人気のヘッドハンティング会社を比較。各社の評判も

転職活動の歩きかた

ヘッドハンティング会社 比較

キャンセル

ヘッドハンティング会社比較

|口コミ数18

ヘッドハンティング会社に在籍するヘッドハンターの数、求人数、サービスの特徴を比較。利用者の評判が良いヘッドハンティング会社を活用し、ワンランク上の転職を成功させよう!

年収800万円、1,000万円、1,500万円など、節目の年収、大台を超える年収を目指すのであれば、現在のキャリアを高く評価してくれる新しい職場に転職するのが、最も確率の高い選択肢です。高い年収と一定のポジションが与えられるワンランク上の転職を目指すのであれば、ハイクラス求人が充実したヘッドハンティング会社の活用が欠かせません。ただヘッドハンティング会社のサービスは、一般にはあまり知られていないことから、利用のハードルが高いという人も少なくないはず。そこで転職活動の歩きかたが、求職者からの登録を受け付けており、実際に利用したユーザーの評判が良いヘッドハンティング会社を厳選。各社に在籍するヘッドハンターの数、求人数、サービスの特徴を比較しました。ヘッドハンティング会社を活用し、ワンランク上の転職を目指している方は、ヘッドハンティング会社比較の情報をチェックし、信頼できるヘッドハンターと転職を成功させましょう。

ビズリーチ

ビズリーチ画像

ビズリーチ

総合

総合評価

4.8

求人数 5.0
キャリアアップ 4.5
年収アップ 5.0
サポート力 4.5
人気 5.0

ビズリーチ公式サイトへ行く

ヘッドハンティング会社比較

在籍ヘッドハンター 3,300人以上
公開求人数 11万4,000件2019年7月
ヘッドハンティング会社登録の目安 タレント会員:年収400万円以上
ハイクラス会員:年収750万円以上
ビズリーチの特徴
  • 国内初の有料会員制転職サイト
  • 有料会員になると非公開求人の閲覧に加え、自らヘッドハンターにアプローチ可能

ビズリーチをおすすめする理由

ビズリーチ経由で転職に成功し、簡単なアンケートに回答すると、謝礼進呈中!

ビズリーチの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・人材サービス

最近は紙の媒体が減り、業界紙の廃刊も増えていることから、紙から有力な人材の情報を掴むのは難しくなってきている。ヘッドハンターも情報収集をネットに移行しつつあり、ビズリーチを主軸に有力な人材をスカウトしているケースも多い。プロでもビズリーチを利用する理由は、登録者の多くが年収600万円を超えており、ヘッドハンターがスカウトする一次条件を達成している人材が多いからに他ならない。リクルートが運営するキャリアカーバーも勢力を拡大しているが、2019年6月時点ではビズリーチのほうが求人数、ヘッドハンターの数ともに大きく上回っている。ヘッドハンターを利用し、ワンランク上の企業への転職を目指すのであれば、ビズリーチは登録しておくべきサービスだろう。

39才・男・人材サービス

ヘッドハンティング会社はどこも原則として規模が小さいので、その中で比較してもあまり意味はないように思います。特に登録を受け付けてないサーチ型となるとなおさらです。また今はヘッドハンターからのオファー待ちをする人は非常に少なく、登録型とサーチ型の間のビズリーチやキャリアカーバーのようなサービスのほうが主流になりつつあります。基本的にヘッドハンターからのオファーは、通常の求人オファーと比較すると条件面で有利になるケースが多いので、キャリアアップを目指している方であれば、これらのサービスを上手く使いこなすと良いと思います。年収600万円程度ある方なら、オファーは相当多いはずです。

32才・男・IT関連

ヘッドハンティング会社の中には何をしているのかよくわからないというようなところもありますが、ビズリーチは信頼できるヘッドハンターを厳選しているという点で信頼できると思う。求人に応募することで、求人を提供するヘッドハンターとアポを取る(スカウトもある)形式だが、ヘッドハンターとして、ハイクラス向けで有名な転職エージェントから連絡が来るケースもありました。年収含め、求人の条件は明らかに転職サイトのや転職エージェントの公開求人より条件が良い。有料のサービスだが、この程度の金額をケチってい条件アップ、年収アップは見込めないと考えていたので、個人的には全く気にならなかった。

40才・男・IT関連

無料でも使えるが、有料に切り替えたほうが条件の良い求人が圧倒的に多い。実際に求人を見てみるとこういうポストの求人があることに驚く。ハイクラス向けの求人の閲覧に関しては、年収で区切られているので年収600万円は必要だと思うが、それを超えているなら、求人を除くだけでも価値がある。そもそも貴重な情報が有料であるということは、これくらいの年収の人間は理解していて然るべきだと思うし、例え年収600万円以下であっても、それ以上を目指すならそのことを認識することが、次のステップにいく上でも大事だと思う。

37才・男・広告関連

ビズリーチ自体はプラットフォーマーで、中で求人を提供しているのは無数のヘッドハンティング会社。つまりこのサービス自体がヘッドハンティング会社のネットワークであり、1社でサービスを提供しているところと勝負できるはずがないし、比較することに無理がある。全体で比べれば勝負にならないほどビズリーチのほうが求人数は多い。サポート力という面は人に依存するので、自分が信頼駅るところを見つけられるかどうかだと思う。

評判をもっと見る

ビズリーチは、様々な転職支援サービスを手掛ける「ビズリーチ」が運営するハイキャリア人材とヘッドハンターを繋ぐ会員制転職サイト。一部求人の閲覧とヘッドハンターからのスカウトを待つ無料サービスと、全求人の閲覧と自身でヘッドハンターにアプローチできる有料サービスを提供。国内で初めて情報提供の有料化に成功するなど、確固たる地位を築いている。

ビズリーチの最大の魅力は、有料だからこそ閲覧できる11万4,000件を超える公開求人に加え、登録ヘッドハンターが持つ貴重な本来非公開の求人を閲覧できる点だろう。有料会員登録することで、これらの求人への応募に加え、ヘッドハンターからのスカウトの閲覧・返信含む、ビズリーチが提供する全てのサービスを利用できる。

会員には2つのタイプがあり、一般属性のタレント会員は30日間2,980円(税抜)、ハイクラス限定求人にアクセスできるハイクラス会員は30日間4,980円(税抜)で有料会員に登録可能。

1万800社を超える企業と3,300人を超える一流のヘッドハンターが登録するサービスは他のヘッドハンターのネットワークと比較しても優位性がある。本気でワンランク上の転職を目指すのであれば、ビズリーチは利用する価値があるだろう

ランキング順位に戻る

キャリアカーバー

リクルート キャリアカーバー画像

キャリアカーバー

総合

総合評価

4.7

求人数 4.5
キャリアアップ 5.0
年収アップ 4.5
サポート力 5.0
人気 4.5

キャリアカーバー公式サイトへ行く

ヘッドハンティング会社比較

在籍ヘッドハンター 1,200名以上
公開求人数 4万9,400件2019年7月
ヘッドハンティング会社登録の目安 年収600万円以上
キャリアカーバーの特徴
  • リクルートが運営するヘッドハンターのネットワーク
  • 匿名レジュメを登録することで、ヘッドハンターが条件に合う求人を探し、提案してくれるサービスも

キャリアカーバーをおすすめする理由

キャリアカーバー経由で転職に成功すると、Amazonギフト券をプレゼント!

キャリアカーバーの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

35才・男・ITコンサル

年収600万円以上とありますが、多分登録自体は誰でもできるはずです。ただキャリアカーバーは自分から求人に応募するのではなく、匿名レジュメを登録し、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、あとはその人の経歴を見たヘッドハンターがどう判断するかだけだと思います。私の場合は、ギリギリの年収でしたが、たくさんのヘッドハンターからスカウトが届きました(つまり、市場価格と自身のスキルが乖離していたということなので、それまで大損していたとも言えます。)。結果的に年収3桁アップで、現在のITコンサルティング会社に転職できましたが、一般的な転職サイトや転職エージェント経由(※一応利用はしました)では、今回のような大幅年収アップのキャリアアップはできなかったと思います。求人の質という点でも個人的には満足しています。

41才・男・広告関係

リクルートが運営しているという時点で相当信頼度は高い。リクルートにはエグゼクティブ向けの転職エージェントサービスもあるが、このジャンルだけは強いとは言い難いのでキャリアカーバーでカバーしているのではないかと思う。利用料は無料で、厳選したヘッドハンターとアポが取れるだけでも価値がある。そもそもヘッドハンターの多くは転職エージェントの大手で一線級であった人材が移っているケースが多く、サービスレベルは高い。既存の転職エージェントに満足できない(もしくは不満がある)場合は利用すべきサービスと言える。

42才・男・ベンチャー経営

ヘッドハンティング会社では、以前はレイノスが最大手でしたが、今は子会社のキーネットワークを使い、質の悪いスカウトを実施しており、すっかり評判を落としてしまいました。代わりに台頭してきたのが、評判の良いヘッドハンティング会社をネットワークした、キャリアカーバーとビズリーチです。サービス自体はビズリーチが先行しており、登録しているヘッドハンティング会社の数ではキャリアカーバーを圧倒しています。ただキャリアカーバーは登録料が無料なのに対して、ビズリーチは有料(※有料と言っても金銭的にはわずかな負担で貴重な情報にアクセスできるので、そこは評価すべき)になっているので、キャリアカーバーのほうがお手軽です。個人的には二つのサービスを上手く活用し、ヘッドハンターからのスカウトを受け取るというのが最も効率の良い転職活動の進め方だと思います。

評判をもっと見る

キャリアカーバーは、リクルートが運営するハイクラス求人の紹介に限定したエグゼクティブ向け転職支援サービス。無料会員登録し、匿名レジュメを公開することで、提携ヘッドハンターがその情報を閲覧、スカウトを受け取ることができる。多くの場合、有名企業のハイクラス求人ほど秘匿性が高く、一般非公開のまま、ヘッドハンターに該当者の抽出を依頼するケースが多い。これらの非公開求人含めスカウトを受けられる点は、キャリアカーバーの大きな魅力と言えるだろう。

さらに通常のヘッドハンティング会社は、自社が持つ求人をベースにスカウトする人材を探すが、キャリアカーバーの場合は、匿名レジュメを見たヘッドハンターが、キャリアに合う求人を探し、提案を行うケースも珍しくない。これは単独のヘッドハンティング会社にはない、キャリアカーバーの特徴と言える。

ヘッドハンティング会社を活用し、キャリアアップを目指すのであれば、1,000名以上の登録ヘッドハンターと年収600万円以上の求人を4万9,400件以上抱えるキャリアカーバーは、登録しておくべきサービスと言えるだろう。

ランキング順位に戻る

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー画像

クライス&カンパニー

総合

総合評価

4.4

求人数 4.5
キャリアアップ 4.5
年収アップ 4.5
サポート力 4.5
人気 4.0

クライス&カンパニー公式サイトへ行く

ヘッドハンティング会社比較

在籍ヘッドハンター 18名以上
公開求人数 2,600件以上※2019年7月
ヘッドハンティング会社登録の目安 年収750万円以上
クライス&カンパニーの特徴
  • 30代のマネージャクラス以上の転職支援に特化
  • 担当するキャリアコンサルタントは国家資格取得者及びCCE.Inc認定資格を取得

クライス&カンパニーをおすすめする理由

30代、40代のハイキャリアの転職支援に特化したヘッドハンティング会社

クライス&カンパニーの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

43才・男・会社役員

もともとはヘッドハンティング会社だったそうですが、今はハイクラス専門の転職エージェントとしてビズリーチなどでも、登録者をスカウトしているそうです。登録者は30代が多いようですが、40代でもコンサル経験者やIT関連の人材であれば、魅力的なオファーを提示してくれます。私は40代ですが、むしろエグゼクティブ層になると40代のオファーが増えているとのこと。また起業家タイプより、参謀タイプのほうが転職市場では評価が高いようです。しっかりキャリアを築いていけば30代でも40代でも年収アップ、キャリアアップ転職を十分に狙えるのだなぁと今回(2019年3月)の転職活動を通じて実感しました。

42才・男・ベンチャー企業管理職

今は転職エージェントとしてのサービスも実施しているようですが、元は純粋なヘッドハンティング会社ということもあり、対応はとても丁寧です。また30代、40代の管理職の求人がほとんどということなので、経験値も豊富。そもそも管理職の面接と一般クラスの面接は聞かれることも違えば、職務経歴書の書き方のポイントも違うので、専門性が高いところといっしょに組んだ方が間違いなく良い条件を引き出せます。そういう観点から考えれば、クライス&カンパニーのようにリアルでしっかりしたサービスを提供してくれるヘッドハンティング会社と組むのはありだと思います。

41才・男・ITコンサル

30代以上のマネージャ以上、年収800万円以上の求人がほとんどということだったので、登録したのだがこんなものなのかなという印象でした。キャリアコンサルティングの国家資格を取得しているということだが、いたって普通。求人に関しては、そもそもコンサルの転職に強いらしく、ある程度の数と幅があったが、それでも他の大手どころと比べると多いとは言えなかった。こういう専門サービスには、数は少なくても圧倒的な質がなくてはあえて利用する意味はない。個人的にはそこまでの力は感じませんでした。

クライス&カンパニーは、創業から24年の歴史を持つヘッドハンティング会社の老舗。30代のマネージャクラス以上の転職支援に特化することで、他のヘッドハンティング会社との差別化を図っており、在籍するコンサルタントのサポート力にも定評がある。

クライス&カンパニーのキャリアコンサルタントは、国家資格である2級コンサルティング技能士または米国CCE.Inc認定資格(GCDF)を取得しており、さらに年間100時間を超える社内外の研修を積んだ人材に限定。候補者立場に立ったサポートは、クライス&カンパニーの最大の強みと言って良いだろう。

また30代の転職支援に特化することで(※20代、40代も登録は可能)、企業側からも30代の求人が集中的に寄せられており、他のヘッドハンティング会社にはない求人も充実している。

30代で転職を検討している方であれば、30代に特化したヘッドハンティング会社として確固たる地位を築いているクライス&カンパニーは、検討する価値があるだろう。

ランキング順位に戻る

レイノス

レイノス画像

レイノス

総合

総合評価

4.3

求人数 4.5
キャリアアップ 4.5
年収アップ 4.5
サポート力 4.0
人気 4.0

レイノス公式サイトへ行く

ヘッドハンティング会社比較

在籍ヘッドハンター 100名以上
公開求人数 非公開
ヘッドハンティング会社登録の目安 年収600万円以上
レイノスの特徴
  • サーチ型スカウトサービスの草分け的存在
  • マネージャクラスの求人から、CFO、新規事業の立ち上げ責任者、役員待遇まで幅広い求人をラインナップ

レイノスをおすすめする理由

在籍ヘッドハンターは100名以上。国内最大手のヘッドハンティング会社

レイノスの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・ベンチャー経営

キャリアカーバーやビズリーチはネットを介してヘッドハンターと求職者を繋ぐサービスですが、レイノスはあくまで対面にこだわっているヘッドハンティング会社です。今の時代に即しているのかと言われると疑問符が付きますが、対面でのサービスを希望する場合、レイノスが今(2018年)も最大手なのは疑う余地はありません。マネジメント層とのつながりという点でもここは強いという印象があります。

32才・男・ITコンサル

レイノスの評判で検索すると、キーネットワークから電話営業を受け、会いに行ったが最悪だったという口コミが見受けられます。これ本当かなぁと思う人がいるかもしれませんが、完全に本当です。私も会社の固定電話に連絡が入り、スカウトしたいということだったので、自分を認めてくれる人がいるなんてと思い、本当に嬉々として待ち合わせ場所に向かったのですが、全く私のことをしらないレイノスのコンサルタントが待っていて、そこで根掘り葉掘りヒアリング。挙句の果てに全く興味のない、しかもリクナビNEXTで見ても、ハローワークで見ても変わらないような求人票を提示されました。これって明らかにへっとハンティングではないですよね??こんなあくどい方法で求職者を釣るような真似をするレイノスは個人的には全くおすすめできません。ヘッドハンティング会社としての規模が大きいから良い会社とは全く限りません。ヘッドハンティング会社としてのプライドを持ち、本当に優秀な人材をスカウトして欲しいと思います。

41才・男・広告関連

レイノスはキャリアカーバーやビズリーチといった、ヘッドハンターのネットワークに客を奪われているのか、強引な営業が目立ちますし、信頼できません。私にも私の同僚にも、キーネットワークというレイノスの子会社から「あなたの仕事を他社から聞き、オファーがある」という電話が会社にかかってきたのですが、その同僚はなんと新卒ですよ。。。実際電話で話を聞きましたが、レイノスの営業で、こういう手法ですと言われました。全く経験がない人まで勧誘するのは嘘ということだし、フェアじゃないと伝えると、どこもやってるやり方で問題はないというような回答。正直これが最大手のヘッドハンティング会社のやり方だとは思えませんし、がっかりです(実際に口コミを調べたら同じように怪しいと思ったかたが多数いることがわかりました)。

レイノスは、単独企業としては最大の規模と実績を誇るヘッドハンティング会社。国内最大手のヘッドハンティング会社という強みを生かし、現場のマネージャクラスの求人に加え、新規事業の立ち上げ責任者、CFO、年収1,000万円を超える幹部候補、役員待遇求人まで幅広いスカウト求人を取り扱う。

以前はサーチ型スカウトサービスの草分けとして、個人からの登録は一切受け付けていなかったが、現在は従来までのサーチ型に加え、登録も受け付けるハイブリッド型サービスに変更。レイノスが求める人材であれば、登録しておくことで適宜スカウトを受けることもできる。

有能な人材を探すサーチ活動に関してはキー・ネットワークというレイノスの関連会社が担っているので、キー・ネットワークから連絡が入った際は、レイノスからのヘッドハンティングと考えると良いだろう。

ビズリーチ、キャリアカーバーと比較すると在籍するヘッドハンターの数と求人数では劣るが、ヘッドハンティング会社としての実績では間違いなくトップクラス。レイノス限定の非公開求人も多数取り扱っているので、登録を検討する価値はあるだろう。

ランキング順位に戻る

SCOUTER(スカウター)

SCOUTER画像

SCOUTER(スカウター)

総合

総合評価

4.1

求人数 4.0
キャリアアップ 4.0
年収アップ 4.5
サポート力 4.0
人気 4.0

SCOUTER(スカウター)公式サイトへ行く

ヘッドハンティング会社比較

在籍ヘッドハンター 2,000名以上
公開求人数 非公開
ヘッドハンティング会社登録の目安 年収制限なし
SCOUTER(スカウター)の特徴
  • ヘッドハンティング会社が取り組む手間のかかる作業フローを個人が代行
  • 転職に成功するともれなくお祝い金プレゼント!

SCOUTER(スカウター)をおすすめする理由

SCOUTER経由で転職に成功したら年収に応じたお祝い金をプレゼント

SCOUTER(スカウター)の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

42才・男・ベンチャー経営

一時期新しいヘッドハンティングの仕組みとして話題になったので、自分のキャリアで登録できるのか、興味があり、ソーシャルリクルーターの審査を受けたところ無事通過。求人を紹介できるようになりましたが、契約周りが面倒で、周りの求人を紹介するところまでいってません(特にリクルーターが個人でお金を受け取らないといけない点が面倒。法人で処理したいのに)。ソーシャルリクルーターが求人紹介まで簡単にいけないとうことは、ヘッドハンターとして機能していないことと同義です。面白いサービスなのですが、もう少しハードルを下げて評判を高めていかないとこれから盛り上がるのは難しいのかなと思いました。

SCOUTER(スカウター)は、ソーシャルヘッドハンティングという全く新しいヘッドハンティングの形を提案するベンチャー企業。サービス開始は2016年とまだ間もないが、個人がヘッドハンターになり、転職を仲介する仕組みに大きな注目が集まっており、利用者を急拡大している。

スカウターの魅力は、ヘッドハンターが通常業務の中で行っている、リクルーティング、面談、求人紹介といった一連の流れを個人が代行し、転職希望者と仲介者の双方が報酬を受け取ることができる仕組みを確立している点だろう。

報酬体系は、転職相談に乗った時間に対して仲介者に時給1,000円、初回の転職相談に関しては食事代として5,000円、実際に転職希望者の転職が決まると、成果報酬として年収の5%を双方が受け取ることができる。

ヘッドハンターが担っていたサービスを個人が代行し、且つ双方にメリットがある仕組みを実現しているのは、現時点(2017年9月)ではSCOUTERのみ。

ヘッドハンターどうしても敷居が高いという方や、転職に成功したらしっかり報酬を受け取りたいと方にとっても、SCOUTERは注目の仕組みと言えるだろう。

ランキング順位に戻る

その他のヘッドハンティング会社への口コミ

転機(0件)

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

53才・男・会社員

経営者に直接繋ぐスタイルの、ヘッドハンターに似た転職支援サービスです。レイサスという会社が運用しているそうですが、このようなサービスでは国内一番という話でした。残念ながら私に紹介していただける求人案件は無かったのですが、面談でこれまでの成果を鋭く追求されたことが、その後の職務経歴書を見直す経緯になりました。もちろん嘘を書くわけではありませんが、経営者がどのような情報を求めて人材を採用しているのか、しっかりと考え直し、採用側の視点に立ち、これまでの経歴をきちんとアピールできる職務経歴書を作ることができました。

キーネットワーク(0件)

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

31才・男・広告代理店

ここはヘッドハンティング会社ではなく、レイノスに繋ぐための営業会社と言ったほうが正しいと思います。もし個人名で電話がかかってきて、レイノスもしくはキーネットワークと名乗ったら、注意すべきだと思います。うちの会社にも頻繁に連絡が来て、ホームページに名前が出ている子であれば、新卒・ベテランお構いなしに本当に全員に電話がかかってきました。結果的にスタッフから抗議があり、社として業務妨害なので電話しないで欲しいと伝えると、キーネットワークの担当者は正当な営業活動と言う始末。結果的にうちの会社からは1人もキーネットワークにヘッドハンティングされ、転職した人はいなかったので良いですが、もしここがきっかけに転職したとしても、良い転職ができるとは思えません。利用するしないは自由ですが、評判が良くないので注意すべきなのは間違いないと思います。

28才・男・IT関連

キーネットワークだけは気を付けたほうが良いと思います。非通知で携帯電話に電話がかかってきたり、会社に個人名で電話をかけてきたりします。そしてあなたの取引先からあなたのお仕事の評判を聞き、あなたを欲しいという会社がある。是非一度お会いしたいというような連絡がきて、実際に合ったら本当にがっかりします。あまりいろいろ言いたくはありませんが、レイノスのヘッドハンターが待っていて、全くこちらの知識を持っておらず、聞いても私を推薦した人の名前は絶対に言いませんし、紹介される求人も一般的で全く興味をひくものではありません。しかも応募する場合は、選考があるとのこと。要はヘッドハンティング会社として厳しくなっているレイノスが、子会社のキーネットワークを使って強引にテレアポを取り、転職エージェントとして活動しているものと思うべき。ただやり方が全く好感が持てません。

  • ヘッドハンティング会社の比較は転職活動の歩きかた編集部調べです。
  • 掲載情報の詳細は、ヘッドハンティング会社を運営する各社のHP上をご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
  • ヘッドハンティング会社比較への口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

ヘッドハンティング会社 比較 総評

編集部による総評

ヘッドハンティング会社を比較し、利用者の口コミをもとにランキングした結果、最も高い評価を獲得したのはビズリーチでした。ビズリーチは、ヘッドハンティング会社をネットワークした会員制の転職サイトです。年収600万円以上のユーザーをターゲットに、条件の良いクローズド求人を多数提供。求人を提供するヘッドハンティング会社の質にもこだわっており、利用者の満足度の高さにも定評があります。2位にランクインしたキャリアカーバーも高い評価を獲得しているヘッドハンティング会社のネットワークです。運営を担っているのはリクルートで、メインターゲットは年収750万円以上とビズリーチと比較すると、少し年齢層と年収が上がります。登録料は無料で、匿名レジュメを登録しておくことで、厳選したヘッドハンターからスカウトを受け取ることができるので、興味がある方は登録してみると良いでしょう。

ヘッドハンティング会社と一言でいっても、ビズリーチやキャリアカーバーのように、複数のヘッドハンティング会社を束ねているところもあれば、レイノスやクライス&カンパニーのように、単体でサービスを提供しているところもあります。どちらのサービスを利用するのも自由ですが、利用者の評判もしっかりチェックし、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

ヘッドハンティング会社 比較 口コミ投票!口コミ3回採用でAmazonギフト券500円分プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了
必須口コミするヘッドハンティング会社
  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー
  • レイノス
  • クライス&カンパニー
  • SCOUTER
  • その他
必須評価項目と点数
  • 主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください

評価項目

点数(5点満点)

-点

任意理由
必須メールアドレス
  • PCメールアドレスを指定してください
  • 口コミ採用時のご連絡先となります

例)tenshoku@tenshokuwalk.com

任意年齢
任意性別
必須ご職業

例)銀行員、専業主婦など

  • 特定の個人・団体等のプライバシーの侵害や誹謗・中傷につながる投稿、虚偽の口コミ、関係者からのサクラ投稿などは掲載することができません。
  • ご投稿いただいた口コミの著作権は「転職活動の歩きかた」に譲渡されるものとします。
  • 掲載に際して、一部編集をさせていただく場合がございますのでご了承ください。