転職のプロが語る!ゲーム業界の求人動向と転職のコツ

転職活動の歩きかた

ゲーム業界 転職

キャンセル

ゲーム業界の求人動向と転職のコツをプロのキャリアコンサルタントにインタビュー転職のプロが語る!ゲーム業界の求人動向と転職のコツ

転職活動の歩き方が、転職のプロ中のプロであるアデコのキャリアコンサルタント・長井綾子さんに、業界別の求人動向と転職のコツをインタビュー。第3回はゲーム業界の求人動向と転職のコツです。現在ゲーム業界で仕事をされていて、転職を検討されている方は是非チェックしてみてください。

長井綾子さん

アデコ株式会社 人財紹介事業本部 IT&エンジニアリング紹介部長井綾子さん

人材派遣会社として有名なアデコですが、正社員転職を仲介する人材紹介サービスも提供。東京・名古屋・大阪に拠点を持ち、在籍するキャリアコンサルタントの数は120名以上と数ある人材紹介サービスの中でも急成長中。今回、インタビューに回答して頂いた長井さんは、インターネット関連を中心に、Web系専門職種全般のキャリアコンサルティングを手掛ける若手のホープ。

編集部

まず現在のゲーム業界の求人動向について教えていただけますか?

長井さん

ゲーム業界の求人ですが、一時期のソーシャルゲームブームの時ほどではありませんが、いまだ活発で、安定的に求人がある状況です。また据え置きゲーム機のゲームを開発している大企業の求人ももちろんありますが、スマホゲームが中心の中小・ベンチャー企業の求人のほうが多いですね。

編集部

それでは次に今ゲーム業界で求められている人材の特徴を教えて頂けますでしょうか。

長井さん

転職のプロが語る!ゲーム業界の求人動向と転職のコツ

誰もが知っているゲーム開発大手も、中小・ベンチャーのゲーム開発会社も、主戦場がスマホゲームの開発に移っているため、スマホゲームの開発経験がある人であれば、転職する際、有利になる事は間違いありません。プログラミング言語で言うと、PHPやRubyの技術者が求められている傾向があります。また最近のトレンドで、Go言語(※グーグルが開発したプログラミング言語)がわかる求人というのもたまに見かけます。PHPは全ての基礎となる言語ですが、プラスアルファオブジェクト指向の言語を使いこなせると、転職市場では評価してもらいやすいでしょう。

編集部

プログラミング言語は特殊なものより汎用性が高いものを身に付けているほうが評価されやすいのですね。ちなみに異業種から未経験のゲーム業界への転職は可能なのでしょうか?

長井さん

そうですね。不可能ではありませんが、未経験からゲーム業界というのは、やはり簡単ではありません。まずご自身でプログラミング経験を積まれている事が大前提です。またゲームではなくてもアプリの開発経験があれば、それが評価される事もあります。ゲームが好きという強い気持ちを持ち、そのための努力をされている方の中に、転職に成功される方がいらっしゃるというのが、現状です。

編集部

好きというだけではなく、そこに至るための努力を怠らないという事が、未経験からゲーム業界への転職を成功させる上での最低限の条件と言う事ですね。では次にゲーム業界で転職を検討されている方の転職理由に傾向があれば教えてください。

長井さん

ゲーム業界も非常に仕事が忙しい業種の一つですので、環境の変化を求め、転職を希望される方が多いですね。もう少し残業が少ない仕事にしたいという要望を頂くこともありますが、ゲーム業界の場合、それ以上に自分がやりたい企画ができる会社を希望される方や年収アップを希望される方も多いですね。

編集部

それでは最後にゲーム業界で転職を考えている方に、メッセージをお願いします。

長井さん

転職のプロが語る!ゲーム業界の求人動向と転職のコツ

ゲーム業界で転職に成功されている方の傾向を見ると、自分の現状を正しく認識し、最終的な目標に向け、一歩一歩キャリアアップしていける方が多いように思います。またそういう方は、たとえ目の前の転職で年収がアップしなかったとしても、結果として将来の年収がアップしていくものです。

アデコはゲーム業界の求人も豊富に取り扱っており、ご相談頂ければ、現状分析はもちろん、その先のキャリアも考慮したキャリアコンサルティングを行っています

今すぐに転職を検討されていないという方も、是非お気軽にご相談ください。