市場価値を高める転職とは?一生食べていくために実践したい3つの方法を解説

転職活動の歩きかた

転職 市場価値 高める

キャンセル

転職で市場価値を高める3つの方法とは?自分の力で一生食べていく!

転職の流れ

転職で市場価値を高める3つの方法とは?自分の力で一生食べていく!

転職によって市場価値を高めるには、どんな視点が大切?ビジネスパーソンとしての自分の市場価値を引きあげてくれる転職とは?

転職で市場価値を高める3つの方法とは?自分の力で一生食べていく!

ビジネスパーソン1人1人が「個」で評価される時代。自分の市場価値を高める転職とは?

「年収」「仕事の向き不向き」「働き方の柔軟性」など、転職でなにを重視するかは人それぞれです。企業選びや、業界・職種選びの際に、自分なりの優先事項がある、という方は多いでしょう。

特に、終身雇用制や年功序列がすでに崩れつつある現在は、転職するにあたり「自分の市場価値を高める」という視点を重視するビジネスパーソンが増えています

これからビジネスの現場には「個の時代」がやってきます。フリーランスの増加や、副業を推奨する企業の登場からもわかるように、これからのビジネスパーソンは、企業名や役職名ではなく、「なにが得意か」「どのようなことを成し遂げてきたか」によって、1人1人評価されるようになっていくでしょう。

自分の市場価値を高める転職とは?

このような「個の時代」の転職では、どこの企業に入社するか、年収はいくらもらえるか、という視点以上に、自分のビジネスパーソンとしての市場価値を高める転職ができるかどうかが、将来を左右するキーポイントになるのです。

そこで今回の特集では、「転職で市場価値を高める方法」にスポットを当て、個人として一生食べていけるだけの力を身につけるために、どう転職活動と向き合っていけば良いかを考えます。

まずは現時点の市場価値をチェックしよう

ビジネスパーソンとしての市場価値について考えるとき、まず最初に行っておきたいのが、現時点での自分の市場価値のチェックです。
市場価値を高めるためには、現在の自分の市場価値を知り、どう伸ばしていけば良いのか、その方針を決めることが大切。

まずは自分のスキルや資格、業務経験、実績などを整理し、どのような仕事に強みを持っているか、どんな企業との親和性が高いか、それらは今後も関わっていきたい分野かどうか、を考えてみましょう。

インターネット上には、転職支援サービス大手がビックデータをもとに求職者の市場価値を分析する「市場価値診断サービス」を提供しているので、これらのサービスを活用してみると良いでしょう。

キャリトレ

キャリトレ画像

ビズリーチが運営する20代向けの市場価値診断サービス。簡単な質問に回答し、自分のプロフィールや経歴・重視する働き方などを入力することで、条件に合致する求人のレコメンドを受けられる。届いた求人の傾向を分析することで、想定年収や自分自身の強み、転職成功率の高い業界などを知ることができる

ミイダス

ミイダス画像

市場価値からキャリアを分析する市場価値診断サービス。自身のプロフィールや現在の業務内容・経験に関する質問に回答すると、条件に合致した求人の数や想定年収を知ることができる。無料会員登録をすると詳細な求人情報もチェック可能。企業から届くオファーはすべて書類選考通過済みの面接確約オファーのみ。効率良く転職活動をすすめたい方にもおすすめのサービス。

転職で市場価値を高める方法 その1旬のスキルを身につける

市場価値を高める転職として、もっともイメージしやすいのが、旬のスキルに注目する方法です。
在籍している業界や隣接業界で話題になっているトピックスを調べ、自分に適正がありそうな分野、興味を持てる分野であれば、そちらに軸を定めて転職活動をしてみると良いでしょう。

たとえば、現在ITエンジニアとして働いているのであれば、旬のスキルであるAI技術を学びながら、AI分野に進出している企業へ転職し、AIエンジニアを目指す等がこのパターンに該当します。

旬のスキルを身につける

現時点での旬のスキルとしては、AI技術のほかに、データ分析、マーケティング、ブランディング、営業、広報・PR、RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)導入、新規事業の立ち上げ、新規上場などがあげられます。
多くの企業に求められている一方で、保持しているビジネスパーソンは少ない、というように、需要が供給を上回っている分野のスキルに注目するのがポイント。

ただし、旬のスキルの一部は、需要の高さからすぐに人材飽和状態となったり、時代とともに廃れて求められなくなる(陳腐化する)可能性もあります。
スキルの旬が過ぎたあともビジネスパーソンとしての市場価値を保つためには、「常に最新のスキルを学ぶ姿勢を持つ」「旬のスキル以外の強みを持っておく」等の対策も必要です。

最新の求人に強い転職エージェントを上手く活用する

リクルートエージェント

リクルートエージェント

創業40年以上、転職支援者数累計30万人以上という圧倒的な転職サポート実績を持つ転職エージェント。圧倒的な情報力と日系企業に限らず、外資系企業とも強いコネクションを築いている。リクルートエージェントの取り扱う求人は、一般には公開していない「非公開求人」が全体の約9割を占める。業界・職種ごとに専門知識を持ったキャリアアドバイザーが転職サポートを担当、その提案力の高さにも定評がある。現在までのスキル・キャリア等の棚卸しから、職務経歴書の添削、求人紹介など、転職に関わる作業をフルサポートしてもらえるおすすめの転職エージェント。

転職で市場価値を高める方法 その2代替不可能なスキルを鍛える

転職で市場価値を高める方法の2つめは、専門性や人間性といった属人的なスキルに注目する方法です。
具体的には、旬のスキルのように時代に左右される分野ではなく、手持ちのスキルや得意分野を深掘りすることで、高い専門性を身につけるというもの。

たとえば、営業職であれば、消費者向け(BtoC)と事業者向け(BtoB)のどちらの商材においても売り方をマスターしていたり、大口と小口といった様々な市場規模を扱えるなど、「営業」という分野において豊富な知識と経験を蓄積しているケースなどが該当します。

自分の持つ強みを徹底的に追求することで、代替不要な人材としての市場価値は高まっていくはずです。このような方向性を目指す場合は、業界は違っても同じ業種で幅広い経験を積むというように、現在の仕事をさらに深堀りできる転職先を見つけると良いでしょう。

年収アップに強い転職エージェントを上手く活用

パソナキャリア

パソナキャリア画像

総合人材サービス大手「パソナ」が運営する転職エージェント。人材派遣業で培ったコネクションを武器に、4万件以上の求人を取り扱う。転職後の年収アップ率は67.1%と他の転職エージェントと比較しても、高い数値を記録している。
転職支援サービスは、求人紹介のほか、キャリアアドバイザーによるスキル・経験の棚卸しやキャリア相談、応募書類の添削、面接対策、年収交渉等、転職活動に関わるほぼ全てのフェーズで転職をサポート。転職が初めてという方でも、きめ細かな転職サポートを受けることができるだろう。

転職で市場価値を高める方法 その3実績を作る

転職で市場価値を高める方法の3つめは、実績作りにフォーカスする方法です。
自分が仕事で「成し遂げたいこと」「実現したいこと」を目標に定め、それが可能な転職先を選ぶようにしてみましょう。

ビジネスにおいて、なにかを完成(達成)させた実績は、同業界・同業種はもちろん他分野であっても一定の評価を受けます。実績は自分の市場価値を左右する大きなポイントの1つと言えるでしょう。

その1、その2の方法が、「スキルを強化すること」や「経験を積むこと」に主眼が置かれていたのに対し、実績作りでは「自分にできること」「かたちとして残せること」がなにかを考えることが中心となります。

実績を作る

転職にあたって今までの経歴や得意分野が重要になる点は同じですが、より深く自分自身の強み・できることを理解している必要があります。

また、過去の実績をリストアップしておくことも大切。たとえば、売上アップの経験、プロジェクトマネジメントや人材指導の経験などを、具体的な数字も交えてPRできるようにしておきましょう。
チームで出した成果がなにか、その中で自分が果たした役割はなにか等を説明できるようにしておくのがおすすめです。

転職で市場価値を高めるには、まず方針決めから。高めたい価値の方向性を見きわめて唯一無二のビジネスパーソンになろう!

転職に「市場価値」という視点が登場する前から、「自分のキャリアにプラスになるかどうか」を判断基準とし、企業や職種を選ぶ方は決して少なくありませんでした。

ビジネスパーソンとして目指したい自己像や、成し遂げたいことが明確に定まっていると、転職の方針も自然とそれに沿ったものになるでしょう。転職先で成果を上げられる確率も高まり、結果的に、自身の市場価値も年収もアップします。

高めたい価値の方向性を見きわめて唯一無二のビジネスパーソンになろう!

少子高齢化や健康寿命の伸長によって、人間が仕事をする期間は伸びており、今後はリタイアするまで同一の企業で働くビジネスパーソンは減っていきます。
転職にあたって、自分の市場価値をどう高めていくかを考えることは、企業を横断して働くこれからの社会では、欠かすことのできない視点なのです。

今回ご紹介した市場価値を高める3つの方法を参考に、また、今後のキャリアプランについてサポートしてくれる転職支援サービスなども上手に活用したうえで、ご自身の価値を高める転職を目指しましょう!