転職面接 攻略 対策

転職活動の歩きかた

転職面接 攻略 対策

キャンセル

転職面接を攻略

転職の流れ

転職面接を攻略

身だしなみ、ビジネスマナー、試験対策、転職面接に役立つ模擬面接など、転職者が知っておきたい各種の面接対策をご紹介!

転職面接を攻略

採用につながる転職面接必勝法

企業選び&転職エージェントのサポートも重要

転職では、応募者のスキルや経験に加え、面接での印象が結果を大きく左右します
ほぼ白紙状態からスタートする新卒採用と比較すると、中途採用者の場合は、入社後の担当業務や一緒に働くメンバーが決まっていることが多く、第一線で活躍できる即戦力が求められているケースも少なくありません。

企業にとって、このような即戦力人材は、社員育成にかかるコストを削減できるというメリットがある反面、採用に失敗すれば新卒採用よりもリスクが高くなる(実務に支障をきたす、新人と比較すると人件費がかかる)ことも事実です。

そのため、多くの企業は、応募者の人的スキルや、社内風土との相性、経営方針への理解など、応募書類だけでは把握しきれない部分を、転職面接でチェックしているのです。

話し合い画像

転職希望者の中には、「面接ではありのままの姿を見せて、自分の良さをわかってもらえばよい」と考える人もいますが、このように、企業側が面接を行う「そもそもの意味」を理解したうえで、充分な事前準備をしなければ、多くのライバルに差をつけて内定を得ることは至難の業と言えるでしょう。

転職面接に欠かせない事前準備とは

面接における事前準備は、自分自身のスキルや経験を整理することからはじまり、キャリアデザイン、応募書類の作成、面接当日の身だしなみやビジネスマナーまで多岐にわたります。

事前に100%や120%の準備をしても、本番で発揮できるのは、実力の80%程度である場合もめずらしくありません。そのため、事前準備は1件1件真剣に取り組むのが基本。たとえ本命の企業でなくとも、本命企業と同様の準備を行い、全力で面接に臨めば、その分、場数を踏んで度胸やテクニックが身につき、本当に行きたい会社での転職面接に生かすことができます。

基本の面接準備

1応募書類

応募書類アイコン

履歴書や職務経歴書は、応募する企業ごとに作成するのが基本です。特に履歴書の志望動機や自己PR、職務経歴書の職務内容や職務経験などは、応募する企業に合わせて書くようにしましょう。誤字や脱字に注意し、記入ミスをした場合は修正液を使わず最初から書きなおすのがおすすめです。
また、直前の面接対策として、自分が書いた内容を読み返せるよう、提出した書類についても控えを取っておくと良いでしょう

2ビジネスマナー

ビジネスマナーアイコン

社会経験のある応募者が集まる転職面接では、ビジネスマナーは身に着いていて当然とみなされます。ビジネスマナーができていない応募者は、それだけで減点対象となりやすいため、細かなマナーに不安がある場合は面接前にもう一度チェックしておきましょう。
入室時はノックを忘れずに。先に面接室に通された場合は、面接官の到着とともに席を立って一礼し、相手のすすめで再び着席します。
また、入室・退室時の際は面接官のほうを向いて一礼し、お尻を向けたまま出ていかないようにしましょう。

3身だしなみ

身だしなみアイコン

身だしなみはビジネスマナーと同様、社会人としての常識が表われる部分です。
服装・髪型は清潔感を第一に。服装は基本的にスーツですが、企業によって対応が異なります。広告・IT業界などは服装に関する制約の少ない企業が多く、反対に銀行・保険業界は、ヘアカラーやネイルもNGなど厳しい企業が多い傾向があります。

4体調管理

体調管理アイコン

面接当日は、睡眠と食事をしっかりと摂り、体調を整えて現地に向かいましょう。
ビジネスでは、体調管理も仕事の一つと見なされます。とりわけ、その人にとって重要な局面であるはずの転職面接の場で体調を崩していれば、採用側は「大事な用件の時も体調を崩すのではないか」、「自己管理ができていない人なのでは」と不安になるもの。風邪を引きやすい人は、手洗い・うがいを徹底する、インフルエンザの予防接種を受けるなど、防止に努めましょう。

ライバルに差をつける!転職面接

試験対策(筆記・実技)

転職面接の場では、面接だけでなく筆記や実技などの試験が実施される場合も少なくありません。事前に告知がある場合もあれば、抜き打ち試験が行われる場合もあります。

筆記試験については、試験の有無を必ず確認し、告知がない場合でも面接には筆記用具を持参しましょう。
抜き打ちの試験対策としては、企業情報をよくチェックして、求められている知識や技術がなにかを知っておくこと、未経験分野については入門書などを一冊読んでおくのもおすすめです。
また、ビジネスのトレンドや最近話題のニュースについてどう思うかを聞かれることも多いため、日ごろから時事などのニュースは押さえておくと良いでしょう。

試験対策におすすめの新聞・ビジネス雑誌

日経ビジネス

日経ビジネス画像

日経BP社発行の経済週刊誌。各号ごとにテーマを設けた特集のほか、ビジネス時事ニュースや景気動向、新商品・新サービス・注目企業・注目人物等の紹介が中心。経済紙に比べてタイムラグはあるが、より深いビジネス知識を得られる。

金額
  • 一冊:690円
  • 定期購読:24,500円(一年間)/51,700円(三年間)/77,300円(五年間)

日本経済新聞

日本経済新聞画像

発行部数世界最大の経済紙。経済関連のニュースを軸に、金融・証券情報、産業界の動向などを専門の記者が深く掘り下げて提供。話題のサービスやヒット商品等の消費トレンドもチェック可能。ビジネスパーソンの必読紙

金額
  • 朝刊・夕刊:月額4,509円 ※エリアにより異なる
  • 朝刊のみ:月額3,670円 ※エリアにより異なる
  • 電子版:通常4,000円、新聞購読時+1,000円

朝日新聞

朝日新聞画像

日本を代表する全国紙。政府の政策や大型組織の矛盾を鋭く指摘する内容の記事が多い。創刊以来、一世紀以上連載されている一面コラム「天声人語」は、大学などの入学試験で取り上げられ「受験の朝日」の異名も。

金額
  • 朝刊・夕刊:月額4,037円 ※エリアにより異なる
  • 朝刊のみ:月額3,093円 ※エリアにより異なる
  • デジタル版:通常3,800円、新聞購読時+1,000円

実技試験については、業種・職種によって多種多様な課題(調理、翻訳、デザイン、ビジネス文書作成など)が出されます。その職種に必要なスキルがピンポイントで試されるため、試験の結果は往々にして採用判定に大きく作用します

ただし、一般的には、対処不能なほどの難問が出されるケースはまずないため、動揺して実力が発揮できなかったということがないよう、落ち着いて臨むことが肝心です。

応募書類の読み返しや企業研究・業界研究のおさらい

転職面接の前には、応募書類に記載した「志望動機」や「転職理由」「自己PR」などの内容をもう一度読み込んでおきましょう。書いた内容を自分の中によく落とし込み、矛盾している箇所はないか、表現が不充分で誤解されそうな箇所はないか等をチェックして面接に備えます。

書類チェック画像

また、ライバルの存在を意識しておくことも重要です。書類審査を通過し、面接に進んだ応募者は、自分と同レベルのスキルや経験を持っていることが多いもの。ライバルと比較して自分が秀でている部分はどこかを意識して、面接で積極的にアピールできるようにしておきましょう。

書類選考から面接まで時間がある場合は、応募書類を提出する前に行った企業研究や業界研究をもう一度おさらいしておくと良いでしょう。特に、応募企業に関連する最新ニュースや競合他社の動向などを調べておくことは、仕事に対する理解度の深さや入社に関する熱意をアピールできます。

転職面接の流れをシミュレーション

面接直前になったら、当日の入室から退室までの流れをイメージしておきましょう。一連の流れの中で、自己PRをするタイミングや、「転職理由」「志望動機」などの必ず聞かれる質問にどう答えるかをあらかじめ考えておくと、冷静に臨むことができます。

転職面接をシミュレーションする際は、自分自身のイメージトレーニングもさることながら、友人や家族に面接官役になってもらったり、人材紹介会社に模擬面接をしてもらうなどして、実際に面接の練習をする方法がおすすめです

転職に強い人材紹介会社

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界No.1の実績を誇る人材紹介会社。すべての業種に幅広いコネクションを持ち、21万9,000件以上と圧倒的な数の非公開求人を扱う。応募書類や面接対策等サポートも充実。

求人数 2019年3月時点 公開求人:約5万2,000件以上
非公開求人:約21万9,000件以上
ここに注目!
  • 実績No.1の人材紹介会社最大手
  • 幅広い業界に対応
おもな求人 IT系、営業、エンジニア、金融、人材、建設・不動産ほか

パソナキャリア

パソナキャリア画像

パソナグループが運営する人材紹介会社。取引実績企業は12,000社、転職希望者のサポート実績も25万人を超えており、信頼度・実績はトップクラス。全国に拠点を持ち、男性はもちろん女性の転職にも強い

求人数 2019年3月時点 3万7,000件以上
ここに注目!
  • 全国に拠点。男性に加え、女性の転職にも強い
  • 12,000社・3万7,000件を超える求人数(※うち非公開求人80%以上)
おもな求人 IT・WEB、医療、営業、金融、コンサルティング、不動産・建設ほか

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント画像

世界最大級の人材サービス企業「アデコ」の日本法人が運営する転職エージェント。人材派遣会社として高い知名度を誇るアデコだが、近年正社員転職にも力を入れており、登録者に手厚いサポート提供。実際にサービスを利用したユーザーの満足度は極めて高い。コンサルタントが企業の人事と直接やり取りしているため、スピーディーなやり取りを期待でき、転職にかかる期間を短縮できるだろう。

求人数 2019年3月時点 公開求人:約1万9,000件以上
ここに注目!
  • コンサルタントが転職者と企業人事部の双方と直接やり取り
  • 非公開求人80%以上、サポート力に定評あり
おもな求人 IT、Web・クリエイティブ、金融、経営・コンサル、メディカル(医療・製薬)、営業、マーケティングほか

転職面接はコミュニケーションと心得る

転職面接でもっとも大切なことは、面接もまた企業(採用担当者)とのコミュニケーションであるという点です
どれほど能力の高い応募者であっても、採用担当者に一緒に働きたいと思ってもらえなければ、面接に合格することはありません。

面接で相手に好印象を与えるコツは、相手の話をしっかりと聞き、質問された内容に誠実に答えること。また、結論から先に入るわかりやすい回答も好まれます。
面接時の受け答えと同時に、面接時の態度や姿勢も重要です。緊張のあまり、面接官を相手に萎縮しがちな場合は、頭の中で自分が尊敬する人物をイメージし、その人に会いに行くことを想像してみましょう。忙しい中、時間を割いて面接を行ってくれた面接官に対して感謝の気持ちを持つなど、まずは好意を持って相手に接することも大切です。