転職の際の企業研究とは?応募予定企業の情報を調べる方法を厳選して紹介!

Step2.転職と企業研究 企業研究に役立つおすすめの方法を編集部が厳選してご紹介します

目次

転職と企業研究転職と企業研究 -応募企業の情報を調べる方法 5選-01

転職と企業研究

企業研究は、転職を成功させるために必要不可欠な要素の一つです。企業研究にしっかり取り組むことで 「自分とその企業との相性がわかる」「採用面接で様々な角度から質問されても具体的な回答ができる」等、様々なメリットがあります。実際の転職活動では、応募書類の作成や、面接対策、業界研究を優先してしまい、ついつい後回しになってしまう傾向がありますが、だからこそ実は企業研究こそが内定を勝ち取るためのポイントになるのです。

一方で、いざ企業研究に取り組もうとすると、企業の何を調べればよいのか、そもそもどうやって情報を調べるのか、その方法がわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の特集では、「転職と企業研究-応募企業の情報を調べる方法 5選-」と題し、転職活動の歩きかた編集部が厳選した、応募予定企業の情報を調べる方法を5つをご紹介します。
本特集を参考に、企業研究のノウハウをしっかり学び、実際の転職活動に活かしましょう。

転職の際、応募企業の情報を調べる方法 5選転職と企業研究 -応募企業の情報を調べる方法 5選-02

企業研究の方法は、大きく以下の5つに分けることができます。
それぞれの方法のポイントをチェックし、企業のどのような情報が入手できるのか、把握しておきましょう。

method01 企業の公式ホームページやIR情報

企業のココがわかる!

  • 会社概要や沿革、経営方針
  • 経営状況、財務状況、事業戦略

転職と企業研究

企業研究をする際に、まずチェックしておきたいのが企業の公式ホームページ、いわゆるコーポレートサイトと呼ばれるものです。様々なサービスを展開している企業であっても、公式ホームページを必ず設置しています。まずは会社の基本である「代表取締役」「経営理念」「事業内容」「設立年、資本金」「株式公開」等の情報は、必ず確認しておきましょう
また公式ホームページ内に採用ページがある場合は(※新卒採用のページ含め)、併せてしっかり目を通し、どんな社員が在籍しているのか、どんな仕事をしているのか、企業がどんな人を求めているのか等を把握しておくことが大切です。

応募予定の企業が上場している場合は、企業のIR(アイアール)情報も、企業研究の際、チェックしておきたい情報の1つ。IR情報とは、上場企業が、株主や投資家に向けて、経営状況や財務状況、事業戦略などを公開するもので、この情報を調べておくことで、その企業の経営状況や市場環境、競合の動向や、業績の良い事業・悪い事業、今後の事業展開の予定等を、詳しく知ることが可能です。

method02 会社四季報や就職四季報

企業のココがわかる!

  • 客観的に見た企業やその企業が属する業界の情報・動向
  • 企業の実績、社員の平均年収・平均年齢、定着率・離職率など

転職と企業研究

業界や企業の情報を客観的に知る際や、同業他社と情報を比較する際に活用したいのが、会社四季報就職四季報です。
会社四季報は、投資家向けに、上場企業の財務データや、業績予測等を掲載しているもの。一方、就職四季報は、就活生向けの企業情報誌ですが、会社の業績や社員の平均年収・平均年齢、定着率等を掲載しており、実は転職の際にも役立つ情報が充実しています。
企業研究の際は、それぞれ、以下の項目についてチェックしておくと良いでしょう。

会社四季報 チェック項目
  • 企業の業績(売上高、営業利益)
  • 海外売上比率
  • 自己資本比率
  • 年収
  • 定着率
  • 倒産確率 など
就職四季報 チェック項目
  • 企業の業績(売上高、営業利益)
  • 社員の平均年収・平均年齢
  • 定着率
  • 採用試験情報
  • 採用実績校
  • 昇給率
  • 離職率
  • 残業時間 など

method03 企業のプレスリリース、社長・社員のブログやSNS、新聞・業界誌

企業のココがわかる!

  • 企業の新規事業・新サービス
  • 企業のトップや社員の人柄やマインド
  • その企業が属する業界の流行や課題

転職と企業研究

企業のプレスリリース、社長・社員のブログやSNS、新聞・業界誌からの情報収集も、企業研究する際に活用すべき情報源の一つ
プレスリリースとは、企業が報道機関やマスコミへ向けて、新規事業や新サービスを告知するために発信する文書のこと。この内容をチェックすることで、新しく始まったサービスの概要を知ることができます
また、最近では社長や社員がブログやSNSを運営しているケースも増えており、その企業にはどんな人がいて、どんな取り組みをしているのか等、企業に在籍する人の人柄や考え等を知ることが可能です。応募企業の社長や社員がブログやSMSを運営している場合は、併せてチェックしておくと良いでしょう。
さらに、新聞や業界誌も押さえておきたい項目。企業研究というよりも、やや業界研究に近い側面がありますが、新聞は、業界全体の動向や新製品発売のニュース等、旬な情報を知る上で役立ちます。また、その業界の流行や課題の把握もできることから、専門知識を身に付けることができる業界誌にも目を通しておくと良いでしょう。

method04 口コミサイト

企業のココがわかる!

  • 企業の勤務経験者による生の声

口コミサイトから応募予定企業の情報を集めるのも有効な方法の一つ。
口コミサイトには、給与制度や労働環境が実際どうなのか等、人事担当者には直接聞きにくい内容に対して、 実際にその企業で働いていた(あるいは働いている)社員の生の声が掲載されています
一方で口コミサイトには、ややネガティブな情報が多い傾向があり、サイトによっては、信憑性が乏しい情報を掲載しているケースがある点には注意が必要です。口コミサイトを利用する際は、自分自身で信頼できる情報をピックアップする力が求めらえます。

method05 転職エージェント

企業のココがわかる!

  • 採用情報、求める人材等、企業の様々な情報

転職と企業研究

キャリアカウンセリングや求人紹介、面接対策等、幅広い転職サポートを受けることができる転職エージェントの利用も、企業の情報収集をする上で、有力な方法の一つ。
転職エージェントでは、一般には公開されていない非公開求人を多数取り扱っており、キャリアアドバイザーの中には、企業との間に、独自のコネクションを持っているケースも少なくありません。つまり、キャリアアドバイザーを経由することで、採用に関する情報はもちろん、それ以外にも、 自分では調べることができない企業に関する様々な情報を集めることが可能です
無料で様々な転職サポートが受けられるだけではなく、企業研究の際に有力な情報を得ることができる点からも、転職エージェントは転職の際、有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

recommend編集部おすすめの転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリア画像

総合人材サービス大手「パソナ」が運営する転職エージェント。パソナキャリアでは、人材派遣業で培ったコネクションを武器に、42,000件以上の求人を取り扱っている(※2017年7月現在。うち、約26,000件が非公開求人)。
パソナキャリアの特徴は、キャリアアドバイザーの質が高い点。応募書類の書き方や模擬面接、企業の社風や業務内容の共有、年収交渉等、きめ細かなサポートを受けることができる。また、正社員転職にも強みがあるため、転職する際は、上手に活用したい転職エージェントの一つと言えるだろう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント・画像

リクルートが運営する転職成功実績・顧客満足度ともにNo.1の転職エージェント。業界最大手ならではのコネクションを活かし、約10万件の非公開求人を取り扱っており、求人数の多さは、数ある転職エージェントの中でも、トップクラスを誇っている
リクルートエージェントでは、業種ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍。求人の紹介から、応募書類の書き方、面接の指導まで、転職サポートを受けることができる。また、ベテランのキャリアアドバイザーが多く在籍している点も魅力。数ある転職エージェントの中でも、豊富な転職ノウハウを持ち、求人の質も高いため、転職を考える際は、ぜひ利用を検討したい。

ただし、企業によっては、上記でご紹介した方法で調べても、欲しい情報がなかなか出てこないケースも。そうした場合は、面接や会社説明会等でオフィスを訪問した際に、実際に聞きたいことや、知りたい内容を企業の採用担当者に積極的に質問することで、必要な情報を集めることが大切です
また、しっかりとした質問ができるということは、その企業に対して興味を持っているという証であり、企業の採用担当者に熱意をアピールすることにもつながるでしょう。
企業研究に取り組む中で、気になることやわからないことがあった場合はその都度メモしておき、面接の際などにすぐに質問ができるよう、準備しておく姿勢があれば、きっと面接も上手くいくはずです

また、その企業が取り扱う商材が、消費者向けの商品やサービスである場合、実際にその商品やサービスを体験し、自分なりに良い点や改善点をまとめておくのも、効果的な企業研究の方法と言えるでしょう。

まとめ転職と企業研究 -応募企業の情報を調べる方法 5選-03

企業研究は上記でご紹介した方法以外にも、様々な方法がありますが、まずはこの5点を抑えておくことが大切です。

転職と企業研究

転職活動するということは何らかの理由があり、転職先でその問題を解決したいと考えているはず。そのためにも企業研究は欠かせません。また、何をするにしても基本が一番大切です。企業研究は転職の基本中の基本であり、このフェーズを疎かにしてしまっては、転職の成功率がぐっと下がってしまいます。

転職活動に取り組む際は、自分自身でできる情報収集はもちろん、 口コミサイトや転職エージェントのキャリアアドバイザーなども上手く活用し、しっかり企業研究を行った上で転職先の企業を決めましょう。それがしっかりできていれば、きっと満足いく転職ができるはずです。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 失敗しない企業の選び方
  • 転職活動の要(かなめ)となる企業選び。自分に合った企業を選ぶ方法・絞り込み方は?

New Contents新着コンテンツ

  • コンサル転職エージェント比較
  • コンサルに強い転職エージェントはどこ?各社の求人や強みを比較!利用者の評判も。
  • 後悔しない農業転職のすすめ
  • 未経験から農業転職を成功させたい方のために、農業転職のリアルをご紹介
  • 転職エージェントを無料で利用できる仕組み
  • 報酬体系をはじめ、転職エージェントを無料で利用できる仕組みについてわかりやすく解説
  • 転職エージェントの使い方
  • 転職エージェントの使い方と選ぶ時の注意点を解説。おすすめの転職エージェントの紹介も。

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

パソナキャリア

このページのトップへ