転職エージェントを信用できないと思ったら。キャリアアドバイザー見直しや転職エージェントの比較も選択肢

News.転職エージェントを信用できないと思ったら キャリアアドバイザー見直しや転職エージェントの比較も選択肢

転職エージェントを信用できないと思った時の対処法転職ニュース

転職エージェントを信用できないと思った時の対処法

転職しようと思ったとき、多くの求職者が利用するのが転職エージェントです。多くの求職者は転職エージェントに大きな期待を抱き、登録しますが、転職エージェントは人対人の対面が基本のサービスであり、生身の人間が対応する以上、そこには相性が存在します

転職エージェントのキャリアアドバイザーが、登録者の意向を全く考慮せず、求人をピックアップすることはありませんが、ピックアップした求人が自分の希望とはずれているということは往々にして起こり得ます。

それが一度であれば我慢できても何度も同じことが続くと、期待していた分、失望も大きく、転職エージェントを信用できないと思う方も少なくありません。

そこで今回の転職活動の歩きかたニュースは、転職エージェントを信用できないと思った時の対処法と題して、この問題に対処するための方法をご案内します。

転職エージェントの利用に疑問を感じている方は、是非最後までチェックしてみてください

転職エージェントが信用できないと思った時の対処法その1:キャリアアドバイザーを変更する

キャリアアドバイザーを変更する

現在利用している転職エージェントを信用できないと思った時、まず最初にすべきは、それは転職エージェント全体の問題なのか、現在担当しているキャリアアドバイザーの問題なのかの整理です。

それがもしキャリアアドバイザーとの相性の問題であれば、転職エージェントの窓口に連絡し、キャリアアドバイザーの変更を依頼してみると良いでしょう。

転職エージェントは民間企業であり、その人のキャリアを自分たちが持つ求人企業にPRできないと思えば、登録自体できません。つまり、登録することができている時点で、転職エージェントにとって求職者はとても大事なお客様と言えるのです。

あなたがどうしても相性が良くないのでキャリアアドバイザーを変更したいと言えば、多くの転職エージェントがその要望に対応してくれるはず。その際、どこに連絡すれば良いかわからない場合は転職エージェントの代表窓口に連絡すると良いでしょう。

転職エージェントが信用できないと思った時の対処法その2:転職エージェントを変更する

  • 「キャリアアドバイザーの変更が難しい」
  • 「既に転職エージェント自体が信用を失っている」
  • 「一度転職活動をリセットし、新たな気持ちで取り組みたい」

などなど、転職活動の状況によってはキャリアドバイザーの変更が難しい場合もあります。そういう場合は迷わず、現在利用している転職エージェントを変更しましょう。

転職エージェントはどこも同じという訳ではなく、むしろ各社ごとに提供する求人、サポート体制、満足度も大きく異なります。それは各社のサービスを比較し、利用者の口コミを掲載している転職エージェント比較の情報からも明らかです。転職活動している方の口コミを分析しても、転職エージェントを変更したことで、転職活動が上手くいった、良い条件の求人が見つかり、内定を獲得したという口コミは決して少なくないので、転職エージェント比較による評価や、利用者の口コミも参考に、諦めずに転職活動に取り組みましょう。

関連ページ

転職エージェント比較
利用者の評価が高い転職エージェントを求人数、サービスの質、年収アップ他、様々な指標で比較。また利用者の口コミも多数掲載。

転職エージェントが信用できないと思った時の対処法その3:自身の市場価値を再分析

自身の市場価値を再分析

転職エージェントによる自身の評価が信じられず、紹介される求人の内容や条件に違和感があるというケースもあるでしょう。その場合は、自身の市場価値を再分析し、転職エージェントのキャリアアドバイザーによる評価との違いを検証してみることをおすすめします

自身の市場価値がわかれば、もしかすると転職エージェントのアドバイスが正しく、自身が間違っていたことに気付き、気持ちよく転職活動に取り組めるかもしれません。

もし自身の考えが正しいことが証明されれば、転職エージェント比較を活用し、転職エージェントを迷いなく変更すると良いでしょう。

市場価値の分析は、転職を成功させる上で必ず役立ちます。転職エージェントを使用できないと思ったら是非実践してみてください。

以下はおすすめの市場価値分析ツールです。

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS画像

転職支援サービス大手「DODA」を運営するインテリジェンス提供の市場価値分析サービス。無料会員登録し、自身の経歴とスキルを入力することで、自身に近いスキルを持った求職者の年収データをもとに、想定年収がわかる。さらに7万人を超える転職事例から、自身に近い経歴を持つ人が、転職に成功した企業の情報や、その時の年収、職種、業種、ポジションまで検索可能。自身の市場価値に興味がある方は登録しておきたい。

転職エージェントが対面でのサービスを基本とする以上、そこにはどうしても相性が存在します。転職活動は不満を抱えながら取り組むものではありません。利用する転職エージェントを信用できないと思ったら、キャリアアドバイザーの変更や転職エージェント自体の変更も含め、しっかり検討していきましょう

また自分自身が全て正しいと思うのもまた危険です。客観的な自分の立ち位置を再確認するため、市場分析ツールも活用し、自分の価値を再確認するのも良いでしょう。

本ニュース記事が転職活動を前向きに進めていく上で、お役に立てれば幸いです。

このページのトップへ