転職のプロが語る!Web業界の求人動向と転職のコツ

転職活動の歩きかた

Web業界 転職

キャンセル

Web業界の求人動向と転職のコツをプロのキャリアコンサルタントにインタビュー転職のプロが語る!Web業界の求人動向と転職のコツ

転職活動の歩き方が、転職のプロ中のプロであるアデコのキャリアコンサルタント・長井綾子さんに、業界別の求人動向と転職のコツをインタビュー。第2回はWeb業界の求人動向と転職のコツです。現在Web業界で仕事をされており、転職を検討されている方は是非チェックしてみてください。

長井綾子さん

アデコ株式会社 人財紹介事業本部 IT&エンジニアリング紹介部長井綾子さん

人材派遣会社として有名なアデコですが、正社員転職を仲介する人材紹介サービスも提供。東京・名古屋・大阪に拠点を持ち、在籍するキャリアコンサルタントの数は120名以上と数ある人材紹介サービスの中でも急成長中。今回、インタビューに回答して頂いた長井さんは、インターネット関連を中心に、Web系専門職種全般のキャリアコンサルティングを手掛ける若手のホープ。

編集部

それではまず現在のWeb業界の求人動向について教えていただけますか?

長井さん

Web業界の求人も好調に推移しています。大規模サイトの制作を手掛けるWeb制作会社はもちろんですが、独立間もないスタートアップ企業の求人やモバイル関連の企業の求人が多いですね。一部Webを専門としない事業会社のWeb担当者・Webマーケッターの求人もありますが、求人が出ると応募が殺到し、すぐに決まってしまう人気求人になっています。

編集部

それでは次に今Web業界で求められている人材の特徴を教えて頂けますでしょうか。

長井さん

転職のプロが語る!Web業界の求人動向と転職のコツ

そうですね。数年前と比較すると少し求人の中身が変わってきているように思います。以前はHTMLのコードをしっかり書けるコーダーや、デザイン経験を積んだWebデザイナーの求人が中心でしたが、最近はさらに上流工程の作業を担うWebプロデューサーやWebコンサルタントの求人が増えています。これらの人材には顧客との交渉や社内調整等を行う力が求められます。つまりWeb業界でも顧客との交渉ができるコミュニケーション能力や、問題解決に取り組めるソリューション能力を持った人材が求められていると言えるでしょう。あとはやはりSEOがわかる人材に関してはどこからも評価が高いですね。

編集部

コードが書けたり、デザインができるだけでは駄目なんですね…

長井さん

もちろんコーダーやWebデザイナーの求人もあります。ただ最近のトレンドとして、コーディングやデザインを海外企業であったり、外部企業に委託するケースが増えてきており、今後もその傾向は続くと考えられます。もちろんコードが書けることや、デザインができる事も重要な能力の一つですが、その能力に加え、SEOやスマホ最適化といったプラスαの技術。またチームや顧客と仕事を進めて行く上で必要となるコミュニケーション能力やソリューション能力、マネジメント経験といった要素がより求められてくるように思います。

編集部

それでは次にWeb業界の方の転職理由に傾向があれば教えていただけますか?

長井さん

転職のプロが語る!Web業界の求人動向と転職のコツ

Web業界の方の転職理由には大きく分けて2つの傾向があるように思います。

まず一つ目ですが、Web業界は他の業界と比較すると、労働時間が長い職場が多く、残業や徹夜、休日出勤が当たり前という環境から抜け出したいという事を理由に転職を考える方がいらっしゃいます。Webを専門としない事業会社の転職人気が高いのは、ワークライフバランスを実現しやすいためと言えるでしょう。

二つ目は純粋に新しい仕事をやりたいという転職理由です。今の会社ではどうしてもやりたい事が出来ないということを理由に転職を考える方も多いですね。特にWeb制作会社の方が、上流工程の企画から携われる仕事にチャレンジしたいと考え、転職を検討される傾向があるように思います。

編集部

やはりWeb業界は忙しいという事を理由に転職を検討される方が多いのですね。

長井さん

そうですね。ただ以前と比較すると激務の会社は減っているように思います。また残業が多く、忙しいのに年収が上がらないという事が転職理由になる方もいらっしゃいますね。

編集部

では最後にWeb業界で転職を考えている方に、メッセージをお願いします。

長井さん

転職を検討する際は、自分自身が「できること」と「やりたいこと」を整理しておくと、転職活動をスムーズにすすめる事ができるでしょう

例えば、ただ企画の仕事がしたいといっても漠然としていて難しいですが、まず自分自身が持つWeb制作に関する技術と経験を整理し、その上でどういった企画の仕事がしたいのかを考えることで、企画の仕事に至る道筋が見えてくる事があります。

転職のプロが語る!Web業界の求人動向と転職のコツ

転職は自分だけで完結するものではなく、相手があり、成立するものですから、まずはしっかり自己分析を行う事が大切です。
もし自己分析に悩まれるようでした是非アデコにご相談ください。アデコのキャリアコンサルタントは、転職を希望する方の自己分析のお手伝いもさせて頂いています。
しっかり自己分析を行い、転職活動を成功させるための第一歩を踏み出しましょう!