転職失敗例を参考に、転職を成功させるためのポイントをチェックしよう!

  • ケース別転職対策
  • その他

Others.転職失敗例 転職活動をする人の多くが陥りがちな転職の失敗例とは?

転職失敗例~はじめに~転職失敗例00

転職失敗例

転職を成功させるためには、転職の成功例を数多く知るよりも、転職の失敗例を知り、対策を取ることのほうがより重要です。また転職の失敗にはいくつかの代表的なパターンがあります。これらのパターンに当てはまると転職に失敗する可能性がぐっと高くなってしまいます。本特集では、代表的な転職の失敗例をご紹介するとともに、転職失敗を回避するためのアドバイスや、実際に転職活動を進めていく上で、うまく活用したいおすすめの転職エージェントの情報もご紹介します。

転職に失敗したくない方はもちろん、転職に失敗して後悔しているという方も、本特集を参考に、次の転職を成功に導くための知識と手段を身に付けましょう!

目次

転職失敗例01:福利厚生を重視し転職先を選ぶ転職失敗例01

Case of failure福利厚生を重視して転職失敗

転職失敗例

Aさん(28歳・女性・事務職)

やりたい仕事ができる会社よりも、福利厚生の充実している会社を選びました。スポーツクラブ利用や、保養所の利用、カルチャースクールの優待や資格支援制度など、福利厚生には満足していますが、仕事にやりがいを感じることができません。福利厚生を重視したので転職に失敗したのでしょうか?

転職失敗例

Bさん(36歳・女性・会社員)

前の会社が、福利厚生が全く充実していなかったこともあり、転職する際、福利厚生を優先して会社を選びました。ですが、入社後しばらくして、会社の業績が悪化・・・転職先を決める際の判断基準の一つになっていた住宅手当等が来月から無くなることに・・・。

Adviceアドバイス

福利厚生に魅力がある会社はたくさんあります。しかし、企業にとって大きなコストのかかる福利厚生は、近年廃止になる傾向があります。また人材誘致のためベンチャー企業には様々な面白い制度がありますが、会社の経営が厳しくなった場合、廃止になるケースは少なくありません。つまり、福利厚生はその会社にいる限り、ずっと保証される制度ではないのです。
転職先を考える際、福利厚生を含め、検討する事は決して悪い事ではありませんが、転職先を決める際の最優先項目とするのはハイリスクです。あくまで大事なのは自分がどのような仕事をしたいのかであり、その上で会社の福利厚生をチェックしましょう
また、福利厚生ではなく、本当に自分のやりたいことを優先し、転職をした方が、将来の自分にとって確実にプラスになるはずです。

Checkチェックポイント

  • 本当にやりたい仕事は何かを考える。福利厚生はあくまで、働くうえでのサブ的な要素
  • 福利厚生は、その会社にいる限り、ずっと保証されるとは限らない

サポート力&カウンセリング力に定評がある転職エージェント【転職エージェントのアデコ】

転職失敗例02:給料だけで転職先を選ぶ転職失敗例02

Case of failure給料だけを重視して転職失敗

転職失敗例

Cさん(30歳・男性・営業職)

正直やりたい仕事ではありませんでしたが、給料が良かったので、今の会社で働くことにしました。働いているうちに仕事に興味が持てるようになると思っていましたが、仕事に面白さが全く見いだせず、人生を無駄にしているように感じ、私は転職に失敗したのではないかと悩んでます。

Adviceアドバイス

目先の給料に固執し、仕事内容をしっかり考えないまま転職してしまうと、給与アップは実現したものの、最終的に仕事内容に不満を感じ、再び転職活動をする可能性が高くなります。なぜなら、お金は働くという事の全てではなく、お金のために自分のやりたくない仕事を続けるのは、相当な忍耐が必要になり、どこかで大きなストレスがかかるためです。また、仕事に対するモチベーションを維持することも難しくなり、仕事を通じて成長する事も難しいでしょう。
転職する際、給料面を見て、仕事を探す人は少なくありません。確かに生活していけるかどうかはとても重要ですので、その給料では生活できないというような仕事を選んではいけません。しかし、たとえ給料が多少低かったとしても、生活に支障がないのであれば、魅力を感じる仕事、自分が成長できる仕事の方が、結果としてプラスになります。また、仕事を通して自分自身が成長できれば、それが自身のキャリアを形成し、将来的に高い収入を得ることができます。
転職する際は、自身のキャリアにとってプラスになる仕事は何かを考え、転職活動を進めることが大切だと言えるでしょう。

Checkチェックポイント

  • 給料の金額ではなく、自分が成長できる仕事を選ぶ。自身のキャリアアップが、将来の収入アップにつながる

キャリアアップ&年収アップに強い転職エージェント【パソナキャリア】

転職失敗例03:今の実力では無理な職種を選ぶ転職失敗例03

Case of failure実力不足で転職失敗

転職失敗例

Dさん(28歳・男性・プロジェクトマネージャー)

SEとして働いていましたが、知り合いから「SEの知識・経験を活かしてプロジェクトマネージャーとして働かないか」という話をもらい、転職を決意しました。しかし、これまでチームを率いた経験は全くない状態。正直、転職する前は今までの知識・経験でどうにかなると思っていました。しかし、実際に働いてみると、リーダーとしてチームをまとめるスキル等、今までの自分にはないスキルが求められ、上手く仕事を進めることができません。また、チームをまとめる力は、すぐに身に付くスキルではないため、次第に仕事をする事自体が大きなストレスになり、今では会社に行くのが辛くなってしまい、転職に失敗したと毎日悩んでいます。転職してまだ日は浅いですが、はやくも再度転職を考えているのですが、どうすれば良いでしょうか。

Adviceアドバイス

企業は中途採用として採用するスタッフに対して、即戦力として活躍を期待するケースが多く、企業からは、採用した職種に対する、高いスキルと力の発揮を期待されています。特に、実力主義の環境では、入社後からその人のスキル(実力)が求められます。
自身のスキルと転職先が求めるものに乖離がある場合は、十分な注意が必要です。自分の実力以上のものが求められてしまうと、次第に仕事についていけなくなり、結果として自分を苦しめることになりかねません
転職をする際、向上心を持って、自分のやりたい仕事やワンランク上の仕事を目指す姿勢は大切です。しかし、背伸びのしすぎは、リスクが大きいと言えるでしょう。働く中で一つずつステップを踏み、実力をつけ、スキルアップしていける環境を選ぶ事が転職失敗を防ぐポイント。
また、このような問題を回避するため、採用の時点から、自分の現時点でのスキルを正確に伝えると共に、自分に期待される役割を確認しておくことも大切です。

Checkチェックポイント

  • 一歩一歩ステップアップしていくことで、自分のやりたい仕事に近づける
  • 採用の時点で、自分のスキルを正直に伝える。背伸びをしすぎない

30万人を超える転職成功実績!キャリアプラン作成に強い転職エージェント【リクルートエージェント】

転職に失敗しない方法転職失敗例04

ここまでにご紹介した転職失敗例を見ていくと、福利厚生や給料、仕事内容にこだわりすぎるあまり、転職に失敗するケースが多い事がわかります。いずれも共通しているのは、「目先のことを重視し、長期的な視野が考えられていない」点。つまり、自身の考え・希望に固執するあまり、企業側の視点を忘れてしまい、客観的に分析できていない点が転職失敗の大きな原因になっている事がわかります。
つまり、転職を成功させるためには、自身の経歴やスキルを客観的に見つめなおすことがキーポイント。そこで上手く活用したいのが、第三者への相談です。例えば両親や兄弟、友人でも構いません。真剣に自分と向き合ってくれる人に自分がやりたい事や自分の今後のキャリアについて相談し、自分自身の適性や適職が第三者にとってどう見えるかを聞いてみましょう。また相談する人数は多ければ多い程より精度が高まります。

転職失敗例

もし相談できる第三者が周りにいない場合は、転職のプロ中のプロである、転職エージェントを上手く活用する方法をおすすめします。

転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談する事で、転職市場での客観的な評価を受ける事ができるでしょう。また、キャリアコンサルタントは無料でキャリアの棚卸しや応募書類の作成、面接対策など様々なサポートを提供してくれるので、転職のプロのアドバイスを参考に、自分を客観的に見つめなおすことができるはずです。

転職に失敗したくない方、転職の失敗を繰り返したくない方は、転職エージェントを上手に活用し、転職活動を成功させましょう。

recommend編集部おすすめの転職エージェント

転職エージェントのアデコ

転職エージェントのアデコ画像

世界最大級の人材総合サービス企業「アデコ」が運営する転職エージェント。アデコでは、それぞれの職種に精通した専任のキャリアコンサルタントが転職をサポート。他の転職エージェントと比較して、一人のキャリアコンサルタントが担当する求職者の数が少ないため、丁寧な転職サポートを受けることが可能。また、転職後もサポートを受けることができるので、サポート力重視で転職エージェントを選ぶ際は要チェック。

パソナキャリア

パソナキャリア画像

大手総合人材サービス・パソナが運営する転職エージェント。人材派遣業で培ったコネクションを武器に、2万件以上の求人を扱う。中でも、IT系や企画・マーケティング職、営業職などに強みがあり、オフィスワークの案件も充実。各専門分野の転職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍し、サポート力にも定評がある。転職エージェントの利用を考える際は、押さえておくと良いだろう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界No.1の転職成功実績を誇る転職エージェント。リクルートエージェントでは、各業界の事情に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポート。非公開求人約10万件以上と、圧倒的な求人数を誇り、取り扱う求人は、ほとんどすべての職種・業界をカバーする。また、求人の質の高さにも定評があるため、未経験の職種・業種への転職を希望する際もおすすめ。転職を考える際、まずチェックしておきたい転職エージェント。

転職先が決まることが、転職の成功ではありません。転職先が決まり、そこで実際に働き、その仕事に満足することができ、初めて転職が成功したと言えるのです
本特集を参考に、転職に失敗しないためのポイントをチェックし、転職活動に役立てていただければ幸いです。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 求人サイト比較
  • 求人サイトを比較!求人数やスカウト、独自サービスで人気のサイトは?
  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?

New Contents新着コンテンツ

  • コンサル転職エージェント比較
  • コンサルに強い転職エージェントはどこ?各社の求人や強みを比較!利用者の評判も。
  • 後悔しない農業転職のすすめ
  • 未経験から農業転職を成功させたい方のために、農業転職のリアルをご紹介
  • 転職エージェントを無料で利用できる仕組み
  • 報酬体系をはじめ、転職エージェントを無料で利用できる仕組みについてわかりやすく解説
  • 転職エージェントの使い方
  • 転職エージェントの使い方と選ぶ時の注意点を解説。おすすめの転職エージェントの紹介も。

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

パソナキャリア

このページのトップへ