薬剤師の年収はどれくらい?年収アップに効果的な勤務先選びと転職テクニック

  • ケース別転職対策
  • 職種別!転職対策

Job.薬剤師の年収 薬局・病院・ドラッグストアなど勤務先別の給与水準と年収をアップする方法を解説

薬剤師の年収~はじめに~薬剤師の年収00

薬剤師の年収

近年、薬剤師の転職市場は、需要が供給を大きく上回る状況が続いており、薬剤師が転職先を見つけることは決して難しくありません。
その一方で、薬剤師の年収に関しては、他の業種と平均すると比較的高い水準にあるものの、緩やかな上昇となっています。
つまり、薬剤師が年収をしっかり上げようと思うのであれば、現状を知り、戦略を立て、転職活動にのぞむ必要があるのです

そこで、本特集では「薬剤師の年収」をテーマに、ドラッグストアや調剤薬局など勤務先別の薬剤師の年収を分析。薬剤師の年収アップに有効な転職方法や勤務先の選び方などを解説します。

目次

薬剤師の年収はどれくらい?薬剤師の年収01

check勤務先によって薬剤師の年収は異なる

薬剤師の年収

ドラッグストア/年収560万円程度

調剤部門を併設したドラッグストア。薬剤師の勤務先の中でも年収が高い。調剤・服薬指導等に加えて、一般商品の在庫管理や品出し、接客など小売全般の業務が加わる。大手ドラッグストアでは一定の経験を積むと、店長やエリアマネージャーに昇格するケースも多く、地位に比例して年収がアップする。

薬剤師の年収

調剤薬局/年収550万円程度

薬剤師のもっとも一般的な勤務先。大手の調剤薬局は間口が広く、新卒の薬剤師やブランクのある薬剤師のスキルアップ・復職支援サポートにも積極的。一つの調剤薬局で一定年数(3年以上など)を勤めることで、管理薬剤師や一人薬剤師としての経験を積めるケースもある

薬剤師の年収

病院/年収500万円程度

外来・入院患者向けの調剤業務、医薬品の情報管理や治験などを行う。医師や看護師とともにチーム医療に参加するケースもあり、臨床現場で活躍したい場合に向く。年収は、薬局長などの役職に就けば比較的高いが、就かない場合は他の勤務先よりも低くなることが多い。

薬剤師の年収

企業(製薬会社等)/年収300~1,000万円前後※業種・企業により異なる

年収が高いのは中小よりも大企業。研究職よりも営業職のほうが年収面では有利なことが多く、MR等は年収が高い。その他、品質管理・製造管理 、CRA/CRCなども薬剤師から目指すことが可能。転職の際は実務経験が求められるか、年収の低めな未経験枠からのスタートになる。

薬剤師の年収が最も高くなるのは50代前後、金額は700万円から750万円(管理職を務める勤務薬剤師の場合)が一つの目安です
ただし、働き方や勤め先によっては、それ以上の年収を目指すことも決して不可能ではありません。
現在の年収に不満がある場合は、これまでに積んだ経験を高く評価してくれる職場に転職することで、年収アップは十分に可能です

薬剤師の年収をアップする方法薬剤師の年収02

薬剤師が年収をアップする方法には、主に以下の3つがあります。

01.今よりも年収の高い求人を探す

たとえば、調剤薬局での勤務経験が長い場合、同じく調剤業務中心に、現在よりも年収の高い求人を探すと良いでしょう。調剤併設のドラッグストアは、薬剤師求人の中でも高い収入を得ることが可能。大手ドラッグストアは福利厚生も充実しています。また、都市部よりも地方のほうが、薬剤師不足のため年収が高い傾向にあります。

狙い目の勤務先 調剤併設ドラッグストア
オススメPOINT 他の勤務先と比較すると収入が高く、求人数も多い。大手は福利厚生も充実。都市部よりも地方のほうが薬剤師不足等で年収が高め
注意したい点 夜間シフト、複数店舗のかけもち、異動・転勤のある場合などが多い

02.現在の年収をベースに年収を交渉する

年収アップをめざす2つめの方法が年収交渉です。たとえば、新規オープンの店舗で充分な薬剤師の数を確保できておらず、人材を募集を急いでいる場合は、年収交渉の余地が大きくおすすめ。また、管理薬剤師や一人薬剤師としての勤務経験があり、一定以上の実務経験とマネジメント経験を持っている場合も、転職先との年収交渉をしやすくなります。

狙い目の勤務先 新店舗オープン等に伴う急募求人、管理薬剤師や一人薬剤師の求人
オススメPOINT キャリアが求められる職種や、すぐに働ける薬剤師を探している職場は年収を交渉しやすい
注意したい点 タイミングよく求人にアプローチするためには、つねに情報収集が必要

上記のような求人を探す場合は、薬剤師求人を専門に扱う「薬剤師転職サイト」を利用する方法が効率的です。
薬剤師転職サイトは、ドラッグストアや調剤薬局の動向に詳しく、急募求人や年収条件の良い求人が出た段階で、いち早く紹介してもらうことが可能。専門のキャリアアドバイザーが薬剤師と勤務先のあいだに入るため、勤務先の雰囲気や雇用条件といった聞きにくい情報のヒアリングを依頼したり、年収交渉を代行してもらうこともできます

recommendおすすめの薬剤師転職サイト

薬キャリ

薬キャリ画像

特徴
医療系転職に強いエムスリーグループの薬剤師転職サイト。31社を超える企業と提携しており、薬剤師求人の数は46,000件以上と日本最大級。企業求人の取り扱いも多い。「高収入」「キャリアアップ」「働きやすさ」などそれぞれの薬剤師の希望に応じて、キャリアの相談や求人紹介等を行う。
対応エリア
全国
おもな薬剤師求人
調剤薬局、病院、ドラッグストア(OTC販売、調剤併設)、CRC、CRA、管理薬剤師、物流センター、介護老人保健施設等

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師画像

特徴
マイナビグループの薬剤師転職サイト。利用者満足度4年連続No.1を誇る。公開求人数は42,000件以上。求人の検索項目が細かく「調剤薬局」など勤務先別検索のほか「スキルアップ」「転勤なし」「未経験者応募可能」などのこだわり検索も可能。キャリアアドバイザーは薬剤師転職に特化した専門スタッフが担当する。
対応エリア
全国
おもな薬剤師求人
調剤薬局、病院、ドラッグストア(OTC販売、調剤併設)、臨床開発、CRC、CRA、管理薬剤師、営業、薬事等

03.中長期的に年収アップを目指す(年収1,000万円など)

また、年収アップを第一の目標に据えて、中長期的な視点でキャリアプランを練る方法もあります。たとえば大手製薬会社など、企業向けの薬剤師求人では、転職直後の給料は調剤薬局と同等でも、定期昇給の幅が大きく、最終的な年収は他の勤務先を上回り、年収1,000万円を超えるケースもあります。ただし、他の勤務先と比較すると企業向けの薬剤師求人は数が少なく、難易度が上がる点に注意しましょう。

狙い目の勤務先 企業(製薬会社等)
オススメPOINT 大企業のMRや臨床開発職、治験等は高収入。専門領域を持つなど実力次第で年収1,000万円を超えられる場合も多い
注意したい点 薬剤師の資格・経験を生かせない。高収入職は業務経験が求められる。営業ノルマや不規則な勤務体制があるケースも

薬剤師の年収~まとめ~薬剤師の年収03

薬剤師の年収

薬剤師の年収はキャリアや勤務先に応じて変化します。年収をアップしたい場合は、現在の年収を基準として、より有利な条件の勤務先を探すか、実務経験などの強みを活かして年収交渉をすると良いでしょう。
薬剤師の求人を専門に扱う「薬剤師転職サイト」は、薬局や病院・製薬会社などに多数のコネクションを持っており、転職に当たってぜひとも活用したい存在です。

2016年4月から、医師と連携して患者の服薬指導に当たる「かかりつけ薬剤師」制度がスタートし、薬剤師の業務はさらに重要度を増しました。また、調剤併設型の大手ドラッグストアが各地に進出しており、薬剤師全体のニーズが高まっています。

求人が堅調に推移している今こそ、自身のキャリアをもう一度見直し、年収アップを図るチャンス。転職のプロの力も借りつつ、有利な勤務先や勤務地を見極めて満足度の高い転職を実現しましょう。

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 薬剤師転職サイト比較
  • 実際に転職を経験した薬剤師がおすすめする転職サイトはどこ?

New Contents新着コンテンツ

  • ヘッドハンティング会社比較
  • 利用者の評価が高いヘッドハンティング会社を比較。レイノス、ビズリーチ、キャリアカーバーの評判は?
  • 主婦からの再就職
  • 主婦からの再就職を成功させるための、3つの方法を解説。
  • 求人サイトと転職エージェントの違い
  • それぞれのメリットとデメリット、サービス比較も
  • 転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントの比較に役立つ4つの切り口とは?

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

このページのトップへ