コロナ後の働き方はどう変わる?仕事の選び方と探し方を解説

転職活動の歩きかた

コロナ後 働き方 仕事

キャンセル

コロナ後の働き方はどう変わる?仕事の選び方と探し方

ケース別転職対策

コロナ後の働き方はどう変わる?

仕事の選び方と探し方を解説

コロナ後の働き方はどう変わる?仕事の選び方と探し方

はじめに

新型コロナウイルスは、私たちの日常生活に大きなインパクトをもたらしました。経済活動の停止による景気後退に加え、生活様式やビジネスのあり方の変化もその1つ。

この変化の波は、転職市場にも確実に影響を与えています。

そこで今回の転職活動の歩き方は、コロナ後の転職のあり方に注目。仕事の選び方と探し方はもちろん、コロナの影響を受けにくい業界・業種やコロナ後に伸びる業界・業種、Web登録に対応した転職エージェントの情報もご紹介します。
これから転職活動に取り組もうと考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

新型コロナウイルスが働き方に及ぼす影響 「ニューノーマル」時代の変化とは?

新型コロナウイルスの影響により、コロナとの共存を見据え、経済活動に取り組んでいく「ニューノーマル」と呼ばれる時代が到来しています。生活様式の変化は、私たちの働き方にも大きな影響をもたらしました。多くの企業がテレワークを導入し、在宅で仕事をするケースが増えたこと、日常業務や会議がオンラインでも行われるようになったことなども、その変化の1つと言えるでしょう。

テレワーク・画像

また、新型コロナウイルスの影響で壊滅的な打撃を受けた旅行業界や飲食業界は、事業自体が大きな変革を迫られており、厳しい状況が続いています。

転職市場も例外ではありません。特に大きな影響を受けたのが、対面での登録を基本としていた転職エージェントのサービスです。対面での登録は、求職者はもちろんのこと、転職エージェントのキャリアアドバイザーにとっても、ウイルス感染のリスクがあります。この問題を解消するため、転職エージェントの一部は、登録のオンライン化に踏み切っています。これは転職市場における非常に大きな変化といって良いでしょう。

コロナ後の仕事の選び方

新型コロナウイルスの影響が残っている状態で転職活動に取り組むのであれば、仕事の選び方も変えなければいけません。
例えば、コロナへの対応できている業界を選ぶのも選択肢の一つ。希望する業界がない場合は、新型コロナウイルスの影響を受けにくい業界や、需要が供給を上回る業界を選ぶのも良いでしょう
既に希望する業界がある場合は、新型コロナへの対応状況を確認し、問題を乗り越えていける企業を選ぶのが重要なポイントです。
「10年後のキャリアプラン」を意識し、今後の成長が見込める業界を選ぶことができれば、将来の不安を減らすことができます。

それではコロナ後に伸びる業界とは一体どういった業界なのでしょうか?

コロナ後に伸びる業界・業種IT関連

コロナ後に伸びる業界の代表格はIT関連でしょう。例えば、テレワークのシステムを開発・提供するITエンジニアの需要や、社内にリモートワークの仕組み(社内システム)を導入するSIer、クラウド関連のソフトウェアを開発するIT企業や社内エンジニアの需要も大幅に増加。
また、オンライン授業の実施や、集団指導の学習塾の休校等にともない、通信・教育関連の需要も拡大しています。AIやロボット関連等もこれからさらに伸びていくジャンルです。
ITは社会に必要不可欠なサービスであり、IT関連はコロナウイルス後にも伸びていく業界であることに疑う余地はありません。

IT関連・画像

IT企業の転職に強いおすすめの転職エージェント:ワークポート

WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)画像

ワークポートは、IT企業・インターネット関連・ゲーム関連企業に特化した転職エージェントとして創業。現在はIT企業に強い、総合転職エージェントとして確固たる地位を築いている
ワークポートの特徴は、求人企業との強いコネクションを活かし、他の転職エージェントにはない求人が充実している点。特にIT企業の求人に関しては他の転職エージェントと比較しても求人数、質ともに高く、求職者から高い評価を獲得している。
また、業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが、企業選びから履歴書・職務経歴書の作成、面談日程の調整、年収交渉まで、一貫して手厚いサポートを提供している点も大きな魅力。
2020年6月現在、Web面談または電話面談での登録を受け付けており、対面せずとも登録できる。IT企業・インターネット関連・ゲーム企業への転職を検討している方は、利用する価値がある転職エージェントと言えるだろう。

コロナ期間に需要が拡大し伸びた業界通販・物流関連

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出が制限されたことで、通販・物流関連の需要が急拡大。一部企業では、この需要急拡大に対応するため、人材採用を積極化しています。未経験者でも積極的に採用を行っている企業も多く、現在転職を検討している場合は、チェックしておくべき業界と言えるでしょう。

通販・物流関連・画像

通販業界、物流業界の転職におすすめの転職エージェント

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

dodaは、総合人材サービス企業「パーソルキャリア」が運営する転職エージェント。アカウント1つで非公開求人の紹介や対面での転職サポートを受けられる「転職エージェント」と、自己応募中心の「転職サイト」の2つのサービスを利用できる点が大きな特徴。
dodaは幅広い職種の求人を取り扱っており、通販業界・物流業界関連の求人情報も充実。「富士フイルムロジスティックス」や「アマゾンジャパン」など、物流業界大手の求人も多い
また、キャリアアドバイザーの質の高さにも定評があり、各業界に精通したアドバイザーが転職をフルサポート。
dodaは、豊富な求人の中から希望の条件に合う求人を見つけたいという方はもちろん、業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートを受けたいという人におすすめ。

次に、コロナの影響を受けにくい業界・職種をチェックしましょう。

コロナの影響を受けにくい業界・業種 その1介護業界

介護業界は需要が供給を大きく上回っており、コロナの環境下でも、積極採用を行っている業界です。介護業界は、コロナ不況に強いどころか、そもそも不況が関係ないと言われており、超高齢化社会の到来と共に需要が増え続けています。
現在も慢性的な人材不足の問題を抱えており、異業種転職はもちろん、一般的には転職が難しくなる40代、50代の未経験採用にも積極的です。介護業界は、コロナ後の転職においても注目しておきたい業界の1つでしょう。
介護業界は労働環境が厳しいイメージがありますが、最近は労働環境の改善がすすんでおり、ホワイトな職場も増えつつあります。コロナ後に正社員として働ける場所を探しているのであれば、介護業界は有力な選択肢の1つでしょう。

介護業界・画像

介護業界の転職に特化した転職エージェント

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職は、株式会社マイナビが運営する、介護と福祉の仕事に特化した転職サイト。
マイナビ介護職は、首都圏、中部圏、関西圏を中心に4万900件(2020年6月時点)を上回る求人を取り扱っており、介護職・ヘルパー、ケアマネージャーはもちろん、生活相談員、看護助手など介護と福祉に関連する様々な職種の求人が充実。介護未経験OKの求人を絞り込むこともできる
また、求人の質の高さにも強みがあり、定着率の低い医療機関、施設の求人は原則として紹介対象から除外。転職支援を担当するキャリアアドバイザーのサポート力も高い評価を獲得している。現在介護の仕事に就いている方はもちろん、介護職未経験の方も、積極的に利用したい転職支援サービスと言えるだろう。

コロナの影響を受けにくい業界・業種 その2MR/メディカル専門職

コロナの影響を受けにくい業界として、医薬品メーカー、医療機器・精密機械等を扱うメーカー・専門職があります。
これらの業界は、治療薬や検査キット、医療機器の需要増加で業務が急拡大。開発や普及のため、人材の需要も増えています。また、呼吸器・循環器用の医療機器・精密機械の需要も高まっていることから、開発職だけでなく、メーカーの営業職もこれから需要が高まる職種です。MR(医薬情報担当者)やメディカル専門職は、コロナ後も需要の高い職種として、有力な選択肢となるでしょう

MR・メディカル専門職の転職に強いおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント(MR・メディカル専門職)は、リクルートエージェントが提供するMR・メディカル専門職の転職支援サービス。常時1,500件を超える求人を抱えており、実績・求人数は共にトップクラスを誇っている。医薬・製薬業界や医療機器メーカーの求人にも強く、転職成功実績は他の転職エージェントと比較して圧倒的に高い
リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーの質が高さ。業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーから、履歴書・職務経歴書のブラッシュアップはもちろん、面接対策から年収交渉までフルサポート。求人の質・量、豊富な転職ノウハウ、企業情報の充実度など、全てを総合すると、リクルートエージェントが他の転職エージェントと比較しても、頭一つ抜けた存在であることは間違いない。医薬品や医療機器等、MR/メディカル専門職の転職を検討している方であれば、まずチェックしておきたい転職エージェントだろう。

コロナ後の仕事の探し方とWeb登録できる転職エージェント

新型コロナウイルスの影響は、私たちの働き方だけではなく、転職支援サービスのあり方についても、影響を与えています。
その一つが、転職エージェントの登録方法の変化です。
従来、転職エージェントは、対面登録が基本でした。転職サイトと比較するとひと手間かかるかわりに、転職サイトにはない秘匿性の高い「非公開求人」の紹介や、応募書類の添削、模擬面接等、充実したサポートを利用できる点が転職エージェントの最大の魅力。新型コロナウイルスの影響によって、この「対面登録」という仕組みが変わりつつあります。感染拡大のリスクを避けるため、登録時の面談や転職サポートを、オンライン化する転職エージェントが増加しているのです
転職エージェントがオンラインでの登録に対応したことにより、登録のハードルが下がり、これまで以上に転職エージェントを活用するメリットが増えています。

転職エージェントは、自己応募型の転職サイトよりも求人数が圧倒的に多い点が最大の魅力。非公開求人を含め、多くの求人にアクセスできるため、これから転職活動に取り組むのであれば、必ず登録しておきたいサービスと言えるでしょう。Web登録できる転職エージェントを上手く活用し、仕事探しに取り組みましょう。
(※その一方でこれまで転職エージェントが提供していた模擬面接等のサービスは利用し難くなっていきます。オンラインの転職サポートを利用する場合、面接に関しては自分自身でしっかり準備していくことが重要です。)

Web登録できる転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント画像

Spring転職エージェントは、世界最大級の人材サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェント。2020年6月現在、Web面談での登録に対応している
Spring転職エージェントの最大の魅力は、きめ細かいサポート力。キャリアアドバイザーは専門分野ごとにわかれており、求人の紹介や面接対策、各種交渉に加え、将来を見据えたキャリアプランの設計もサポート。また、外国資本という強みを活かし、外資系企業の求人や日系グローバル企業の求人を多数取り扱っている点も要チェック。
Web登録にも対応しており、サポート力に定評があるSpring転職エージェントは、コロナ後を見据えて転職活動に取り組むのであれば、ぜひ登録しておきたい転職エージェントの一つだろう。

まとめ

コロナ後の働き方の変化と、それに伴う仕事の選び方・探し方の変化について解説した本特集はいかがでしたか?
新型コロナウイルスの影響により、生活様式や働き方が大きく変化していく今、転職活動においても変化に柔軟に対応し、準備することが重要です
変化に対応する準備をしっかり行っていけば、転職活動を成功させることができるはず。

現在、転職活動を行っている方や、これからの仕事の選び方に悩んでいる方は、本特集を参考に、困難な状況を乗り越え、新たな一歩を踏み出しましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。