外資系 転職

  • ケース別転職対策
  • 職種別!転職対策

Job.外資系への転職 外資系企業の特徴や選ぶポイントは?外資系に向いているのはどんな人?外資系企業に強い転職エージェントも

外資系への転職外資系への転職00

今回の特集では、外資系企業の特徴や、外資系企業を選ぶ際のポイント、外資系に向いている人などを解説します。また、外資系企業への転職を有利に進めるための転職マニュアルも紹介。数ある外資系企業の中から、自分のスキルを生かして活躍できる外資系企業を探しましょう

recommend外資系企業に強い転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント・画像

リクルートエージェントは業界No.1の求人数・転職実績を誇る転職エージェントの最大手。外資系の求人数も業界トップクラスで、英語レジュメの書き方や英語面接対策にも対応している。また、外資系企業の情報(日本市場における変遷、日本の開発拠点の重要度、社風、定着性など)も豊富。サポート面・情報面を考えると、外資系企業への転職をする際にはまず登録しておきたい転職エージェントの一つだろう。

目次

外資系企業の特徴外資系への転職01

外資系企業の特徴としては、高給、実力主義、フラットで平等な人間関係などが挙げられます。

check外資系企業の特徴

  • 給与が高い
  • 実力主義で性別や年齢による差別がないため、出世しやすい
  • 世界中のプロフェッショナルな人と仕事ができる
  • 主体性やプライバシーを尊重する
  • 上下関係がフラット
  • 有給休暇取得率が高い
  • 英語を生かせる

一般的に、外資系企業は日系企業と比較すると、実力主義で仕事にシビアな一面を持ちます。厳しい世界ですが、その分、実力さえあれば性別や年齢に関係なく正当に評価される点が魅力です。
また、外資系企業では、仕事とプライベートのオン・オフの切り替えがはっきりとしています。有給休暇取得率も非常に高く、プライベートの時間も充実させることができるでしょう。
英語面ではビジネスレベルの英語力が必須。「英語を生かして働きたい」と考えている人々にとっては、自分の英語力を試し、磨くことのできる環境が整っています。

外資系企業のチェックポイント外資系への転職02

このように、外資系企業には外資系ならではの魅力がたくさんあります。一方で、日系企業で当然のように行われている慣習や制度が外資系企業にはなかったり、一般的な外資系企業のイメージとは異なった外資系企業も多数存在するという事実も理解しておきましょう

外資系企業のチェックポイント画像

例えば、「給料が高いイメージで入社したが、実は住宅手当がなく、転職前とそこまで給与に変化がなかった」、「英語を生かして働きたいと思い入社したが、実際には日系企業との仕事が多く、英語は本社とのメールや電話応対でしか使うシーンがない」など、世間一般の「外資系」というイメージのみで外資系企業を選ぶと、入社後のミスマッチに悩むことになりかねません。
「入社してみたらイメージと違った」ということにならないよう、転職を希望する外資系企業の給与、福利厚生、社風、仕事内容などをチェックし、自分の希望とかけ離れていないかどうかを見極めましょう。

情報収集が難しい場合は、実際にその外資系企業で働いている人や、外資系に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。特に転職エージェントは、外資系企業に強いパイプを持っており、その企業の日本市場における変遷や、日本の開発拠点の重要度、社風、定着性など転職者に有益な情報を豊富に所持しています。

point外資系企業を選ぶ際のチェックポイント

01.給料
住宅手当や退職金が出ない場合がある。福利厚生を確認すること。
02.出世
外資系企業の管理職は一般的に本社の社員が配属されるため、日本支社ではキャリアに上限がある場合も。入社後、どのようなキャリアプランになるのかを確認すること。
03.上下関係
「上司の命令は絶対」という外資系企業もあるので注意。企業の社風や直属の上司との関係を確認すること。
04.残業・勤務時間
年俸制のため残業代が出ないケースや、勤務時間に自由がきくぶん長時間労働になるケース等がある。残業の有無、タイムテーブルを確認すること。
05.英語
外資系の日本法人では日本企業とのやりとりが多く、英語を話す機会がない場合も。仕事内容・英語の使用頻度を確認すること。

check日系企業のグローバルポジションも狙い目

「海外でグローバルに活躍したい」と考えている人は海外に拠点を持つ日系企業の求人も要チェックです。日系企業の現地プロジェクト等で海外に派遣される駐在員の場合、海外を相手にした交渉力やリーダーシップが求められます。それまでの自分の専門知識を発揮しながら、異文化の中で自分の力を試し、ワンランク上のビジネススキル身につけることができるでしょう。
外資系への転職に際し、「グローバルに働く」というキーワードをもっとも重視するのであれば、日系企業も視野に入れた転職活動を行うことで、選択肢が広がり自分に合う企業と出会える可能性が高まります。
日系企業のグローバルポジションの特徴
  • 米国・欧州・アジア等の海外プロジェクトに携わる
  • 海外駐在ディレクターや事業責任者のポジションが多い
  • 異文化との折衝・交渉機会を望む人は日系企業のグローバルポジションがおすすめ

【リクルートエージェント】外資系企業に強い転職エージェント。日系企業のグローバル案件も豊富に揃っている

外資系企業で求められる資質とは?~あなたは外資系に向いているかチェック~外資系への転職03

「外資系企業で働く」ということは、「異文化の中で働く」ということです。留学経験のある人や、外国の方と仕事でやりとりした経験がある人は、日本人と外国人では感性や仕事への考え方がまったく異なるということを身をもって知っているでしょう。彼らと円滑に仕事をこなし、成果をあげるためにはどのような資質が求められるでしょうか。

check外資系で働く際に求められる素質

01.自主性・自律性
自分の考え・行動に責任を持ち、仕事をまっとうする
外資系で働く際に求められる資質の一つ目が、自主性・自律性です。外資系では基本的に1人が1人がプロフェッショナルな仕事人。上司の考えやチームプレーが重視される日系企業と異なり、自分で考え、行動し、その結果に責任を持たなければなりません。厳しいように感じられますが、「どんな人とも対等な関係で仕事をしたい」「自分の力を試したい」と感じている人は、外資系企業に向いているでしょう
02.コミュニケーション能力
異文化を受け入れ、円滑な人間関係を築くことができる
二つ目は、「コミュニケーション能力」です。日系企業・外資系企業を問わず、働く上では必ず必要となる能力ですが、世界中から様々な国籍の人が集まり、異文化が共存している外資系企業では特に重要視されます。ときには互いの文化の違いから衝突し、会議や交渉がスムーズに進まない場合もあるでしょう。その際には双方の立場を認め合いながら仕事を達成する高いコミュニケーション能力が必要とされます。異文化とコミュニケーションができ、互いの文化の違いを楽しむことができる人は外資系企業に向いています
03.語学力
ビジネスの場でのやりとりができる
三つ目は、「語学力」です。企業やポジションによって求められる英語力には差ありますが、グローバルな会社で仕事をする以上、円滑なコミュニケーションやキャリアアップには、語学力が必要不可欠です。英語に不安のある方は、ビジネス英会話などを中心に、できるだけ早く、生きた英語を身に付けておきましょう。

外資系企業への転職マニュアル~素質と経験~外資系への転職04

外資系へ転職する際の転職活動の方法は、基本的に日系企業への転職活動と変わりません。
大切なのは、「企業研究」と「求められている人物像を理解すること」です。

check外資系への転職で必要な準備

01.企業研究
事業内容・仕事内容はもちろん、日本法人の設立経緯、進出形態、重要度なども要チェック。また、人事システムは、日系企業と大きく異なる場合があるため、把握しておきましょう
02.求められている人物像を理解する
「リーダーシップがある」「海外相手に交渉ができる」など企業によって求めている人物像は異なります。企業の求めている人物像を把握し、自分が当てはまっていることを説明できるような実績や功績をアピールしましょう。

check外資系企業では経験者が有利

一般的に、外資系企業では専門知識があり、即戦力となれる「経験者」を求めています。外資系で働いた経験があればなおよいでしょう。

「外資経験あり」&「職種経験あり」
採用の可能性大。外資系企業にも慣れており、仕事でもプロフェッショナルであれば、採用される可能性は高い。前職での功績を上手にアピールしよう。
「外資はじめて」&「職種経験あり」
採用の可能性あり。日系企業での就業経験しかなくても、職種に関する専門的な知識や功績があれば、即戦力として成果を出せる人材であると判断されることが多い。企業の社風や人事システムをよく理解して、自分にあった企業を選ぶことが大切。
「外資経験あり」&「職種はじめて」
採用はやや厳しい。外資系では仕事の専門性が重視される。ただし、前職での経験や功績をアピールすることでポテンシャルを評価されれば、採用の可能性は上がるだろう。応募職種に関する知識や資格などがあるとなお良い。
「外資はじめて」&「職種はじめて」
採用は厳しい。仕事の内容はもちろん、外資系企業の社風や人材にも適応する必要がある。外資系への転職を希望する場合は、一度日本企業でその分野の専門性を高めることにより、採用の可能性を上げることができるだろう。中には未経験でも採用している外資系企業もあるため、諦めないこと。

check転職エージェントの活用

外資系への転職で上手に活用したいのが、転職エージェントの転職支援サービスです。
特に外資系に強いと言われている転職エージェントでは、外資系企業に強いコネクションを持ち、企業の変遷やビジネスサイズ、日本開発拠点の重要度、定着性、社風や人事システムなど、企業選びや選考の際に重要となる情報を豊富に所持しています。また、外資系での勤務経験を持つコンサルタントによる、英語レジュメの添削や英語面接対策などのサポートを受けられるため、外資系企業への転職を有利に進めることができるでしょう。

転職エージェントにも外資系と日系が存在します。外資系企業への転職が初めての方や、日系企業のグローバルポジションも視野に入れている人は、リクルートエージェントやJAC Recruitmentなど日系の転職エージェントがおすすめ。丁寧なサポートを受けることができ、日系企業のグローバル求人案件も豊富に揃います。英語力・キャリアに自信があり、外資系企業への転職を強く望んでいる人は、ロバート・ウォルターズなどの外資系転職エージェントであれば、高い語学力と専門性を生かすことのできる企業を見つけることができるでしょう。

recommend外資系に強い転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る転職エージェント。
外資系・日系ともに大企業の案件が豊富
。既に日本に進出している大手の外資系企業や世界に拠点を持つ大手日系グローバル企業への転職を視野に入れているならば、まず登録しておきたい転職エージェント。
専任のコンサルタントからは、英語のレジュメの添削や面接対策などの手厚いサポートも受けることができる。

JAC Recruitment

JAC Recruitment画像

ロンドン発祥の日系転職エージェント。海外に独自のグローバルネットを持ち、業界トップクラスの求人数と転職実績を誇る。
「JAC Ineternational」では、ネイティブのコンサルタントによる転職サービスを受けられるため、英語力に自身のある人はこちらにも登録したい。外資系企業、または日系企業のグローバルポジションへの転職を考えるならば、登録しておくべき転職エージェントの一つ

このページのトップへ