英語力と転職 Linguaskill Businessとは?

転職活動の歩きかた

英語力 転職 Linguaskill Business

キャンセル

英語力と転職

ケース別転職対策

英語力と転職 定番のTOEIC、新しい英語資格試験「Linguaskill Business」に注目

外資系企業への転職や、海外勤務、英語を使う職種への転職に役立つ英語能力テストをご紹介

英語力と転職

英語力と転職 定番のTOEIC、新しい英語資格試験「Linguaskill Business」に注目
はじめに

外資系企業・グローバル企業への転職や、海外勤務を目指している場合、企業から高い英語力を求められることは、もはや当たり前になってきています。転職を検討されている方の中には、転職を通じてキャリアアップ、年収アップを実現するため、TOEICの勉強をしているという方も多いのではないでしょうか?

本特集では、英語力を転職に役立てたいと考えている方のために、転職に役立つ英語能力テストをピックアップ。
定番のTOEICはもちろん、さらに実践的な英語力を証明できる資格として注目を集めている「Linguaskill Business(リンガスキルビジネス)」をご紹介します

Linguaskill Businessの特徴や受験方法、導入企業等の解説しているほか、Linguaskill Businessの対策におすすめのオンライン英会話や英会話教室等の情報も。
外資系企業、グローバル企業への転職や、海外勤務を目指している方、実践的な英語力を証明するテストの受験を検討している方は、本特集をぜひチェックしてみてください。

定番のTOEIC。転職に活かせるスコアとおすすめのTOEIC対策は?

英語力を測るテストは、目的・レベルによってさまざまなものがありますが、現時点で日本国内の企業への転職・就職では、TOEICのスコアまたは実用技能英語検定(英検)の級が、重要視されています。特に、企業の多くが新卒採用時、転職、昇進の基準の1つとしてTOEICを採用しており、転職活動はもちろん、キャリアアップの手段としてTOEICのスコアを上げたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

英語力と転職 定番のTOEIC、新しい英語資格試験「Linguaskill Business」に注目

求められるTOEICのスコアは、企業や募集職種によって異なります。また、スコアの提出が義務付けられていない場合でも、履歴書に記載することで、スコアによっては英語力をアピールできるほか、資格取得に向けて努力する姿勢を評価してもらえる可能性が高まります
以下では、新卒入社時(就活時)に規定のTOEICスコアを設けている企業例をご紹介しています。転職の際には、これらの規定を上回っていることが望ましいでしょう。

新卒入社時に規定のTOEICスコアを設けている企業

TOEICスコア600点以上

出光興産、王子製紙、大正製薬、大和ハウス工業、ニトリホールディングス

TOEICスコア650点以上

アサヒビール、三菱自動車、ブリヂストン

TOEICスコア700点以上

株式会社ジェーティービー、日産自動車、ファーストリテイリング、三菱電機、ソフトバンク(730点以上)、武田薬品工業(730点以上)

規定のTOEICスコアを設けている企業は、600点以上という場合がほとんど。TOEICのスコアを履歴書に明記し、アピールポイントとして使用する場合、まずはTOEIC650点以上を目標とすると良いでしょう。上場企業や、仕事を英語で使う機会が多い外資系企業などでは、応募条件にTOEIC800点以上といった高いスコアを掲げている企業も。TOEICの日本国内での認知度は非常に高く、国内企業への転職を考えている場合は、TOEICのハイスコアを持っておくのがおすすめです。

TOEIC対策におすすめのサービス

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コースは、リクルートグループが提供する学習アプリ。リスニング、リーディング、単語・熟語等、TOEIC L&Rテスト対策まで網羅。スマホやパソコン・タブレット上で学習に取り組める。通勤などの隙間時間を活用して勉強することもできるため、毎日TOEICの勉強を継続したい方におすすめ。オンライン英会話でリスニングの対策も。

レッスン料金
  • TOEIC対策コース:月額2,678円~3,700円
  • 日常英会話コースも無料で利用可
無料体験 7日間の無料体験が可能

レアジョブ(オンライン英会話)

レアジョブ(オンライン英会話)

レアジョブは、60万人以上が利用する人気のオンライン英会話。レッスン形式はマンツーマンレッスンを採用。日常英会話コースとビジネス英会話コースの他に、TOEIC L&Rテストの対策に特化したコースを設置している。TOEIC対策コースは、初心者から上級者まで効率的に学べるカリキュラムを用意。丁寧なマンツーマンレッスンで、細かな疑問を解消しながら、リスニング・リーディングの弱点を見つけて対策することができる。1回25分のレッスンを自宅のパソコン等から受けることができ、自分のペースでTOEICの勉強をしたい方や、総合的にTOEICの学習をしたいという方におすすめ。

レッスン料金
  • TOEIC対策コース:6,780円〜(税抜)
  • 日常英会話コース(月8回プラン):4,536円(税込)
  • 日常英会話コース(毎日25分プラン):6,264円(税込)
  • ビジネス英会話コース(毎日25分プラン):11,642円(税込)
無料体験 25分のレッスン2回

一方、TOEICは、リーディングとリスニングのみで問題が構成されているため、対策が立てやすく、ビジネスの現場で活かせる実践的な英語力を測るのが難しいことから、一部の国際企業では、本当のビジネス英語のスキルを測ることができる試験として「TOEFL」や「Linguaskill Business」、「IELTS」等を採用基準にするケースも。
ちなみにTOEICの受験者数は世界で約700万人を超えていますが、実は受験者の65%以上を日本人と韓国人が占めており、国際的な知名度や、企業の採用率は低い(※1)という側面もあります。

  • TOEICは、日本や韓国の他、タイやインド等、アジアでの知名度は高いが、ヨーロッパ、アメリカ・オーストラリア等の英語圏での知名度は低い。

またTOEICは、リスニングとリーディングで構成された、いわゆる「受信型」の試験。実践的な「発信型」のスキルである、スピーキングやライティングの力を測ることは難しいとされています。

TOEFLやIELTS、Linguaskill Business。国際的に認知度の高い英語能力テストとは?

それでは、国際的に認知度の高い英語能力テストには、どのようなものがあるのでしょうか?
海外でも知名度の高いものには、国連英検やTOEFL(トーフル)、IELTS(アイエルツ)、Linguaskill Business(リンガスキルビジネス)等がありますが、いずれもリーディング&リスニングに加え、ライティングとスピーキングのテストもあり、「読む」「書く」「聞く」「話す」の英語4技能を測ることのできるテストです。
問題の内容も学問的なものや、ビジネスシーンに特化しており、TOEICと比較し、ハイレベルな内容となっています。

以下はそれぞれの英語能力テストの概要です。

TOEFL(トーフル)

主にアメリカの大学に留学するときや、オーストラリアへの移住申請等にスコアの提出を求められる。問題は学術的な内容となっており、TOEICと比較し、リーディングが特に難解。テストはスピーキングも含め、オンラインで受験できる。(※ペーパーテストは、団体受験の場合のみ)

IELTS(アイエルツ)

学術的な英語力を測る「アカデミックモジュール」と、一般的な英語力を測る「ジェネラル・トレーニング・モジュール」があり、海外留学や研修、移住申請等に必要。採用国は、以前までイギリス・EU諸国が主だったが、近年アメリカでもTOEFLに代わる試験として採用するケースが増加中。スピーキングテストは、TOEFLと異なり対人式となっている。

Linguaskill Business(リンガスキルビジネス)

ビジネスシーンでの総合的な英語力を測るオンライン型テスト。日本での知名度はまだまだ低いが、欧米での認知度は高く、実践的なビジネス英語のスキルを証明する資格として、多くの企業に採用されている。

英語スキルをベースに転職を考えるのであれば、TOEICだけではなく、これらの実践的な英語力を証明できる資格も取得しておくことで、差別化を図ることができるでしょう

ビジネスに特化した英語能力テスト「Linguaskill Business」を転職に活かす

転職活動の歩きかたでは、国際的に認知度の高い英語能力テストの中でも、ビジネスに特化した英語能力テストである「Linguaskill Business(リンガスキルビジネス)」に着目。
本チャプターでは、Linguaskill Businessの特徴や受験方法等を詳しく解説します。

Linguaskill Business 試験概要

Linguaskill Businessは、BULATS(Business Language Testing Service:ブラッツ)を母体とする、世界で年間約150万人が受験する英語能力テスト。
BULATSは、2019年12月の試験をもって実施終了となり、2020年1月からLinguaskill Businessに完全移行する予定となっています。

このLinguaskill Businessは、英検やTOEICに比べると日本での認知度は低いものの、ケンブリッジ大学英語検定機構が開発を行っており、海外ではヨーロッパを中心によく知られた試験です。

試験内容も実務に直結した英語知識を問うテストとなっており、海外ではDisney社やHilton Hotel、iBM、CitiBank等、国内企業では三井物産、三菱商事等での導入実績も。
Linguaskill Businessは近年、国際的な大企業を中心に注目されている英語能力テストの一つとなっています。

評価基準には、語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格「CEFR(セファール)」を採用し、Linguaskill Business独自のスコアだけでなく、国際的な基準で自分の英語力を確かめることが可能
また、「Reading&Listening」テストのスコアは、テスト終了後、即時に入手することができるため、結果がすぐにわかるのもうれしいポイントと言えるでしょう。
受験料は、リーディング・リスニング、スピーキング、ライティングの4技能すべてのテストを受験するとTOEICよりは高いものの、同じく英語4技能を測るTOEFLやIELTSと比較すると安くなっています。

Linguaskill Business 受験料

テストの種類 受験料
Online Reading & Listening Test
Online Speaking Test
Online Writing Test
2,900円
6,900円
3,900円
Online Reading & Listening + Online Speaking 8,900円(900円割引)
Online Reading & Listening + Online Writing 5,900円(900円割引)
Online Reading & Listening + Online Speaking+Online Writing 11,900円(1,800円割引)
  • Online Reading & Listening Testと一緒に、Online Speaking Test, Online Writing Testの受験を申し込むと、セット割引が適用される。

Linguaskill Business受験方法(個人受験の場合)

Linguaskill Businessは、個人受験(企業や団体等で受験する団体受験以外)の場合、公式サイトの初回申込フォームから必要事項を入力し、申し込むことで受験可能。
個人受験の場合は、公開会場での受験となります。

2019年・2020年試験日程(個人受験・公開会場の場合)

公開会場 日時 申込締切
第9回 東京 2019年12月7日(土) 11月28日(木)
第10回 大阪 2020年1月9日(木) 12月19日(木)
第11回 東京 2020年1月25日(土) 2020年1月15日(水)
第12回 東京 2020年2月20日(木) 2020年2月9日(日)
第13回 東京 2020年3月7日(土) 2020年2月26日(水)

Linguaskill Businessの対策

Linguaskill Businessは、TOEICとは異なり、実践的なビジネス英語のスキルを測るテスト。そのため、ビジネス英語の知識や、Linguaskill Business専用の対策が必要となります。市販のテキストを利用して勉強する方法もありますが、Linguaskill Businessにはスピーキングとライティングの試験もあり、独学でこれらのスキルを高いレベルで身に付けるのは、簡単ではありません。

Linguaskill Businessの勉強に本格的に取り組むのであれば、Linguaskill Business専門の対策をおこなっている英会話教室・オンライン英会話や、ビジネス英会話に強いオンライン英会話等を利用するのがおすすめ
ここでは、Linguaskill Businessの対策をおこなっている英会話教室やオンライン英会話をご紹介します。

Linguaskill Business対策をおこなっている英会話教室・オンライン英会話

モーンパル(オンライン英会話)

モーンパル(オンライン英会話)

モーンパルは、Linguaskill Business専門の対策コースを設けているオンライン英会話。通話ソフトSkypeを使用して、自宅のパソコンやスマホからレッスンを受けることができる。ビジネス英会話に特化したレッスンと、Linguaskill Business等の英語能力テストのスピーキング・ライティング対策コースを多数設けている点が最大の特徴。スピーキングとライティングに特化したコースがあり、リーズナブルな価格でLinguaskill Businessの対策を受けることが可能。講師は英語力が高いフィリピンの大学の卒業生を採用しており、質の高いマンツーマンレッスンを提供。レッスンは朝6時から深夜1時まで受けることができるため、多忙で英会話教室に通う時間がなかなか作れないという方にもおすすめできる。

レッスン料金 Linguaskill Businessスピーキング対策コース
  • 10レッスンコース 12,000円(有効期間1カ月)
  • 20レッスンコース 22,000円(有効期間2ヵ月)
  • 40レッスンコース 38,500円(有効期間3カ月)
Linguaskill Businessライティング対策コース
  • 添削20回+レビューレッスン10回 24,500円(有効期間3カ月)
  • 添削20回のみ(レビューレッスンなし) 16,000円(有効期間3カ月)

また、英会話教室やオンライン英会話のビジネス英会話コースでビジネス英会話の基礎を身に付け、Linguaskill Businessの対策とするのも良いでしょう。

ビジネス英会話に強いオンライン英会話

ビズメイツ

ビズメイツ

ビズメイツは、ビジネス英会話に特化したオンライン英会話。東京海上日動やSMBC日興証券等での採用実績を持つほか、「ビジネス経験」のある講師のみを厳選して採用する等、数あるオンライン英会話の中でも、質の高いビジネス英会話のレッスンに定評がある。ビズメイツでは、Linguaskill Businessに特化した対策はおこなっていないが、マンツーマン形式で、特定のビジネスシチュエーションを想定した教材を利用し、交渉やプレゼンテーション、英文メール等について、丁寧な指導を受けることが可能。Linguaskill Businessの受験を考えているが、ビジネス英会話を学んだことのない方や、ビジネス英会話を総合的に身に付けたい方におすすめ。

レッスン料金(税抜)
  • 毎日25分プラン(1日1レッスン):12,000円(税込)/月
  • 毎日50分プラン(1日2レッスン):15,000円(税込)/月
  • レッスンチケット:1,200円/1枚 ※有料会員限定
無料体験レッスン 25分のレッスン1回

英語力・英語資格を活かして転職!おすすめの転職エージェント

英語力を活かして転職をおこなう場合、英語を使う職種・業種に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめ。こうした転職エージェントを利用すれば、英語力のある人材を求めている企業とのマッチングが行え、効率よく自分に合った求人が見つけられるほか、英文のレジュメ添削や英語での面接対策等、様々な転職サポートを受けることが可能です。

以下では、英語力や取得した英語資格を活かして転職するための、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
自身の英語力を活かし、転職を成功させたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェント。海外に独自のネットワークを持ち、業界トップクラスの求人数と転職実績を誇る。また、ネイティブのコンサルタントによる転職サービスを受けることが可能。
英語力を活かして、外資系企業や日系グローバル企業に転職したいと考えている方は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントと言えるだろう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、数ある転職エージェントの中でもトップクラスの転職成功実績と求人数を誇る転職エージェント。特に、日系の大手グローバル企業の海外営業の求人が他の転職エージェントと比較しても充実している。専門性の高いキャリアコンサルタントが多数在籍している点も魅力。
英語力を活かして外資系企業やグローバル企業、海外営業等の職種への転職を考えている場合、必ず登録しておきたい転職エージェントの一つ。

まとめ

転職に役立つ英語資格について解説した今回の特集はいかがでしたか?

転職に役立つ英語能力テストは、TOEICや英検が有名ですが、外資系企業やグローバル企業への転職を考えている場合や、英語力をベースに転職を考えている方は、Linguaskill BusinessやIELTSといった国際的に認知度の高い英語能力テストのスコアをもっていることをアピールポイントにするのも良いでしょう。
これらの資格はTOEICと比較すると、問題の難易度が高く、スピーキングやライティングの試験もあることから、受験のハードルもあがりますが、その分、実践的な英語スキルを証明することができ、転職活動においても高い評価を得られるはずです

英語力と転職

また、Linguaskill BusinessはTOEICやIELTSと違い、実践的なビジネス英語を身に付けることができ、Linguaskill Businessの受験対策をすることで、仕事に直結する英語を学ぶことができます

より実践的な英語スキルの習得を目指し、TOEIC以外の英語能力テストの受験を検討してみてはいかがでしょう?