ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違いは?

転職活動の歩きかた

ヘッドハンティング 転職エージェント 違い

キャンセル

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い ー優れたサービスの選び方ー

ケース別転職対策

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

優れたサービスの選び方

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い ー優れたサービスの選び方ー

はじめに

一定の社会人経験を積んだ人材が転職活動に効率よく取り組み、かつ自身の希望する条件にマッチした企業への転職を目指すのであれば、ハイクラスの転職に強いヘッドハンティング会社や転職エージェントといったサービスを利用するのがおすすめです

これらのサービスに興味はあるが、それぞれどういったサービスで何が違うのか、どのサービスが優れているのかイマイチわからない…という方も多いのではないでしょうか?

転職活動をする際は、利用するサービスの特徴をしっかり把握しておくことが、転職成功への第一歩です

そこで今回は、ヘッドハンティング会社と転職エージェントにフォーカスし、それぞれの特徴を解説。2つのサービスを比較し、その違いについても、わかりやすく解説します。さらに、数あるヘッドハンティング会社や転職エージェントの中から、優れたサービスを選ぶ際のポイントやおすすめのサービスについての紹介も。
転職する際に、ヘッドハンティング会社や転職エージェントの利用を考えている方は、ぜひ最後までチェックしておきましょう。

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、求人企業から依頼を受けたヘッドハンターが、企業が求める条件を満たした優秀な人材を他社から引き抜くことを指します。求職者の視点で考えると、ヘッドハンターからのスカウトを利用して、転職することをヘッドハンティングと定義しています。
ヘッドハンティングには、「サーチ型」と「登録型」の2種類があり、それぞれの違いは以下の通りです。

ヘッドハンティング 「サーチ型」と「登録型」の違い

  • サーチ型
    求人企業から提示された採用したい人材の条件をもとに、ヘッドハンターが最適な人材を探し、その人材を求人企業に紹介する方法。本人が転職を考えていない場合でも、ヘッドハンターからのアプローチがある。「スカウト型」と呼ばれることも。
  • 登録型
    ヘッドハンティング会社に登録している人材を対象に、ヘッドハンターが求人を紹介する方法。ヘッドハンティング会社によっては、登録に一定の年収制限を設けているケースもあるが、年収500万円を超えていれば、概ねヘッドハンティング会社に登録することができる

→ サーチ型と登録型では、ヘッドハンターの対象が異なる。

  • サーチ型の対象
    企業に勤めており、かつ求人の条件にマッチしている人(※転職する意思のない人も含まれる)
  • 登録型の対象
    ヘッドハンティング会社に登録している人(=転職する意思のある人)

ヘッドハンティングの場合、ヘッドハンターは、企業の役員や人事のトップなど、役職者から直接求人の依頼を受けるケースが多い傾向があります。これらの求人は一般的な転職サイトや転職エージェントには掲載されないケースがほとんど。この一般の転職サイトや転職エージェントにはない求人を取り扱っている点が、ヘッドハンティング会社を利用する最大の魅力と言えるでしょう。

ヘッドハンティングとは・画像

登録型のヘッドハンティングを利用する場合、登録に一定の年収制限を設けているサービスがある点には注意が必要ですが、ヘッドハンティング会社を利用すれば、その分、条件の良い求人や、他では取り扱いのない秘匿性の高い求人(社外秘の重要プロジェクトなど)を紹介してもらうことが可能です
高い年収と一定のポジションが与えられるワンランク上の転職を目指すのであれば、ヘッドハンティング会社は上手に利用したいサービスといえるでしょう。

おすすめのヘッドハンティング会社

リクルート キャリアカーバー

リクルート キャリアカーバー画像

リクルートが運営するハイクラス求人の紹介に限定したヘッドハンティング会社。登録者の年収を600万円以上に限定することで、他社にはないハイクラスの求人を多数公開している。
また、キャリアカーバーでは、無料会員登録し、匿名のレジュメを公開することで、キャリアカーバーに連携するヘッドハンターがその情報を閲覧し、スカウトを受け取ることも可能。
通常のヘッドハンティング会社では、自社が持つ求人をベースに、ヘッドハンターがスカウトする人材を探すのが一般的だが、キャリアカーバーの場合、匿名のレジュメを見たヘッドハンターが、登録者のキャリアに会う求人を探し、提案を行うケースも。自身のキャリアや、希望条件にマッチした求人を効率よく見つけられる点は、他のヘッドハンティング会社と比較しても、キャリアカーバーの大きな魅力といえるだろう。
ヘッドハンティングを活用し、キャリアアップを目指すのであれば、キャリアカーバーはぜひ登録しておきたい。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーから、求人紹介や応募の手続き、面接の日程調整など、さまざまな転職サポートが無料で受けられるサービスの総称です
利用登録することで、転職のプロによる様々なサポートが受けられるため、自分で求人を探し、応募する場合と比較すると、効率よく転職活動を進めることが可能。また、一般的な転職サイトや企業のホームページには掲載されていない「非公開求人」を多数取り扱っており、転職エージェントに登録することで、非公開求人にアクセスできる点も大きな魅力です。

転職エージェントとは・画像

ちなみに、転職エージェントには、幅広い業界・職種を取り扱う「総合型」と、特定の業界・職種に特化した「特化型」があり、それぞれのサービスを組み合わせて利用することで、より高い精度で自分に合った求人を見つけることができます。
また、転職エージェントによって、得意分野やサポート内容、取り扱う求人の数と質、キャリアアドバイザーとの相性もあるので、転職エージェントを利用する際は、いくつかサービスを利用した上で、自分に合ったものに絞り込んでいくと良いでしょう

転職エージェントの場合、ヘッドハンティング会社とは異なり、サービスへの登録に年収制限はなく、転職を考えているビジネスパーソンであれば、原則として誰でも利用することができます(※ただし転職エージェント側が求人紹介が難しいと判断した場合は、登録を断られる場合あり)。

転職のプロによるサポートを受けることができる転職エージェントは、効率よく転職活動に取り組みたいと考えている方はもちろん、プロのサポートを受けつつワンランク上の転職を目指すのであれば、ぜひ利用を検討すべきサービスの一つです。

おすすめの転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

総合人材サービス大手「パソナ」が運営する転職エージェント。取引実績企業は16,000社以上、転職希望者のサポート実績は25万人以上と数ある転職エージェントの中でもトップクラスを誇っている。
パソナキャリアでは、取り扱っている求人の業界や職種に偏りがなく、幅広い求人の中から、自分に合ったものを見つけることが可能。さらに、男性はもちろん、女性の正社員転職に強みがある点もチェックしておきたい。
また、専任のキャリアアドバイザーのサポート力にも定評があり、きめ細かな転職サポートが受けられるほか、パソナキャリア利用者の年収アップ率は67.1%に達しており、他の転職エージェントと比較しても高い水準となっている点も大きな魅力
幅広い選択肢の中から自分に合った仕事を見つけたい方や、質の高い転職サポートを受けたいと考えている方にとって、パソナキャリアは利用を検討すべき転職エージェントの一つといえるだろう。

ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違い

本チャプターでは、ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違いについて見ていきましょう。ヘッドハンティング会社と転職エージェントの違いは、大きく以下の2点に集約されます。

ヘッドハンティングと転職エージェントの違い その1取り扱っている求人

ヘッドハンティング会社も転職エージェントも、一般的な転職サイトや企業のホームページには掲載されていない非公開求人を多数取り扱っている点では同じですが、それぞれ求人の依頼主(※採用担当者)が異なるため、取り扱っている求人の種類が以下のように異なります。

取り扱い求人の違い

  • ヘッドハンティング会社
求人の依頼主 企業の役員、人事のトップ
取り扱い求人 管理職や専門職など、一定のキャリアを持つ人向けのハイクラス求人が中心
  • 転職エージェント
求人の依頼主 企業の採用担当者
取り扱い求人 一般社員向けの求人が中心。一部、ハイクラス求人の取り扱いもあり。

転職エージェントの中には、ハイクラスの求人を取り扱っているところもありますが、それでもヘッドハンティング会社が取り扱い求人とは差があるのが現状です。一定のキャリアを持ち、キャリアアップを目指して転職活動を行う場合は、ヘッドハンティング会社を軸に、転職エージェントも利用するのがおすすめです

ヘッドハンティングと転職エージェントの違い その2登録対象者

上記でご紹介したように、ヘッドハンティング会社と転職エージェントでは、取り扱っている求人の種類が異なるため、サービスを利用できる求職者の条件も異なります。

登録対象者の違い

  • ヘッドハンティング会社
    (転職を希望している)年収500万円以上のビジネスパーソン
  • 転職エージェント
    転職を希望しているビジネスパーソン

特にヘッドハンティング会社の場合、サービスによっては、登録に、「年収500万円以上」、「年収600万円以上」等、一定の年収制限を設けているケースがあります。転職を希望するビジネスパーソンであれば、誰でも利用できるサービスではない点には注意しましょう。
(※ちなみに、年収制限を設けていないヘッドハンティングを利用する場合でも、年収が500万円を下回っている場合、紹介してもらえる求人が少なくなる点には注意が必要です。)

これらの結果をまとめると、ヘッドハンティング会社と転職エージェントは、それぞれ以下のような人におすすめのサービスといえるでしょう。

ヘッドハンティングはこんな人におすすめ

  • 年収500万円以上
  • 管理職や専門職など、一定のキャリアがある
  • キャリアアップ、年収アップのために転職したいと考えている

転職エージェントはこんな人におすすめ

  • 年収500万円未満
  • 一般社員
  • 転職のプロによるサポートを受けながら、効率よく自分に合った仕事を見つけたい

ヘッドハンティング会社と転職エージェント -転職する際に利用したい優れたサービスの選び方

それでは実際に、ヘッドハンティング会社や転職エージェントを利用する場合、数あるサービスの中から、どのように優れたサービスを選ぶと良いのでしょうか?
本チャプターでは、利用するサービスを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

担当するヘッドハンターやキャリアアドバイザーとの相性を見きわめることが大切

それぞれのサービスを利用する場合、ヘッドハンティング会社であればヘッドハンター、転職エージェントであればキャリアアドバイザーが求職者に専任で付き、求人紹介をはじめ、様々な転職サポートを行います。
つまり、ヘッドハンティング会社も転職エージェントも、サービスの核となるのは「人(=ヘッドハンター、キャリアアドバイザー)」です。

ただ、転職サポートに定評があり、評判の良いヘッドハンティング会社・転職エージェントだからといっても、そこに所属しているヘッドハンター、キャリアアドバイザーの全員が優れているわけではありません。しっかり転職をサポートしてくれるヘッドハンター、キャリアドバイザーの割合が多いだけであって、自分とは合わない人が担当になる可能性がある点には注意しましょう。

ヘッドハンティング会社と転職エージェント・画像

特に、転職はその人の人生を大きく左右します。ヘッドハンティング会社や転職エージェントを利用する際は、いくつか気になるサービスに登録し、多少面倒に感じても実際に何人かのヘッドハンターやキャリアアドバイザーと会い、担当者との相性を見きわめた上で、信頼して転職活動に取り組んでいけるパートナーを見つけることが何より大切です

転職の際、ヘッドハンティング会社や転職エージェントを利用する場合は、まず、各社のサービスや評判から利用するものを複数選び、その後、実際にサービスを利用する中で、自分に合う担当者のいるサービスに絞っていくと良いでしょう

おすすめの転職支援サービス

ビズリーチ

ビズリーチ画像

ビズリーチは、年収600万円以上のビジネスパーソンを対象に、即戦力人材の採用に特化した会員制の転職支援サービス。日本初の有料会員制転職サイトとして注目を集めている。
ビズリーチでは、一部求人の閲覧とヘッドハンターからのスカウトを待つ「無料プラン」と、全求人の閲覧と登録者自らがヘッドハンターにアプローチできる「有料プラン」を提供。ちなみに、有料プランは、現在の年収や属性によって、「タレント会員(30日間:税抜2,980円)」と「ハイクラス会員(30日間:税抜4,980円)」に分かれており、タレント会員は応募できる求人に一部制限があり、ハイクラス会員は全ての求人にアクセスすることができる。
また、2019年7月現在、会員向けに公開している求人は11万件以上、一般には公開されていない非公開のハイクラス求人は2万件以上取り扱っており、豊富な求人の中から、自分に合ったものを見つけられる点も魅力。
ビズリーチは、キャリアアップや年収アップを目指し、ワンランク上の転職を目指す人であれば、積極的に利用したいサービスと言えるだろう。

まとめ

ヘッドハンティング会社や転職エージェントを利用すれば、転職のプロから自分に合った求人の紹介や、客観的なアドバイスをもらうことができ、効率よく転職活動を進めることができるはずです。
できるだけ転職活動に時間をかけず、スムーズに進めたいと考えている方であれば、積極的に利用すべきサービスであることは間違いありません。

その一方で、ヘッドハンティング会社と転職エージェントとでは、サービス内容や取り扱っている求人に大きな違いがあるため、それぞれの特徴を把握し、自分に合ったサービスを利用することが大切です

転職する際、ヘッドハンティング会社や転職エージェントの利用を検討している方は、本特集を参考に自分に合ったサービスを見つけ、転職活動を成功させましょう!

著者
溝口 麻衣

著者 溝口 麻衣

Hayakawa所属のチーフライター兼編集者。主な執筆ジャンルは英会話、格安SIM、住宅ローン、保険、エンタメ。
わかりやすく、ちょっとした気付きのある記事を目指して、日々原稿を執筆中。御朱印集めと北欧関連の情報収集が好き。