面接 退職 理由

転職活動の歩きかた

面接 退職 理由

キャンセル

転職面接質問・回答集

なぜ前の職場を辞めたのですか?

退職理由を問う「なぜ前の職場を辞めたのですか?」という質問に対する回答例

質問の裏側/面接官のホンネ

  • どのようなことに不満・不安を感じるのか
  • 仕事や人間関係に対する姿勢はどうか(働く意欲は高いのか、コミュニケーションに難点があるのではないか等)

なぜ前の職場を辞めたのですか?(退職理由)回答のポイント

退職理由に関する質問は、タイトルのように「辞めた理由」を直接尋ねられることもあれば、「なぜ転職しようと思ったのですか?」等、転職を考えた理由として聞かれることもあります

どちらのケースも、応募者がどのようなことに不満や不安を抱く人物なのかを知るための質問です。また、退職の理由を通じて、その人の仕事や人間関係に対する姿勢を問う意図もあります。

回答のポイントは、自分が感じている不満をそのまま出すのではなく、いったん分析したうえで、新しい職場でどのように活かしていきたいかを考えてみること
たとえば、「上司とウマが合わない」「残業が多い」「給料が安い」等が退職理由であった場合、それをストレートに伝えたとしても、自分をアピールすることはもちろん面接官の共感を得ることもできません。

不満を不満としてぶつけるのではなく、上司と合わないのであれば、なぜ合わなかったのか、どのような環境であれば目指す働き方ができるのかを考え、

「上司と合わない」

  • なぜ?
  • 「上司がワンマンで他人の意見に耳を貸さない」
  • 目指す働き方は?
  • 「ある程度の責任を負ったとしても、自分のアイデアを積極的に出し、個人の力を発揮できる環境で働きたい」

など段階的に考えを進めていくことで、ポジティブな退職理由を導き出すことが大切です

よくある退職理由と回答のポイント①:職場の人間関係が悪い

オフィス内の殺伐とした空気や社内派閥などがネックになり、退職を考えるケースは少なくありません。人間関係にまつわる退職理由は、協調性を疑われる場合もあるため、慎重に答えたい回答の一つ。
「メンバーと連携を取りながら仕事を進めたい」「自分のスキルをその分野のみで活かすのではなく、プロジェクトチーム体制を取ることで新規事業でも自分を活かす機会がある御社で働きたい」など、あくまでコミュニケーション面での不足はないことをアピールしましょう。

よくある退職理由と回答のポイント②:サービス残業が多い、労働時間が長い

残業や長時間労働もよくある退職理由の一つです。「残業したくない」「働くのがイヤ」といったネガティブな印象を相手に与えないためにも、答える際は、仕事に対する意欲や熱意そのものは高いということも同時にアピールしましょう。
たとえば、「長い拘束時間で低パフォーマンスの仕事をするよりも、効率的に業務をこなすことで残業時間を少なくし、○○の資格にチャレンジしたいと考えている」など、今まで業務に充てていた時間をどのように活用したいか、それが仕事にどのような好影響を与えるか、という観点で考えてみるのもおすすめです。

よくある退職理由と回答のポイント③:給料が安い

給料に対する不満は、人によっては生活がかかってくるだけに切実な問題です。「お金だけが重要」というマイナスイメージを与えないためには、「給与=仕事に対する評価」と考え、希望するだけの給料が受け取れていない理由を考えてみましょう。たとえば、年功序列の評価制度や、部署による待遇の差など、自分にとってフェアではないと感じるシステムが原因なのであれば、それを払拭する手段としての転職であることをアピールするのも一つの方法です。
ただし、給料に関する退職理由は、自分のスキル・経験・仕事ぶり等に充分な自信と実績がなければ説得力を持ちません。日頃の努力やこれまでの成果、転職後のビジョンなども合わせて回答するよう心がけましょう。

退職理由を問う質問には、「辞めた理由」と「目指す働き方」、さらに「それが転職先の企業で実現できると感じた理由(or転職先で実現していきたいこと)」の3点をセットにして回答するのがポイントです

たとえ、辞めた理由がネガティブなものだったとしても、その原因・理由を冷静に分析し、反省点や改善点を次のステージに活かすことができる人は、企業にとっても価値のある存在となります。
転職面接によくある「あらさがし」の質問と取ってしまわず、自分の仕事観や業務姿勢を分析し、自己をアピールする場として、退職理由の質問を上手に活用しましょう。

なぜ前の職場を辞めたのですか?(退職理由)退職理由の説明がどうしても上手くいかない人必見!面接突破の裏ワザ

退職理由の説明のポイントは上述した通りですが、ポイントはわかっていても実際に面接に臨むとどうしても緊張してしまうという方は少なくありません。また退職理由の説明がどうしても上手くいかず、それが面接突破の足かせになっていると考えている方が、実は他の質問(志望理由や入社してやりたい事など)への回答がネックになっているというケースも実は少なくありません。

書類選考を突破し、面接まで進んでいるという事は、企業にとって採用する可能性がある人材である事は事実。一方で面接を突破できないという事は面接のスキルがしっかり身に付いていないという事もまた事実です。つまり、面接のコツをつかむ事が何より大切と言えるでしょう。

なぜ前の職場を辞めたのですか?(退職理由)・画像

面接突破のために最も有効な手段は「反復練習」以外にありません。想定問答集を作り、繰り返し声に出し、面接を繰り返す。その上で最も有効な手段は第3者に面接官をやってもらうという方法です。親や親友でも良いでしょう。また自分が尊敬するコミュニケーション能力の高い社会人にお願いできればなお可です。

さらに良い方法は転職のプロである転職エージェントのキャリアコンサルタントに模擬面接を依頼する方法です。意外に知られていませんが、一部の転職エージェントでは、キャリアコンサルタントがサービスの一環として、希望者に無料で模擬面接を実施しています。転職エージェントは転職が決まらなければ報酬が発生しないため、模擬面接にも本気で取り組み、弱点に適切なフィードバックをくれるはずです。そこにはもしかすると退職理由の説明以外の弱点が見つかるかもしれません。

また転職エージェントは自身が希望する条件の求人を見つけてもらう上でも役立ちます。まだ転職エージェントを利用していないという人はもちろん、既に転職エージェントを利用しているという方もセカンドオピニオンとして別のエージェントを利用し、見解を聞く事でさらなる面接力のアップにつなげる事ができるはず。面接を上手く突破できないという方は、利用にお金がかからない最高の模擬面接官として、転職エージェントを上手く活用しましょう

転職面接のサポートを無料で提供するサポート力に定評がある転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界No.1の実績を誇る人材紹介会社。すべての業種に幅広いコネクションを持ち、20万9,000件以上と圧倒的な数の非公開求人を扱う。応募書類や面接対策等サポートも充実。

求人数 2019年5月時点 公開求人:約5万9,000件以上
非公開求人:約20万9,000件以上
ここに注目!
  • 実績No.1の人材紹介会社最大手
  • 幅広い業界に対応
おもな求人 IT系、営業、エンジニア、金融、人材、建設・不動産ほか

パソナキャリア

パソナキャリア画像

パソナグループが運営する人材紹介会社。取引実績企業は12,000社、転職希望者のサポート実績も25万人を超えており、信頼度・実績はトップクラス。全国に拠点を持ち、男性はもちろん女性の転職にも強い

求人数 2019年5月時点 3万7,000件以上
ここに注目!
  • 全国に拠点。男性に加え、女性の転職にも強い
  • 12,000社・3万7,000件を超える求人数(※うち非公開求人80%以上)
おもな求人 IT・WEB、医療、営業、金融、コンサルティング、不動産・建設ほか

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント画像

世界最大級の人材サービス企業「アデコ」の日本法人が運営する転職エージェント。人材派遣会社として高い知名度を誇るアデコだが、近年正社員転職にも力を入れており、登録者に手厚いサポート提供。実際にサービスを利用したユーザーの満足度は極めて高い。コンサルタントが企業の人事と直接やり取りしているため、スピーディーなやり取りを期待でき、転職にかかる期間を短縮できるだろう。

求人数 2019年5月時点 公開求人:約1万9,000件以上
ここに注目!
  • コンサルタントが転職者と企業人事部の双方と直接やり取り
  • 非公開求人80%以上、サポート力に定評あり
おもな求人 IT、Web・クリエイティブ、金融、経営・コンサル、メディカル(医療・製薬)、営業、マーケティングほか