これからフリーランスを目指す人必見! おすすめの仕事の探し方

転職活動の歩きかた

フリーランス 仕事 探し方

キャンセル

フリーランスにおすすめの仕事の探し方

ケース別転職対策

フリーランスにおすすめの仕事の探し方

フリーランスの仕事の探し方に注目

フリーランスにおすすめの仕事の探し方

はじめに

以前はフリーランスという働き方を選ぶ人は少数派でしたが、最近ではフリーランスという働き方を選ぶ人が着実に増加しており、転職する際、フリーランスが選択肢の1つになりつつあります

言葉だけを見ると自由な働き方というイメージがあるフリーランスですが、実際に働くとなると容易なことではありません。会社員として働いていた人にとっては、自分で仕事を探してこなければならないという点が、これまでの働き方との大きな違いといえるでしょう。

自分の得意分野を生かし、仕事ができるフリーランスは、とても魅力的な働き方に思えます。しかし、他の仕事と同様、フリーランスという働き方にもメリットとデメリットがあります。 フリーランスとして成功し、生活基盤を確立するためには、このメリットとデメリットを十分に理解し、壁を乗り越えていかなければなりません

そこで今回は、フリーランスの中でも数が多い、エンジニア、Webデザイナー、ライターに注目。これらの仕事で独立を考えている人のために、フリーランスのメリット・デメリットと、おすすめの仕事の探し方、おすすめのサービスをご紹介します。

フリーランスの仕事探しにはどのような方法があるのか、また自分に合っているのはどのようなサービスなのか、是非この記事を参考にして検討してみてください。

フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスとして働くことを目指すのであれば、まずはメリットとデメリットをしっかり把握しておくことが大切です。独立して仕事をしていく際のメリットとデメリットに関しては、以下の点が挙げられます。

フリーランスとして働くメリット

1働く場所や時間が自由になる

フリーランスとして働く一番のメリットは、なんといっても自由な働き方ができる点です。自宅で仕事をすることもできれば、シェアオフィスやカフェなどで仕事に取り組むこともできます。毎日決まった時間に満員電車に揺られてオフィスへ向かう必要がなくなり、働く時間を自分でコントロールできるので、夜中に仕事をすることもなくなる他、平日を休みにすることもできます。

このようにフリーランスという働き方を選べば、場所や時間に縛られず、自由な環境で働くことが可能です。

2プライベートも仕事も自分次第!ワークライフバランスが取れる

フリーランスの仕事はすべて自分の裁量で判断できるため、スケジュールも自由に決めることができます。プライベートの予定に合わせてスケジュールを組むこともできれば、子育てや介護などに時間をとられる場合は、空いた時間を仕事に回すことができます。これらの時間をうまく調整することで、それぞれの事情に合わせてワークライフバランスの取れた生活をすることができます。

3頑張れば頑張るだけ収入アップ、スキルアップが見込める

自分の得意分野を活かし、フリーランスとして仕事に取り組んでいくことで、必然的にスキルアップが期待できます。フリーランスは仕事をした分だけ報酬を得ることができるので、実績を積んで評価が上がれば、収入アップに繋がることも。やればやるだけ収入が増えることでモチベーションがアップし、仕事の質も向上するという、良いサイクルが生まれます。

フリーランスとして働くデメリット

1収入が安定しない

フリーランスとして働く上で一番のデメリットは、月々決まった収入があるわけではないという点です。会社員であれば、毎月給料日に必ず決まった月給を受け取ることができますが、フリーランスになると、そういうわけにはいきません。仕事がなければもちろん収入はありません。体調を崩して働けなくなってしまったとしても、有給休暇があるわけではないので、収入を得ることはできません。

2メリハリがつきにくい

フリーランスには、プライベートも仕事も自分の自由になるというメリットがある一方で、メリハリがつきにくいというデメリットもあります。オンとオフの切り替えがうまくいかず、結果的にプライベートがなくなってしまったり、反対にいつまでも仕事モードになれずダラダラと過ごしてしまうことも。自分で自分の気持ちにうまく折り合いをつけていかなければ、フリーランスになり手に入れた自由が、台無しになってしまいます。

3孤独に陥りやすい

基本的に自分ひとりで仕事に取り組むことになるフリーランスは、誰とも話すことなく1日を終える日も少なくありません。また、すぐ近くに相談できる相手がいるわけでもなく、会社員時代と比較すると、人と会う機会も大幅に減ることになります。常にひとりで仕事に向き合っていると、いつの間にかひとりぼっちになってしまったような心持ちになることも。どんどん気持ちが後ろ向きになっていくと、フリーランスとしての仕事に影響が出ないとも限りません。

フリーランスで働くということは、自由な環境で仕事ができる反面、収入や精神面などでは不安定になりがちです。このようなメリットとデメリットを理解し、自分自身をうまくコントロールしながら仕事をしていくことが、フリーランスには必要不可欠です。気付いたらメリットがデメリットになってしまった、などということがないよう注意しましょう。

フリーランスにおすすめの仕事の探し方

フリーランスのメリットとデメリットをしっかり理解したら、次は仕事探しです。フリーランスとして仕事を請け負うには、どのような方法があるのか、何をどのように始めればよいのか、わからない人も多いはず。

以下にフリーランスの仕事の探し方と、職種ごとにおすすめのサービスをピックアップしました。是非チェックしてみてください。

フリーランスにおすすめの仕事の探し方業務委託を募集している求人サイトの求人へ応募する

自分の得意としている分野の仕事を引き受けるため、業務委託の求人を探すという方法があります。業務委託とは、企業が業務を外部に任せる契約のことです。自分のスキルを生かせる求人を探し応募、選考に通過し、採用されれば業務委託契約を結ぶことになります。

転職する際、自身の希望の条件を満たした求人を見つけるため、さまざまな転職サイトを利用するのと同様、フリーランスの人が仕事を探す際も、フリーランス向けの求人が多い求人サイトを活用すると良いでしょう
以下ではフリーランスのライター向け求人が多い求人サイトをご紹介します。

フリーランスライターにおすすめの求人サイト

Find job!

Find job!画像

20年以上の実績を持つ、IT・Web業界で働く人のための求人サイト。フリーランスのライター求人を多数取り扱う。正社員や業務委託、アルバイトなどさまざまな雇用形態の求人があり、求人検索では雇用形態を指定できるので、簡単に業務委託の案件を絞り込むことができる。会員登録は無料で、登録情報や自己PRを見た企業からスカウトメールが届く「スカウト機能」などもある

クラウドワークス

クラウドワークス画像

日本最大級のクラウドソーシングサービス。単価は安いが、ライターの業務委託案件の数はトップクラス。インターネット上で依頼したい人と受注したい人を結ぶマッチングサイトで、会員登録は無料。仕事の依頼には、発注者の依頼に対して応募する「プロジェクト形式」、発注者の募集に対して制作物を提案する「コンペ形式」、発注者が依頼する作業を応募や交渉なしに行い納品する「タスク形式」の3つがある。

フリーランスにおすすめの仕事の探し方フリーランスエージェントの活用

フリーランスエージェントは、仕事の紹介から契約締結、請求書等の書類作成など、フリーランスとして仕事をしていく上で必要な業務を代行してくれます。また、企業との面談や打ち合わせのサポート、スキルアップのためのセミナーなどのサービスもあり、自分のスキルレベルやキャリアプラン、現在の相場などの相談も可能です。エージェントを活用することで、案件を取るための営業をする必要がなくなり、さらに個人では契約が難しい企業の案件を受注することも可能になります。ただしエージェントが取り扱っている案件には、企業に出向く必要があるものや、一定期間企業に常駐する必要がある案件がある点には注意しましょう。

フリーランスエージェントと一言で言っても、各社の強みは異なります。より自分の希望に合ったところを選ぶためにも、まず最初はいくつかのエージェントに登録し、自分に合ったサービスを絞り込んでいくのがおすすめです

以下はエンジニアとWebデザイナーにおすすめのサービスです。是非チェックしてみてください。

フリーランスエンジニア、Webデザイナーにおすすめのエージェント

  • フリーランスエンジニア向け

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス画像

フリーランス専門のエージェントとしては国内最大規模、IT・Web系エンジニアに特化した求人を多数取り扱う。コーディネーターがエンジニアの経験やスキル、希望などを細かくヒアリングし、求人情報や案件を紹介する。サポート体制も万全で、商談での話し方やスキルシートの書き方のアドバイスはもちろん、メールや電話での相談、契約更新時の企業への交渉なども行う。
また、通常より安い料金で確定申告の代行を行う税理士の紹介や、宿泊施設やスポーツ・レジャー施設などの優待サービス、無料イベントやセミナーの開催など、フリーランスを仕事・生活の両面から支援している。

  • フリーランスWebデザイナー向け

Midworks

Midworks画像

IT系フリーランスエンジニア、Webデザイナー専門のエージェントサービス。専門コンサルタントがカウンセリングを行い、案件紹介やキャリアアップ相談、働きやすさのサポートが受けられるなど、心強いフォロー体制が整っている。
また、フリーランスにもかかわらず、正社員とほぼ変わらない様々な保障を受けることができる点が特長で、年金・賃金・保険などのサポートも充実。案件が受注できずブランクができてしまった場合でも「給与保証制度」があるため、収入が安定しないフリーランスのWebデザイナー(エンジニア)にとって、利用を検討する価値があるサービスの1つ。

フリーランスの仕事の取り方

フリーランスとして実際に仕事を受注するときには、どんな点に気をつければよいのでしょうか。以下にフリーランスとして仕事を取るためのポイントをまとめました。
仕事の取り方に悩んでいる方は、是非チェックしてみてください。

1まずは自分の実力を知る

自分自身のスキルや強みなど、今の自分にどのくらいの実力があるのかをしっかり確認しておくことが大切です。自分の力以上の仕事を引き受けたことで、思うような成果をあげることができず、クライアントの信用を失ってしまっては、元も子もありません。
良い仕事をするためにも、自分の持っている力を正確に把握しておきましょう。

2クライアント(エージェント)と信頼関係を築く

せっかく手に入れたチャンスを無駄にしないよう、受注した仕事は確実に。期日を守り、品質の良いものを納品することは当然ですが、クライアントとのコミュニケーションも大事にしましょう。とくにフリーランスとしての実績がない初期は、信頼を得られなければ次に繋がりません。また仕事を依頼したいと思ってもらえるよう、信頼関係を築くことが大切です。

3積み重ねが何より大事

フリーランスになったばかりの頃は、思うように仕事を受注できないこともあります。ただそれはフリーランスの誰もが通る道。それでも諦めず、コツコツとできることをやっていくようにしましょう。小さな仕事でも確実にこなしていけば、実績として残っていきます。まずは次の一歩へと繋げるため、たとえ小さくても実績を積み重ねていきましょう。

フリーランスで働こうと考えているのであれば、クライアントに自分のスキルやアピールポイントをわかりやすく提示するためのポートフォリオは必須です。昔ながらの紙媒体のポートフォリオや、Web上のポートフォリオサイトなど、自分に合ったものを選び、作成しておくと良いでしょう。今はポートフォリオサイトが簡単に作れるサービスもあります。これらのサービスの活用もおすすめです。

まとめ

フリーランスにおすすめの仕事の探し方を厳選し、ご紹介した本特集はいかがでしたか?

自由度が高い働き方といわれるフリーランスですが、安定や保障という面では不安に思う部分があるのも事実です。フリーランスとして独立したばかりの頃は実績もなく、軌道に乗るまでは収入面でも厳しい月もあるでしょう。

いきなりフリーランスになるのは不安という人は、会社勤めやアルバイトをしながら、少しずつフリーランスで活動する準備を進めるのも選択肢の一つ。また実績を作るという意味では、以前在籍していた会社や取引先など、これまでに培った人脈を頼るという方法もあります。

今回ご紹介したように、フリーランスの人が仕事を探すためのサービスは1つではありません。まずはいくつかのサービスに登録し、比較した上で、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。それぞれの特徴を把握した上で、自分に合うものを活用していけば、フリーランスとして少しずつ基盤ができていきます。

大切なのは諦めないことです。まずは一歩一歩!目の前の仕事に取り組んでいきましょう!

著者
飯田 友美

著者 飯田 友美

フリーランスライター。さまざまなジャンルのプロへの取材&執筆(たまに撮影)をメインに、教育系、生活情報系等のWebサイトで記事執筆を行う。趣味はライブに行くこと、お芝居を観ること。2児の母。