IT転職。SEなどのITエンジニアが転職する際に意識したいキャリアパスと転職ノウハウ

  • ケース別転職対策
  • 職種別!転職対策

Job.ITエンジニアの転職 SEなどのITエンジニアが転職する際のノウハウ、キャリアパスとは?

目次

ITエンジニアの転職ITエンジニアの転職01

ITは、今や日常生活にとっても企業活動にとっても不可欠の技術です。身近なインターネットや銀行ATMなどのシステム、あるいは企業の運営活動や新規事業展開もITがなければ成立することができず、それらを構築・管理するITエンジニアもますます需要が高まっています

転職市場では豊富な求人に恵まれているITエンジニアですが、専門性の高い分野だけに、転職を考える際は自分の技術力と将来のキャリアパスの双方を意識したうえで、望むキャリアを築くことができる企業選びを行っていく必要があります

ここでは、IT転職のために必要な転職のノウハウ、キャリアパスの考え方を紹介します。

IT転職のノウハウ①転職準備ITエンジニアの転職02

転職の大きな流れは、IT転職も他業界の転職も変わりません。まずは転職活動前の準備を入念に行い、次に企業選びや書類応募・面接などの具体的な行動に移ります。

pointキャリアパス・キャリアプランを考える

ITサラリーマン画像
転職活動を始める前に、まず「転職したい理由」「転職によって得たいもの」といった転職の動機をはっきりさせましょう。その際に意識したいのは転職後のキャリアパスです。たとえば、「残業や長時間労働がキツイので定時で帰れる企業に移りたい」というのがそもそもの転職理由だとしても、そのままの理由では企業の書類選考や面接を通過することは困難です。企業の採用担当者を納得させ、自分自身も満足度の高い転職をするためには、転職した先でどのような仕事をしたいかを軸にキャリアプランを練る必要があります
従来、ITエンジニアといえば、プログラマー→SE→プロジェクトマネージャーというように、キャリアアップのためにはマネジメント力やリーダーシップを備えたゼネラリストになることを求められていましたが、現在はIT分野そのものが専門化しており、専門分野に特化した人材への需要も高くなっています。専門性を極めることも一つのキャリアとして通用しつつあると言えるでしょう。

point業界研究・企業研究

ITの技術革新とともに、ITエンジニアに求められる役割・能力も日々変化しています。転職前には、現在のIT業界の動向や注目度の高い企業などを必ず調べておきましょう。最新のIT技術やIT企業等の情報は、業界専門紙やITエンジニア向けのセミナーなどから得ることができます。また、IT専門の転職エージェントにも最新のIT業界の情報が集まっています

point転職エージェント・転職サイトへの登録

ITエンジニアの転職を専門に扱う転職エージェント・求人サイトは、IT転職の際にぜひとも活用したいサービスです。特に転職エージェントは、最新の業界動向を把握しているうえ、個々のIT企業の情報も集まりやすく、IT転職のデータバンクとしての価値も高いと言えます。具体的な転職活動を行う際は、書類作成や面接対策などのサポートも受けることができます。

recommendおすすめのIT転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職エージェント。主要拠点にはIT・Webエンジニアの専門チームが設けられ、IT専門のキャリアアドバイザーがサポートを行う。ホームページ内にIT・Webエンジニア向けの特設サイトあり

JACリクルートメント

JAC Recruitment画像

コンサルタントの提案力に定評がある転職エージェント。海外に複数拠点を持ち、グル―バルな転職サポートが強み。ITやWebサービス・ゲーム業界などに特化したコンサルタントが多数在籍している

type転職エージェント(旧:typeの人材紹介)

type転職エージェント画像

エンジニア向け転職情報誌「type」で知られるキャリアデザインセンターの転職エージェント。IT転職に強く、転職者の年収アップ率は71%と極めて高い。都内で定期的に「エンジニア適職フェア」(合同企業説明会)実施

IT転職のノウハウ②転職活動ITエンジニアの転職03

point企業選び

企業選びのもっとも大きなポイントとなるのは業務の内容です。その企業の業務内容が、1.の段階で自分が考えたキャリアパスに沿うものかどうかをよく検討しましょう。雇用条件や待遇の良し悪しも重要ですが、それにつられてキャリアや仕事内容をおろそかにすれば、せっかくの転職先でも思うような仕事や評価を得られるず、不満を抱くことになりかねません。
自分が望む仕事ができ、希望するキャリアを築くことができるかどうかを軸に企業を選ぶことが大切です

DODA【ITエンジニア、クリエイター向け合格診断】

point応募書類の作成&書類選考

履歴書・職務経歴書などの応募書類は、応募する企業に最適化したものを一つ一つ作成する必要があります。特に履歴書の「志望動機」欄や、職務経歴書の「職歴」「職務内容」などは採用担当者が入念にチェックする項目です。転職エージェントに登録している場合は、書類作成についてのアドバイスをもらっても良いでしょう。

point採用面接

採用面接でアピールしたいポイントは、現在の自分が持つ専門知識や技能のレベル、そして、最新情報のキャッチアップやスキル向上に対する意欲です。知識・技能のレベルについては、職務経歴書の内容を補足する内容が、情報のキャッチアップとスキル向上については、資格取得実績や定期的に見ている業界サイト・専門誌等をアピールするのがおすすめ。また、現在勉強中のスキルや言語がある場合もアピールしていくと良いでしょう

point筆記試験

転職では筆記試験が課されるケースも少なくありません。転職支援サービス「DODA」の調査によれば、筆記試験を実施する企業は全体の約5割ほど(DODA「筆記試験の実施率、試験内容は?」)。また、ITエンジニアのような専門職では、一般常識の他に専門能力試験が課されるケースも多くあります。 試験対策としては、応募職種の基本的なスキルについて、ひととおり復習しておくことがおすすめです。ITエンジニア向けの就職・転職対策本も参考になるほか、オンライン上のフリーテストなどで感覚をつかむのも良いでしょう。

システムエンジニア能力診断

ITエンジニアのキャリアパスITエンジニアの転職04

mac画像

近年のIT業界では、各分野の専門性が高くなっており、プロフェッショナル性の高い人材の需要が増しています。従来であればプロジェクトマネージャーなどに比べて待遇面で劣る傾向があったスペシャリストも、徐々に待遇が向上しており、キャリアの最終目標の一つになりつつあると言えるでしょう。

キャリアの選択肢が増える一方で、ITエンジニアのキャリアパスは以前よりも複雑化しています
転職の有無に関わらず、これからのITエンジニアは業界にどのような職種があり、それぞれの職種でどのようなスキルが求められているのかを把握した上で、自らの適性も考慮しながら特定分野のスペシャリストになるのか、全体を総括するマネージャーやコンサルタント業務に移行していくのかを見極める必要があります。

checkITエンジニアのおもなキャリアパス

ITエンジニアのおもなキャリアパス

checkおもなITエンジニアの種類

ITコンサルタント・システムコンサルタント
クライアントの情報化戦略を立案し、実現を支援するコンサルティング業務。SEからの転向も多い。ITエンジニアの高収入職
プロジェクトマネージャー(PM)
情報システムの開発プロジェクトにおいて計画の立案と実行責任者となる職種。システムエンジニアとしての知識や経験に加え、プロジェクトを円滑に進める管理能力、プロジェクトチームを取りまとめる統率力などリーダーシップが必要になる
システムエンジニア(SE)
顧客の要望に沿って情報システムまたはソフトウェア開発の設計・開発・運用などを手がける職種
プログラマー(PG)
情報システムの開発現場において用意された仕様書に沿ってコンピュータを動かすためのプログラムを実装する職種
ネットワークエンジニア
システムエンジニアの中でもネットワークの構築や運用、サービスを提供するプラットフォームなどを専門分野とする職種
データベースエンジニア
システムエンジニアの中でもデータベース設計や既存データベースのチューニングを専門分野とする職種
ITアーキテクト
ITシステムの設計様式(構造)を考え、システムの在り方や作り方を提示する=設計上のコンセプト(概念、思想)を作り上げる職種。SEの上位職と定義する企業も
ITスペシャリスト
プラットフォーム・セキュリティ・ネットワーク・データベースなどの専門技術を活用してシステム基盤の設計・構築・導入を手がける職種。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニア等の上位職と定義する企業も
フィールドエンジニア
顧客先に出向き、PCの設置やインストール、各種設定、LANケーブルの敷設等を行う職種
運用監視
サーバー、ネットワークのトラブルを監視する職種。24時間の三交代制で勤務する場合が多い。他のITエンジニアと比較すると専門知識が不要。未経験者採用も行われる
WEBデザイナー
企業や団体のWEBサイトをデザイン・制作し、運用保守などの管理業務を行う職種
WEBディレクター・WEBプロデューサー
Webサイトを制作する際に、webデザイナー、Webプログラマー、コーディング担当等の制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行管理・品質管理をする仕事
テクニカルサポート
コンピュータのソフト・ハードなどの製品情報、使用法、トラブルに関する質問を受け、回答する仕事。ユーザーサポートと社内ヘルプデスクの2種類がある

大企業と中小ベンチャー、どちらを選ぶ?ITエンジニアの転職05

転職先として見た場合の大企業と中小ベンチャー企業には、それぞれメリットとデメリットがあります。

check大企業と中小ベンチャー企業のメリットとデメリット

大企業の特徴
  • 技術・ノウハウの膨大な蓄積がある
  • 規模の大きなサービスを扱うことが多い(大企業、公官庁など)
  • 最先端の仕事に関わるチャンスがある
  • 慣例化された業務が多く、ゼロからもの作りをする機会は少ない
中小ベンチャーの特徴
  • 少人数の職場が多く、幅広い仕事に触れる機会に恵まれる
  • 個人の成長スピードが大手より早い
  • 作業工程や業務内容等の柔軟性が高い
  • 研究開発等に専念したい場合は不向き

一般的に、待遇面や福利厚生などは大企業のほうが充実していることが少なくありませんが、魅力的なサービスや社風を持つ中小ベンチャーも多く、ITエンジニアとしてはどちらを選ぶか悩むポイントでしょう。
前述の通り、自身のキャリアパスとやりたい仕事を軸に選ぶ方が、全体的な転職満足度は高まります。大手・中小にこだわらず、一つ一つの企業に対する情報収集をしっかりと行い、後悔のない転職先をえらびましょう

ITエンジニアの転職~まとめ~ITエンジニアの転職06

mac画像

ITは現在、IT企業だけでなくほぼすべての企業にとって重要な役割を果たしています。高い技術力を持つITエンジニアであれば、転職市場ではつねに需要が高く、有利な条件で転職することができるでしょう。
ただし、キャリアが多様化している現在、ITエンジニアには自分のキャリアパスを自身で設計していくスキルが求められています。転職は望むキャリアを実現する手段の一つであると同時に、ITエンジニアとしての今後を左右する重要な転機の一つでもあります。今まで築いてきたキャリアの棚卸しや、今後のキャリア形成について迷う場合は、IT専門の転職エージェント等にカウンセリングを受けてみるのも一つの方法。
IT業界における現在の自分の位置をきちんと整理した上で、望むキャリアを実現するための転職をしましょう。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • IT転職エージェント比較
  • SEやプログラマーなどIT転職に強いエージェントを比較!
  • キャリアデザインを描く
  • キャリアをデザインするための5ステップ、転職活動への生かし方とは?
  • 転職ニュース -転職が多いのは大企業?中小企業?-
  • 転職が多いのは大企業?中小企業?転職動向から探る、企業の特徴・選び方とは

New Contents新着コンテンツ

  • 転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントの比較に役立つ4つの切り口とは?
  • 転職にスキルは必要か
  • 転職におけるスキルの重要性とは?ビジネスの現場でのスキルの考え方・注意点などをわかりやすく解説。
  • 転職と企業研究
  • 転職時の企業研究の方法とは?企業研究する際に役立つおすすめの方法を編集部が厳選。
  • 効率よく転職するには
  • 転職活動を効率的にする方法を解説。さらに、転職活動を早く終わらせるためのおすすめサービスも紹介します。

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

このページのトップへ