30代 転職

  • ケース別転職対策
  • 年齢別!転職対策

Age.30代の転職 30代の転職を成功させるポイントとは?30代前半と後半で異なる転職の心がまえ、キャリアや資格の活かし方など

目次

30代の転職30代の転職01

30代は、社会人としてのキャリアを形成していく働き盛りの年代です。仕事で一定の成果を上げ、やりがいを感じる人がいる一方で、現在の職場や仕事に対する満足度が低い場合は、転職のラストチャンスと捉えて行動に移す人も少なくありません。

recommend30代で転職する前にチェックしておきたいお役立ちサイト

30歳以上の転職ケーススタディ(リクルートエージェント)

30歳以上の転職ケーススタディ・画像

リクルートエージェントがHP上で公開している30代転職の成功事例・失敗事例。 それぞれの転職者の「転職前」「転職活動中」「転職後」の体験談と、成功したポイント・失敗したポイントが解説されている。個々の転職に対してキャリアアドバイザーがどのようなアドバイスを行ったかも分かり、転職エージェントを利用する際のイメージをつかみやすい。

30代が転職で発揮できるもっとも大きな強みは、今までの社会人生活で培ってきたスキルと経験です。専門的な技術・知識に留まらず、交渉力やプレゼン能力、マネジメント経験、人的なネットワークなど、職種・業種を超えて発揮されるポータブルスキルが豊富な点も30代の強みと言えるでしょう
一方で、「前職での地位・慣習・成功体験などを引きずりやすい」「仕事に対する成果が如実に求められる(即戦力としての期待)」など、キャリアが豊富な30代ならではの弱点・注意点もあります。

point30代の転職者の強みと弱点

Strong!!30代の転職者の強み
  • 実務経験・業務実績がある=即戦力になれる
  • 交渉力やプレゼン能力、マネジメント経験、人脈等、転職先でも活かせるポータブルスキルが豊富
  • ビジネスマナーやタスクの管理方法等、ビジネスの基本が身についている
  • 40代・50代と比較すると時間的な猶予がある
Weak.30代の転職者の弱点
  • 未経験職種への転職は採用されにくい
  • 前職での経験や慣習が抜けにくい
  • 吸収力や体力面で20代に劣る(と認識されやすい)
  • キャリア採用では上司・同僚からのチェックが厳しくなる(即戦力としての実力、周囲への溶け込み具合など)

30代の転職で知っておきたい、応募企業を選ぶ4つのポイント30代の転職02

30代の転職・画像

転職では、年収アップや昇格等、なんらかのステップアップを求める人が少なくありません。社会人として実績のある30代であれば特に、今までの自分を高く評価してもらいたいと考えるのは当然でしょう。
ただし、年収や待遇を軸に企業を選ぶと、それ以外のもっと重要な企業選びの基準がブレてしまいがちです。
転職では自己分析と企業研究、将来のキャリアプランが欠かせません。転職を後悔しないためにも、年収や待遇を判断基準にするのではなく、自分の現在のスキルと経験で勝負でき、かつ将来的な展望も描ける企業を選ぶ必要があります

point自己分析と企業選び 4つのポイント

01.雇用形態・職位(役職)
同じ雇用形態のほうが採用されやすい
前職で正社員として働いていた場合、正社員転職を目指すのは比較的容易です。また、アルバイトや派遣社員であれば同じくアルバイト・派遣の募集には通りやすいでしょう。
ただし、非正規雇用から正社員を目指す場合はハードルが高くなります。企業側が社員経験のない人材を正社員として採用する場合、大規模な事業拡大や急な欠員等で一刻も早く人材が欲しい(=人手不足)等の事情が考えられます。入社後のハードワークや正社員としての責任を課せられることは、ある程度覚悟しておきましょう。
現在の雇用形態がアルバイトや派遣社員の場合は、正社員登用制度のある企業にアルバイト等で入社し、正社員を目指すほうが、望むキャリアを実現できる可能性が高まります
職位(役職)はダウンも覚悟
30代であれば、主任、係長、課長など前職で一定の役職にある人も多いでしょう。ただし、転職先の企業が同じ階級制度をとっているとは限らず、また、管理職が求められる能力も、前職と転職先で異なる場合が少なくありません。そのため、前職のままの身分で転職できるケースはむしろ幸運で、多くの場合はダウンも覚悟しておく必要があります。
02.職種
経験職種での転職が基本。未経験職種に挑戦する場合はそれなりの覚悟が必要
経験職種での転職が基本・画像
営業・経理・販売といった「職種」は、経験が重視される30代の転職でもっとも変えにくい部分です。同じ30代の応募者であれば、企業は未経験者よりも経験者を優遇します。また、どちらも未経験の応募者であれば、30代より20代の応募者のほうに分があるでしょう。そのため、30代の転職では、前職の経験とスキルがそのまま活かせる同職種内での転職を目指すのが基本です。
それでも未経験職種への転職を目指す場合は、仕事に対する熱意を示すことはもちろん、現職での経験が未経験職種でどのように役立つかをアピールする必要があります。また、待遇面でも、大幅な年収ダウンや、正社員からアルバイト等への雇用形態のダウンを覚悟しておきましょう。
03.企業の規模
大企業から中小企業への転職は比較的容易、中小企業から大企業へ移る場合はスキルが重要
前職と応募先の企業規模も、企業選びの際に考慮したいポイントです。前職が大企業・一流企業と呼ばれるような規模の大きい企業の場合、それよりも小さい規模の企業に転職することは比較的容易でしょう。大企業のネームバリューが影響するだけでなく、その業界の一流企業において中堅レベルの業務をこなしてきたという実績を買われるためです。
一方、中小企業から大企業に転職する場合は、トップ企業のノウハウやネットワークという背景がないぶん、応募者のハードルは高くなりがち。ただし、その企業の求める専門的なスキル・経験を持っていれば、決して難しい挑戦ではありません。今までの業績を高く評価してもらうことができれば年収アップも可能です。
04.業種(業界)
職種よりは変えやすいが同じほうが望ましい。新規事業等でニーズが高い異業種は狙い目
エージェント・画像
アパレル業界・出版業界・不動産業界など、多くの業種(業界)では、その業界特有の専門知識があり、業界人同士の人的ネットワークが作られます。そのため、職種と同じようにできれば同一業種内での転職が望ましいでしょう。
ただし、業種の場合は、新規事業や関連事業の立ち上げに際して、異業種の企業がターゲット事業の業界出身者を求めるケースがあります(例:出版社が自社Webメディア構築のためにWeb業界出身者を求める場合等)。応募者が企業の求めるスキルやノウハウ・ネットワークを提供できれば、有利な条件で転職できる狙い目のパターンと言えるでしょう。
このように、30代が転職する場合の企業選びでは、4つのポイントで自分と応募企業を分析し、転職の成功率や転職後の満足度の高さを考える必要があります。
ちなみに、上記4つのポイントのうち、その3やその4については転職エージェントが有力な求人を持っているケースや、プロの視点からこのパターンの転職を上手にサポートできるケースが少なくありません
その1・その2についても、今後のキャリアプランや企業へのアプローチ方法(書類作成・面接対策など)を相談できるため、利用して損はないでしょう。

recommend編集部おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

特徴
業界No.1の実績を誇る人材紹介会社。すべての業種に幅広いコネクションを持ち、約16万件以上と圧倒的な数の非公開求人を扱う。応募書類や面接対策等サポートも充実。
求人数
公開求人:約3万2,000件以上
非公開求人:約16万件以上
ここに注目!
実績No.1の人材紹介会社最大手
幅広い業界に対応
おもな求人
IT系、営業、エンジニア、金融、人材、建設・不動産ほか

パソナキャリア

パソナキャリア画像

特徴
パソナグループが運営する人材紹介会社。取引実績企業は12,000社、転職希望者のサポート実績も25万人を超えており、信頼度・実績はトップクラス。全国に拠点を持ち、男性はもちろん女性の転職にも強い
求人数
公開求人:約1万7,000件以上
非公開求人:約2万7,000件以上
ここに注目!
全国に拠点。男性に加え、女性の転職にも強い
12,000社・4万4,000件を超える求人数(※うち非公開求人80%以上)
おもな求人
IT・WEB、医療、営業、金融、コンサルティング、不動産・建設ほか

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)画像

特徴
世界最大級の人材サービス企業「アデコ」の日本法人が運営する転職エージェント。人材派遣会社として高い知名度を誇るアデコだが、近年正社員転職にも力を入れており、登録者に手厚いサポート提供。実際にサービスを利用したユーザーの満足度は極めて高い。コンサルタントが企業の人事と直接やり取りしているため、スピーディーなやり取りを期待でき、転職にかかる期間を短縮できるだろう。
求人数
公開求人:約2万件以上
非公開求人:約1万件以上
ここに注目!
コンサルタントが転職者と企業人事部の双方と直接やり取り
非公開求人80%以上、サポート力に定評あり
おもな求人
IT、Web・クリエイティブ、金融、経営・コンサル、メディカル(医療・製薬)、営業、マーケティングほか

30代前半と30代後半、それぞれの転職戦略30代の転職03

ひとくちに30代といっても、30代前半と後半では求められるものが異なります。企業や職種・業界によって個々のケースは異なりますが、おおよその傾向は把握しておくと良いでしょう。

check30代前半と30代後半で求められるものの違い

Early thirties.30代前半
  • 即戦力、あるいは近い将来業務の中核を担う人材であることが求められる
  • キャリアパスを明確に持っていること
  • 業務改善・マネジメント等の主体的な取り組みが評価される
Late thirties.30代後半
  • 即戦力が求められる
  • 応募先の利益に貢献できる知識・経験・ネットワークがあれば評価は高い
  • 吸収力や体力面で20代に劣る(と認識されやすい)
  • 新しい環境にもなじめることをアピール

30代女性の転職30代の転職04

30代女性の転職・画像

30代女性の転職の場合、上記のポイントに加えて、女性ならではの留意点もあります。
たとえば、独身女性であれば、結婚の予定とその後の勤続意思。既婚女性であれば、子供の有無や出産予定など。これらは、企業が30代女性の採用に対してもっとも気にするポイントですが、応募者のプライベート等への配慮から直接尋ねられないケースも少なくありません。
「訊かれないこと=不安視されていない」と楽観的に捉えずに、企業側はつねに、応募者が結婚・出産・育児を経たあとも働き続ける意思があるのか、また、そのための環境は整っているのかを知りたがっていると意識しておきましょう。

結婚予定がある方は、書類や面接でそのことを申告し、結婚・出産後も働き続ける意思を示すことが大切です。また、育児中の方は、子供が病気をした場合の対応(配偶者や実家のサポート、病児保育の利用等)を説明できるようにしておきましょう。
また、働く意欲や熱意だけでなく、応募先企業で実現していきたいこと等の具体的なキャリアプランも提示できることが大切です。

point企業選び&転職エージェントのサポートも重要

応募先の企業を選ぶ際は、女性の採用に積極的な会社を選ぶことが成功率を高めるポイントです。育児休暇の取得割合や、会社の育児支援制度、女性役員の割合なども調べておくと良いでしょう。
なお、転職エージェントや求人サイトの中には、特に女性の転職に強い会社がいくつかあります。これらの転職エージェント・求人サイトは、女性の採用に積極的な企業の情報を持っているのはもちろん、女性向けの求人も集まりやすい傾向にあり、上手に活用したい転職サービスです。

recommend30代女性の転職に強い転職エージェント・求人サイト

パソナキャリア

パソナキャリア画像

人材派遣業で知られるパソナの転職エージェント。業界トップクラスの幅広い求人を取り扱い、特にオフィスワーク案件が多い。アドバイザーの質も高く、親身なサポートに定評がある。

WomanWill

WomanWill画像

就活サイトで有名なマイナビ・グループの転職エージェント。女性の転職に特化し、女性キャリアコンサルタントが女性の目線で求人紹介・交渉代行・キャリアアドバイス等を行う。

女の転職@type

女の転職@type画像

キャリアデザインセンターが運営する女性に特化した転職サイト。業界・職種・勤務地・こだわり条件等で女性向けの求人を検索可能。スカウトサービスも利用できる。

30代は、20代のように育てる段階ではなく、自らのスキルと経験によって転職先の企業に利益をもたらす力が求められています。
30代が転職をする際は、企業が求めている経験、スキル、人脈、知識がどのようなものかを分析し、自分にそれがあることをアピールするのが基本。今までと違う職種・業界にチャレンジする場合でも、自分の強みの中に企業の求める人物像に合致する部分がないかを探してみましょう。

30代の転職は、今までの仕事でスキルと経験を築いてきた過去の自分と、転職先でキャリアを築く未来の自分が、ほぼ同じ比率で人生に影響を及ぼすことになる、非常に大きなターニングポイントです。
過去の自分を充分に活かし、未来の自分を後悔しないためにも、30代転職のポイントを押さえて満足度の高い転職を実現させましょう。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 転職エージェントの活用
  • キャリアコンサルタントを味方につける賢い転職術、おすすめの転職エージェントは?
  • キャリアデザインを描く
  • キャリアをデザインするための5ステップ、転職活動への生かし方とは?

New Contents新着コンテンツ

  • 求人サイトの選び方&使い方
  • 転職の成功は自分に合った求人サイト選びから!求人サイトをチェックする際のポイントは?
  • ベンチャー求人サイト比較
  • 責任範囲が広く、やりがいのあるベンチャー企業や、成長力のあるスタートアップで活躍したい人は要チェック
  • ヘッドハンティング会社比較
  • 利用者の評価が高いヘッドハンティング会社を比較。レイノス、ビズリーチ、キャリアカーバーの評判は?
  • 主婦からの再就職
  • 主婦からの再就職を成功させるための、3つの方法を解説。

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

このページのトップへ