主要な転職サイト、転職エージェントの2018年9月の求人動向

Trend.2018年9月の求人動向 主要な転職サイト、転職エージェントの2018年9月の求人動向。おすすめの求人も

2018年9月の求人動向求人動向

2018年9月の求人動向を総括すると、求人を定点観測しているリクナビNEXT、DODA、パソナキャリア、リクルートエージェントの大手4社の求人が全て増加。転職市場は総じて堅調に推移していると言えるでしょう。

一般的に転職市場は9月よりもさらに10月盛り上がっていく傾向があります。これは年内転職を目指す方や、ボーナス後の転職を目指す方が9月、10月に動き出し、企業側も退職者の穴を埋めるべく、求人活動を活発化させるためです。2018年度中の転職を検討している方は、ライバルの一歩先を行くため、早めに動き出すことをおすすめします。

総務省が2018年8月31日に発表を行った、7月の失業率は2.5%と0.1ポイント上昇。2ヶ月連続で悪化しました。細かく数値を分析すると、自発的な離職の数が変わらない一方で、非自発的な離職の数が1万人増加していることが気になります。ただ失業率が25年ぶりの低い水準にあることは間違いありません。雇用環境は引き続き堅調と考えて良いでしょう。

新しい職場で新しいキャリに挑戦したいと考えている方は、まずは動いてみることが大切です。例えば転職サイトを活用し、自身の市場価値を認識するのも選択肢の一つ。転職エージェントに登録し、プロのキャリアアドバイザーによる客観的な評価を聞いてみるのも良いでしょう

転職サイトや転職エージェントに登録する際、絶対に転職しなければいけないと思う方もいらっしゃいますが、転職活動に取り組む過程で、現在の会社の良さに気付き、転職を辞めるという方も実は少なくありません。

その場合は現在の職場で気持ちを新たに仕事に取り組んでも良いでしょう。

人生は1回しかありません。転職するにせよ、転職を辞めるにせよ、最終的に決めるのは自分です。しっかり考え、行動し、後悔のない決断をしましょう!

recommend転職サイトの求人動向

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

求人数
10,503件△前月比プラス589件
おすすめの求人
吉本興業、旭化成、東レ、カカクコム、タイ国際空港
求人動向
リクナビNXETの2018年9月の求人は、前月比マイナス589件となり、1万件の大台を回復しました。リクナビNEXTは言わずとしれた転職サイトの最大手ですが、求人に関しては増加と減少を繰り返す傾向があります。1万件は一つの節目であり、今月この数値を超えてきたことを考えると10月、11月の転職シーズンは好調が続きそうです。またリクナビNEXTが取り扱う求人を分析すると、日本を代表するお笑いの総合商社、吉本興業が新たに求人の掲載を開始。旭化成や東レといった素材大手、カカクコムなどのITサービス、変わったところではタイ国際空港も新たに求人を掲載しています。転職サイトを経由した転職活動を検討するのであれば、求職者の約8割が登録すると言われるリクナビNEXTは外せません。転職を検討している方はまず最初にチェックしておきましょう。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)画像

求人数
52,167件△前月比プラス834件
おすすめの求人
テレビ東京(編成事務スタッフ)、ベネッセコーポレーション(総合職) 、日本オラクル(ソリューションセールス)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(営業)、本田技研工業(広報・販促)
求人動向
2018年9月のDODA求人動向は、前月比834件のプラスになりました。これでDODAの求人増は5か月連続でプラス、今月も5万件の大台をキープしています。またここ数ヶ月間、求人数争いで激しい戦いを繰り広げているパソナキャリアとの2位争いですが、今月もDODAが上回っています。それでは次にDODAの新着求人の中身を分析します。テレビ局の中でも最も勢いのあるテレビ東京の編成事務スタッフ、ベネッセの総合職、外資系ソフトウェア大手日本オラクルのソリューションセールスは注目度の高い求人と言えるでしょう。また外資系の日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンの営業や本田技研工業の広報・販促の求人も応募が殺到しそうです。DODAではバラエティに富んだ企業が様々な職種で求人募集を行っています。無料会員登録しておけば業種・職種を問わず希望の条件を満たす求人を見つけることができるはずです。
DODAは、転職サイトとしてのサービスに加え、転職のプロに相談できる転職エージェントとしてのサービスもワンブランドで提供。数ある転職支援サービスの中でもリクルートグループに次ぐ規模と実績を誇っており、TVCMを見たことがあるという方も多いはず。転職を検討するのであれば、選択肢の一つとして活用すべきサービスの1つと言えるでしょう。

関連ページ

求人サイト比較
人気の転職サイトを比較。求人数の比較はもちろん、スカウトサービスの有無や各サイトの特徴。利用者の評判も多数掲載。

recommend転職エージェントの求人動向

パソナキャリア

パソナキャリア画像

求人数
51,747件△前月比プラス547件
おすすめの求人
パナソニック、ヤマハ、ファーストリテイリング、三井住友海上あいおい生命、アイ・エム・ジェイ
求人動向
2018年9月のパソナキャリアの求人は、前月比プラス547件と小幅ながら増加しました。これでパソナキャリアの求人増加も4カ月連続です。DODAとの求人数2番手争いでは負けましたが、パソナキャリアも5万件の大台を超えており、求人は堅調と言えるでしょう。
実際の求人動向を分析すると、日本を代表する家電メーカーの一つパナソニック、創業130年を誇るヤマハ、ファストファッションで世界と勝負するファーストリテイリングが引き続き求人を掲載。今月新たに三井住友海上あいおい生命や、Webサイト制作大手アイ・エム・ジェイが求人募集を開始しています。パソナキャリアは、大手企業はもちろん、地方の優良企業や外資系企業の求人にも強い数少ない転職エージェントです。事業規模に関わらず、様々な選択肢の中から転職先を見つけたいという方は、パソナキャリアを上手く活用すると良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数
228,549件△前月比プラス6,402件
おすすめの求人
アクセンチュア、エムスリー、ソフトバンク・テクノロジー、リクルートキャリア、サンライズ
求人動向
2018年9月のリクルートエージェントの求人は、前月比プラス6,402件のプラスと、前月同様、今月も大幅に求人が増加しました。他の転職サイトや転職エージェントが数百件程度の増加となる中、リクルートエージェントは圧倒的な求人増を達成。今月も22万件の求人を取り扱っており、現時点では転職エージェントとして圧倒的な地位を築いています。
今月の求人動向を分析すると、外資系大手コンサルティング会社のアクセンチュア、医療機関向け情報サービス企業として圧倒的な地位を築いているエムスリー、ソフトバン区グループの情報サービス大手・ソフトバンク・テクノロジーなど日系、外資系はもちろん、業種・職種を問わず求人が充実しています。またリクルートエージェントのサービスを提供しているリクルートキャリアも新たに募集を開始。変わったところでは、アニメーション制作会社サンライズも求人を掲載しています。
またリクルートエージェントは、圧倒的な求人数に加え、求職者へのサポート力という点でも利用者から高い評価を獲得しています。豊富な求人の中から、自分の希望に合った求人の紹介を受けたいと考えている方はもちろん、転職のプロによるサポートを受け、転職を成功させたいという方にとっても、リクルートエージェントは外すことができない転職エージェントと言えるでしょう。

関連ページ

転職エージェント比較
人気の転職エージェントを比較。非公開求人含む求人数の比較に加え、各社の得意分野や特徴、利用者の評判も。

このページのトップへ