求人サイトの選び方と使い方を解説 おすすめの5つの求人サイトも紹介

Step2.求人サイトの選び方&使い方 転職の成功は自分に合った求人サイト選びから!求人サイトをチェックする際のポイントは?何社くらい登録すれば良い?

転職には求人サイトの利用が必須求人サイトの選び方&使い方00

求人サイトの選び方&使い方

求人サイトは、転職を成功させるうえで必ず活用したいツールです。様々な業界・職種の求人を、年収や勤務地といった希望条件で絞り込めるのはもちろん、絞り込んだ求人に対してサイト経由で応募し、面接日程や合否連絡などを企業側とやりとりすることも可能。また、スカウト機能などのサービスも提供しており、上手に利用すれば、アクセスする求人を増やすことや、選考を有利に進めることもできるようになります。

ただし、現在運営されている求人サイトには、大手・中小を含めて、非常に多くの種類があります。「求人サイトごとに違いはあるのか?」「まずはどこに登録すべきなのか?」等を疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、本特集では、どのような観点で求人サイトを選ぶべきかと、代表的なおすすめ求人サイト5つを紹介します

目次

求人サイトを利用するメリットとおすすめの機能求人サイトの選び方&使い方01

求人サイトの選び方&使い方

求人サイトを利用するメリットはたくさんありますが、最大の利点は「簡単に求人の検索・応募ができる」という点でしょう。年収や勤務地だけでなく、未経験者歓迎や週休2日など様々な希望条件を詳細に設定することができるので、自分に合った求人を簡単に検索することが可能です。

気になる求人を見つけたら、応募ボタンからすぐにエントリーすることができます。24時間365日利用できるので、転職活動に割ける時間が少ないという方にはメリットが大きいでしょう。

また、多くの求人サイトが提供している「スカウトサービス」も積極的に活用したい機能の1つ。自身の職務経歴や保持スキルを企業に公開することで、企業から求人情報や面接オファーが届きます。ほとんどのスカウトサービスは、住所など個人が特定される情報は公開されず、また、特定の企業に対して情報を非公開にすることも可能なので、今勤めている会社や取引先などに転職活動中であることを知られる心配もありません。

求人サイトの選び方・使い方求人サイトの選び方&使い方02

point自分の転職スタイルに合ったサイトを利用する

求人サイトの選び方&使い方

求人サイトは、サイトごとに取り扱う求人の数や内容、掲載企業、転職者をサポートする機能などに違いがあります。例えば、幅広い業界・職種を扱う大手の求人サイトや、特定の業界に強い特化型の求人サイト、中小企業や外資系など特定の企業にコネクションを持つ求人サイトなど、それぞれのサイトごとに特徴はバラバラ。そのため、「どのような業界や企業への転職を希望するのか」「転職により何を実現したいのか」等を明確にしながら、各求人サイトの特徴ごとに使い分けてみましょう。

point求人サイトは必ず複数利用する

求人サイトを利用して転職を成功させるためには、複数の求人サイトへの登録が鉄則です。傾向の異なる求人サイト2~3社をピックアップし、求人内容やサイト自体の使い勝手等を比較してみましょう
また、最低でも1社は、大手の求人サイトに登録しておくことをおすすめします。大手求人サイトは、求人数が多く、取り扱う業界・業種も豊富です。たくさんの選択肢から求人を比較することが可能。
一方、志望する業界や職種が決まっている場合は、特化型の求人サイトも役立ちます。業界・職種に特化している分、企業とのコネクションが密であったり、業界内の求人が集まりやすかったりと、他のサイトでは取り扱っていない求人が集まる確率が高くなります。
複数の求人サイトを活用することで、求人の数と質、どちらも重視しながら転職活動を行うことができます

ただし、あまりにも多くの求人サイトに登録しすぎると、各サイトからの重要なメールを見逃したり、応募した求人を管理しきれないということもありますので、最終的には自身の目的に合ったサイトに絞ることも大切です。

求人サイト5社を比較求人サイトの選び方&使い方03

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

特徴
リクルートが運営する国内最大規模の求人サイト。求人数、取り扱う業種・職種の数はトップクラス。取り扱う企業も、大手からベンチャー&中小企業、NPO等の非営利団体までと幅広い。転職活動のイロハを解説した読み物コンテンツ「転職成功ノウハウ」では、転職活動の流れやよくある質問など、転職に役立つ情報が豊富に掲載されている。転職活動をスタートする際は、まず登録したい求人サイトの1つ。
求人数
約10,000件
転職者向けの付加サービス
自身の5つの強みを診断できる「グッドポイント診断」、一覧で比較したい企業をチェックできる「気になるリスト機能」は企業からの応募歓迎メッセージが届くことも

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)画像

特徴
パーソナルキャリアが運営する求人サイト。キャリアアドバイザーが転職サポートを行う「エージェントサービス」も提供しており、同時に申し込むことで、他の求人サイトには掲載されていない非公開求人にもアクセス可能。DODAの人気企業300社の求人傾向から、現在のキャリアで応募した場合の合格率を診断してくれる「合格診断」等、DODA独自の様々な付加サービスを提供している。
求人数
約41,000件
転職者向けの付加サービス
自身の性格や能力、向いている仕事スタイルなどがわかる「キャリアタイプ診断」、職務経歴書の作成をサポートしてくれる「レジュメビルダー」

マイナビ転職

マイナビ転職画像

特徴
マイナビが運営する求人サイト。業界・職種別の職務経歴書や自己PRのサンプルを豊富に公開している。プロのアドバイザーが無料で履歴書の書き方や求人紹介・面接対策を行ってくれる「転職MYコーチ」など、丁寧なサポート体制も魅力。面接でよく聞かれる質問集や、強み・弱みなどの棚卸しに役立つ「適性診断」等も公開しており、20代、30代の利用者が多い。初めての転職活動に役立つ求人サイトの1つ。
求人数
約7,800件
転職者向けの付加サービス
地元などの地方エリアの求人に特化した「JIMOQ」、20の質問に答えるだけで強み・弱み・向いている職業などを診断してくれる「ジョブリシャス診断」

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS画像

特徴
DODAと同じくパーソナルキャリアが運営するスカウト特化型の求人サイト。7万人の転職実績と7,000社以上の企業コネクションをもとに、希望条件に合致した企業からのオファーが届く。また、年齢・学歴・職務経歴・保持スキルなどの入力データをもとに想定オファー年収も表示。届くオファーは、すべて書類選考通過済みの「面接確約オファー」。応募の有効期限もないため、まずは自分の市場価値を知りたいなど、長期で転職活動に取り組みたい場合におすすめできる。
求人数
約6,500件
転職者向けの付加サービス
年齢・学歴・前職の経歴・保持スキルなどから想定オファー年収を表示する「市場価値診断」、書類選考通過済みのオファーのみが届く「面接確約オファー」システム

ビズリーチ

ビズリーチ画像

特徴
国内最大級の会員制(有料)求人サイト。他の求人サイトと比較すると、役員・管理職・海外事業の求人などにターゲットを絞っており、高年収の求人が豊富。質の高い求人が多いため、条件にマッチする場合は積極的に利用したい。国内外の企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く仕組みとなっている。求人に直接応募する場合や、すべてのスカウトメッセージを閲覧する場合は、有料プランへの登録が必要。
求人数
約7,100社
転職者向けの付加サービス
自分に合ったヘッドハンターを探すことのできる「ヘッドハンター検索機能」、サイト独自のフォーマットへの入力が不要な「職務経歴書転記サービス」

このページのトップへ