人気の広告代理店への転職に強い転職エージェントを比較

転職活動の歩きかた

広告代理店 転職

キャンセル

広告代理店 転職エージェント比較

|口コミ数11

大手広告代理店への転職は狭き門。広告代理店の転職に強いおすすめの転職エージェントは?

電通、博報堂、ADKは紙、TV、ネット含むすべての広告を手掛ける広告代理店の代表格。広告に関わる仕事をしていれば、一度は仕事をする機会があるものです。この3社に限らず現在の職場と比較し、規模が大きい広告代理店であれば、広告主との距離が近くなり、予算規模も大きくなる傾向があるため、転職し、働いてみたいと思う広告マンは少なくありません。ただし、大手広告代理店への転職は狭き門。転職しようと思うのであれば、広告代理店への転職に強い転職エージェントを上手く活用する必要があります。
そこで転職活動の歩きかたが、大手広告代理店への転職仲介実績が豊富なおすすめの転職エージェントを厳選。各社のサービス比較に加え、利用者の評判を考慮し、2019年度版のランキングとして公表しています。広告代理店への転職を目指す方は、みんなのおすすめも参考に、広告代理店への転職を成功させましょう!

マスメディアン

マスメディアン画像

マスメディアン

総合

総合評価

4.5

求人数 4.0
取扱い業種・職種 5.0
独自サービス 4.5
サポート力 4.5
人気 4.5

マスメディアン公式サイトへ行く

広告代理店に強い転職エージェントを比較

取扱い求人数 2,562件2019年10月
主な広告代理店の求人(取扱い実績) 電通、博報堂、ADK、東北新社、ジェイアール東日本企画他多数
おすすめポイント 履歴書・職務経歴書の書き方から、作品集の作り方までトータルサポート

マスメディアンの強み

宣伝会議グループの転職エージェント。電通、博報堂、ADK他、大手広告代理店への転職成功実績が充実

マスメディアンの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・広告関連

広告代理店に限らずマスコミ関連で転職を考えているのであれば、宣伝会議系のマスメディアンは有効だと思う。広告の世界は広いようで狭く、電通にせよ博報堂にせよ、ADKにせよ、宣伝会議とは相互補完の関係にあり、求人を出す際、マスメディアンは(決まる決まらないは別にして)出しておこうとなるのが道理です。また求職者でマスコミ志望なら、これだけ効率よく求人を探してきてくれる転職エージェントは他にはない。ちなみに広告業界は異業種からの転職者も多いので、ハードワークに耐えられる人ならチャレンジしてみるのも良いと思います。

40才・男・会社経営

宣伝会議グループがもともと広告代理店に対して幅広いネットワークをもっているので、確かに他では見かけないような求人がある。ただ経営者側の立場から考えると、現時点で求人採用の媒体としてマスメディアだけを使いたいとはなかなか思わない。理由は広告関連の人材を採用する際、本当に有力な人材がここだけ見て活動しているとは思えないから。やはり優秀なクリエイターを幅広く募るのであれば、大手の転職エージェントは欠かせないと思う。ただマスメディアン経由で応募するような人は広告業界で働くという強い意志がある人材だと思うので、やる気がある人を第一条件に採用するなら有効だと思う。

33才・男・人材関連サービス

広告業界の求人と言ってもマスメディアンはWeb関連のデザイナーと編集・ライターの求人が圧倒的に多いと思います。あとは営業ですね。広告の仕事は幅広いのでどこで何をしたいのかで利用する転職エージェントを選ぶと良いと思います。面接では動画関連の経験があるかを聞かれることが多いので2018年も転職のトレンドとして、動画は人気だと思います。

マスメディアンは、広告代理店で働く人向けの教育サービスや、広告業界向け専門誌の発行を多数手がける宣伝会議グループ運営の広告代理店に強い転職エージェント

マスメディアンの魅力は、取り扱う求人を広告・Web・マスコミに限定している点だろう。広告業界に特化することで求人企業を選別し、求職者の質を高めることに成功しており、これまでに4万人を超える人材に転職支援サービスを提供。電通、博報堂、ADK、Jeki(ジェイアール東日本企画)、TFC(東北新社)といった大手広告代理店への転職を多数実現している。

またマスメディアンでは、無料転職支援サービスに登録したユーザー向けに、様々なサービスを提供。履歴書・職務経歴書の添削はもちろん、広告代理店のクリエイティブ職へ応募する際、必要になる作品集の作り方や、大手広告代理店への転職のポイントなども過去の実績をベースにレクチャーしてくれる。また未経験(異業種)から広告代理店へ転職を希望する人の登録を幅広く受け入れている点も評価できる。

現在広告代理店ですでに働いており、ワンランク上の仕事を目指したいという人はもちろん、異業種から広告代理店への転職を目指している人にとっても、マスメディアンは登録する価値がある転職エージェントの一つだろう。

ランキング順位に戻る

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

doda(デューダ)

総合

総合評価

4.5

求人数 5.0
取扱い業種・職種 4.0
独自サービス 4.5
サポート力 4.5
人気 4.5

doda(デューダ)公式サイトへ行く

広告代理店に強い転職エージェントを比較

取扱い求人数 7,213件2019年10月
主な広告代理店の求人(取扱い実績) 朝日広告、リクルートライフスタイル、GMOリサーチ、サニーサイドアップ他多数
おすすめポイント 業種・職種問わず様々な企業の求人が充実。転職エージェントとしてのサービスに加え、自己応募も可能

doda(デューダ)の強み

大手広告代理店の求人が充実。自身の適正年収がわかる年収査定や、企業からのスカウトが届くスカウトサービスも

doda(デューダ)の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・広告代理店

広告代理店に限らず、dodaは求人が多いので求人を見つけるのに困ることはないと思います。またスカウトサービスを使えば、企業からのスカウトを受け取れるので、業種を広告業界にしておけば、広告代理店だけではなく、広告業界に携わる企業からのオファーが届く可能性は高いです。個人的には転職活動の際、スカウトサービスを利用したことで、自分の経歴にどういう企業が興味を持ってくれるのかがわかったのは、とても良かったと思っています。また広告代理店を目指されている方は、企業によって社風も働き方も全く違うので、しっかり比較、検討した上で入社するところを決めましょう。人材の出入りも激しいですし、内定に関しては比較的取得しやすい業種だと思います。

40才・男・広告関係

ネット関連の広告代理店の求人に関してはdodaが多いと思う。そもそもdodaの母体のパーソルキャリアはサイバーエージェントやライブドアとつながりの深い宇野さんが創業した会社であり、その流れは2017年になり経営者が変わり、テンプスタッフに買収されたあともその傾向は変わっていない。電通や博報堂といった大手を狙うのであればリクルートエージェントや広告だ代理店専門の転職エージェントを使ったほうが良いと思うが、ネットで急成長している代理店を視野に活動するのであれば、dodaが良いと思う。

31才・男・企画関連

dodaは広告代理店に特化した転職エージェントではないので、広告関連の求人を検索すると、メーカーなどの広告担当者の求人や企画職の求人と、広告代理店の提案営業などの求人が一緒に表示され、希望の求人を絞り込むのに少し手間がかかります。エージェントサービスに登録し、キャリアアドバイザーに求人の絞り込みを依頼する場合は、関係ないと言えば関係ないですが、自分で求人を探したい、見つけたいという場合、専門系のほうが楽は楽です。ただメーカーなどの広告出稿側の求人が含まれるので、求人数は多いです。

dodaはテンプスタッフグループの「パーソルキャリア」が運営する転職支援サービスの総称。業種・職種を問わず、様々な企業の求人を取り扱っており、広告代理店の転職に関しても豊富な実績を誇っている。

dodaの魅力は、他の転職エージェントと比較しても大手の広告代理店の求人が充実している点だろう。求人実績を見ると、朝日広告、リクルートライフスタイル、GMOリサーチ、サニーサイドアップなど、総合広告代理店、紙・マスに強い広告代理店、ネットに強い広告代理店など多岐に渡っており、幅広い業種のなかから希望に添った広告代理店を選択することができる。またdodaは、プロのキャリアドバイザーに相談し、様々なサポートを受けつつ非公開求人含め最適な求人を紹介してもらう転職エージェントとしてのサービスだけではなく、気になる求人が見つかった際は自己応募できる転職サイトとしてのサービスも提供。自分のペースで転職をすすめたいという人にとって、dodaの利便性の高さは大きな魅力と言えるだろう。

さらにdodaは無料転職支援サービスに登録したユーザー限定で様々なサービスを提供。なかでも自身の適性年収がわかる年収査定や、履歴書・職務経歴書を登録しておくことで企業側からのスカウトメールが届くスカウトサービスは、利用者から高い評価を獲得している。

サイト上では職種を100種類に分類し、それぞれの特徴や年収、転職した人の年齢をデータにまとめたdoda職種図鑑、転職成功までの道のりをわかりやすく解説する転職成功ガイドなど、広告代理店への転職を目指すのであれば、一度はチェックしておくべきコンテンツが充実。広告業界に特化しているわけではないが、専業の転職エージェントと比較しても転職支援実績やサポート力では決して負けていない。広告代理店への転職を目指すのであれば、登録しておくべき転職エージェントの一つだろう。

ランキング順位に戻る

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

総合

総合評価

4.4

求人数 5.0
取扱い業種・職種 4.5
独自サービス 4.0
サポート力 4.5
人気 4.0

リクルートエージェント公式サイトへ行く

広告代理店に強い転職エージェントを比較

取扱い求人数 1万2,500件2019年10月
主な広告代理店の求人(取扱い実績) 電通、博報堂、ADK、リクルートライフスタイル、リクルートマーケティングパートナーズ他多数
おすすめポイント 圧倒的な求人数と転職仲介実績。リクルートエージェントのみが取り扱う独占求人も

リクルートエージェントの強み

転職エージェント最大手。広告代理店への転職仲介実績もトップクラス。転職支援サービスに無料登録したユーザー向けの独自サービスも充実

リクルートエージェントの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

42才・男・広告関連

広告代理店に関しても普通にリクルートエージェントで良いと思います。特に電通、博報堂あたりは中途採用が極端に少ないので、いつ出てくるかわかりません。広告代理店専門のサービスで募集をかけることもあると思いますが、リクルートエージェントを外すということは考えられませんし、大手広告代理店を目指す人であればあるほど、転職エージェントのリーディングカンパニーを外す理由はないかと。中小だったり、ネットに特化する場合は、別ですが、目指すところが大手ならやはりここがおすすめかと。

32才・男・広告営業

大手の広告代理店は何だかんだリクルートエージェントやdodaといった大手の転職エージェント経由で募集をかけています。また担当するキャリアアドバイザーの方も、広告業界出身者や、広告業界を専門に転職支援している方ばかりなので、そこに特化したところとそれほどそん色はないはず。むしろ中小だったり、専門性が高い広告代理店が、業種に特化した転職エージェントを利用している印象です。

評判をさらに読む

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇る転職エージェントの最大手。これまでに30万人を超える転職希望者をサポートしており、難関の大手広告代理店への転職も多数成功させている。

リクルートエージェントの魅力は、圧倒的な求人数だろう。取り扱う求人数は公開求人だけで11万7,943件以上、非公開求人は16万7,344件を超えており、広告業界の求人に限定しても公開・非公開含め1万2,500件以上と充実。広告代理店に強い転職エージェントと比較しても優位性がある。

またリクルートエージェントは資本金1億円を超える企業の求人が約半数を占めており、中堅広告代理店、大手広告代理店の求人に強い。他では取り扱いが少ない外資系の求人も1割を超えており、幅広い選択肢の中から転職先を検討したいと考えている人にとって、外すことはできない選択肢といえる。

さらにリクルートエージェントは、無料転職支援サービスに登録し、面談が終わったユーザー向けに様々なサービスを提供。転職候補先の企業の選考のポイントや社風他、求人票だけであわからない詳細な情報がわかるAGENT report(エージェントレポート)や転職面接のノウハウを転職のプロが解説する面接力向上セミナー、転職活動の応募状況や進捗が一目でわかるPersonal Desktop(PDT)等、他の転職エージェントにはない独自サービスが充実している。

広告代理店に特化した転職エージェントではないが、リクルートエージェントの実力と実績に疑う余地はない。特に電通、博報堂等、ADK他、大手広告代理店への転職を目指すのであれば登録しておきたい。

ランキング順位に戻る

広告転職.com

広告転職.com画像

広告転職.com

総合

総合評価

4.4

求人数 4.0
取扱い業種・職種 5.0
独自サービス 4.5
サポート力 4.0
人気 4.5

広告転職.com公式サイトへ行く

広告代理店に強い転職エージェントを比較

取扱い求人数 3,299件2019年10月
主な広告代理店の求人(取扱い実績) 電通、博報堂、ADK、東急エージェンシー、大広、読売広告社
おすすめポイント 直接応募で転職が決まると1万円のギフト券をプレゼント。広告代理店のキーマンに広告業界の未来を聞いたコンテンツも

広告転職.comの強み

広告業界に特化し、10年の歴史を持つ転職エージェント。電通、博報堂、ADKなどの大手、東急エイジェンシーや大広などの準大手の求人取扱い実績も

広告転職.comの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

29才・男・広告営業

大小問わず広告代理店への転職を目指すのであれば、ほぼ広告代理店の求人の取扱いしかない広告転職.comは便利だと思います。求人数が多い訳ではありませんが、それこそ広告代理業のトップランナーである宣伝会議グループということで、研修も就職先も豊富です。ただ大手広告代理店に関しては、リクルートエージェントやdodaといった大手のほうが多い印象があり、中堅どころの広告代理店が多い気がします。正直広告業界も例に漏れず、大手は動きが遅いので、広告代理店で本気でスキルを身に付けたいなら、中小で働いたほうが良いことは自明の理。そういう意味では中堅どころの広告代理店が多い広告転職.comはねらい目な気がします。

40才・男・広告代理店

いわゆる大手の転職エージェントと比較すると、広告業界の求人数でも数では及びませんが、求人広告出稿時の手数料が違うので、他では取り扱いの少ない、中小の広告代理店やスタートアップ系のネット関連の広告代理店を見かけます。ページ上には大手広告代理店が出ていますが、出ているケースはまれなので、大手の広告代理店を目指すのであれば、登録後、根気よくチェックする必要があります。

広告転職.comは、運営開始から10年の歴史を持つ広告・Web業界に特化した転職支援サービス。求人数は他の転職エージェントと比較すると若干少ないが、大手広告代理店、ネットに強い広告代理店への転職仲介実績はトップクラス。

広告転職.comの魅力は、自身で広告代理店の求人を検索し、直接応募する転職サイトとしてのサービスと、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談し、公開・非公開含め豊富な求人の中から、条件を満たす広告代理店を紹介してもらう転職エージェントのサービスの両方を利用できる点だろう。同様のサービスをdodaも提供しているが、広告転職.comでは、直接応募で採用が決まった場合、転職祝い金(※1万円のギフト券)をプレゼントしており、これはdodaにはない魅力と言える。

またホームページ上では総合広告代理店だけではなく、専門広告代理店や未経験歓迎の求人を絞り込むことができる他、広告代理店のキーマンに広告業界の未来について聞くインタビュー企画など、広告代理店への転職を目指す人にとって、役立つサービスやコンテンツが充実。

広告転職.comは、電通、博報堂、ADKに加え、東急エイジェンシーや大広、読売広告社の非公開求人を取り扱うなど実績は十分。広告代理店に強い転職エージェントの一角として、登録を検討する価値はある。

ランキング順位に戻る

Symphoneed(シンフォニード)

Symphoneed画像

Symphoneed(シンフォニード)

総合

総合評価

4.0

求人数 3.5
取扱い業種・職種 4.5
独自サービス 4.0
サポート力 4.0
人気 4.0

Symphoneed(シンフォニード)公式サイトへ行く

広告代理店に強い転職エージェントを比較

取扱い求人数 264件2019年10月
主な広告代理店の求人(取扱い実績) DENTSU Y&R、HAKUHODO i-studio、シーエーモバイル、CyberZ他多数
おすすめポイント 書類選考通過後の面接支援にも定評あり。一部企業を除き、面接の同行に対応

Symphoneed(シンフォニード)の強み

年間7,000名以上の転職をサポートする転職エージェント。特にネット広告代理店への転職支援に強み

Symphoneed(シンフォニード)の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・広告関連

実際に求人を検索してみたところ、IT関連の企業が多い印象を受けました。広告業界の中でもネット広告や、IT業界の仕事を探している人なら、効率よく求人を見つけられるかもしれません。ただ私が検索したタイミング(2018年2月)では、ピックアップ求人が25件しかヒットしなかったので、求人の絶対数という点では明らかに少ないので、ここだけで転職活動に取り組むのは無理があると思います。

Symphoneed(シンフォニード)は、T.Y.Mコーポレーションが運営する、広告・Web業界の転職支援に特化した転職エージェント。取り扱う求人の過半数を総合広告代理店もしくはネットに特化したネット広告代理店が占めており、年間7,000名以上の転職をサポートするなど、広告代理店に強い転職エージェントとして一定の評価を獲得している。

Symphoneed(シンフォニード)の魅力は、広告・Web業界に特化することで、求人企業と強いコネクションを構築。採用の背景を正確に把握することで、転職希望者とのマッチング精度を上げている点だろう。これは結果的に高い書類選考通過率と転職後の満足度の高さにも繋がっており、Symphoneed(シンフォニード)の最大の強みになっている。

またSymphoneed(シンフォニード)では、無料転職支援サービスに登録したユーザー向けのサービスの質にも定評がある。キャリアコンサルティングは目の前の希望だけではなく、5年先のライフプランを見据え、プラン実現のためのステップを提案。書類選考通過後の面接対策も、個別企業ごとの傾向を分析した上でしっかりサポートしてくれる。また一部企業を除き、面接の同行も行っており、担当のキャリアドバイザーと二人三脚で広告代理店への転職を目指せる点も、Symphoneed(シンフォニード)の魅力の一つと言えるだろう。

求人企業の傾向を見ると、DENTSU Y&R、HAKUHODO i-studio、シーエーモバイル、CyberZなどのネット広告代理店や、急成長している新しい広告代理店の求人に強みがある。今後のキャリアの軸足をネットに置きたい人はもちろん、勢いのある中小ベンチャーで成長していきたいと考えている人にとって、Symphoneed(シンフォニード)は選択肢の一つになるだろう。

ランキング順位に戻る

  • 広告代理店に強い転職エージェント 比較は転職活動の歩きかた編集部調べです。
  • 掲載情報の詳細は、広告代理店転職エージェントを運営する各社のHP上をご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
  • 広告代理店に強い転職エージェントの比較に投稿された口コミは、あくまで投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

広告代理店 転職エージェント比較 総評

編集部による総評

広告代理店に強い転職エージェントをランキングした結果、1位にはマスメディアンがランクインしました。マスメディアンは広告業界で働く人間であれば誰もが知っている「宣伝会議」グループの転職エージェントで、業界内のつながりを活かし、大手から中小ベンチャーまで、幅広く広告代理店の求人を取り扱っています。

同率1位にランクインしたdoda(デューダ)は、パーソルキャリアによる転職仲介サービスの総称で、転職エージェントとしての機能に加え、希望の求人に自己応募できる転職サイトつぃての機能も備えています。また取り扱う求人の数は、広告業界を専門とするサービスと比較しても圧倒的で、幅広い業界の求人の中から、広告関連の仕事を探したいという方におすすめです。

3位にランクインした広告転職.comは、マスメディアン同様、広告業界に特化しており、効率良く転職活動を進めたいという求職者は要チェックのサービスと言えるでしょう。同率3位のリクルートエージェントは、業界問わず圧倒的な転職成功実績を誇る最大手の転職エージェントです。広告業界も例外ではなく、求人数では他を圧倒。またキャリアアドバイザーの質の高さにも定評があります。

広告業界は決して楽な業界ではありませんが、自分が必死で頑張った仕事が広告という目に見える形になり、結果も明確にわかるという点で、大きなやりがいのある仕事と言えます。

未経験から広告業界を目指す方は、泥臭い仕事のほうが多いということをしっかり認識した上で転職すれば、きっと頑張れるはずです。キャリアアップを目指し転職する方は、今の仕事を超える仕事ができる場所を見つけ、日々の仕事に取り組んでいきましょう。

広告代理店 転職エージェント 比較 口コミ投票!口コミ3回採用でAmazonギフト券500円分プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了
必須口コミする広告代理店転職エージェント
  • マスメディアン
  • T.Y.Mコーポレーション
  • doda
  • リクルートエージェント
  • 広告転職.com
  • その他
必須評価項目と点数
  • 主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください

評価項目

点数(5点満点)

-点

任意理由
必須メールアドレス
  • PCメールアドレスを指定してください
  • 口コミ採用時のご連絡先となります

例)tenshoku@tenshokuwalk.com

任意年齢
任意性別
必須ご職業

例)銀行員、専業主婦など

  • 特定の個人・団体等のプライバシーの侵害や誹謗・中傷につながる投稿、虚偽の口コミ、関係者からのサクラ投稿などは掲載することができません。
  • ご投稿いただいた口コミの著作権は「転職活動の歩きかた」に譲渡されるものとします。
  • 掲載に際して、一部編集をさせていただく場合がございますのでご了承ください。