美容業界へ未経験で転職するには?おすすめの転職サイトと必要な面接対策、志望動機の作り方は?

転職活動の歩きかた

美容業界 転職 未経験

キャンセル

MRから転職するには?

ケース別転職対策

美容業界へ未経験から転職する方法とは?

志望動機、面接対策、おすすめの転職サイト・転職エージェントは?

美容業界へ未経験から転職する方法とは?

はじめに

美容師やエステティシャン、ネイリスト、美容部員、美容クリニックのスタッフなど、一口に美容業界と言ってもその職種はさまざまです。人の美容への関心は尽きることがないため、安定した業界と言えるでしょう。ただし、近年では美容室や美容クリニックなどが増加傾向にあり、競争が激化するのは間違いありません。

そのため、未経験から美容業界へ転職するには、強みやスキルのアピール、採用担当者が感銘を受ける志望動機などが求められます。

そこで今回は、未経験から美容業界へ転職する方法をご紹介。美容師やネイリスト、エステティシャン、美容クリニックのスタッフなどへの転職を考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

そもそも美容業界の仕事内容とは?

美容業界と言っても、転職先はさまざまです。それぞれの仕事内容や特徴について、詳しくみていきましょう。

美容師

美容師の仕事内容は、お客さまのヘアカットやヘアカラー、パーマ、ヘアセットなどです。お客さまの希望や好み、ファッションなどからニーズを読み取る必要があるため、洞察力が求められます。また、美容師として働くには、厚生労働大臣指定の養成学校にて必要過程を修了し、国家試験に合格する必要があります

美容師として未経験から転職しても、まずはアシスタントとして働くことになるでしょう。接客対応やシャンプー、ヘアセット、ヘアカラーなどを経験しつつ、ヘアカットの技術を学べば、2~3年で美容師としてデビュー可能です。

ネイリスト

ネイリスト・画像

ネイリストの仕事内容は、爪のお手入れやネイルアート・つけ爪などの施術です。資格がなくても転職できますが、ネイルカラーやチップを使った装飾技術やセンス、爪の医学的な知識が必要になるため、すぐには仕事を任せてもらえません。まずは、店が定めるネイリストとしての知識や技術のレベルを満たす必要があります。ネイリスト技能検定を取得しておくと、スムーズに転職できるでしょう

美容部員

美容部員の仕事内容は、お客さまのメイクアップやアドバイス、肌チェックなど。お客さまの悩みに適した化粧品の紹介やメイクのアドバイスを行うため、ヒアリングスキルが求められます。働く場所は、化粧品店やデパートの化粧品コーナーなどで、転職先によって接客スタイルが異なります。

エステティシャン

エステティシャン・画像

エステティシャンの仕事内容は、お客さまのお悩みに適した施術を提供することです。保湿剤や円滑剤などを身体や顔に塗り、手業や機器でケアします。また、必要に応じてお客さまの悩みに沿った化粧品や機器の提案を行うサロンもあります。エステティシャンの目的は「リラクゼーションの提供」のため、気持ちのいい対応や立ち振る舞いなど、高い接客スキルが必要です。

美容クリニックのスタッフ

美容クリニックのスタッフの仕事内容は、問診票への記入や予約関連の諸対応、データ入力やカルテ作成、診療室へのご案内などです。また、クリニックによっては、ローン審査の対応、器具の洗浄、医師・看護師のサポートなども行います。

未経験から美容業界への転職は可能?

未経験から美容業界への転職は、一部職種を除き基本的には可能です。ただし、美容師には国家資格が必要なため、受験資格を得るために養成学校に通うか通信教育を受ける必要があります。ネイリストや美容部員、エステティシャン、美容クリニックのスタッフなどに資格は不要ですが、求められるスキルは転職先によって異なるため、未経験で転職できるところばかりではありません。

応募条件を確認し、未経験でも採用される可能性がある転職先を探しましょう。また、ネイリスト技能検定や認定エステティシャンなど職種に応じた資格を取得することで、転職に有利になるケースがあります。

美容業界で働くメリットとデメリット

美容・画像

未経験の仕事への転職は、不安がつきもの。美容業界で働くメリットとデメリットを確認することで、本当に美容業界への転職が自分にとってベストなのかどうか分析してみましょう。美容業界で働くメリットとデメリットは次のとおりです。

美容業界で働く2つのメリット

1美容の意識を保ちやすい

年齢を重ねるほどに美容への関心が薄れていく方は少なくありません。しかし、美容業界で働くのであれば、常にお客さまの見本になる必要があります。そのため、美容業界で働くことで、美容の意識を保ちやすくなるでしょう。

2最新の美容情報を入手できる

最新の美容情報や施術機器などの情報を入手できることで、自分自身の美容ケアのレベルが上がります。「常にきれいでありたい」と思う人にとって、大きなメリットと言えるでしょう。また、同僚からメイクやヘアケア、セルフマッサージなど、さまざまな美容のアドバイスを得られる可能性もあります。

美容業界で働く2つのデメリット

1クレームを受けやすい

お客さま対応が必要な職種にクレーム対応はつきものです。美容業界の仕事では、髪や爪、肌など、お客さまの身体の一部に触れるため、小さなミスでも大きなクレームに発展する恐れがあります。万一クレームが起きたときに逃げずに適切に対応できるのか、簡単に仕事を辞めたくならないかイメージしてみましょう。気になる方は、万が一の際のクレーム対応はどのような体制で行うのか、質問してみるのも選択肢の1つです。

2知識や技術のアップデートが必要

最新の美容法や美容機器などが登場する度に、知識や技術のアップデートが必要です。常に勉強を欠かさないことで、お客さま満足度向上に繋がります。しかし、知識や技術のアップデートのために勤務時間外に勉強することを負担に感じる方もいるでしょう。美容業界の仕事は、ライフワークバランスを保ちにくいといわれて、プライベートの時間を多少犠牲にする覚悟が必要になる可能性があります。気になる方は転職面接の際、最新の美容の知識や技術の習得をどのように行っているのか、質問してみると良いでしょう。

美容業界への志望動機と面接対策のポイント

志望動機と面接対策のポイントは、転職希望先の業界によって異なります。未経験から美容業界への転職を目指す場合の志望動機の作り方と面接対策のポイントをご紹介します。

未経験から美容業界への転職を目指す方必見!志望動機の作り方の流れ

美容業界選んだ理由・画像

1美容業界を選んだ理由をまとめる

転職先ごとに、適切な志望動機は異なるものです。まずは、なぜその職場に転職したいのか?その理由を書き出しましょう。企業理念や店長・院長の発言、SNSやブログでの発信内容などから興味をひかれたポイントを洗い出して、その職場で働きたい理由をまとめてみてください。「御社の○○という企業理念に感銘を受けました」など、具体的に伝えましょう。何より大切なのは自分の言葉で、自分の想いをしっかり伝えること、熱意を見せることです。

2美容業界で役立つ自分の強みとスキルを確認する

次に、転職を希望している職場で役立つ自分のスキルや強みを洗い出しましょう。現在は他の業界で働いたとしても、美容業界で役立つ自身のスキルや強みがあるはずです。例えば接客スキルや美容に関する強みがあると転職に有利になります。「○○の資格と△△の経験を御社の施術に活かし、お客さま満足度を高めていきたいと考えています」など、強みやスキルをどのように活かすのかを伝えましょう

3入社後にやりたいことと将来のビジョンをまとめる

最後に、入社後にどのような仕事をしたいのか、美容業界で働いていく中で、将来はどのような人物になりたいのかを考えましょう。例えば、「お客さまの隠れたニーズを引き出して、感動的な施術ができるエステティシャンになりたい」、「お客さまの一挙一動から求められている接客対応を導き出し、ご満足いただけるサービスを提供したい」、「いずれ店長を任せていただけるように常にスキルアップを目指したい」など、具体的に考えることが大切です。

未経験から美容業界への転職、面接対策のポイントとは?

自己PR・画像

1コンセプトに合ったメイクやファッションを意識する

美容業界への転職を目指すのであれば、転職希望先のコンセプトに合ったメイクやファッションを意識し面接に臨みましょう。どれだけ志望動機や自己PRの内容が充実していても、メイクやファッションがコンセプトに合わない場合は、「自社の雰囲気にマッチしていない」と判断される恐れがあります

2自己PRを詰まらずにしっかり伝える練習をしておく

自己PRを途中で詰まると、「自信がない」、「面接の準備不足」といったマイナスなイメージを与える恐れがあります。自己PRの目的は自分の魅力を伝えることです。自分の魅力が面接官に伝わるように、詰まらずに自信を持って自己PRできるようしっかり練習しましょう

志望動機や自己PRの内容が思い浮かばない場合は、美容業界への転職に強い転職エージェントに相談してみることをおすすめします。転職エージェントは、強みやスキルなどから自分に合った求人をピックアップしてくれるだけではなく、志望動機や自己PRも含めた面接対策をフルサポート。未経験から美容業界への転職を目指す上で、大きな力になってくれます。

美容業界への転職に強い転職サイト・転職エージェント3選

未経験から美容業界へスムーズに転職したい方は、美容業界への転職に強い転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。効率よく転職希望先を絞り込めるほか、プロによる応募書類の添削や面接対策を受けられます。美容業界への転職に強いおすすめの転職サイトと転職エージェントは次のとおりです。

美容業界への転職に強いおすすめの転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

リクナビNEXTは、人材業界の中でも圧倒的な知名度と実績を誇るリクルートグループの転職サイト。スキルや雇用形態、従業員数、設立年数など、条件を絞り込んで検索できるだけではなく、企業からのオファーを待つこともできる。「未経験者歓迎」にチェックを入れると、未経験者を積極採用している企業の求人が一覧表示されるため、転職活動を効率的に進められるだろう。
また、社員インタビューから職場の雰囲気や内部事情などを確認できるため、アンマッチのリスクを抑えられる。さらに、仕事内容や求めている人材、勤務地、給与、勤務時間、休日・休暇などがテンプレート化され、わかりやすくまとまっているので、情報不足によって応募を悩むこともないだろう。転職活動を効率化する機能が実装されているリクナビNEXTは、効率よく転職活動に取り組みたい方におすすめの転職サイトの1つ。

美容、エステ業界の求人・転職 BeAle(ビアーレ)

BeAle(ビアーレ)

BeAle(ビアーレ)は、エステティシャンや美容部員、セラピスト、エステティシャン、美容師、ネイリストなど美容業界の求人に特化した転職サイト。地域、職種、雇用条件、職場環境(規模・場所)、施術内容、待遇、未経験歓迎など、さまざまな条件で美容関連の求人を検索ができる。特に、「未経験歓迎」の求人が非常に多く掲載されているため、未経験から美容業界への転職を目指す方は登録必須と言えるだろう。また、企業の採用担当者に対して、匿名で採用や仕事内容に関する質問ができる点も大きな魅力。

美容業界への転職に強いおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェント。一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人が10万件以上(2020年8月時点)と転職サイトと比較しても非常に多いため、自分に合った転職先が見つけやすい。また、美容業界に精通するキャリアアドバイザーが在籍しているため、未経験から美容業界への転職を目指す人にとって役立つアドバイスを得られる。さらに、独自分析した業界・企業情報に基づいた書類添削や面接対策など、転職に役立つ様々なサービスを提供している点にも注目したい。
そのほか、応募企業の選定はもちろん、面接日程の調整や内定後の年収、入社日の調整と言った交渉も依頼できるので、在職中でなかなか転職活動の時間を取れない方にもおすすめできる。

まとめ

美容業界は、未経験歓迎の求人が多いため、職種によってはスムーズに転職活動がすすむことも。エステティシャンやネイリスト、美容師など専門的な知識や技術が求められる職種は、事前に資格の取得を目指すことをおすすめします。

美容業界への転職・画像

在職中の転職活動でなかなか時間を作れないという方は、美容業界に特化した転職サイトや転職エージェントを上手く活用し、転職活動を効率よく進めましょう。

著者
加藤 良大

歴9年の医療・美容ライター。美容整形外科や美容皮膚科のオウンドメディアやコーポレートサイトを担当。メンズ美容だけではなく、女性のメイクやスキンケア、ヘアケアなどにも精通している。
【資格】日本化粧品検定3級