年収1000万を目指し、転職する方法をわかりやすく解説

Case.年収1000万の転職 転職を通して年収1000万に到達する方法とは?求められるスキルや、転職する際のポイントをわかりやすく解説

年収1000万の転職~はじめに~年収1000万の転職00

年収1000万の転職

年収1000万円は、ビジネスパーソンとして日々全力で仕事に取り組んでいる我々にとって、目標となる数字の一つと言えます。しかし、会社によっては、仕事で結果を出し、順調にキャリアを積み上げていったとしても、年収1000万に到達するのが難しい(もしくは若いうちには到底達成できない)というケースも少なくありません。

このような場合、有効になるのが転職を通じ、年収1000万円に到達する方法です。

そこで今回は、「年収1000万の転職」と題して、転職を通じて年収1000万円を達成し、その後もキープしていく方法を解説していきます。 社会人として仕事に一生懸命取り組んできた証として、「年収1000万円」を達成したいと考えている方は、本特集を参考に、その目標を叶えるための方法をチェックしましょう!

年収1000万に求められるスキル年収1000万の転職01

年収の高さは、生活水準を高めるだけでなく、その人の能力を表す指標の一つとなります
まずはじめに、年収1000万を達成するためには、どのようなスキルが求められるのかを見ていきましょう。

check年収1000万に求められるスキルとは?

年収1000万の転職

年収1000万以上を達成し、かつ、その年収をキープしていくためには、自分が現在所属している会社の中だけではなく、会社外でも通用するスキルを身に付けていることが最低条件といえるでしょう(※大企業に勤務している場合、その会社だけで通用するスキルを磨くことで、年収1000万円を達成できるケースもありますが、往々にして年収カーブが晩年右肩下がりになり、最終的には年収1000万円を大きく下回るケースがほとんどです)。

それでは、会社外で通用するスキルとは、どのようなスキルを指すのでしょうか?
以下はビジネスの現場や転職市場で評価される、会社外でも通用するスキルと会社内でのみ通用するスキルを大きく分類したものです。

  • 会社の外でも通用するスキル
  • 専門性のあるスキル
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 目に見える形での実績
  • 会社内でのみ通用するスキル
  • その会社特有の風習・習慣のみに対応したスキル・実績
  • 会社内での人脈やネゴシエーション能力(※ただし、そこで培った人脈やコミュニケーション能力が、会社外で役に立つケースもある)

例えば、上述したように、大企業で働く一部のサラリーマンの中には、スキルや明確な実績が無くても、社内政治に長けていることで年収1000万前後に到達するケースがあります。
しかし、このような場合、会社外で通用するスキルの積み上げが無いため、転職した当初は、前職の給与水準プラスアルファが保障され年収1000万に到達したとしても、将来的に評価が下がり、年収が減っていく可能性が高いでしょう。

つまり年収1000万円は、達成して終わりではなく、その後もその年収をキープもしくは上昇させていけなければ意味がないのです。そのために必要なことは、現在の自分の仕事の中で、会社外でも通用するスキルが何なのかを明確にし、そのスキルを日頃から磨いておくことが求められます

未経験の仕事に転職し、年収1,000万円は可能?年収1000万の転職02

年収1000万の転職

このチャプターでは多くの方が知りたい未経験の仕事に転職し、年収1,000万円は可能かどうかという疑問に、これまでに千人を超える求職者の転職相談に対応してきた、筆者が回答します。

結論から言えば「よほど特殊な能力がない限り、限りなく可能性はゼロ。転職後の年収アップで年収1,000万円を目指すべき」というのが率直な回答です。

筆者はこれまでの多くの転職成功者をみてきましたが、未経験の仕事に転職し、年収1,000万円以上を達成した人は残念ながら一人もいません。

そもそも年収はその人が生み出すであろう価値をベースに設定されるケースがほとんどです。現在の仕事で一定以上の評価を得ている場合、年収が大幅にアップし、1,000万円超に到達できるケースもありますが、未経験の仕事に異業種から転職する場合、企業側にも大きなリスクが伴います。

未経験の仕事に転職し、年収1,000万円を目指すのであれば、当初の年収は低くとも将来の年収アップに伸びしろがある企業を選び、将来年収1,000万円に到達することを目指すべきでしょう。

30歳の転職で年収1,000万円は可能?年収1000万の転職03

年収1000万の転職

30歳は社会人としての一つの節目。この年齢で大台と言われる年収1,000万円をめざしたいという方もいらっしゃるはず。

では30歳の転職で年収1,000万円を目指せるのでしょうか?

結論は「可能性はゼロではない。一部大企業、外資系、ベンチャー企業であれば達成可能」というのが回答になります。

もう少し具体的に言えば、日系、外資系含め総合コンサルティング会社の経営コンサルタントまたはITコンサルタントの一部、半導体メーカー、総合商社、外資系IT企業、ユニコーンと呼ばれるベンチャー企業で30歳ながら年収1,000万円を達成した事例があります。

ただし現在の企業でエースと呼ばれる成果と実績を上げていても、30歳で年収1,000万円に達成するケースはほぼありません。確率論で言えば100人に1人いないレベルでしょう。

また年収1,000万円を受け取るということは、それだけ企業からの期待も大きくなります。そこで結果を残せなければ翌年には年収がダウンして当たり前です。年収が上がるということは、年収が下がる可能性もあるということを視野に入れておかなければいけません

そのプレッシャーに打ち勝てる人は、30歳で年収1,000万円を目指しても問題ありませんが、自分の実力を転職先の企業で証明した上で年収1,000万円を達成するのも選択肢の一つ。

筆者も大企業からベンチャー企業にチャレンジし、30歳で年収1,000万円を達成しましたが、 達成してみれば何ということもなく、見る世界も全く変わりませんでした。

目指すべき数値ではありますが、若いうちはそこまで固執しないほうが良いというのが筆者の結論です。

大企業、外資系企業、ユニコーン企業への転職を目指すのであれば、圧倒的な求人数を誇る転職エージェントの利用がおすすめです。

関連ランキング

転職エージェント比較
利用者からの評判が良い転職エージェントを厳選。各社の強みや求人数、実際にサービスを利用して転職に成功した求職者の口コミも多数掲載。

年収1000万の転職を成功させる方法年収1000万の転職04

それでは次に、転職を通してキャリアアップし、年収1000万に到達するためのポイントをご紹介します。
以下のポイントをしっかり押さえ、年収1000万の転職を成功させましょう。

point1自分の市場価値を客観的に認識する

同世代、同職種の平均的な収入や転職市場での需要などを正しく認識した上で、自分はどの程度の位置にいるのか、また、どの程度の評価が転職マーケットで得られるのかを客観的に分析しましょう
自分の市場価値を認識することで、年収1000万の転職をするために、どのようなステップを踏めば良いのかが明確になります。その際、大切なのは、主観ではなく、あくまで客観的に自分を見つめること。
もし、自分の市場価値を客観的に分析するのが難しいと感じる場合は、転職エージェント等を活用し、第三者から客観的な判断をもらうのも一つの方法です。

point2年収1000万を達成できる転職先を見つける

転職先を選択する際、年収1000万を実現できる会社を選ばなければ、そもそもの目標を達成することはできません。その際、大切なのは、目先の年収にこだわるのではなく、その会社で将来的に年収1000万円を達成できる土壌があるか、つまり自分の力が発揮でき、評価が得られた際にその数値に到達し、キープできる余地を持っているかどうかが重要です

例えば、入社時の条件として年収1000万を提示され、その年だけ年収1000万を稼ぐことができたとしても、長期的な視点に立ち考えると、それでは年収1000万の転職に成功したとは言えません。
年収1000万はあくまでも通過点。その年収を増やす、または最低限キープできるよう、自分の力を最大限活かし、正当な評価が得られる会社を選ぶことが大切です

それではどういう基準で会社を選べば良いのでしょうか?
その際ポイントになるのが、エグゼクティブの転職に強いヘッドハンティング会社や転職エージェントの活用です。一般の転職でもこれらのサービスの利用は有効な手段ですが、年収1000万の転職を成功させたいと考えるのであれば、より重要度がアップします。

年収1000万の転職

ヘッドハンティング会社や転職エージェントでは、一般には公開されていない年収1000万クラスの非公開求人を多数取り扱っており、自分で探す場合とは比較にならないほど多くの求人にアクセスすることができます。

さらに、ヘッドハンターやキャリアアドバイザーといった転職のプロから客観的なアドバイスをもらうことができるという点も、これらのサービスを利用する大きなアドバンテージと言えるでしょう。

一般の転職と比較しても高いレベルでの競争が行われる年収1000万の転職だからこそ、転職を成功させたい人はもちろん、転職活動を効率よく、スムーズに進めたい人は、ヘッドハンティング会社や転職エージェントを上手く活用しましょう

recommendおすすめのヘッドハンティング会社・転職エージェント

リクルート キャリアカーバー

リクルート キャリアカーバー画像

国内最大級の総合人材サービス企業「リクルート」が運営するヘッドハンターのネットワークサービス。ヘッドハンターの登録者数は国内トップクラスを誇り、一般には公開されていないエグゼクティブ向けの求人案件を多数取り扱っている
リクルートキャリアカーバーでは、登録できる転職希望者の年収を600万円以上に限定することで、質の高いサービスを提供。転職希望者は職務経歴書(レジュメ)を登録することで、ヘッドハンターから自身の希望に沿った求人の紹介を受けることができ、実績豊富なヘッドハンターを自ら逆指名することも可能。また、無料会員登録することで、一部の求人をサイト上で確認することもできるので、年収1000万の転職を目指すのであれば、必ず登録しておきたい。

ビズリーチ

ビズリーチ画像

管理職・専門職・グローバル人材の転職に特化した国内最大級の会員制ヘッドハンティングサービス。
ビズリーチでは、転職活動の状況に合わせて2つのプランを用意。無料の「スタンダード」プランでは、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることのみ可能だが、有料の「プレミアム」(30日間:2,980円/4,980円 ※現在の年収によって異なる)プランを利用することで、ヘッドハンターからのスカウトに加え、秘匿性の高い求人に自ら応募することもできる。貴重な情報が有料であることは本来であれば当り前であり、ビズリーチは情報を有料にすることで、会員の質を保ち、求人企業から高い評価を獲得している。他では取り扱いのない好条件の求人にアクセスし、年収1000万を目指すのであれば、ビズリーチの活用は欠かせない。

dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ画像

総合人材サービス企業「パーソルキャリア」が運営するエグゼクティブに特化した転職エージェント。年収1000万を超える求人や、一般には公開されていないハイキャリア向けの非公開求人を多数取り扱っている。
dodaエグゼクティブでは、ハイキャリアの転職支援に特化した経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートを担当。質の高いサポートに定評があり、安心して転職活動を進めることができる。また、ホームページ上で、年収1000万クラスのエグゼクティブ転職に役立つ情報を多数掲載しているので、併せてチェックしておきたい。エグゼクティブ向けの転職支援で豊富な実績を持つdodaエグゼクティブは、年収1000万の転職を目指すのであれば、上手く活用したい転職エージェントの一つであることは間違いない。

年収1000万の転職〜まとめ〜年収1000万の転職05

年収1000万の転職

自分が属している会社内だけに限定せず、会社外でも通用する・評価されるスキルを磨き、キャリアを積んでいけば、転職を通して、年収1000万を実現することは達成不可能な目標ではありません。
その一方で、年収1000万は、あくまでも一つの区切りであり、最終到達地点ではないということも決して忘れてはいけない事実です。

本特集を参考に、まずは目の前の目標である年収1000万を達成し、その後はそれをしっかりキープし、さらにステップアップしていけるよう、努力を続けていきましょう!

このページのトップへ