結婚を機に転職するときのタイミングとポイントは

  • ケース別転職対策
  • 女性向け転職対策

Woman.結婚と転職 結婚を機に転職する人が押さえておきたいポイントと、転職のタイミングをご紹介!

目次

結婚と転職 ―結婚するなら、家族のための働き方を考えよう結婚と転職01

結婚を考えるようなパートナーが現れたとき、今の仕事をずっと続けていけるか、今の仕事で家族を支えていけるかが重要なポイントになります。
家庭と仕事を両方大切にした生活を続けるためには、結婚後も柔軟な働き方が出来る企業へ事前に転職しておくのも賢い選択と言えるでしょう

結婚と転職のタイミングは?結婚と転職02

結婚を機に転職を考える場合、多くの方が結婚前に転職するべきか、結婚後に転職するべきかで迷うものです。この二つにどういう違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットを考慮した上で整理してみましょう。

point結婚前の転職 or 結婚後の転職

Before.結婚前の転職
結婚前に転職活動を行い、新しい職場を既に決めることができている場合、仕事や収入に関する不安が少ない状態で結婚を迎えられる点が最大のメリットと言えるでしょう。またパートナーや両親に自分の転職活動の状況を聞かれた際、転職先が決まっていれば、安心させることもできるでしょう。
一方で転職活動に取り組む時期によっては、結婚式の準備と重なると非常に多忙になり、新しい職場では人間関係をはじめ仕事内容や労働環境も一新されるため大きなストレスがかかります。結婚前の転職はメリットも大きいものの、転職活動の真っ最中に新婚生活をスタートするのは得策とは言えません
After.結婚後の転職
結婚後の転職を考えている方は、新婚生活が落ち着いたタイミングで転職活動をスタートすることができれば、結婚と並行してすすめることで発生するストレスや仕事面でのトラブルが抑えられます。
ただし、転職はパートナーやパートナーの家族を不安にさせる可能性がある点には注意しましょう。また現職を退職後、転職活動に取り組む場合、収入が不安定になる点にも注意が必要です。結婚後の転職を考えている方は、これらの点にしっかり配慮し、転職活動に取り組まなければ、結婚後の生活に大きな影響が出てしまう可能性があります。
ただし現在の職場は長時間労働や出張頻度が多い等、パートナーと過ごす時間も作れないというような状況であれば、逆に結婚や家庭生活に悪影響があります。そのような場合は結婚後、早めに転職活動を行うべきと言えるでしょう。

結婚前の転職・結婚後の転職それぞれにメリットとデメリットがありますが、家庭に悪影響を及ぼさないためには、結婚よりも先に転職先を見つけておいた方がよいでしょう。
ただし、焦って無理な条件の転職先を決める必要はありません。転職が遅れたとしても大きな問題ではなく、結婚後も自分にとって働き続けることができる職場を探すことが大切です

結婚と転職活動 ―企業探しをするとき見ておきたいポイント結婚と転職03

結婚を機に転職活動をする際、チェックすべきポイントは以下の3つです。

check結婚を機に転職活動をする際のチェックポイント

01.平均残業時間と出張の有無
結婚後、パートナーや将来生まれてくる子供と過ごす時間が確保できるかどうかは重要なポイント。毎日深夜にまで業務が及ぶ労働環境で働くと「帰宅しても寝るだけ」「休日は家族と遊ぶ気になれない」など、家族とコミュニケーションを取る時間も減ってしまうでしょう。
02.企業の特色や従業員の働く姿が見えるか
気になる企業を見つけたら、まずは企業HPや求人サイト、転職エージェントなどからの情報をもとに、従業員の働き方や職場環境を確認しましょう。たとえば企業理念や代表メッセージ等で家庭を優先できる環境であることが明言されていたり、社員紹介で子育てをしながら働いている従業員が掲載されている場合、その企業は家庭と仕事の両立に積極的であることが読み取れます。企業のカラーを知れば入社後のギャップも防ぐことができるでしょう
03.産休、育休制度、時短勤務等の制度が存在するか
産休や育休制度が存在し、従業員の取得実績もある企業は、女性が結婚や出産後も働くことに対して一定の理解があるといえるでしょう。
既婚・未婚比率や産休・育休の取得実績などは転職エージェントが持っているデータを活用するのがおすすめ。また、求人サイトの検索条件から絞り込むこともできます。なお、結婚や出産に対する考え方については、転職エージェントによる模擬面接などを利用して、十分に面接対策をしておくことが大切です。

一般的に労働環境が整っていて収入も安定しているのは大企業ですが、求人倍率も高いところがほとんど。一方、中小企業は上司や役員との距離が近いため、柔軟性の高い働き方ができる企業も少なくありません。
転職活動の際は企業の規模にとらわれず、自分に合った環境かどうかを中心に見ていきましょう。

結婚と転職活動 ―求人サイト・転職エージェントを活用してスケジュール調整結婚と転職04

自分の希望に合った企業を探す上でうまく活用したいのが、求人サイトや転職エージェントです。特に結婚を控えていたり、新婚生活をスタートしている人にとって、効率よく希望の求人を探す事ができる求人サイト・転職エージェントの活用は欠かせません

求人サイトは、希望条件ごとに求人を探せるだけでなく、適職診断テストやスカウト機能(事前に自分のスキルや経験を登録し、企業側から採用のオファーを待つ)などのサービスが豊富。パソコンがあれば自宅でも転職活動が出来るため、時間がなかなか取れないときに役立ちます。

転職エージェントは、豊富な求人と企業情報を持つ転職者の強い味方。プロのキャリアコンサルタントによる求人紹介や面接日程の調整、模擬面接など、幅広く転職活動をサポートしてくれます。
転職エージェントを活用する最大のメリットは、非公開求人を取り扱っている点。非公開求人はその転職エージェントが独自に持っている案件のため、求人サイトや企業の採用情報ページに公開されていないような案件にもアクセスすることができます

recommend編集部おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴
業界No.1の実績を誇る人材紹介会社。すべての業種に幅広いコネクションを持ち、約14万件以上と圧倒的な数の非公開求人を扱う。応募書類や面接対策等サポートも充実。
求人数
公開求人:約3万件以上
非公開求人:約14万件以上
ここに注目!
実績No.1の人材紹介会社最大手
幅広い業界に対応
おもな求人
IT系、営業、エンジニア、金融、人材、建設・不動産ほか

パソナキャリア

パソナキャリア画像

特徴
パソナグループが運営する人材紹介会社。取引実績企業は12,000社、転職希望者のサポート実績も25万人を超えており、信頼度・実績はトップクラス。全国に拠点を持ち、男性はもちろん女性の転職にも強い
求人数
公開求人:約1万5,000件以上
非公開求人:約2万4,000件以上
ここに注目!
全国に拠点。男性に加え、女性の転職にも強い
12,000社・4万件を超える求人数(※うち非公開求人80%以上)
おもな求人
IT・WEB、医療、営業、金融、コンサルティング、不動産・建設ほか

Spring転職エージェント(旧:アデコ)

Spring転職エージェント(旧:アデコ)画像

特徴
世界最大級の人材サービス企業「アデコ」の日本法人が運営する転職エージェント。人材派遣会社として高い知名度を誇るアデコだが、近年正社員転職にも力を入れており、登録者に手厚いサポート提供。実際にサービスを利用したユーザーの満足度は極めて高い。コンサルタントが企業の人事と直接やり取りしているため、スピーディーなやり取りを期待でき、転職にかかる期間を短縮できるだろう。
求人数
公開求人:約1万7,000件以上
非公開求人:約1万件以上
ここに注目!
コンサルタントが転職者と企業人事部の双方と直接やり取り
非公開求人80%以上、サポート力に定評あり
おもな求人
IT、Web・クリエイティブ、金融、経営・コンサル、メディカル(医療・製薬)、営業、マーケティングほか

recommend編集部おすすめの求人サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

スカウト
サービス
あり
特徴
リクルートが運営する求人サイト。大企業を始めベンチャー企業の案件の豊富に揃っており、取り扱い求人数はトップクラス。また、スカウトサービスの登録者数は230万人以上、一ヶ月に配信されるスカウトメールは約410万通と高い実績を誇る。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)

スカウト
サービス
あり
特徴
総合人材サービス大手、インテリジェンスの求人サイト。通常の転職サイトとは異なり、DODA独自の非公開求人も豊富に取り扱っている。一ヶ月辺りのスカウトメール配信実績は約1,220万通(2013年平均データ)と他の求人サイトと比較しても圧倒的。

check面接の受け答え例(男性編)

Case01.非正規から正規雇用を狙う場合
正社員になった後の目標に焦点を向けて、転職後に自分が実現できる内容を中心に話しましょう。
例:「前職場でも実績を評価されて契約更新を重ねてきましたが、正社員登用制度が無く不安定さを感じ、担当業務が限られることで自分の技術を応用しにくい面もありました。家族を養うためにも、業務に専念できる環境で幅広い仕事をこなし、会社に欠かせない人材になりたいと思い、転職を決意しました」
Case02.「希望給与はありますか?」と聞かれた場合
給与額よりも仕事内容を第一に転職活動を行っていることをアピールしましょう。
例:「金額については御社の規定に従わせていただくつもりです。前の職場では毎月、満足な金額を頂いていましたが、以前より学んでいた○○のスキルを生かすため、仕事内容を優先して御社に応募させていただきました。給与よりも仕事で実績を挙げることに専念したいと考えています」

check面接の受け答え例(女性編)

Case01.「結婚と仕事についてどう思いますか?」と聞かれた場合
当面の結婚予定の有無と、結婚に左右されない仕事への姿勢をはっきりと示しましょう。
例:「結婚後も仕事を続けたいと思っています。御社は女性社員の方々が多く活躍していて管理職への登用実績もあり、魅力を感じました。女性が結婚や出産後も長く働いていける環境に身を置きたいと考えたことも、御社を志望した理由の一つです」
Case02.「子どもが生まれたらどうしますか?」と聞かれた場合
具体的な対応策を示す必要があります。業務への取り組み姿勢を伝えたうえで、こちらの対応可能範囲を要望として示すなど柔軟な対応が可能かも聞いておければベストです。
例:「子どもが生まれた場合は保育園に預け、病気のときは行政の託児支援サービスや、両親の手を借りて対応します。保育園は延長可能なところを選んで、業務に支障が無いように最大限努めて参ります。家族の理解もあるので、夫とも相談しながら協力していこうと思います」
Case03.「残業には対応できますか?」と聞かれた場合
必要な場合は残業に対応することを明確に宣言した上で、結婚予定などの事情を説明するとよいでしょう。
例:「必要なときには残業し、仕事を確実にやり遂げます。家庭の事情で長時間の残業は難しい場合もあるため、前の職場では業務のスピードアップと効率化を心がけ、できる限り時間内で終わるよう努力していました。その努力は御社でも続けていくつもりですが、残業が必要な場合は責任をもって対応します」

まとめ結婚と転職05

結婚と転職活動を両立させるのは難しいと思うかもしれませんが、今後の生活のために転職を成功させるという強い意志を持ち、転職サイトやエージェントをうまく使えば十分に転職活動が可能です。現在の仕事に将来的な不安がある人は、結婚を機に転職を検討し、家族と良好な関係を保てる環境を整えましょう。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 求人サイト比較
  • 求人サイトを比較!求人数やスカウト、独自サービスで人気のサイトは?
  • 転職エージェントの活用
  • キャリアコンサルタントを味方につける賢い転職術、おすすめの転職エージェントは?
  • 合否を左右する模擬面接
  • 模擬面接の重要性と対策、練習のためのポイントを解説

New Contents新着コンテンツ

  • 転職に学歴は必要か
  • 企業の採用担当者は学歴で何を判断しようとしているのかを解説
  • 工場求人サイト比較
  • 工場求人サイトを比較し、工場求人の種類や求人数をチェックしよう!
  • 転職先の探し方
  • 効率よく転職活動を進める上で最低限知っておきたい転職先の探し方とは
  • 転職サイトのスカウトの使い方
  • 転職サイトのスカウトの使い方をチェックし、転職を成功させましょう!

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

このページのトップへ