Uターン転職で失敗しないためのコツとは?Uターン転職に強いエージェント選びもチェック

転職活動の歩きかた

>Uターン転職 転職

キャンセル

ケース別転職対策

Uターン転職での失敗を防ぐコツ -地元で働くメリットとデメリット

地元で暮すメリットやデメリット、転職エージェントを活用したUターン転職のやり方、志望動機のポイント

Uターン転職での失敗を防ぐコツ -地元で働くメリットとデメリット

失敗しないUターン転職のすすめ ~はじめに~

なにかとストレスの多い都会の生活を抜け出す方法の1つに、地元への「Uターン転職」があります。Uターン転職とは、就職先として都会を選んだ人が、転職を機に地元に戻ってくることを指します。

独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が2016年1月に実施した、当時25~39歳の地方出身者2,027名を対象とした調査によると、約4割以上が地元へのUターン転職を希望しているという結果に。

地方出身者でUターン転職を希望している人は少なくありませんが、実際にUターン転職に踏み切る人の数は決して多いとは言えません。その理由の上位に来るのは、地元での「求人の少なさ」や「年収ダウン」を懸念する声でしょう。

本特集では、都会から地元へのUターン転職を希望している方のために、『Uターン』に関する基礎知識やそのメリットとデメリット、Uターン転職のやり方、おすすめの転職エージェントなど、Uターン転職に役立つ情報をまとめました。

Uターン転職を目指している方は、本特集を参考に転職の失敗を防ぎ、良い形で新しいスタートを切れるよう、準備をすすめましょう!

Uターン転職とは、そもそも一体なに?「Iターン」や「Jターン」との違いは?

近年、都市部への人口集中や地方創生の話題に伴い、耳にする機会の増えた「Uターン」「Iターン」「Jターン」という言葉。この3つの言葉に対して、「都会から地方への移住および転職」という漠然としたイメージは湧くものの、それぞれの詳細や違いまでは分からない、という方も多いはず。
そこで本チャプターでは、「Uターン」「Iターン」「Jターン」に関する基礎知識を解説。この3つにどういう違いがあるのか、この機会に学んでおきましょう!

Uターン
進学や就職を機に地元を離れて都会へ移住した人が、再び地元へと戻ってくること。
大学卒業後に、都会ではなく地元に戻って就職することを「Uターン就職」、都会で一度就職したものの、再び地元で転職することを「Uターン転職」と言います。
例:東北の農村部出身で、進学を機に上京。卒業後、都内で就職するも、再び東北の地元で転職
Iターン
都会で生まれ育った人が、地方へ移住・就職することを指します。都会出身者が地方へ転職する「Iターン転職」だけではなく、起業や独立を目指し、地方自治体が行っている優遇支援などを求めて移住する「Iターン起業」なども存在します。
例:地元が都内23区内にある人が、瀬戸内海の島でアートカフェを開業するために移住
Jターン
進学や就職を機に地元を離れて都会へ移住した人が、利便性を考慮して、地元近くの地方都市に移住・転職すること。
例:福岡県の田舎から大阪に就職。その後、地元近くの福岡市に移住・転職。

このように、「Uターン」「Iターン」「Jターン」という都会から地方への移住を表す言葉でも、それぞれ異なった人物や事象を指していることがわかります。

また、同じ『都会から地方への転職』と言っても、「Uターン転職」「Iターン転職」「Jターン転職」の3つでは、転職後のメリットやデメリット、転職活動のやり方、失敗する要因など、気にすべき要素も少しずつ異なります。「地方への転職」を希望している方は、自分がどのケースに当てはまるのかを確認し、それぞれのケースに即した対策を立てましょう。

Uターン転職の3つのメリット

通勤ラッシュの緩和や子育てのしやすさなど、Uターン転職で得られるメリットは人によって異なります。ここでは、Uターン転職の代表的なメリットを3点、ご紹介します。

1通勤時間が短くなり、通勤ラッシュの影響を受けにくい

都会と比べて人口の少ない地方では、身動きが取れないほどの通勤ラッシュや何十㎞も連なる交通渋滞に巻き込まれることが少なくなります。また、地元企業に就職すれば、自宅から会社の距離が大幅に近くなるケースも。

実際に、総務省統計局が2016年に実施した調査によると、全国で最も通勤時間の長い都道府県のトップ3は神奈川県・千葉県・埼玉県で平均50分超。反対に最も通勤時間の短かい都道府県は、大分県・青森県・島根県などで平均30分を下回る結果となっています。

2家賃や生活費が大幅に安くなる

都会から地方にUターン転職すると、住居費や食費などの出費を安く抑えることができます。
総務省統計局が2017年に実施した「小売物価統計調査(構造編)」によると、全国平均を100%とした場合、最も物価水準の高い都道府県は東京都の104.4%。反対に最も低い都道府県は、群馬県の96.2%。それぞれ、この数値に最も付与している要因は「住居費」で、群馬県の住居費は東京都の住居費より約30%以上も安くなっています。

ただし、住居費や食費などが安くなったとしても、都会では必要のなかった車の購入費や維持費が負担になるケースもあります。地元にUターン転職した際の居住地や生活スタイルなどを考慮し、大まかな生活費を試算してみると良いでしょう。

3両親の近くで暮らせる

都会から地元にUターン転職すると、それまで遠く離れて暮らしていた両親との距離が近くなります。また、Uターン転職を機に、両親との同居を始める人も少なくありません。
さらに、両親の近くに住むことによって子育てのサポートをしてもらえるメリットや、両親が高齢の場合は介護がしやすくなるというメリットもあります。

Uターン転職の2つのデメリット

Uターン転職のメリットである「人口の少なさ」や「物価の安さ」がデメリットになってしまうケースも。ここでは、Uターン転職の代表的なデメリットを2点、ご紹介します。

1希望する求人が見つかりにくい

Uターン転職のデメリットの1つは、都市部と比べると地方は人口や企業の数が少なく、そもそも希望する職種の求人を見つけられない点が挙げられます。

中小企業庁(経産省)の調べによると、2014年時点で企業数の多い都道府県は【1位】東京都45万2,197社、【2位】大阪府29万4,099社、【3位】愛知県22万1,411社。反対に企業数の少ない都道府県は、【47位】鳥取県1万7,143社、【46位】島根県2万3,563社、【45位】佐賀県2万5,555社。

このように、都会と比べると、地方では求人企業の数が大幅に少なくなることは否めません。特にITやクリエイティブ系、コンサルタントなど、人気の高い職種は、地方での求人数が少ない傾向があります。

その一方で、「求人数の少なさ」と「転職の難しさ」は切り離して考える必要があります。

有効求人数で言えば、鳥取県は1.69倍で、47都道府県のうち11位にランクイン(※2019年10月時点、独立行政法人労働政策研究・研修機構による統計結果)。仮にUターン転職で希望通りの職種が見つからなかい場合でも、職種を選ばなければ仕事が見つからない、というケースは起こりずらいと言えるでしょう。

2年収が下がりやすい

地方の暮らしで物価が下がるというメリットがある一方で、人件費もその分安くなる傾向があります。実際に「地方に転職すると年収が下がる」ことから、地元へのUターン転職に踏み切れない求職者も少なくないはず。
大手転職エージェントdoda(デューダ)が、2017年9月から2018年8月の1年間に、正社員として就業している20歳から65歳までの約36万人のデータを元にした全国の平均年収は下記の表のようになっています。

全国の平均年収

  • 関東エリア:435万円
  • 東海エリア:403万円
  • 関西エリア:391万円
  • 中国・四国エリア:384万円
  • 北信越エリア:381万円
  • 北海道・東北エリア:377万円
  • 九州・沖縄エリア:373万円

dodaの平均年収のデータによると、東京や大阪、名古屋などの主要都市と比べると、地方都市の平均年収は低いことがわかります。ただ、その差は徐々に縮まっているのもまた事実。

民間人材サービスの業界団体が運営する「人材サービス産業協議会」が、2019年4~8月に主要な職種における求人企業が提示した年収相場をとりまとめた『転職賃金相場2019』を公表しており、そのデータによると、本社所在地および勤務地の両方が東京・大阪・名古屋の主要3都市のエリア外にある地方企業でも、課長職以上の求人では、募集時の最高額上位15%値の範囲で「年収750万円~1,200万円」となっています。

また、職種によっては首都圏と同等以上の年収を得られるケースも
物流ドライバー(宅配)や介護職(施設・訪問)など、低賃金と人手不足の著しい業界では、首都圏よりも近畿や東海エリアの年収が高い傾向にあります。他にも、製造業の現場管理系や経理財務、人事系の職種では、都市部と地方の給与格差はかなり狭まってきています

Uターン転職による年収ダウンを懸念している方は、まずは希望する職種の年収の全国相場を調べてみることをおすすめします。

Uターン転職のやり方は?失敗を回避する3つのポイント

地元へのUターン転職では、都会での転職活動よりも入念なリサーチが欠かせません。
Uターン転職はできたが、希望の職種には就けず、さらに年収が大幅にダウン。都会にいた頃より生活が苦しくなってしまった、となるとなんのためにUターン転職したのかわからなくなってしまいます。
本チャプターでは、時間も労力も費用もかかるUターン転職に失敗しないために、必ずチェックしておきたい3つのポイントをまとめました。

希望する職種の求人の有無をリサーチする

地元でキャリアを継続するにしても、まったく新しい職種にチャレンジするにしても、まずは希望の職種の求人が、地元で見つかるかどうかを調べなくてはいけません。また、希望する職種の求人が見つかったとしても、希望する条件とあまりにもかけ離れる企業への就職は避けたほうが賢明です。
Uターン転職をしてから後悔しないためにも、地元に希望する職種があるか、地元での生活を考えた時、許容できる年収はどの程度なのか、など転職に関する情報を念入りにリサーチして、理想と現実のギャップをできるかぎり埋めておくことが肝心です。

最新の求人情報をキャッチアップする

都会に比べると求人企業の数が少なく、公開されている求人情報も決して多くはない地方での転職活動。Uターン転職で希望する職種の求人情報がなかったとしても、すぐに諦めるようなことはせず、根気強くこまめに情報をチェックしましょう。
また一般的な求人サイト以外にも、ハローワークや地方自治体のサイト、非公開求人を取り扱う転職エージェントなど、地元の最新の求人情報を常にキャッチアップすることが大切です。

Uターン転職に強い転職エージェントを活用する

都会での転職活動とは勝手の違うUターン転職。右も左も分からないまま手探りで転職活動を進めてしまうと、条件のいい求人情報を見逃してしまったり、希望の職種を見つけられないまま時間ばかり過ぎてしまうことも。
とはいえ、仕事をしながら地方の求人情報をこまめにチェックし、書類の用意や面接の準備を進めることはとても容易とは言えません。そんな時間も労力もかかるUターン転職を力強くサポートしてくれる大きな味方が、転職エージェントの存在です。特に大手の転職エージェントは全国各地に拠点を持っているケースも多く、効率よく地方の求人情報をチェックすることができます
ここでは、数ある転職エージェントの中でも全国に拠点を持ち、なおかつ専任のキャリアアドバイザーがUターン転職をサポートしてくれるサービスを厳選。Uターン転職に強いエージェントを活用し、効率よく転職活動を進めましょう。

Uターン転職に強みを持つエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る業界最大手の転職エージェント。公開・非公開求人を合算すると32万件以上という圧倒的な求人を取り扱う。
リクルートエージェントは、全国各地に16もの支店を展開しており、Uターン転職の求人にも強みがあり、実際に多くの求職者のUターン転職を成功させている。
また、リクルートエージェントでは、Uターン・Iターン専任のキャリアアドバイザーによる無料の転職支援サービスを実施。「Uターン転職をするべきかどうか」という初期段階の相談にも対応。さらに、地元への移住を望むUターン転職を意識した応募書類の添削や面接対策など、ユーザーを強力にサポートする体制が整っている点も高く評価できる。
リクルートエージェントのUターン転職向けの特設ページも設置。Uターン転職にかかる費用や、実際にUターン転職を成功させた経験者によるコメントなど、参考になる情報を多数掲載している。Uターン転職をしようかと悩んでいる人にとって、リクルートエージェントは上手く活用すべき転職エージェントの1つ。

拠点
  • 【関東エリア】
    東京本社、西東京支社、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、横浜支社
  • 【関西・東海エリア】
    京都支社、大阪支社、神戸支社、名古屋支社、静岡支社
  • 【その他エリア】
    北海道支社、東北支社、中四国支社岡山オフィス、中四国支社広島オフィス、福岡支社
求人数 公開求人:約32万5,519件(内、非公開求人:約16万3,177件
リクルートエージェントの強み UターンやIターン専任のキャリアアドバイザーによる無料の転職支援サービスあり

doda(デューダ)

doda(デューダ)

doda(デューダ)は、総合人材サービス大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。キャリアアドバイザーによるキャリア相談や求人紹介などの転職サポートを行う「エージェントサービス」と、自分で求人を検索し応募する「求人検索」の2つのサービスを1つのアカウントで利用できる。求人数は非公開求人含めると約13万件以上と充実しており、リクルートエージェントに次いで国内2位を誇っている。
dodaではUターン転職向けの特設ページを公開しており、北海道から沖縄まで全国各地の求人情報をチェックすることも可能。また、「復興庁や経済産業局事業による求人情報」、「Uターン転職の成功事例」などをまとめたトピックスも頻繁に更新しており、Uターン転職に関する情報収集の場としても役に立つ。さらに、全国47都道府県すべての個別ページに「自治体相談窓口」や「移住相談センター」などの情報を掲載しており、転職情報だけではなく、地方の住まいやサポートの情報もまとめて確認することができる。
Uターン転職のやり方がよく分からない、という方には「エージェントサービス」の利用がおすすめ。専任のキャリアアドバイザーがUターン転職の希望勤務地や職種、スキルなどをヒアリングし、条件に近い求人情報の紹介や応募書類の添削、面接対策など手厚いサポートを受けることができる。

拠点 北海道第二オフィス、東北オフィス、丸の内本社、横浜第二オフィス、静岡オフィス、中部オフィス、関西オフィス、京都オフィス、岡山オフィス、広島オフィス、九州オフィス
求人数 公開求人:約13万8,482件(内、非公開求人:約60,851件
dodaの強み Uターン転職の特設ページを公開しており、Uターン関連の詳しい情報収集ができる

ワークポート

ワークポート

ワークポートはIT・Web・ゲーム業界に強みをもつ転職エージェント。創業から16年を超える歴史を持ち、累計転職相談実績は50万人以上にもなる。2万件を超える公開求人に加え、全国各地の非公開求人も多数保有。IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントとして長らく実績を積み上げており、首都圏以外にも北海道から沖縄まで幅広いエリアで独自のコネクションを築いている。
特にUターン転職でキャリアの継続が難しい業界であるIT・Web・ゲーム業界の求人を豊富に取り扱っている点は大きなポイントの1つ。また、ワークポートでは各業界の出身者がキャリアアドバイザーとしてUターン転職を力強くサポート。各業界に精通したキャリアアドバイザーならではの的確なアドバイスによって、今まで見えてこなかった新しい転職の可能性が出てくるとユーザーからの満足度も高い。Uターン転職ではキャリアの継続が難しいと考えている方は、ワークポートの利用をぜひ検討してみるといいだろう。

拠点 本社オフィス(大崎)、立川オフィス、秋葉原オフィス、埼玉オフィス、横浜オフィス、千葉オフィス、仙台オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、京都オフィス、神戸オフィス、岡山オフィス(中四国)、広島オフィス、福岡オフィス
求人数 公開求人:約2万8,740件 + 非公開求人
ワークポートの強み ITやクリエイティブ関係の求人を豊富に取り扱い、Uターン転職でもIT系のキャリアを継続できる

Uターン転職で内定率を上げる2つのポイント

Uターン転職で希望する職種が決まり、応募候補の企業もいくつか候補が決まったとします。
次のステップとして、履歴書や職務経歴書の作成に取り掛かりたいところですが、その前に内定率を上げるため、以下の2つのポイントをチェックしておきましょう。

地元企業が求めているスキルと人物像を意識する

地方企業が都会からの求職者に期待するものは、都会で得た高いスキルやマンネリ化の打破など。都会の企業では当たり前だったスキルが、地方では高く評価されるケースも少なくありません。応募先企業の業務内容や社風をよく研究し、どのようなスキルや人物が歓迎されるのかをくみ取った履歴書や職務経歴書を作成すると良いでしょう。

志望動機は地元愛より企業愛

Uターン転職を志したきっかけが地元に入りたいあこがれの企業があったから、というケースを除いて、ほとんど場合は「都会への嫌気」や「家庭の事情」、「地元への愛着」ではないでしょうか?そんなUターン転職を希望する求職者の多くが躓くのが、「志望動機」です。
志望動機をそのまま「地元に帰りたかったから」と伝えても、応募先企業が快く受け止めてくれるとは限りません。志望動機では、「なぜこの企業で働きたいのか」という点をアピールすることが大切です。郷土愛をアピールするにしても、「会社での業務を通して、結果的に地元に貢献する」というストーリーの方が、求人企業の採用担当者にグッと働きかけることがあるはずです。

Uターン転職にかかる費用は? 主に面接の交通費や引っ越し代など

Uターン転職にかかる費用で負担が大きいものは、おもに「面接にかかる交通費」「引っ越し代」「車の購入費」の3つが挙げられます。

Uターン転職の場合、一般的に面接にかかる交通費を企業側が負担するのは2次面接以降もしくは最終面接のみと言われています。全国に拠点を持つ大企業であれば、希望次第で都市部での面接が可能なケースや、企業によってはビデオ通話によるリモート面接に対応しているケースも。とはいえ、多くの場合は、実際に企業へ出向く必要があるという点は考えておくべきでしょう。

また就職が決まったあとも、両親との同居でない限りは、物件の下見や近所への挨拶、引っ越しなどで、まとまった費用が発生します。また、交通があまり発達していない地域に引っ越した場合は、車の購入も必至に。

「現居住先から地元までの距離」「配偶者や子供の有無」「両親との同居・別居」「車の必要性」を考慮したうえで、Uターン転職にかかる費用を試算し、前もって費用を貯蓄しておく必要があるでしょう。場合によっては、Uターン転職にかかる費用がトータルで100万円を超えるケースも少なくありません。

Uターン転職を成功させて、理想の地元暮らしをゲットしよう

都市部への人口集中や地方の過疎化、地方創生の話題と一緒に語られることの多い「Uターン転職」。都会の喧騒を離れて、生まれ育った地元で、のんびりとした生活を送りたい!そう考えている方も最近は増えつつある傾向にあります。

とはいえ、具体的にどうUターン転職を進めていいのか分からず、漠然と「求人の少なさ」や「年収の低さ」などネガティブなイメージから、最初の1歩が踏み出し難いという方も少なくないはず。なんとなく難しそうなUターン転職でも、充分なリサーチと入念な下準備をしておけば、失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

将来的に地元で働くことを検討している方は、本特集を参考にUターン転職を本気で検討してみてはいかがでしょう?

著者
たかしま

著者

Hayakawa所属のライター・編集者。
大学卒業後、新卒で就職せず海外へ。帰国後、就職活動でかなり苦戦し、転職経験も多い。
学生時代の専攻はロシア語。ロシアでの生活経験は、その後の人生にかなりのインパクトを与えた。