2018年4月入社を目指すなら転職活動はいつから?

News.転職で2018年4月入社を狙う場合の最適な転職活動の開始時期とは 2つの答えと3つの選択肢を解説

転職で2018年4月入社を目指すならいつから転職活動を始めるべき?2つの答えと3つの選択肢転職ニュース

転職で2018年4月入社を目指すならいつから転職活動を始めるべき?2つの答えと3つの選択肢

2018年も1月がついに始まりました。年末年始の休暇中に今後の自分自身の働き方を見つめ直し、転職を検討されている方もいれば、去年から転職を検討していた方で、2018年こそ転職しようと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは実際にいつを目途に転職するかという点ですが、最も切りが良いのは2018年4月入社であることは間違いありません

なぜ2018年4月入社が良いのかという点にはいくつか理由があります。以下はその理由を求人企業側、求職者側に分け、箇条書きにして、まとめたものです。

2018年4月入社をおすすめする理由

求人企業側
  • 多くの企業が新しい期がスタートするタイミングでの採用になるため、人件費の予算を立てやすい
  • 研修、保険、福利厚生他、新入社員及び他の中途採用の社員と同時にスケジュールを組めるので、工数の削減につながる
求職者側
  • 2018年の1月もしくは2月に転職活動をスタートした場合、4月入社の内定獲得までに十分な時間がある
  • 前職を退職するまでに十分な引継ぎの時間を取ることができ、有給の取得や入社準備の時間を取れる

ではどうすれば2018年4月入社を実現できるのでしょうか?その答えは企業の求人票と内定の獲得時期にあります。

2018年4月入社を実現するための2つの答え

01.2018年4月入社と明記されている求人に応募する
求人企業の中には採用コストの圧縮や事務処理を効率化する目的で、2018年4月入社と求人票に明記しているケースがあります。これらの求人に応募し、内定を獲得した場合は、内定獲得時期に関わらず、2018年4月入社を実現できます。
02.2018年2月から3月初旬をめどに内定獲得を目指す
2018年4月入社と求人票に明記されていない場合も2月中に、遅くとも3月初旬までに内定を獲得することができれば、2018年4月入社で入社日を調整できるはずです。求人企業が特に4月1日にこだわっていない場合は、自分自身で希望を伝え、4月1日での入社を実現しましょう

2018年4月入社を目指すのであれば、上記で解説した2つ答えのいずれか、もしくは両方を意識し、転職活動をすすめていくと良いでしょう。

また転職するための方法は以下の3つに集約されます。どの方法を選ぶかは自由ですが、2018年4月入社を実現するために、最も効率が良い方法を選ぶと良いでしょう。

2018年4月入社を実現するための選択肢その1:転職エージェントを活用する

転職のプロである転職エージェントを活用する方法。登録時の面談で2018年4月入社を希望する旨を伝えておけば、その条件を満たす求人を厳選してくれる。また書類応募、面接日程調整、条件交渉、入社日調整等、全てのタスクを代行してくれる点も転職活動を効率よく進める上で役に立つ。

recommendおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1を誇る転職エージェントの最大手。他の転職エージェントと比較しても、保有する求人数に圧倒的な差があり、キャリアアドバイザーのサポート力にも定評がある。

あわせて読みたい

転職エージェント比較
人気の転職エージェントを比較。各社の求人数や得意とする業種、サービスの特徴は?実際に転職に成功したユーザーの評判だけではなく、中立評価や悪い評判も掲載。

2018年4月入社を実現するための選択肢その2:求人サイト(転職サイト)を活用する

求人サイトは自己応募とスカウトサービスが中心になるが、掲載されている求人の中には、2018年4月入社と明記されている求人を取り扱っているサイトがいくつかある。これらの求人に応募し、内定を獲得できれば2018年4月から新しい職場でスタートを切ることができるだろう。

recommendおすすめの求人サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

求職者の8割近くが登録する求人サイトの最大手。2018年4月というキーワードを設定し、求人を絞り込むことができる。2018年1月現在でも数百件の該当する求人を取り扱う。また履歴書・職務経歴書を匿名で公開することで、企業からのスカウトが届くスカウトサービスの質にも定評があるので、2018年2月中もしくは3月初旬の内定獲得を目指すのであれば、上手く活用したい。

あわせて読みたい

求人サイト比較
人気の求人サイトを比較。各社の強みや求人数、主な求人企業も掲載。実際にサービスを利用したユーザーの評判もチェックしよう。

2018年4月入社を実現するための選択肢その3:自己応募で内定を目指す

転職エージェントや求人サイト以外の選択肢としては、自己応募が考えられる。転職したい企業が決まっている場合は、企業のホームページの採用情報から求人に応募してみると良いだろう。ただし応募書類の作成から求人応募、面談日程の調整、内定獲得後の給与交渉から入社日設定まで、全て自分で行わわなければいけないのでハードルは高い。転職エージェントと求人サイトを補完する意味での利用と考えたほうが良いだろう。

まとめ

今月の転職活動の歩きかたのニュースは、2018年4月入社を実現するための2つの答えと3つの選択肢をご紹介しました。

春先は最も企業からの求人が増える時期であり、転職の成功率がぐっと高まります。2018年の転職を検討されている方は、この機会に集中して転職活動に取り組めば、きっと良い条件で4月入社を実現できるはずです。

新しい人生を望むなら、まずはその第一歩を踏み出しましょう。

このページのトップへ