができない転職エージェントと言えるでしょう。

関連ページ

転職エージェント比較
人気の転職エージェントを比較。非公開求人含む求人数の比較に加え、各社の得意分野や特徴、利用者の評判も。

このページのトップへ