飲食業ホワイト企業ランキング【2019年最新版】

転職活動の歩きかた

飲食業 ホワイト企業 ランキング

キャンセル

ニュース

飲食業のホワイト企業ランキング、2019年の最新結果と転職のコツ

転職を検討している方は、ランキングの結果も参考に、働きやすい職場を選ぼう。

飲食業の労働環境が大幅に改善!ホワイト企業も増加中

飲食業と言うと「きつい」「長時間労働」「休みがない」等、ブラックな職場というイメージを描く人も少なくありません

飲食業のホワイト企業ランキング、2019年の最新結果と転職のコツ・画像

実際調理スタッフの仕事も決して簡単ではありませんし、ホールスタッフにしても、お客さんとコミュニケーションを円滑に取るのは容易ではないでしょう。ただ大変な分、成長する機会がたくさんあり、一般的な業界と比較すると給料が良いのもまた飲食業の特徴の1つです。

また最近の飲食業は、以前と比べると労働環境が大幅に改善。ホワイトな職場が増えていると言われています。

飲食業の人材確保は年々難しくなってきており、ブラックな企業はどんどん淘汰されています。つまり企業は生き残りをかけ、職場環境の改善(ホワイト化)に取り組んでいるのです。

今回の転職活動の歩きかたのニュースは、飲食業のホワイト企業ランキングに注目。2017年に発表されたランキング結果をご紹介すると共に、2019年に注目すべき最新の企業の情報と、飲食業での転職を成功させるコツをご紹介します。

飲食業のホワイト企業ランキング TOP10をチェック

それではまず飲食業のホワイト企業ランキングをチェックしてみましょう。以下でご紹介するデータは、2017年8月29日に、企業の口コミサイト「Vokers(OpenWork)」が公表したものです。

まずはTOP10をチェックしてみましょう。

ホワイト企業ランキング TOP10

企業名 ホワイト度 企業概要
1位 株式会社アレフ 73.28 びっくりドンキーの運営企業
2位 スターバックスコーヒージャパン株式会社 63.58 コーヒーチェーン世界最大手
3位 株式会社日本レストランエンタプライズ 63.56 JRが100%出資するレストランチェーン
4位 株式会社松屋フーズ 61.27 牛丼チェーン松屋の運営元
5位 株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ 60.32 東海道新幹線の車内販売員が中心。シフト勤務
6位 ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 60.07 JR東日本駅内のベッカーズを運営
7位 株式会社シャノアール 59.33 コーヒーハウス・シャノワールを展開。カフェ・ベローチェも
8位 株式会社物語コーポレーション 57.87 急成長している焼肉きんぐを運営
9位 日本マクドナルド株式会社 55.80 ハンバーガーチェーン最大手
10位 株式会社セブン&アイ・フードシステムズ  54.87 デニーズを運営。セブン&アイグループ

このホワイト企業ランキングは、「待遇の満足度」「平均残業時間」「有給消化率」の3つを評価項目として採用。独自の計算を行い、ホワイト度を算出しています。

ランクインしているほとんどが大手企業となっているのは、一定の数の口コミが集まっている企業をランク対象としているから。(個人営業や店舗数が少ない企業の中には、これらの企業を上回るところもあるはずです。)

あくまで大手企業の中からランキングした結果を考えると良いでしょう。

2019年9月更新!口コミで選ぶ最新のホワイト企業ランキング

飲食業のホワイト企業ランキング、2019年の最新結果と転職のコツ・画像

先ほどご紹介したランキング結果は、2017年8月29日に公表されたデータ。つまり2019年9月現在はある程度順位が入れ替わっているはずです。

そこで転職活動の歩きかた編集部が、2019年9月6日時点でのOpenWorkの口コミを調査。最新のランキングトップ10を調べました

以下はそのデータをまとめたものです。

2019年9月更新 ホワイト企業ランキング最新版

企業名 口コミ評価 企業概要
1位 スターバックスコーヒージャパン株式会社 4.12 コーヒーチェーン世界最大手
2位 株式会社鳥貴族 3.69 低価格焼き鳥チェーン大手
3位 株式会社吉野家 3.66 牛丼チェーン大手
4位 株式会社物語コーポレーション 3.54 急成長している焼肉きんぐを運営
5位 株式会社グローバルコーポレーション 3.40 モンスーンカフェ他様々な業態を運営
6位 株式会社アレフ 3.28 びっくりドンキーの運営企業
7位 株式会社壱番屋 3.26 カレーチェーン大手
8位 日本ケンタッキー・フライド・チキン 3.22 ケンタッキーを運営
9位 日本マクドナルド株式会社 3.18 ハンバーガーチェーン最大手
10位 株式会社エスエルディー 3.17 急成長している瓦ダイニングを運営

いかがでしょうか?

2017年8月時点の結果と2019年9月時点の結果では順位が大きく異なることがわかります。この結果を見ても企業の職場環境や従業員満足度は、1年もすれば大きく変わる可能性があるということがわかります。

その中でもスターバックスコーヒージャパンはいずれも上位にランクインしており、数ある飲食業の中でも特に優れた企業と言って良いでしょう。

ホワイト企業への転職のコツ、転職エージェントを活用しよう

飲食業の中でホワイト企業への転職を目指すのであれば、飲食業界の求人を専門に取り扱う転職エージェントの活用が欠かせません

飲食業のホワイト企業ランキング、2019年の最新結果と転職のコツ・画像

転職エージェントをおすすめする理由は、ホワイト企業ランキングに掲載されている大企業の求人に強いだけではなく、一般には公表されていない好条件のホワイト求人を多数取り扱っているから。また一般応募を開始する前に求人を紹介してもらえるチャンスもあります。

飲食業への転職を成功させるため、使えるサービスは全て活用しましょう!

以下は編集部がおすすめする飲食専門の転職エージェントです。

飲食店の求人・転職情報サイトならクックビズ

クックビズ画像

【特徴】飲食業界に特化し、利用者数No.1を誇る転職支援サービス。希望の求人を探し、自己応募できる転職サイトとしての機能に加え、転職のプロにホワイト求人の紹介を依頼できる転職エージェントとしての機能も提供。
東京はもちろん、大阪、横浜、名古屋、福岡にも拠点を持ち、地方の転職もサポート。クックビズ経由で転職に成功すると、転職祝い金3万円をもらうことができる点も嬉しい。飲食業界で転職を目指すのであれば、まず初めに登録しておくべき転職エージェントだろう。

【対象地域】東京、埼玉、千葉、神奈川、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡

まとめ

今はどの企業も職場環境の改善に取り組んでおり、今後飲食業のホワイト化はさらに進展していくはずです。経験者はもちろん、飲食未経験という方でも、広く人材を採用している点も飲食業の魅力の一つ。

現在働いている会社からの転職を検討している方は、ホワイト企業ランキングの結果も参考に、自分の希望の条件を満たす企業を探してみてはいかがでしょう?

著者・監修
早川 聡

著者・監修 早川 聡

転職に関する様々な記事を執筆する専門ライター。他の転職関連メディアで数百名を超える求職者の転職相談に回答した実績あり。自身も2度の転職・起業を経験しており、転職する人間の立場、求職者を採用する立場も熟知している。