外資系転職に強い転職サイトと転職エージェント

Ranking.外資系転職サイト比較 外資系転職に強い転職サイトと転職エージェントを比較

CHECK 【転職成功実績No1】30万名以上の転職をサポート!転職するならリクルートエージェントで

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

総合 4.7

外資系求人の数
4.5
求人の質
5.0
年収アップ
4.5
サービス
5.0
満足度
4.5

ここに注目!

  • 求人数、転職成功実績ともにトップクラス。グローバル企業の求人に強み

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
公開求人:約2,000件(非公開求人:約9,000件)※2017年6月
おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーの層が厚く、ベテランアドバイザーも多数在籍
  • 大手企業の求人が多め
詳細
リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数・転職実績を誇るリクルートキャリアの転職エージェント。外資系求人も数多く取り扱っており、日本に進出している大手の外資系企業や、世界に拠点を持つ大手日系グローバル企業などの案件が豊富に揃っている。
企業間でも知名度の高い転職エージェントだけに、個々の外資系企業の情報も詳細に把握。求人紹介にあたっては、その企業の日本市場における変遷や日本の開発拠点の重要度、社風、定着性なども提供してくれる。
また、外資系転職専門のコンサルタントから英語のレジュメの添削や面接対策などの手厚いサポートを受けることも可能
サイト内の「外資系・グル―バル転職」専用ページ内には、外資系転職における転職市場動向のレポートをはじめ、『海外駐在勤務の実情』『転職における語学力の有効性』などの読み物コンテンツも充実している。
サポート面・情報面を考えると、外資系企業への転職をする際にまず登録しておきたい転職エージェントの一つだろう

ユーザーの口コミ

例えばチューリッヒのように、日本で大きくサービスを展開しているが、日本法人を作っていないというようなところは決裁権がどこにあるかわからないのが注意が必要です。個人的には外資系企業で働くのであれば、日本で法人化している外国資本の企業で日本市場が好調な所の方が良いかと。その場合、日本法人が強いはずなので外資系企業にこちらの要望を通す事もできるはず。そのほうが意思決定のスピードが速く、転職活動の選考もスムーズです。(29才・男・電機メーカー勤務)
外資系企業も日系企業もどちらも経験し、海外勤務についても経験済みですが、いまだに外資系企業のドライさに驚くことも。本当に日本進出1年でさっと豪華なオフィスを捨て、撤退しますし、人についてもまとめて他社に売ったりとダイナミックです。その上スタッフレベルはその事実を当日朝まで知らないなんて当たり前です。私も転職活動をすすめていますが、日系のグローバル企業の海外勤務を中心に、外資系企業もサブで探しているので、リクルートエージェントが一番肌に合っている気がします。求人のチョイスにせよ対応にせよ、本当にしっかりしています。(33才・男・専門商社)
ある程度英語力があり、面談の際、希望を出せば、日本のグローバル企業だけではなく、外資系企業もきっちり紹介してもらえます。私はある程度英語力があるものの、いきなりバリバリやるだけの力があるか自信はないという話をしたところ、日本で大きく事業を展開している、大手ソフトウェアやハードウェアメーカー(オラクル、マイクロソフト、日本HP、EMC)を中心に雇用が安定していて日本人スタッフが多い会社を紹介してもらう事ができました。外国人しかいないような外資系企業に転職したい場合は別ですが、日本に根差している会社への転職を検討する場合、リクルートエージェントは有利だと思います。(31才・男・外資系メーカー勤務)
外資系企業に働くことが目的ならやっぱりマイケルペイジとか、リクルートエージェントやJACリクルートメントのように日系資本ではなく、そもそも資本自体が外資のところを使ったほうが効率が良いのは確か。ただ最近は外資系の転職サイトにも日系企業の求人があったり、リクルートエージェントが外資系の求人を取り扱ったりしていて、以前より垣根が低くなっているのは確か。そうなるとホスピタリティという面ではコンサルタントに関しても、日系のほうが上であることは間違いありません。(35才・男・会社員)

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント画像

総合4.6

外資系求人の数
4.0
求人の質
5.0
年収アップ
4.5
サービス
4.5
満足度
5.0

ここに注目!

  • 他の外資系転職サイトと比較してもサービスの質に定評があり。他では取り扱いがない外資系グローバル企業の求人も

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
公開求人:約800件(非公開求人を含む)※2017年6月
おすすめポイント
  • グローバルに展開する総合人材サービス企業アデコが提供
  • 業種別に特化した専任のキャリアアドバイザーがフルサポート。英文レジュメの添削や面接対策にも定評があり
詳細
Spring転職エージェントは、スイスに本拠地を置く外資系の総合人材サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェント。アデコは世界60カ国以上に拠点を持ち、様々な外資系企業のグローバル採用を支援しており、日本でも他の転職エージェントでは取り扱いのない求人を多数取り扱う。またアデコは日本国内でも30年以上事業を展開していることから、日系の転職エージェントと比較してもそん色ない、手厚いサービスを提供している
Spring転職エージェントの最大の強みは、業種ごとに専門のキャリアアドバイザーを設置しており、担当のアドバイザーが登録から転職成功まで一貫してサポートを行う点だろう。また一般的な転職エージェントは、企業の採用担当者との求職者の担当を分けているケースが多いが、Spring転職エージェントはキャリアアドバイザーがどちらも担当しており、ダイレクトに企業の要望を求職者に伝えることができる。これは他の転職エージェントにはない大きなメリットの1つになっている。
また外資系への転職を希望する求職者のため、業種・職種に応じた英文レジュメの作成サポートを提供。面接対策も希望者に提供しているので、不安がある方は上手く活用すると良いだろう。
外資系大手への転職を目指す方はもちろん、日系グローバル企業への転職を目指す方にとっても、Spring転職エージェントは登録する価値があるサービスと言える。

ユーザーの口コミ

Spring転職エージェントを運営しているアデコはそもそも外資系だからかもしれませんが、紹介してもらう求人に外資系が多いと感じた。ただ実際は外資専門で、キャリアアドバイザーが外国人の転職エージェントと比較すると対応は全然丁寧。面談対応なども、日系企業と変わらず、きめ細やかな対応で、安心して利用することができます。実際に選考が進み、残念ながら不採用となった場合でもでもちゃんと連絡をくれますし、レスポンスがとにかく早い。こちらの希望通りに内定先に対して条件交渉をしてくれたのもありがたかったです。(36才・男・セールス)
Spring転職エージェント(アデコ)は穴場だと思います。そもそも外資系ですし、そのネットワークが強いのか、外資系の転職案件が多い。キャリアアドバイザーの方に聞いたところ、外国人からの応募に対応するため、外国語ができるスタッフの方もいるとのこと。私の場合は、日本人のキャリアアドバイザーの方でしたが、外資系への転職支援を主に担当されているらしく英文レジュメの添削なども対応してもらえました。サポート自体は日本のクオリティなので、外資系の転職エージェントにありがちな、ホスピタリティなしということもないですし、日本人には特におすすめです。(31才・男・SE)
日本では派遣の印象が強いSpring転職エージェント(アデコ)ですが、海外ではむしろ転職支援が中心で外資系の転職エージェントの中でも規模、実績ともにトップクラスです。日本での活動が長く、日本でも地方に根差しており、地方や日系の大企業に強いですが、グローバルで採用している外資系の求人も日系の転職サイト、転職エージェントと比較すると多い傾向があります。実際の転職者へのサポートに関しても日本人が担当するケースが多いので、日本人のキャリアアドバイザーのサポートを受けながら日系大手もしくは外資系への転職を目指したいという人に向いているかと思います。(32才・男・ITベンチャー)
かなり評判が良いので利用してみましたが、外資系を専門に取り扱っている訳ではないので、そこは注意が必要です。多分Spring転職エージェント(アデコ)に寄せられているグローバルオファーを日本法人でも取り扱っていて、それが他の転職サイトにはない独自求人になっているのだと思いますが、逆に日本のSpring転職エージェント(アデコ)が外資系を中心に営業をかけているという訳ではなく、むしろ日系企業のほうが求人は多いです。担当のキャリアアドバイザーが求人企業も担当する仕組みになっているので、外資系を目指したい人は、登録の際の面談で、その旨をはっきり伝えると語学が堪能で外資系を担当に持つキャリアアドバイザーを紹介してくれると思います。(31才・男・消費財メーカー(マーケティング))

アージスジャパン

アージスジャパン画像

総合4.5

外資系求人の数
4.5
求人の質
4.5
年収アップ
4.5
サービス
4.5
満足度
4.5

ここに注目!

  • 20代から専門職、経営層まで幅広い外資系求人を扱う

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
約4,000件(非公開求人を含む)※2017年6月
おすすめポイント
  • 丁寧な転職サポートによりミスマッチの少ない外資系転職が可能
詳細
1997年創業の外資系に特化した転職エージェント。外資系企業だけでなく日系グローバル企業の求人も多く取り扱い、国内の外資系企業や海外展開の日系企業など外資系・グローバルに特化した多様な求人が揃う。
求人の内容は、外資系転職を目指す20代の転職者から、高いスキルを持つ専門職、管理職・経営層などのハイキャリア求人まで多彩
また、転職サポートを行うコンサルタントは、「企業担当」として企業の採用担当者とも接点を持つため、転職者はその企業の実際の職務内容や、採用の背景、配属部門の組織構成、求める人物像、中途採用者の活躍度合いなど、紹介企業に関する情報を詳細に把握することができる。
丁寧なキャリアカウンセリングと、正確な求人情報の提供により、ミスマッチの少ない転職が期待できる点が最大の強み
求人数も他の外資系転職サービスと比較して多いため、外資系転職が初めての人はもちろん、グローバルなキャリアを築きたい人、海外も視野に入れたハイキャリア転職を考えている人は登録する価値のある転職エージェントの一つ。

ユーザーの口コミ

外資系に強い転職サイトの中でも消費財やメーカーに特化している転職エージェントです。私がもらった求人は日系のグローバル企業とアジアのグローバル企業が多かったです。求人の内容を見ても欧米よりもアジア企業だったり、シンガポールに拠点を置く外資系企業のほうが条件が良かったりします。キャリアコンサルタントは当然と言えば当然ですが、英語が堪能で企業と転職対象のどちらも担当しているという事で話しが早いです。メーカー系で外資もしくは日系のグローバル企業の現地法人での勤務を希望する人にはおすすめです。(30才・男・消費財メーカー)

JACリクルートメント

JACリクルートメント画像

総合4.4

外資系求人の数
4.5
求人の質
4.5
年収アップ
4.5
サービス
4.5
満足度
4.0

ここに注目!

  • 世界8カ国に独自のネットワークを持つ

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
公開求人:約1,500件(非公開求人:全体の70%以上)※2017年6月
おすすめポイント
  • コンサルタントの提案力が高い
  • ハイキャリアの外資系求人に強い
詳細
JACリクルートメントは、外資系企業で25年の実績を持つJAC Recruitmentが運営する転職エージェント。ロンドン発祥の日系転職エージェントとして、世界8カ国に独自のグローバルネットワークを持つ。特にハイキャリアの外資系転職に定評があり、外資系転職を得意とする転職エージェントの中では求人数・転職実績ともに評価が高い。
転職サポートでは、外資転職を専門に担当する日本人コンサルタントに加え、ネイティブのコンサルタントによる英文レジュメのチェックや英語面接指導も受けられる点が最大の魅力。また、外資系の転職エージェントの中でもコンサルタントの提案力の高さに定評があり、業種・職種別に特化したコンサルタントから適切な転職サポートを受けることができる。
問い合わせの返信や書類選考・面接結果の連絡は24時間以内をモットーとするなど、迅速な対応も特徴。
外資系企業、または日系企業のグローバルポジションへの転職を考えるならば、登録しない人はいないほどメジャーな転職エージェントの一つ

ユーザーの口コミ

もともとハイクラスに特化した転職エージェントで外国に拠点を早くから作り、転職のサポートを行っているので外資系の転職に強いのは間違いない。逆に日本国内でもグローバル展開していない企業の求人にはそれほど強くなく、また経歴がしっかりしていない人や外資でも活躍できるような人材でない場合の対応は冷たいという評判もある。ただ外資系への転職を目指すという強い想いがあるのであれば、登録しておくべき会社である事は間違いない。(34才・男・人材関連)
日系の転職エージェントで外資系企業への転職を希望するのであれば、間違いなくJACリクルートメントが一番求人の質、量ともにトップクラス。日本のグローバル企業への転職だけではなく、外国資本の大手だけではなく、中小・ベンチャーのような求人も取り扱っていて、比較的条件が良いものが多い。あと外資系に転職するのであれば、転職サイトで自分で活動するより、エージェントを利用したほうがはるかに効率が良いのは確か。(31才・男・外資系メーカー)
他の人が口コミしている通り、日系の転職エージェントでは外資系の求人が多い。それは間違いない。ただ私の周りの評判を見る限り、コンサルタントによってはレスポンスがよくない人もいて、不満だったという人もいる。日本人のコンサルタントが多いので、海外勤務を希望する場合は、外資と直結している会社のほうが良いと思うし、日系企業の海外部門を希望する場合は、リクルートエージェントのような大手のほうが強い。外資系への転職を総合的に判断すると評価は難しい。(29才・男・IT関連)

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズ画像

総合4.3

外資系求人の数
4.0
求人の質
5.0
年収アップ
4.5
サービス
4.0
満足度
4.0

ここに注目!

  • ハイキャリアの外資系求人に強い

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
公開求人:約1,000件(非公開求人を含む)※2017年6月
おすすめポイント
  • 世界24カ国に独自のネットワークを持つ
  • 欧米の外資系企業の求人が豊富に揃う
詳細
ロバートウォルターズは、世界24カ国に53オフィスを構える外資系の転職エージェント。日本国内では東京・大阪に2拠点を持つ。求人数は、日本国内の外資系企業も扱う他の転職サービスと比較するとやや少なめだが、欧米の外資系企業の求人が豊富に揃い、正社員だけでなく派遣・契約社員の案件も揃う。
また、外資系企業に強いパイプを持ち、企業の経営戦略、社風といった細かな情報を把握しているため、各企業に合わせた面接対策など、徹底したサポートが受けられる点も特徴
利用時は、Webサイトから転職サービスへの応募(もしくは求人への応募)を行ったあと、キャリアコンサルタントと面談し、希望条件のヒアリングやキャリアプランなどを相談する。コンサルタントは、転職者の業種・職種に合わせて各専門分野に特化しており、適切な求人紹介や面接アドバイスを期待できる。
JACリクルートメントと同様、ハイキャリアの求人案件が多い。英語力とキャリアに自信があり、外資系企業に転職を目指す人は登録する価値のある転職エージェント。

ユーザーの口コミ

日系の転職サイトは外資系も取り扱っているという位置づけですが、外資系の転職サイトは基本的に外資系が中心で一部日系グローバル企業という構成なのでそもそもの求人の主体が変わっている。ロバートウォルターズは外国資本の転職サイトの中でも歴史が古く、実績も豊富なので安心して利用することができる。ちなみにラグビー日本代表の公式スポンサーをやっていますが、多分親会社がイギリス資本なのでラグビーの人気が高いのかなと思います。(33才・男・人材関連サービス)
日本国内では知る人ぞ知るですが、海外では知名度の高い転職エージェントです。新たに日本に進出する欧米企業の求人が多く、それなりのポストと年収を期待できる求人が多いですが、かなり英語力がある人でなければ登録の段階で苦労するかと。日本人もいるのかもしれませんが、私が登録した際はイギリス人のコンサルタントで登録自体英語でした。(31才・男・金融関連(外資系))
以前利用した際は確かにハイクラスの求人や日本の転職サイトやエージェントでは取り扱っていないような、外資のスタートアップ企業の求人が多かったですが、最近は外資系の日本進出が減っているため、求人数が減っているという話を聞きました。ジャパンパッシングだとしたら悲しい実情だと思います。まぁそれでも外資系への転職を決めているのであれば、長い歴史を持ち経験も豊富なロバートウォルターズは登録しとくべきだろうとはおもいます。(36才・女・外資系メーカー)

外資転職.com

外資転職.com画像

総合4.3

外資系求人の数
4.5
求人の質
4.5
年収アップ
4.0
サービス
4.5
満足度
4.0

ここに注目!

  • 求人紹介だけでなくコンサルタントによる転職サポートも受けられる

外資系転職サイト サービス比較

外資系求人数を比較
約4,000件(非公開求人を含む)※2017年6月
おすすめポイント
  • 外資系転職に強いJAC Recruitmentの転職サイト
詳細
JAC Recruitmentが手がける外資系に特化した転職サイト。国内・海外を含む約4,000件以上の求人を取り扱い、外資系に特化した転職サイトの中ではトップクラスの求人数を誇る。
利用時には2種類の転職スタイルを選択可能。1つは、サイトに会員登録することで求人案件を受け取り、自分で応募企業を選ぶ転職スタイル。もう1つは、転職サポートサービスに申し込むことで転職コンサルタントによるアドバイスと求人紹介を受ける、転職エージェント寄りの利用方法となる。また、転職を急いでいない場合は、とりあえずキャリアについてコンサルタントに相談することも可能。
外資系転職の専門サイトだが、求人の中には国内の外資系企業の案件や英語力不要の案件もあり、同じJAC Recruitment運営の転職エージェント(JACリクルートメント)と比較するとグローバル色やハイキャリア志向は薄め。その分、求人の間口が広く、外資系転職が初めての人も利用しやすい。外資系求人に幅広くアクセスしたい人は登録する価値のある転職サイト。

ユーザーの口コミ

日系のグローバル企業を選択肢から排除し、外資系のみを選択肢として考えるならここは活動しやすい。外資転職という名前ですが、運営は国内企業で、完全外資とは違い話を聞く姿勢があります。年収600万円を超える層がメインターゲットという事で、そこを超えていれば手厚いサポートが期待できます。あと外資転職という事ですが、日系企業の外国の現地法人での採用も紹介されました。資本としては外資という位置づけだからですかね。そういう外資も含めてという事ならここは良いかと思います。(36才・男・専門商社)
JACリクルートメントの外資系の求人を抜粋したものなので、国内の転職エージェント経由で外資系に転職したい場合はそれ以外の求人がないという意味では第一の選択肢になるかと思います。ただ外資系に勤務した経験がある人であれば多くの人が日系のグローバル企業も視野に入れて転職活動をした方が良いというはず。同じ条件なら日系のほうが人にやさしいし働きやすいのは間違いありません。個人的には絶対外資系と決めて転職するよりも、海外で活躍できる位に柔軟に考えて転職活動する人のほうが転職に成功する確率が高く、仕事も上手くいく気がします。もちろん強い目的があって外資にいくなら別ですが。外資、特に投資ファンドが入ってるところの撤退は速いですよ。(39才・男・会社役員)

Others!

その他の外資系転職サイトへの口コミ

DODAグローバル
DODAは日系ですが、外資系企業の求人も大手を中心に取り扱っていて、日系グローバル企業の海外勤務の求人に関してはかなり充実しているので、海外勤務であれば外資系でも日系でも良いという場合はDODAグローバルが良いと思います。ほかの外資系転職サイトの口コミで書かれていますが、外資系にこだわりすぎる必要はないと思いますし、どこで、誰と何をするかのほうが一番重要だと思います。(39才・男・ベンチャー勤務)
求人企業が多い訳ではないので、外資専門の転職サイトと比較すると見劣りするとは思います。ただDODAは日系企業やアジアにヘッドクォーターを置く企業の求人に強いのと、比較的若い層でも転職相談に乗ってもらえるのは大きな利点だと思う。外資系企業の場合は、ある程度実績がないと話も聞いてもらえないケースが多いということもあり、DODAグローバルだったりリクルートエージェントだったり、日系に強い転職関連のサービスも活用したほうが、結果的に効率は良い。(29才・男・海外営業)
アンテロープ
外資系金融や損保、会計コンサルへの転職を希望する場合はアンテロープを利用する人はまずまず多いと思う。実際その業種に特化している分、求人は集まりやすいのも事実。条件年も年齢が30を超えていて、外資での経験が豊富であれば1,000万円オーバーの提示は珍しくありません。実際その分ハードワークを求められますし、ご存知の通り外資系金融は撤退も早いし、日本法人の社員は首を切られるか吸収される先に転籍になる(立場が悪くなる)ことも珍しくないので、そこは覚悟しておきましょう。(32才・男・金融関連(外資系))
キャリアクロス
外資系への転職支援を手掛けているところは、多くが対面でのサポートが中心になる転職エージェント形式を採用していますが、キャリアクロスはオンラインでの求人提供を行う完全な外資系転職サイトです。ITや金融、マーケティング関連の求人が充実しているので、この分野での外資系への転職を考えている人ならチェックする価値はあると思います。ただし、対面型のサービスとは異なり、英文レジュメ含む履歴書・職務経歴書の添削や面接支援などは受けられないので、外資系での勤務歴が長い人向けかもしれません。(31才・男・IT関連(マーケティング職))
ISSコンサルティング
めずらしい日系資本ながら外資系専門の転職エージェントです。外資に特化しているので大手企業から新しく日本に進出する企業まで取り扱う企業の数が多いと感じました。またコンサルタントの方も日本人なのでコミュニケーションに問題が起こるという事もありません。ただ一人のコンサルタントが取り扱う求人数が多いのか、レスポンスや手厚いサポートという点では少し不満もありました。決して悪くはありませんが、ここだけで活動するというのは少しリスクがあるかと思います。(31才・男・外資系メーカー(マーケティング))

※外資系転職比較は転職活動の歩きかた編集部調べです。
※掲載情報の詳細は外資系転職を提供する各求人サイト・転職エージェントのHP上をご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
※外資系転職比較への口コミはあくまでも投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

外資系転職サイト比較総評summary

外資系転職サイト比較で1位を獲得したのは、リクルートエージェントでした。外資系に強いのは、外資の転職エージェントや外資系の求人を専門に取り扱う転職サイトというのが定説ですが、リクルートエージェントは外資と日系グローバル企業の求人をバランスよく取り扱っている点が評価されていました。実際に外資系に勤務している人の多くが、日系グローバル企業も選択肢と口コミされている点も注目すべきポイントと言えるでしょう。
2位にランクインしたSpring転職エージェントは、外資系の総合人材サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェントです。日本では派遣のイメージが強いアデコですが、世界的に見れば転職仲介が主軸。日本でも他では取り扱いがないグローバルに展開する外資系企業の求人を多数取り扱っており、利用者から高い評価を獲得。利用する価値は十分にあります。3位にランクインしたアージスジャパンは日系ながら、創業当初から外資系に特化した転職支援サービスを提供。現在は外資系と日系グローバル企業に強い転職サイトとして、確固たる地位を築いています。
4位にランクインしたJACリクルートメントは外資系の転職やハイクラスの転職を中心に取り扱い、高い評価を獲得している転職エージェントです。日系の転職エージェントの中では外資系への転職仲介実績が豊富なので、外資系への転職が初めてという方におすすめです。5位の外資転職.comは、外資系の求人に特化した転職サイトで、自己応募できる点が転職エージェントとの最大の違いです。自分のペースで転職活動をしたい方は、外資転職.comを上手く活用すると良いでしょう。
外資系企業と一言で言っても、求められる言語能力や仕事の仕方は会社ごとに大きく異なります。自分が外資系に行って何を実現したいのかをまず第一に考え、その目標に近づくためには役に立つ転職サイト(転職エージェント)を選ぶことが、外資系へ転職する上で最も重要なポイントです。外資系転職サイト比較の情報も参考に、転職活動を成功させましょう!

外資系転職比較 口コミ投票!口コミ3回採用でAmazonギフト券500円分プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの外資系転職に口コミする?※必須
  •  リクルートエージェント
  •  アージスジャパン
  •  ロバートウォルターズ
  •  JACリクルートメント
  •  外資転職.com
  •  その他
点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目 点数(5点満点)  5    4    3    2    1  
口コミ ※必須
Email※必須
年齢
性別 男   女  
ご職業※必須 (例:銀行員、専業主婦など)

・ 特定の個人・団体等のプライバシーの侵害や誹謗・中傷につながる投稿、虚偽の口コミ、関係者からのサクラ投稿などは掲載することができません。
・ ご投稿いただいた口コミの著作権は「転職活動の歩きかた」に譲渡されるものとします。※掲載に際して、一部編集をさせていただく場合がございますのでご了承ください。

このページのトップへ