未経験からITエンジニアへ転職するには?ITスキルの身につけ方や転職活動の進め方を解説

転職活動の歩きかた

IT エンジニア 未経験 転職

キャンセル

未経験からITエンジニアへ転職するには?スキルアップの方法や転職活動の進め方を解説

ケース別転職対策

未経験からITエンジニアへ転職するには?

スキルアップの方法や転職活動の進め方を解説

未経験からITエンジニアへ転職するには?スキルアップの方法や転職活動の進め方を解説

はじめに

IT業界は不況時に強い業界の1つ。コロナ禍でも求人需要は堅調に推移しており、テレワークのシステム開発、リモートワークの社内システム導入、クラウド関連ソフトウェアの開発、教育関連(オンライン授業のシステム)、AI等、ITエンジニアが活躍するフィールドは多岐に渡ります。

IT業界は他の業界と比較すると、働き方の自由度と給与水準が高く、未経験からITエンジニアを目指す方も少なくありません。その一方で、実務未経験でITエンジニアを目指すのは容易ではありません。

クラウド・画像

そこで、今回の転職活動の歩き方では、ITエンジニアへの転職をピックアップ。未経験からITエンジニアへの転職を目指している方のために、転職に必要なITスキルを身につける方法や、転職活動の進め方を解説します。さらにITエンジニアへの転職支援付きのプログラミングスクールや、IT業界に特化した転職エージェントの情報も。
未経験からITエンジニアへの転職を検討している方は、本特集をぜひ最後までチェックしてみてください。

ITエンジニアとは?未経験からITエンジニアを目指す方法

「ITエンジニア」とは、IT業界で活躍するエンジニアの総称です。一口にITエンジニアといっても、仕事内容や担当分野、専門性などから、仕事内容は細かく分かれます。例えば、システムエンジニア(SE)、プログラマー、データベースエンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、Webエンジニア等が、代表的なITエンジニアの職種です。

システムエンジニア(SE)は、ITエンジニアの中でも年収も高く、人気の職種ですが、未経験からの転職を検討している場合、システムエンジニアをいきなり目指すのはハードルが高いでしょう。
職種未経験からITエンジニアを目指す場合は、未経験者でも採用している職種や、基本的なスキルを必要とするエンジニア職を経験した上で、スキルアップとキャリアアップしていくのが、転職を成功させるポイントです。

全くの未経験からITエンジニアを目指す方法としては、独学もしくはプログラミングスクールでITスキルをしっかり身に着けた上で、IT専門の転職エージェントを利用する方法と、転職支援付きのプログラミングスクールを利用する方法があります。転職支援付きのプログラミングスクールの中には、万一ITエンジニアに転職できなかった場合に、受講料を全額返金する保証制度がついているものも。未経験からの転職を考えている場合は、転職支援つきプログラミングスクールを上手く活用すると良いでしょう。

企画・画像

次のチャプターでは、未経験の方が目指すのにおすすめの職種「プログラマー」、「Webエンジニア」に注目。それぞれの職種ごとに、仕事内容や転職に必要なスキル、おすすめのプログラミングスクールを解説します。

未経験からプログラマーへ転職する方法

未経験からITエンジニアへの転職を目指す場合、まず最初に検討したい職種はプログラマーです。プログラマーとして実績を積めば、システムエンジニア(SE)、プロジェクトリーダーやITコンサルタントへとキャリアアップしていくことも可能。またプログラマーは、フリーランスとして活躍する人が多い職種でもあります。

プログラマーの仕事とは?

プログラマーの仕事は、システムエンジニア(SE)が書いたシステムの仕様書をもとに、実際にプログラムを組み、システムを作り上げる仕事です。
未経験からプログラマーへ転職した場合、初めは簡単なプログラミングからスタートし、徐々にレベルアップしていくケースが一般的です。プログラマーの求人の中には、エンジニアが設計した製品が正常に動作するか検証を行うテストエンジニアの仕事も少なくありません。テストエンジニアからキャリアアップを目指す場合、運用保守、構築、設計へと仕事の内容がレベルアップしていきます。

プログラマ・画像

未経験からプログラマーへ転職するのに必要なスキル

未経験からプログラマーへ転職する場合に必要なスキルは、Python、C言語、Ruby、Javaといったプログラミング言語のスキルです。
また、プログラミングスキルはもちろん、チームとして開発を行うためのコミュニケーション能力や、日々進歩するプログラミング技術に対する自発的な学習意欲、新しい技術や情報に対する感度や情報収集能力の高さ等も求められます。
実際にシステム開発に取り組む際は、そのシステムを利用する企業・業界に対する知識も求められます。例えば、金融機関の情報システムを開発するのであれば、金融の基礎知識が必要になる等、プロジェクトごとにプログラミング以外で新たに学ぶことも多いため、自ら学ぶ姿勢も重要です。

未経験からプログラマーへの転職におすすめのプログラミングスクール

TECH CAMP(テックキャンプ)

TECH CAMP(テックキャンプ)

TECH CAMPは、転職支援付きプログラミングスクールの最大手。第三者機関「ゼネラルリサーチ」による調査では、ITエンジニア養成プログラムNo.1を獲得しており、「未経験から即戦力までスキルアップできる」「サポート体制が充実している」「未経験から理想の就職ができる」と、利用者から高い評価を獲得している。
TECH CAMPの特徴は、通常1,000時間かかると言われるITエンジニアのスキル習得を、独自開発したカリキュラムメニューに取り組むことで600時間まで短縮している点。未経験から最短でプログラマーとして現場で活躍できるスキルを身につけることができる。また、Webサービス、アプリ開発などを設計・開発・インフラ構築・運用まで、一連の流れの中で学ぶことができるカリキュラム内容も高く評価されている。
TECH CAMPでは、約10週間の「短期集中スタイル」と、働きながら学べる「夜間・休日スタイル」の2種類の受講スタイルを選択可能。カリキュラム修了後は、専属のキャリアアドバイザーによる転職支援を受けることができる。
TECH CAMPは、その他にも受講開始から14日間の返金保証制度、学習をサポートする専属ライフコーチの存在など、続けやすい学習システムも大きな魅力。未経験からプログラマーへの転職を目指す方は、まず利用を検討すべきプログラミングスクールだろう。

受講料金
  • 短期集中スタイル:月額21,200円(税込)~
    ※一括払い:712,800円(税抜)
    最初の2週間(14日間)で満足できなかった場合は全額返金保証
  • 夜間・休日スタイル:月額46,000円(税込)
    ※一括払い:932,800円(税抜)
    入会金なし
学習できるプログラミングスキル HTML/CSS、JavaScript、Ruby on Rails、オブジェクト指向、テスト駆動開発、デザインパターン、サービス設計、SQL・データベース、AWS、GitHubなど
オンライン受講
保証・転職支援
  • 全額返金保証制度あり
  • 転職支援制度あり。転職できなければ全額返金。

未経験からWebエンジニアへ転職する方法

未経験からITエンジニアへの転職を目指す場合は、Webエンジニアを目指すのも一つの方法です。
Webエンジニアは、Web上で提供されるシステムのプログラミングや、Webアプリケーションの開発を行う職種。Webエンジニアの仕事内容はWebサイトのあらゆる分野に活用、SNSやWebアプリケーション、アプリのシステム機能の増加に伴い、需要がさらに高まっている職種でもあります。

Webエンジニアの仕事とは?

Webエンジニアの仕事は、主にWebサービスやWebアプリケーションの開発。またWebサイトの制作が含まれる場合もあります
WebサービスやWebアプリケーションの開発は、システムエンジニア(SE)が設計した仕様書に沿ってすすめるケースが一般的です。例えばECサイトの商品購入システムや、受発注システム、決済システム等のシステム開発を行います。Webサイト制作は、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの2つに分かれており、仕事内容が異なります。フロントエンドエンジニアは、UI/UXを含む、Webサイトの「表側」を担当し、ユーザーがシステムと接触する部分を制作。バックエンドエンジニアは、Webサイトの裏側の処理システム等を開発します
また、制作したWebサイトのメンテナンスもWebエンジニアの仕事の1つです。スキルが高くマネジメント力があるWebエンジニアの場合、年収1,000万円の大台に乗るケースもあります。

未経験からWebエンジニアへ転職するのに必要なスキル

Webエンジニアは、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)どちらを目指すかで必要となるスキルが異なります。
フロントエンドエンジニアの場合、Webサイト制作にかかわるHTMLやCSS、JavaScriptのスキルが求められます。また、WebデザインやUI/UXの設計スキルがあれば、プラスαの評価を得られるでしょう。
バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)の場合は、PHP、Perl、Pythonなどのプログラミング言語の知識が必要です。
未経験からWebエンジニアへの転職を目指す場合は、フロントエンドとバックエンド、どちらを目指すかを決めた上で、必要となるITスキルを身に付けましょう。

未経験からWebエンジニアへの転職におすすめのプログラミングスクール

DMM Web Camp

Web Camp Pro画像

DMM Web Campは未経験の方でも3ヵ月で高いエンジニアスキルを身に付けることができる転職支援付きのWebスクール。最短でエンジニアへの転職を目指す短期集中型のブートキャンプを採用。受講生の転職成功率は98%を誇っている。
「DMM WEBCAMP 転職コース専門技術講座」は、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されており、条件を満たすことで、支払った受講料金の最大70%を教育訓練給付金として受け取ることができる。 DMM Web Campの特徴は、ITエンジニアへの転職をフルサポートする専任のキャリアカウンセラーとプログラミング講師が、受講生のスキルアップから転職まで一貫して支援する点。プログラミング学習は、未経験者のために開発されたカリキュラムを通して、オンラインで学ぶことができる。また、万一所定の期間内に転職できなかった場合は、受講料金を全額返金する転職保証制度を利用できる点もチェックしておきたい。
DMM Web Campでは、「3ヵ月間の学習期間+3ヵ月間の転職・就職サポート」の通常プログラムと、「4カ月間の学習期間+3カ月間の転職・就職サポート」の専門技術講座の2種類を用意。学習には、チーム開発をはじめ、実務により近い実践的なカリキュラムを導入し、未経験でもHTML(HTML5)、CSS(CSS3/SASS)、JS(jQuery)等のスキルを身に付けることができる。
未経験からWebエンジニアへの転職を考えるのであれば、DMM Web Campは上手く活用すべきサービスと言えるだろう。

受講料金
  • 通常コース:一括料金628,000円(税抜)
  • 専門技術講座:一括料金828,000円(税抜)
  • 給付金対象コースにつき最大560,000円キャッシュバック
    両コースとも分割払い可能
学習できるプログラミングスキル HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Rails 等のプログラミング言語、チーム開発、ポートフォリオ制作、AI教養、クラウド教養 等
オンライン受講
保証・転職支援
  • 受講開始から20日間の全額返金保証制度あり
  • 転職支援制度あり。転職できなければ全額返金。

一定以上のITスキルがある場合、転職エージェントへ直接登録も

未経験でも、独学等ですでに一定以上のITスキルを身につけており、プログラミング関連の資格を取得している場合や、プログラミングスクールに通い、一定以上のプログラミングスキルが身についている場合は、IT専門の転職エージェントに登録してみるのも一つの方法です。
(※ただし、まったくの未経験者や、スキルが足りないと判断されると、登録自体が難しいため注意しましょう。)
以下は、ITエンジニアの転職に強いおすすめの転職エージェントの1つです。

IT専門の転職エージェント

レバテックキャリア

レバテックキャリア・画像

レバテックキャリアは、レバレジーズが運営する、IT・Web業界の転職求人のみを専門に取り扱う転職エージェント。Web面談または電話面談での登録を受け付けており、対面での面談なしで登録することができる。
2021年1月現在、レバテックキャリアは、ITスキルが全くない未経験の方のエンジニアへの転職サポートは受け付けていない。ただし、個人でプログラミングの経験があり、資格を取得しているなど、一定以上のITスキルを証明できる場合、未経験からサポートも行っているため、実務経験がない場合でも、自分自身のITスキルに自信がある場合、一度相談してみると良いだろう。
レバテックキャリアでは、求人の選定はもちろん、面接対策も実施。登録者向けに企業がエンジニア採用で重視するポイントを抑えたオリジナル資料「面接詳細」を配布。希望者にはコンサルタントが直接職務経歴書を添削するなど、手厚いサポートを提供している。
拠点は東京、名古屋、大阪、福岡の4か所。対応地域がやや限られる点には注意が必要だが、利用者の評判が総じて高く、求人数も豊富。レバテックキャリアは、一定のITスキルを持ち、ITエンジニアへの転職を考えている方にとって、利用する価値がある転職エージェントだろう。

まとめ

未経験からITエンジニアへの転職について解説した本特集はいかがでしたか?
ITエンジニアという仕事は、やりがいがあり、今後も大きな需要が期待できる将来性のある職種の一つ。
キャリアパスについても、専門性の高いエンジニアとして活躍する、SEにキャリアアップする、プロジェクトリーダーや、ITコンサルタントを目指す等、発展性のある職種と言えるでしょう。

未経験からITエンジニアを目指す場合は、まずはしっかりとその職種の業務に必要となるITスキルをしっかり身につけることが必須。また、ITエンジニアは、プロジェクトごとにチームを組み、複数人で仕事をする職種でもあります。プログラミングスキルだけではなく、コミュニケーション能力や納期をしっかり守るといったビジネススキルも求められます。さらに、日進月歩で進化するプログラミング技術に対し、自発的に学習し続けられることも重要です。
転職面接では、身につけたプログラミングスキルと合わせて、それらの経験やスキルをアピールすることで、転職の成功率がぐっとあがるはず。

未経験からITエンジニアへの転職を考えている方は、本特集を参考に、ベースとなるITスキルを身につけ、エンジニアへの転職を成功させましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。