転職する前に市場価値を知る方法

Step.転職する前に市場価値を知る方法 年齢?資格?キャリア?転職時の市場価値が高い人と低い人の違い

転職の前に自身の市場価値を知ろう転職する前に市場価値を知る方法01

転職活動に取り組む前に、まず最初にすべきことは、自身の市場価値を知ることです。多くのものに高い低いといった価値があるのと同じように、転職にも「市場」が存在しており、市場価値の低い人もいれば、高い人もいます。つまり、転職活動においても「需要と供給」があるということです。

往々にして、求職者自身が考えている市場価値(供給)と、企業が求める価値(需要)にはギャップが存在しています。まずはそのギャップがどこにあるのか、企業は何を求めているのかを知ることが、転職を成功させるためには、非常に重要です。

そこで本特集では、自身の市場価値を知るための方法と、転職市場において価値の高い人材とはどのような人材なのかを、わかりやすく解説します。

年齢と転職の市場価値の関係とは転職する前に市場価値を知る方法02

顎に手を当てている人の画像

以前は転職の限界は35歳までという説が一般的でしたが、2018年現在、「35歳転職限界説は過去のもの」と言われており、35歳以上の求職者の転職が決まることもめずらしくありません。しかし、現実的には年齢も、転職時における重要な評価基準の1つであることは、疑いようのない事実です。

また、年齢の価値は、同業種への転職か異業種への転職かによっても左右されます。 具体的には、異業種への転職は、成長力を期待できる20代が圧倒的に有利です。場合によっては、30代前半まで許容されることもありますが、異業種への転職を実現するための努力や姿勢などがより厳しく求められ、決してハードルは低くありません

また30代後半から40代は「即戦力として活躍できるかどうか」が、転職時の市場価値として、厳しく査定されます。さらにマネジメント経験などの組織をまとめた経験も求められます。この年代になると、異業種業種への転職は、非常に難しいでしょう。
自身の市場価値をキープしたい方は、異業種への転職を目指すのではなく、豊富な経験を持つ同業種で、即戦力として自身を高く評価してくれる職場を優先し、検討を行うことをおすすめします。ただし、やりたいことやゴールなどのキャリアビジョンが明確で、「年収や役職などにこだわらない」という場合は、その限りではありません。たとえ内定獲得が難しかったとしても、目標達成のため、諦めずに転職活動に取り組むことが大切です。

「資格」は転職の市場価値に関係する?転職する前に市場価値を知る方法03

ノートの画像

転職を検討されている方の中には、「転職を有利にすすめるために、資格取得を目指している」という方もいらっしゃるはずです。

では資格は転職の市場価値を高めてくれるのでしょうか?結論から言うと、不動産業の宅建や、監査法人の会計士、保険業界のアクチュアリーなど、一部の資格が必須となる専門職種を除き、資格はあくまで加点要素に過ぎず、それ以上に今までの実績が重視されると考えておいたほうが良いでしょう。

また、資格は場合によっては選択肢を狭めるケースや、不利に働くケースがあることも覚えておきくべきです。応募先企業の業務と関連性が薄い資格を記入しても、「本当にやりたいことは何なのか」と相手に疑念を抱かせてしまうこともあるので、なぜその資格を取得したのか?その資格がどのような役に立つのかを考え、補足説明できるようにしておきましょう。

また資格の中でも、汎用性のある(どの企業でも能力の証明として効果がある)資格は取得しておいて損はありません。たとえば、英語力を測定する世界的な試験TOEIC・TOEFLは高スコアを取得しておくと、転職前はもちろん、転職後にも有利に働くことがあります。また事務職などでは、MOS・簿記・秘書検定などが汎用性の高い資格と言えるでしょう。

自分の転職市場価値を知る方法転職する前に市場価値を知る方法04

01.市場価値診断ツールを利用する
転職の際の自身の市場価値を知る上で最も効率が良いのは、転職のプロが持つ、過去の転職成功者のデータを分析し、その情報と比較することで、自身の価値を算出するという方法です。

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS画像

パーソルキャリアが提供する市場価値がわかる新たな転職支援サービス。無料会員登録後、簡単な質問に答えるだけで、自身の転職市場における価値を算出することができる。具体的には、自身と類似した経歴・スキルを持つユーザーの情報を元に、想定年収を計算、近いキャリアを持つ人間がどういう企業に内定を得ているのかも知ることができる。さらに、MIIDASに無料会員登録し、経歴を公開すると、企業からの面接確約オファーを受け取ることも可能。企業からのスカウトが届いた時点で、本当に自分に興味を持っている企業からのアプローチとなるため、選考通過率も高い。自分の市場価値を知るために積極的に利用したいサービスの1つだろう。

02.転職エージェントに相談する
転職活動を始める前に、第三者の視点を取り入れ、自分を客観的に評価する作業はとても重要です。しかし、自分一人ではなかなか、客観的な自分の価値はわかりにくいもの。そこで活用したいのが、転職エージェントです。
転職エージェントに無料会員登録することで、キャリアアドバイザーによる面談を受けることになります。面談の際は、これまでの職歴やスキルを伝えることで、転職のプロであるキャリアアドバイザーを交え、キャリアの棚卸しを行うことが可能です。
転職エージェントのキャリアアドバイザーは、面談の結果を受け、現在のキャリアで応募可能な求人や適正年収など、あらゆる角度から転職市場での価値を分析し、最適な提案をしてくれます。転職エージェントは、転職活動を効率的に進めるための便利なツールとして活躍してくれるので、積極的に利用しましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア画像

総合人材サービス大手パソナが運営する転職エージェント。求人件数2万5,000件以上、取引実績企業1万6,000社以上を誇る。さらに転職成功者の年収アップ率は67.1%と高水準。各業界に特化した経験豊富な専任キャリアアドバイザーが担当し、求職者の強み・経験・スキルに合った求人を提案してくれる。さらに求人の紹介から、書類作成・面接対策、面接日程の調整・給与交渉まで、転職をトータルでサポートしてくれる心強い存在。

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

圧倒的な求人数と転職仲介実績を誇る転職エージェントの最大手。無料会員登録することで、10万件以上の非公開求人の中から、自身の希望を満たす最適な求人の紹介を受けることができる。またキャリアアドバイザーの質の高さにも定評があり、利用者の評価も高い。求人の紹介はもちろん、面接対策や応募書類の添削、独自分析に定評がある業界・企業情報の提供も、リクルートエージェントの強みの1つ。初めての転職で、不安を感じている方はもちろん、経験豊富な求職者にもおすすめできる転職エージェントの1つ。

03.転職サイトのスカウト機能を活用する
「転職エージェントに登録する時間がない」という方は、転職サイトのスカウト機能を活用すると良いでしょう。転職サイトであれば、24時間365日、無料で登録でき、自分のペースで転職活動が可能です。
また、転職サイトが用意しているスカウトサービスは、自身の市場価値を測る手段としておすすめできます。スカウトサービスに登録すると、個人情報が伏せられた状態で、自身の学歴や職歴・スキルが企業に公開されます。その情報に興味を持った企業は、求職者にスカウトメールを送り、直接アプローチしてくるため、どのような企業に自身の能力が求められているのかを知るきっかけにもなります。またスカウトメールによっては、書類選考が免除され、エントリーすることで面接が確約されるオファーも。
最近ではプロフィールを入力するだけで、適正年収を算出してくれるサービスもあり、転職サイトは、市場価値を知るためには欠かせないツールになっています。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)画像

MIIDASを提供するパーソルキャリアが運営する転職サイト。スカウトサービスでは、書類選考が免除され、面接から選考がスタートする「面接確約オファー」や、非公開求人のオファーを優先的に受けることができる「登録者限定オファー」などを受けることができる。また、各種診断ツールも充実。「年収査定」では、これまでの経歴を元に適正年収を割り出し、その年収にあった企業の情報も提示してくれる。DODAの転職人気企業ランキング300社の中から、現在のキャリアで合格可能性のある企業を知ることのできる「合格診断」も、試したいサービスの1つ。

転職における市場価値が高い人、低い人転職する前に市場価値を知る方法05

check転職市場価値が高いのはこんな人

  • 新しいことを学ぶのが好き

業種・業界を問わず、新しいことを積極的に学ぶことができる人は、その行動自体が自身の市場価値を高めていると言えるでしょう。転職は活動中も、転職先で働き出してからも、常に変化に対応し、学び続ける姿勢が求められます。自分の知らないことを積極的に学び、それを表現できる人は、どの企業でも必要とされるはずです。

  • 思考力・問題解決能力がある

思考力が高く、問題解決能力に長けている人材を企業は高く評価します。「現在のやり方が最適なのか」を常に考えるとともに、課題を見つけ、その課題に対して「どのようにすれば解決できるか」を考えられる人材は、転職市場でも高く評価されるでしょう。

  • チームプレイを重視する

組織として機能するのが企業です。企業の業務で、1人で完結する仕事はほとんどありません。基本的なことですが、チームや組織を大切にする人物は市場価値が高いと言えます。ここでいうチームプレイとは、他の社員とのコミュニケーション能力も含まれます。チームで行動する際、調和を保ちながらも、最善の結果を出すことができる人材は、転職の際の市場価値も必然的に高くなります。

  • 行動を結果に繋げられる

計画・構想だけで終わらせるのではなく、それを実行し、結果に繋げることができる人材は、転職市場で高く評価されます。考えることはできても、それを実際に行動に移すためにはさまざまな障害や課題があります。その困難を乗り越え、遂行できる人材を、企業は求めています。

  • 市場が求めるスペシャリティ(専門性)がある

自身の市場価値は、現在持っている専門性によっても大きく左右されます。現在であれば、AI関連や自動学習関連のビジネス経験を持っている人材は、転職の際の市場価値が非常に高い傾向があります。今後どのような技術が求められるのかをしっかりキャッチアップし、その技術を磨いておくことも、自身の市場価値を高める方法として有効です。

check転職市場価値が低いのはこんな人

  • 市場が求めるスペシャリティ(専門性)がある

主体性に欠ける人は、市場価値が低い傾向があります。与えられた仕事をただこなすだけではなく、常に課題を見出し自分から改善していく能力を持たなければ、市場価値を高めることは難しいと言えます。

  • こうでなくてはいけない、と決めつける

発想の柔軟性に欠ける人も、市場価値を下げている可能性があります。「こうでなくてはならない」「こうあるべきだ」という思考が強すぎると、変化の激しい社会の中で、新しい価値を生み出すことは難しいでしょう。常に頭は柔軟に、様々な情報や変化を受け入れる柔軟性を持ちましょう

  • 社会人としての基礎能力に欠ける

社会人経験が長くなるほど疎かになりがちなのが、社会人としての基礎能力です。任務を遂行するための計画力、実行力はもちろん、基本的なビジネスマナーも欠かせません。転職を検討するのであれば、このタイミングでもう一度、基本に戻り、自分の行動を振り返ってみましょう。

市場価値を知り、高めることの重要性転職する前に市場価値を知る方法06

	社会人画像

転職の市場価値を知ることは、自身の適正年収を知ることでもあります。そしてそれは、外部(企業)からの自分の評価額です。

自分の市場価値を知ることで、企業選びや自己PRがしやすくなり、転職の成功がぐっと近づくことは間違いありません。しかし、もしも現在の市場価値が低いとしても、落ち込む必要はありません。現職への向き合い方1つで、自分の市場価値はいくらでも高めることができます。そのためにまずは、目の前の仕事に全力で取り組み、実績を作ることに注力するのも良いでしょう。

一方、年収や役職を上げることが目的でないのであれば、市場価値にとらわれ過ぎない姿勢も大事です。明確なビジョン(軸)があり、チャレンジしたいこと、実現したいことがあるのであれば、挑戦し続けることにも価値があります。

本特集を読んでいただいた方なら、市場価値を知ることの大切さがおわかりいただけたのではないかと思います。
まずは、客観的な視点で自分の市場価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 求人サイト比較
  • 求人サイトを比較!求人数やスカウト、独自サービスで人気のサイトは?
  • キャリアデザインを描く
  • 将来実現したい自己像をイメージし、今すべきこと・目指すべきものを明確にしよう

New Contents新着コンテンツ

  • 銀行からの転職
  • 転職を考えている銀行員の方のために、銀行からの転職のポイントを解説
  • 時短勤務できる転職先の見つけ方
  • 時短勤務を希望する人が知っておきたい、転職成功のポイントとは?
  • 転職エージェントに登録できない場合の対処法
  • 転職エージェントに登録できない場合の対処法を3つのパターン別に解説
  • 転職面接の練習方法
  • 転職面接がうまくいかない方へ。成功する面接の練習方法をご紹介

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

パソナキャリア

このページのトップへ