未経験から旅行会社に転職したい!有利な資格やスキル、志望動機の書き方は?

転職活動の歩きかた

旅行会社 未経験 転職

キャンセル

未経験から旅行会社に転職したい!有利な資格やスキル、志望動機の書き方は?

ケース別転職対策

未経験から旅行会社へ転職するには

有利な資格やスキル、志望動機の書き方のコツ

未経験から旅行会社に転職したい!有利な資格やスキル、志望動機の書き方は?

未経験からの旅行会社へ転職する方法とは?

旅行会社への転職は、旅行好きの方であれば、きっと誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
一方で、憧れの旅行会社へ転職したくても、求人サイトに掲載されている応募条件のハードルが高く、未経験だと書類選考で落とされてしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、未経験から旅行会社への転職を考えている方向けに、転職の際、有利になる資格や語学スキル、志望動機の書き方、旅行会社への転職をサポートするおすすめの求人サイトなどをまとめました

未経験から旅行会社への転職を成功させるためにも、本特集を参考に、効率よく情報収集やスキルアップを進めましょう!

旅行・画像

旅行会社の業務内容や転職するメリット・デメリットとは?

旅行会社への転職に憧れはあるものの、具体的な業務内容や待遇、労働環境までは把握できていない方も少なくないのではないでしょうか?
そこで本チャプターでは、旅行会社への転職活動を実際に始める前に、知っておくべき基本的な旅行会社の業務内容や転職するメリットとデメリットについてまとめました。

せっかく苦労して旅行会社への転職を成功させたのに、理想と現実のギャップに悩まされることがないよう、希望する職種の業務内容はしっかりとリサーチしておくことが大切です。

旅行会社の主な業務

カウンター業務(旅行事務)

主に旅行会社のカウンター窓口や電話で接客を担当。
顧客に対し、ツアー旅行や各種チケットなどの商品説明を行い、契約となった場合は、速やかに宿泊施設や交通機関などの確保をする。また、契約後のキャンセルや変更、クレーム対応なども行う。
顧客だけではなく、交通機関や宿泊施設の担当者などとも密に連携を取る必要があるため、高いビジネスマナーやコミュニケーション能力が求められる

プランナー業務(ツアープランナー)

海外もしくは国内のツアー商品などの企画を担当。
流行のツアーや人気の観光地などをリサーチし、ターゲットとなる顧客向けにスケジュールや食事、ツアーのルートなどを細かく設定。最終的なツアー内容に合わせて交通機関や宿泊施設を手配し、売値を調整後、商品として売りに出す。また、時には顧客からの依頼に合わせて一から旅行プランを組むことも。
プランナー業務の担当になるには、ツアーコンダクターなどで経験を積んでからキャリアアップするケースが一般的

添乗員業務(ツアーコンダクター)

ツアー旅行に同行し、各種手続きや現地での案内などを担当。
ツアーコンダクターは添乗するツアーが決まると、現地スタッフとの打ち合わせや目的地の下調べなど、事前準備を実施。ツアー同行中はほぼ24時間勤務と同じ状態になり、盗難被害や急病人などのトラブルが発生した際は迅速な対応が求められる。
近年は大手旅行会社直属のツアーコンダクターの数は少なく、ほとんどの場合で派遣会社に所属しているケースが多い

これは、どのような業界、職種に転職する場合も言えることですが、旅行会社への転職もメリットばかりではありません。
旅行会社へ転職するメリットは、「旅行で使える社割がある」「社内に旅行好きが多く、休暇を取得しやすい雰囲気がある」「社員研修やツアー同行など、仕事として旅行にいける」など、旅行好きの方には嬉しいものばかり。
その一方、デメリットには「業界全体で給与水準が低い」「ゴールデンウィークや年末年始など、繁忙期は激務になりがち」「ツアー客のトラブルなど、昼夜問わず緊急対応が多い」など、労働環境や待遇に関するものが多くなっています。

人との関わり合いも多く、華やかなイメージの旅行会社ですが、働く側になるとハードな業務も少なくありません。

旅行・画像

旅行会社に転職するメリットとデメリット

メリット

  • 社割などで旅行代が安くなる
  • 旅行好きが多く、休暇も取得しやすい
  • 仕事として旅行できる

デメリット

  • 給与水準が低い
  • 繁忙期は激務になりがち
  • 緊急対応が多い

未経験からの旅行会社へ転職する方法 -語学力や旅行系の資格は必須?

近年、訪日旅行者の増加によって、旅行会社は「アウトバウンド(日本人の海外旅行)」だけではなく、「インバウンド(外国人の訪日旅行)」に対するセールスにも力を入れています。

この変化に伴い、旅行会社が求職者に求める人物像も徐々に変化。
最近はホスピタリティー精神や対人スキルの高さに併せ、外国人に対応できるスキルを持っているかどうかも重要視されるようになりつつあります。接客業の経験がある方や、外国人との関わり合いのある職種であれば、経験やスキルを評価してもらえる可能性が高いでしょう

外国人旅行客・画像

旅行会社への転職で求められる人物像

  • 対人スキルやホスピタリティー精神を持っている
  • 旅行マーケットの動向に敏感で、新しい状況や変化にも順応できる
  • 海外からの旅行者にも対応できる能力・スキルを持っている

旅行会社への転職というと、旅行系の資格や語学スキルが必須というイメージを持っている方も多いはず。結論から言えば、旅行会社への転職に資格や語学スキルは必須ではありません
未経験で資格や語学スキルがなくても、業種によっては旅行会社への転職が十分に可能です。

その一方で、資格や語学スキルの保有は、転職活動の際、プラスになるケースも。そこで、本チャプターでは未経験から旅行会社への転職に役立つ語学スキルと資格について紹介します。

旅行会社への転職で有利になると言われている語学スキル

まずは語学スキル。転職活動全般に役立つ英語は、旅行会社への転職の際、もちろん活躍します。
特に海外ツアーを手配する「ツアープランナー」であれば、海外の宿泊施設や交通機関、レストランの手配など、国内ツアーの手配以外にも対応できる業務の幅が一気に広がります
また、訪日旅行者が増えたことにより、外国人向け国内ツアーの需要も年々増加。訪日旅行者を連れて日本の観光名所を回る「ツアーコンダクター」であれば、英語や中国語などの語学能力は必須スキルと言えるでしょう。

旅行会社への転職で有利になる語学スキル

英語、中国語、韓国語、マレー語、タイ語、アラビア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、フランス語など
※2019年の訪日旅行者の数は1位・中国、2位・台湾、3位・韓国(JTB総合研究所調べ)

未経験から旅行会社への転職を目指す場合、ベースとなる語学スキルはやはり英語です。また英語スキルがあれば、転職時に有利になるだけではなく、転職後のキャリアプランも充実します。
もし現時点で英語スキルに自信がない場合は、通信講座やオンライン英会話などの英語学習サービスを利用して、TOEICや英検などの語学検定取得を目指すのも一つの手です。

旅行会社への転職に役立つ英語学習サービス その1

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース

スタディサプリENGLISHは、リクルートグループが提供するオンライン英語学習サービス。スタディサプリには、「新日常英会話コース」「ビジネス英語コース」「TOEIC対策コース」の3つのコースがあり、その全てに「日常英会話コース」が無料で付帯する。
スタディサプリENGLISHのおすすめポイントは、対応している端末の種類が豊富な点(スマホ・タブレット・PCに対応)。iOSとAndroidの両方に対応した「スタディサプリENGLISH TOEIC L&R TEST対策コース」のアプリでは、「TOEIC990点満点講師による人気の講義動画」、「TOEIC本番形式の問題集20回分」、「問題集すべてに付随するトレーニング用コンテンツ」というTOIEC対策に必要な項目をすべてカバー。スキマ時間にスマホを利用し、効率よく学習を進められる点も嬉しい。
「スタディサプリENGLISH TOEIC L&R TEST対策コース」の利用料金は、月額2,728円~3,278円(税込)とリーズナブル。2020年1月は、最大6,000円のキャッシュバックを受けられる新規入会キャンペーンも実施しているので、旅行会社への転職考えている方はTOEIC対策の1つとして本アプリの利用を検討してみると良いだろう。

利用料金 TOEIC対策コース:月額2,728円~3,278円(税込)
※「日常英会話コース」も無料で利用可能
無料体験 7日間
キャンペーン 最大6,000円キャッシュバックの新規入会キャンペーン実施中(2020年1月23日(木)P.M. 16:59まで)

旅行会社への転職に役立つ英語学習サービス その2

レアジョブ(オンライン英会話)

レアジョブ(オンライン英会話)

レアジョブは、累計会員80万人以上を誇る業界最大手のオンライン英会話サービス。
採用率わずか1%の厳しい審査をクリアしたレベルの高い講師陣によるマンツーマンレッスンが最大の特徴。英語学習の目的に合わせて、「日常英会話コース」と「ビジネス英会話コース」に分かれており、さらに学習レベルに合わせて細かくカリキュラムを組むことができる。
また、レアジョブのオンライン英会話レッスンはパソコンだけではなく、スマホやタブレット向けの専用アプリも展開。開講時間も朝6時から深夜1時までと長いので、場所や時間を問わず、自分のペースで学習を進めることができる点も嬉しいポイント。
レアジョブの利用料金は「日常英会話コース(毎日25分プラン)」であれば月額6,380円(税込)。1日あたりに換算すると、205円という手軽な料金で英会話レッスンを受けることができる点も、ユーザーから高い評価を獲得している理由の1つ。また、無料体験レッスンを2回まで受けることができ、体験レッスンの受講から7日間以内に入会すると、初月半額になるキャンペーンも実施している。
旅行会社での業務に活かせる英会話スキルを重点的に伸ばしたい方には、特にレアジョブのオンライン英会話がおすすめ。

利用料金
  • 日常英会話コース(月8回プラン):4,620円(税込)
  • 日常英会話コース(毎日25分プラン):6,380円(税込)
  • ビジネス英会話コース(毎日25分プラン):10,780円(税込)
無料体験 2回
キャンペーン 無料体験レッスンから7日間以内に有料会員登録で、初月半額キャンペーン実施中

旅行会社への転職で有利になると言われている資格

語学スキルの次は、旅行会社への転職の際、有利になると言われている資格について解説します。
まず、旅行会社で最も重宝される代表的な資格は「旅行業務取扱管理者」。いわゆる旅行会社と呼ばれる「旅行代理店」には、1名以上(従業員が10名以上の営業所では2名以上)の旅行業務取扱管理者を配置することが旅行業法で定められています。

また、ツアーコンダクターを目指すのであれば、是非取得を目指したい資格が「旅程管理主任者」。旅程管理主任者は、旅行会社が企画するツアーや団体旅行に同行する主任添乗員には取得が義務付けられています。

旅行会社への転職で有利になると言われている資格

国家資格

  • 総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 総合旅程管理主任者
  • 国内旅程管理主任者
  • 全国通訳案内士

など

民間資格

  • 旅行地理検定
  • 観光英語検定
  • JATAトラベル・カウンセラー制度
  • TOEIC(R)L&Rテスト

など

上述した2つの資格は国家資格となっており、自力での取得は決して容易ではありません。そこで、まずは旅行に関する知見を広めるという意味で、比較的難易度の低い民間資格の取得を目指すのも選択肢の1つ。即座に業務で役立つ資格ではない場合でも、未経験から旅行会社への転職を目指す際、熱意をアピールするという点では役立ちます。

また、ツアープランナーやツアーコンダクターなど、就きたい職種がすでに決まっているのであれば、今から国家資格取得を目指して勉強を始めるのも良いでしょう。もし、独学での試験対策を進めるのが難しければ、プロ講師による講義を比較的リーズナブルな料金で受けられる資格取得通信講座の利用がおすすめです。

旅行会社への転職に役立つ資格取得通信講座

フォーサイト

フォーサイト

フォーサイトは、高い合格率と低価格な受講料が魅力の資格取得通信講座サービス。
国内旅行業務取扱管理者の全国平均合格率39.6%に対し、フォーサイト受講生の合格率はなんと93.7%。総合旅行でも、全国平均合格率27.1%に対し、フォーサイト受講生では合格率64.6%という2倍を超える結果に。
その高い合格率を支えているのが、プロ講師による丁寧な解説が評判のハイビジョン講義映像や、長年培った合格ノウハウを活かしたフルカラーテキスト、学習スケジュールの組立てや疑問点の問合わせにも使えるeラーニングシステムなど、高品質の学習教材。ちなみに、eラーニングシステムはスマホやタブレット向けのアプリがリリースされており、移動中や昼休みなどのスキマ時間に講義動画の視聴や問題集などの学習に取り組むことができる点も嬉しいポイント。
旅行業務取扱管理者試験コースの受講料は31,680円(税込)から。1年間かけて講義に取り組んだ場合、1か月あたりわずか2,640円というリーズナブルな料金で受講できるのも大きな魅力の1つ。また、総合旅行業務取扱管理者試験コースであれば、厚労省が実施している「教育訓練給付制度」の対象となっている点もチェックしておきたい。
旅行業務取扱管理者の取得を目指している方であれば、フォーサイトはまず利用を検討したいサービスと言える。

コース
  • 総合旅行業務取扱管理者試験コース(教育訓練給付制度対象講座)
  • 国内旅行業務取扱管理者試験コース
  • 総合旅行業務取扱管理者試験コース[科目免除]
    ※すでに国内旅行業務取扱管理者を取得した方向け
料金
(税込・送料別)
  • 総合旅行業務取扱管理者試験コース:47,080円
  • 国内旅行業務取扱管理者試験コース:31,680円
  • 総合旅行業務取扱管理者試験コース[科目免除]:31,680円
キャンペーン クレジットカード決済で5%のポイント還元中(キャッシュレス・消費者還元事業)※2020年6月30日まで

未経験からの旅行会社へ転職する方法 -求人サイトや転職エージェントを活用しよう

未経験で旅行会社への転職を希望している方は、まず自分の就きたい職種を定めるところから始めましょう。
旅行会社と一口に言っても、就きたい職種によって目指すべき会社や雇用形態も異なります。また、求人サイトを利用する際も、方向性が定まっていなければ、無駄に時間を使うことになりかねません。

また、旅行業界は転職先として一定の人気があるため、全体の求人数が多くとも、希望する職種の求人倍率が高いケースも考えられます。
より多くのチャンスを掴むためには、転職の大切なパートナーである求人サイト選びは大切です。
旅行会社の求人を数多く取り扱う求人サイトを上手く活用することで、転職の成功率を上げましょう!

旅行会社への転職におすすめの求人サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

リクナビNEXTは、リクルートエージェントが運営する国内最大級の求人サイト。
掲載求人数4万件以上にもなり、そのうち約85%以上がリクナビNEXT限定の求人情報となっている。転職者の約8割がリクナビNEXTを利用していると言われ、転職決定数も業界No.1の実力を誇る(※2015年:楽天リサーチ調べ)。他の求職者に差をつけられない為にも、リクナビNEXTは必ず利用したいサービスと言える。
また、リクナビNEXTには求人カテゴリとして「旅行・ホテル・航空・ブライダル・葬祭」が設けられており、オプションとして「未経験者歓迎」も追加可能。さらに「旅行・レジャー業界に関わる求人特集」も公開しており、未経験から旅行業界への転職を希望する人に向けた求人情報を検索しやすい点も高く評価できる。
数ある求人サイトのなかで、どのサービスを利用すればいいのか悩んでいる方は、まずリクナビNEXTに登録してみるといいだろう。

求人数 4万件以上
リクナビNEXTの強み
  • 職種一覧に「旅行・ホテル・航空・ブライダル・葬祭」のカテゴリあり
  • 「旅行・レジャー業界に関わる求人特集」など、旅行会社への転職に特化したサービスも提供

未経験からの転職は志望動機が重要!今までの経験を旅行会社でどう活かすか?

旅行業界に問わず、未経験から異業種への転職を希望する方にとってキーポイントと言えるのが「志望動機」。今までの業務・職種で得た経験をどのように転職先で活かしていくのか、この点をしっかりアピールできるかどうかが転職の成否を左右します

旅行会社が求める人物像を念頭に置きつつ、今までの経験や持っているスキルを転職後の希望職種にうまく関連付けた志望動機を作成するよう心がけましょう。

未経験から旅行会社に転職を希望する方の志望動機 例文

志望動機の良い例

現職では、医療メーカーの営業事務をしております。日本製の医療器具は海外からの需要も高く、データ入力や書類作成以外にも、外国人クライアントと直接やり取りする機会も多くありました。外国人クライアントならではの要望や感覚に戸惑うこともありましたが、その分外国人とのコミュニケーション能力やトラブル対処能力も鍛えられました。
インバウンド事業を手掛ける御社では、今までの経験を活かし、外国人旅行者を気持ちよく「おもてなし」できるツアーコンダクターとして活躍していければと考えております。

志望動機の悪い例

現職では、医療メーカーの営業事務をしております。データ入力のような単調な仕事よりも、人と接するような動きのある仕事の方が向いていると思い、応募いたしました。外国人クライアントとやり取りすることもあったので、異文化コミュニケーション能力にも自信があります。
御社ではツアーコンダクターとして、外国人旅行者のサポートができればと思います。

気になっている旅行会社はあるものの、志望動機の書き方や面接の受け答えに自信がないという方は、転職エージェントを上手く活用すると良いでしょう

求人探しから応募まで、一連の流れを全て自力でこなす求人サイトとは違い、転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーが希望の条件を満たす求人を厳選。さらに必要に応じて、応募書類の添削や面接の練習なども実施します。また、現職が多忙で転職活動になかなか時間が取れないという方にも転職エージェントがおすすめです。希望する求人の選定からエントリー、面接日程の調整、内定後の年収交渉まで、キャリアアドバイザーが企業とユーザーの間に立ち、フルサポートしてくれます。

転職活動が初めてという方や、転職活動がなかなかうまくいかないという方は、プロによるサポートが受けられる転職エージェントは、利用する価値があるサービスと言えるでしょう。

旅行会社への転職におすすめの求人エージェント

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

dodaは総合人材サービス大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。
公開・非公開求人合わせ、取扱い求人数は14万件以上。会員登録数者は500万人以上にもなり、その規模は業界第2位を誇る
doda最大の特徴は、求人サイトと転職エージェント、どちらのサービスも1つのアカウントでまとめて利用できる点にあります。通常、独立したサービスとして分かれている求人サイトと転職エージェントのシステムをまとめて閲覧・更新することができ、少ない手間で効率よく転職活動を進めることができるのは嬉しいポイント。
また、dodaに所属するキャリアアドバイザーは、各業界の転職情報・求人情報に精通しており、未経験から旅行会社への転職も力強くサポート。必要に応じて、志望動機を含めた応募書類の添削や、応募企業ごとに面接のアドバイスも実施している。また内定獲得後も、転職先への入社日の調整や、年収交渉にも対応。
dodaの転職エージェントは、未経験から旅行会社への転職を目指す方にとって、利用する価値があるサービスと言えるだろう。

求人数 14万件以上(公開求人が7万7,000件以上、非公開求人が5万7,000件以上)
リクナビNEXTの強み
  • 各業界ごとの転職情報・求人情報に精通したキャリアアドバイザー
  • 応募書類の添削や面接のアドバイスも実施

まとめ

未経験からの旅行会社へ転職する方法をまとめた本特集はいかがでしたか?

転職となると経験者優遇の求人も多いもの。それは旅行会社でも変わりません。ただ旅行業界は慢性的な人手不足に陥っており、未経験者にも門戸を開いています。

自分がこれまでの社会人生活の中で培ったスキルを最大限アピールすると共に、旅行業界へ転職するために資格や語学の習得などに努力していること、また熱意があることをしっかりアピールできれば、未経験者であっても必ずチャンスは訪れます。

旅行先風景・画像

大切なのは、努力することと簡単に諦めないことです。

未経験から旅行会社への転職を目指している方は、今回ご紹介した内容も参考に、まずは一歩ずつ転職活動を進めていきましょう!その先にはきっと明るい未来が開けているはずです!

著者
たかしま

著者

Hayakawa所属のライター・編集者。
大学卒業後、新卒で就職せず海外へ。帰国後、就職活動でかなり苦戦し、転職経験も多い。
学生時代の専攻はロシア語。ロシアでの生活経験は、その後の人生にかなりのインパクトを与えた。