転職で気になる福利厚生 ランキングでは「住宅手当」がトップ

転職活動の歩きかた

転職 福利厚生 ランキング

キャンセル

ニュース

転職時に求める企業の福利厚生ランキングのトップは「住宅手当」

「gooランキング」の「会社に充実させて欲しい福利厚生ランキング」調査を元に

転職する際には、やはり企業の福利厚生がどの程度充実しているかが、気になるところです。現在の職場の福利厚生に不満のある方も多いでしょう。社会保険や厚生年金はもちろんのこと、様々な手当ても充実していないと、生活だけではなく、仕事にも影響します。

転職時に求める企業の福利厚生ランキング・画像

最も企業に求められるのは「住宅手当」

「gooランキング」が「会社に充実させて欲しい福利厚生ランキング」を調査したところ、トップになったのは「住宅手当」でした。特に都会の場合、家賃が高く、給料の大半が家賃にとられてしまうということもよくあります。都心から離れれば離れるほど家賃や住居費は安くなるため、やむなく通勤時間が長い地域に暮らしているビジネスマンも多いと思います。

そして、2位が「リフレッシュ休暇」、3位は「特別な休暇制度」となっています。昔から我々日本人はあまり休暇を取る風潮がありませんでした。このため、せっかく有給休暇制度があっても、その取得率は48.8%(TBS NEWS 2013年11月13日付)とかなり低い数字になっています。とはいえ、最近では休暇に対する要望も大きいようです。2位・3位の休暇制度に関する要望は、取りにくい有給休暇に代わってしっかり休める制度を設けてほしいという労働者側の願いの表れかもしれません。

15年で5,000円減少した企業の法定外福利

厚生労働省の調査によると、企業が年金や社会保険などの法定福利に使った金額は、社員一人当たり4万4,770円でした。一方、企業が独自で実施する法定外福利の金額は8,316円(厚生労働省 平成23年就労条件総合調査の結果より)。平成10年の調査では1万3,481円だった法定外福利は、約15年の間に差し引き5,000円も減少しています。

転職前に福利厚生は必ず確認しよう

住宅手当、リフレッシュ休暇など法定外福利については会社に入ってみないと分からないことがほとんどです。しかし、企業によっては、優れた人材確保のため、募集の際に、これらの法定外福利の充実を大きくアピールしているところもあります。そういう企業は、収益面でも上手くいっていることが多いでしょう。転職の際は、事前に応募企業のホームページなどで確認しておきましょう。

ただし、福利厚生や給料などの条件ばかりでなく、転職に際しては自分のキャリアを活かせる企業選びも重要です。
転職先でスキル・経験を活かせなければ、福利厚生など関係なく、冷遇され、仕事満足度も下がり、再び転職する羽目になってしまいます。自分に合った職務、そして福利厚生の充実した企業を、あせらずじっくり選びましょう。