アパレルから異業種転職を成功させるには?スキルを活かせるおすすめの職種や転職方法を解説

転職活動の歩きかた

アパレル 転職 異業種

キャンセル

アパレルから異業種転職を成功させる方法とは?おすすめの職種や転職方法を解説

ケース別転職対策

アパレルから異業種転職を成功させるには?

スキルを活かせるおすすめの職種や転職方法を解説

アパレルから異業種転職を成功させるには?スキルを活かせるおすすめの職種や転職方法を解説

はじめに

アパレルの仕事は、販売の現場で働いている場合、立ち仕事が基本。勤務は、シフト制で働く時間や曜日が不規則という場合も多く、売上にノルマが設定されているケースも少なくありません。ワークライフバランスや体力の問題から転職を考えた際に、アパレルから異業種への転職を選ぶという方も少なくありません。

そこで、今回の転職活動の歩きかたは、アパレルから異業種転職を目指す方のために、転職を成功させるための方法をまとめました
異業種転職の際にアピールできるアパレルの強みや、そのスキルを活かせる職種・業界をわかりやすく解説。また、アパレルから事務職へ転職する方法や、異業種転職に強い転職エージェントの情報も厳選して紹介しています。

アパレルから異業種転職を検討している方や、転職に悩んでいるという方は、本特集をぜひ最後までチェックしてみてください。

アパレルから異業種転職は可能?アパレルの強み・身につくスキルとは

アパレルから異業種転職を検討している方の中には、「本当にアパレルから未経験の異業種への転職は可能なのか?」と不安に思っている方も多いはず。

結論から言うと、アパレルでの仕事で得たスキルや経験を活かして活躍できる職種を選び、自分の強みをしっかりとアピールすることできれば、異業種転職は十分可能です。

アパレル・画像

ただ、その道は決して平坦ではありません。異業種への転職を成功させるには、「自分の持つスキルや経験をどう活かすのか」という点をしっかりとアピールできるかどうかがキーポイント。アパレル業界で店員・店長として働くことで得たスキルや強みの棚卸しを行い、その職種に求められるスキルとマッチさせ、アピールすることができるよう、まずは自己分析をしっかり行いましょう。

異業種への転職でアピールできるアパレルの強み・スキル

アパレルで働く上で得たスキルや経験は、異業種で働く際も必ず役立ちます。

例えば、販売スタッフとして店舗で働くアパレル店員の場合、接客業務によって培ったコミュニケーション能力やホスピタリティの高さはもちろん、クレーム処理等に対するストレス耐性の高さや、顧客の問題解決能力等も、対外的に高く評価されるスキルの1つです。その他にも売り上げアップへの取り組みやポイントカード、定期購入等サービスの営業スキルも、アピールポイント。

また、商品の在庫管理や、店舗スタッフのシフト作成、勤怠管理を担当していた場合は、高い事務スキルをアピールポイントにすることができます。売り上げ計算や各種集計業務を担当していた場合、その経理スキルを評価してくれる求職先もあるでしょう。
その他にもアルバイトの募集や、スタッフの面接・採用、教育等の人事業務経験や、メーカー当の取引先との折衝経験も、対外的にアピールできる経験であり、強みになります。

このように自分の経験やスキルの棚卸しを行い、アパレルで日々行なってきた業務を細かく分解すると、異業種転職を目指す際、アピールできる強みやスキルがたくさん見つかるはずです。

アパレルの強み・スキル
接客 ホスピタリティの高さ、コミュニケーション能力、クレーム処理等に対するストレス耐性の高さ、問題解決能力
営業 売り上げアップ、ポイントカード、定期購入等サービスの営業
事務 在庫管理、シフト作成、勤怠管理
経理 売上計算・管理
人事 アルバイトの募集、面接・採用、教育
社外対応 メーカー等の取引先との折衝

アパレルから異業種転職する際の選択肢

一口に「異業種転職」といっても、転職先の選択肢は多岐にわたります。以下では、アパレルから異業種転職をする場合に候補となる、3つの選択肢をピックアップ。
「全くの異業種に転職する」「アパレルの経験で得たスキルを活かせる職種に転職する」「アパレル業界の異職種に転職する」の3つのパターンに分け、転職を成功させる方法やおすすめの職種を解説します。

全くの異業種に転職する

アパレルから全くの異業種に転職する場合、アパレルで得た経験やスキルを徹底的に棚卸しし、強みをアピールすることが重要です。その職種のスキルが身についていない場合は、現在学習していること、スキルを身に着ける覚悟があることを示す必要があります。
また、全くの異業種に転職したいと考えている場合は、異業種転職に強い転職エージェントを活用するのがおすすめ。転職のプロから求人紹介や応募書類の添削、面接対策などのサポートを受けながら転職活動を進めていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する転職エージェントの最大手。圧倒的な求人数を誇っており、業種・職種問わず大手、中小ベンチャー、スタートアップ、外資系など幅広い求人を取り揃えている。未経験職種、異業種への転職支援実績も豊富なため、アパレルから全くの異業種転職を目指す場合はまずチェックしておきたい
リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、業種ごとに専門の担当分野が決まっており、業界経験者が多いため、業界に精通したアドバイザーから細やかなアドバイスを受けながら転職活動を進めていくことができる。
転職自体が初めてという場合や、アパレルから全くの異業種への転職を希望している場合は、上手に活用すべき転職エージェントの1つだろう。

アパレルの経験で得たスキルを活かせる職種に転職する

異業種転職を行う場合には、自分の職場で得たスキルを活かして活躍できる職種を選ぶのも有力な選択肢の一つ。

アパレルの経験で得たスキルを活かせる職種としては、他業種の「販売職」、「営業職」、「カスタマーサポート・カスタマーサービス職」等がおすすめです。
顧客との高いコミュニケーション能力や、問題解決能力、ホスピタリティの高さ、現場における柔軟性等、アパレル店員ならではの強みやスキルを活かし、活躍することができます。

自分の強みやスキルと合わせて、働き方や仕事に求めるものについて考えた際に、「コミュニケーション能力を活かして仕事がしたい」と考えている方や、「顧客へのヒアリングを通して問題解決することにやりがいを感じる」という方は、強みが活かせるこれらの職種を検討してみるのも良いでしょう。

アパレル業界の異職種に転職する

アパレル店員として培ってきたスキルを最大限活かしたいという方は、同じアパレル業界内で異職種への転職を検討するのも一つの方法です。
接客や販売等、現場での体力仕事に限界を感じているものの、アパレル業界で得た経験や知識を活かして働きたいという場合には、「MD」や「プレス」等の職種や、アパレル・ファッション関連商品を扱うECやWeb等の業界への転職も選択肢の1つでしょう。
ただ、MDやプレス等の職種は人気が高く、他の職種と比較すると募集も少ない傾向があります。そのため、これらの職種への転職を目指す場合は、アパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントを上手く活用し、効率よく転職活動をすすめていくことがキーポイントです。

クリーデンス

クリーデンス画像

クリーデンスは転職業界大手のパーソルキャリアが運営する、アパレル・ファッション業界に特化した転職エージェント。3,400社を超える企業から、アパレル・ファッション関係の求人が豊富に寄せられている。募集職種も豊富で、デザイナーやパタンナー、MD、バイヤー、営業、マーケティング、プレス、WEB/EC、アパレル生産管理など幅広い点は嬉しい。特に、募集の少ないMDやプレス等の求人も充実している点は、クリーデンスの大きな魅力
クリーデンスでは、無料会員登録する事で公開求人・非公開求人の中から自分の要望にマッチした求人の紹介を受ける事ができる。本登録する際は、後日キャリアコンサルタントとの面談が必要になるが、圧倒的な求人数に加え、プロのキャリアコンサルタントのサポートが受けられることを考えると、ぜひ登録しておきたい転職エージェントと言える。販売スタッフから他の職種に転職したいと考えており、これまでの経験をフルに活かし、アパレル・ファッション業界への異職種転職を検討しているという方は要チェック。

アパレルからの異業種転職におすすめの業界

ここでは、アパレルからの異業種転職におすすめの業界をご紹介します。未経験でも採用されやすい業界を中心に、現在人材の需要が高く、アパレルでのスキルを活かせる業界をピックアップ。
アパレルから異業種への転職を検討している方は、以下の業界も視野に入れ、転職活動に取り組むと良いでしょう。

EC業界

EC業界・画像

「EC」とは、インターネット上で商品やサービスの売買を行うビジネスモデル全般のこと。
EC業界は、新型コロナの影響下において、「Amazon」や「楽天」などのネットショッピングサイト、「ウーバーイーツ」等の外食宅配の利用率が高まり、業績を伸ばしたことで大きな注目を集めている業界です。

アパレルでの経験やスキルを活かせるEC業界の職種としては、カスタマーサポートやカスタマーサービス職、営業職などが挙げられます。

現在、転職を検討している方にとって、コロナ禍の影響を受けにくい業界を見きわめることは、転職の成功に関わる重要な問題です。コロナ不況に強いEC業界は、有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

物流業界

EC業界・画像

新型コロナウイルスの影響で、外出が制限されたことで、物流関連の需要は急拡大しています。この需要急拡大に従って、人材採用を積極化している企業も。
物流業界では、未経験者でも積極的に採用を行っている企業も多いため、現在アパレル業界から異業種転職を検討している場合は、チェックしておくべき業界と言えるでしょう。

アパレルでの経験やスキルを活かせる物流業界の職種としては、在庫管理や法人営業、SD職(セールスドライバー)などが挙げられます。今後も需要拡大が続くと思われる業界で働きたいと考えている方は、物流業界への転職を視野にいれ、活動してみてはいかがでしょう。

物流業界への転職におすすめの転職支援サービス

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

dodaは、総合人材サービス企業のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。1つのアカウントで非公開求人の紹介や対面での転職サポートを受けられる「転職エージェント」と、自己応募中心の「転職サイト」の2つのサービスを利用することができる。また、キャリアアドバイザーの質の高さにも定評があり、各業界に精通したアドバイザーが転職をフルサポート。
dodaでは、物流業界関連の求人情報も充実しており、「富士フイルムロジスティックス」や「アマゾンジャパン」など、物流業界大手の求人が充実。未経験者を積極採用している求人も多数取り扱っているので、物流業界への転職を含め、異業種転職を検討している方はぜひチェックしておきたい。

福祉・医療業界

福祉・医療・画像

福祉・医療業界は需要が供給を大きく上回っており、コロナの環境下でも、積極採用を行っている業界の一つです。

なかでも介護業界は、コロナ不況とは無縁で、超高齢化社会の到来と共に、求人需要は増々増えています。アパレル業界で培ったホスピタリティの高さや対人コミュニケーションスキルを活かすことができる場として、検討する価値がある業界と言えるでしょう。

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職は、株式会社マイナビが運営する、介護と福祉の仕事に特化した転職サイト。
マイナビ介護職は、首都圏、中部圏、関西圏を中心に約5万2,286件(非公開求人約40%を含む ※2021年4月時点)を上回る求人を取り扱っており、介護職・ヘルパー、ケアマネージャーはもちろん、生活相談員、看護助手など、介護と福祉に関連する様々な職種の求人が充実。介護未経験OKの求人を絞り込むこともできる。
また、求人の質の高さにも定評があり、定着率の低い医療機関、施設の求人は原則として紹介対象から除外。転職支援を担当するキャリアアドバイザーのサポート力も高い評価を獲得している。現在介護の仕事に就いている方はもちろん、介護職未経験の方も、積極的に利用したい転職支援サービスと言えるだろう。

Pickup!アパレルから事務職への転職

体力やワークライフバランスの問題により、アパレルなどの販売職から異業種転職を検討している方の中には、事務職への転職を考えているという方も多いはず。デスクワークが中心で、土日祝日が休日であることがほとんどの事務職は、転職の選択肢として検討されることの多い仕事です。

その一方で、事務職は常に人気の高い職種。経験者含め、事務職への転職を目指す人は多く、転職・就職の競争率も激しくなっています。そのため、アパレルから事務職への転職は簡単ではないのも事実。

未経験からでも事務職へ転職したいという方は、まず事務職として働くために必要なスキルをしっかり身につけ、実務経験を積むことが重要です。転職がなかなか決まらない場合は、派遣会社に登録し、事務職としての経験を積んだあと、経験者として事務職への転職を目指すのも選択肢の一つ。
事務派遣の求人に強い派遣会社を利用し、事務職の実務経験を積みましょう。

テンプスタッフ

テンプスタッフ画像

テンプスタッフは、転職支援サービスdodaやアルバイト求人サイトanなど、様々な求人事業を手掛けるパーソルグループの派遣会社。
30,000件を超える業界トップクラスの派遣求人数を誇っており事務派遣の求人も充実。拠点は国内に432カ所と、数ある派遣会社の中でもトップクラスを誇っている。また就業開始後も、フォロー専任者が定期的に職場を訪問し、様々なサポートを提供してくれるので、派遣社員として就業するのが初めてという方でも安心して利用できる。さらに登録スタッフ向けに様々なスキルアップ支援を提供しており、OAや語学、専門事務等の講座を受講可能。OA基礎や貿易事務など、事務職のスキルアップに役立つ講座が充実している点も評価できる。

まとめ

アパレルからの異業種転職について解説した本特集はいかがでしたか?

全く未経験の異業種に転職する場合は、前職で得た経験やスキルをしっかりと棚卸しし、自己分析を徹底的に行なった上で、その職種で必要とされるスキルと絡めてしっかりとアピールすることが重要です。

アパレルから異業種転職を検討している方は、本特集で解説した「アパレルの強みやスキル」も参考に、改めて自分の経験や知識、スキルの棚卸しからはじめましょう。
自分の強みをしっかりと把握し、転職したい職種や業種に合わせて綿密な準備を行うことで、異業種であっても転職を成功させることができるはずです。

アパレルから異業種転職を目指している方は、本特集でご紹介したおすすめの業界や職種、転職エージェント等の情報も参考に、転職活動を進めましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。