保育士の転職先と異業種への転職を成功させる方法

転職活動の歩きかた

保育士 異業種 転職

キャンセル

保育士から異業種への転職を成功させる方法とは?保育士を辞めたいと思った時の選択肢

ケース別転職対策

保育士から異業種への転職を成功させる方法とは?

保育士を辞めたいと思った時の選択肢

保育士から異業種への転職を成功させる方法とは?保育士を辞めたいと思った時の選択肢

はじめに

保育士は、幼児期の子どもの成長をサポートする、とてもやりがいのある仕事です。
その一方で、保育士を取り巻く労働環境は決して良いとは言えません。長時間労働の常態化や低賃金の問題などから離職率は高止まりしており、保育士を辞めたいと考えている方や、転職を考えている人も少なくないのが現状です。

実は、保育士がその能力やポテンシャルを活かして活躍できるフィールドは、保育園以外にもあります。保育の仕事や、現在の職場が自分にどうしても合わないと思ったら、思い切って異業種への転職を目指すのも選択肢の一つ

今回の転職活動の歩きかたでは、保育士を辞めたいと考えている方、保育士から異業種への転職を考えている方にむけて、保育士から異業種への転職について詳しく解説します。
保育士の資格や経験を活かして活躍できる職種や、その職種への転職に強いおすすめの転職エージェントについての情報も。また、転職を成功させるポイントについても解説しています。
保育士からの転職を考えている方は、本特集をぜひ最後までチェックしてみてください。

保育士から異業種への転職は難しい?保育士の強みを活かして転職しよう

まずは、転職活動を始めるにあたり、一般に異業種への転職が難しいと言われる理由をチェックしておきましょう。
新卒時の就職活動とは異なり、転職活動では、前職で培った経験や実績が採用の可否の判断基準になります。そのため、異業種への転職は過去の経験・実績に関するアピールの難易度があがり、同業種への転職と比較すると成功率が下がる傾向があるのです。また、保育士から一般企業への転職を目指す場合、業種・職種によっては民間企業での就業経験がない点、民間企業で業務に役立つビジネススキルがない点がネックになるケースも。

その一方で、保育士の経験を通して培った能力や強みを活かせる仕事も実はたくさんあります。
保育士の強みとしてあげられるのは、コミュニケーション能力とホスピタリティが高い点でしょう。これらの点から、子どもと関わる職種以外にも、営業職など高い対人スキルを必要とする職種では、民間企業でのビジネス経験がない場合でも、採用される可能性が高い傾向があります。

保育士の強み

このように、保育士の強みで培った強み・能力をきちんといかして転職活動を進めれば、逆に有利になるケースも少なくありません。異業種への転職は、きちんと自己分析を行い、自分の強みを活かせる職種を選ぶことで、成功率をあげることが可能です。

保育士から異業種へ 転職先におすすめの職種・業種は?

保育士から異業種へ転職する場合、経験や資格を活かして子どもと関わる仕事や、ホスピタリティ・コミュニケーション能力の高さを活かした仕事が転職先としておすすめです。

以下では、保育士からの転職としておすすめの職種と、転職支援サービスについてご紹介します。

保育士からの転職先としておすすめの職種 その1 保育士免許/保育士の経験を活かした職種

保育士からの転職におすすめの転職先としては、保育士免許や保育士の経験を活かした職場があげられます。具体的には、乳児院、学童保育、ベビーシッター、病院内保育施設、企業内保育所等の子どもと関わる仕事です。保育のプロフェッショナルである保育士資格を持っている方を優遇する企業もあり、これまでの経験がしっかりと活かせる職場で活躍できると言えるでしょう。

Pickup!保育士の経験を活かした転職におすすめの転職

マイナビ保育士

マイナビ保育士

マイナビ保育士は、「マイナビ」や「マイナビ転職」で有名なマイナビ・グループの保育士求人サイト。東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏を対象に、保育士に特化した求人を取り扱う。主要保育士求人サイト14社を対象に行った調査(※2019年11月)では、3年連続保育士の認知度No.1、利用者満足度No.1、使いたい求人サイトNo.1を獲得する等、利用した保育士からの評価も高い。
マイナビ保育士の特徴は、保育士に特化した求人数の豊富さ。保育園だけでなく、多数の保育所や保育所運営企業と太いコネクションを築いており、転職先の選択肢が多い。マイナビ・グループでは、病院などの医療系転職支援サービスや一般企業向けの求人紹介サービスも運営しているため、院内保育や事業所内保育のような希少な求人も豊富に取り扱っている点もうれしい。
対応エリアが東京、神奈川、千葉、埼玉に限定される点には注意が必要だが、関東圏で転職先を探している場合はぜひ利用を検討したい転職サイトだろう。

保育士からの転職先としておすすめの職種 その2 介護職

介護職

保育士資格や経験が活かせる業界としては介護業界があげられます。保育士資格を持っている方を優遇して採用する企業も多く、保育士からの転職先として選択肢の一つと言えるでしょう。
また、介護業界は現在、超高齢化社会の到来とともに需要が増え続けている業界です。また、最近では、労働環境の改善がすすんでおり、ブラックではない職場も増えつつあります。未経験でも活躍し、正社員として働くことのできる仕事として、チェックしておきたい業界と言えるでしょう。

Pickup!介護職に特化した転職サイト
  • 介護未経験OKの求人も掲載。検索時に絞り込むことができる

スマイルサポート介護

スマイルサポート介護

スマイルサポート介護は、介護職への転職に特化した転職エージェント。東京、神奈川、埼玉、千葉など首都圏を中心に、介護求人を豊富に取り扱っている。介護職未経験OKの求人も多数掲載されており、求人の検索時に絞りこむことができる点はうれしい。また、介護分野に特化したキャリアコンサルタントが多数在籍。求職者の希望を考慮した求人の紹介はもちろん、面接の調整や給与、休暇、夜勤の有無など待遇面の交渉も求職者に代わって対応してくれる。
保育士から介護職への転職を目指す場合、チェックしておきたい転職エージェントと言えるだろう。

コラム保育士から事務職への転職

未経験で事務職(正社員)への転職はなかなか難しいもの。保育士から事務職への転職を目指す場合は、資格の取得が武器になります。正社員の事務職としての採用は門戸が狭く、未経験では難しいため、「無期雇用派遣」という働き方を利用し、実務経験を積んだ後、正社員を目指す方法も選択肢の1つです。

無期雇用派遣とは?

無期雇用派遣とは、通常の契約期間に定めのある「登録型派遣」とは異なり、契約期間に定めがない派遣制度のこと。月給制を採用しており、交通費や賞与なども支給される。無期雇用派遣のほとんどが事務職の求人となっており、未経験可の求人が多い点も特徴。

保育士から事務職への転職におすすめの無期雇用派遣サービス

ミラエール

ミラエール

ミラエールは、スタッフサービスが運営する新しい事務派遣サービス。未経験から事務職を目指す20代の方に向けて、派遣先の紹介や、OA講座、職種別研修などのキャリアアップ支援を提供している。ミラエールの特徴は、無期雇用派遣という新しい働き方を提案している点。一般的な事務派遣は、契約期間に定めがある登録型派遣という雇用形態だが、ミラエールには契約期間に定めがない点が最大の特徴と言えるだろう。ミラエールでは、月給制を採用しており、残業手当や交通費、賞与も支給。年1回の昇給制度も採用されている。また、社会保険も完備されており、福利厚生も充実している。さらに、未経験から事務職に転職する際のスキルアップ支援がしっかりとしている点も魅力。無料ビジネススクールの開講や、営業事務、経理事務、貿易事務等の職種別研修も実施している。
ミラエールでは、東京・神奈川・千葉・埼玉といった関東圏の他、愛知・京都・兵庫・滋賀、広島の事務派遣求人が充実。未経験者も積極的に採用していることから、保育士から事務職への転職を考えている際にはぜひチェックしておきたい。

保育士から異業種への転職を成功させるには?転職の仕方を解説

保育士から異業種への転職を目指すのであれば、以下のポイントを抑えておくことが重要です。1つ1つの準備をしっかりとおこない、転職を成功させましょう。

保育士から異業種への転職を成功させるポイント その1 転職理由を明確にする

保育士から異業種への転職を成功させるには、転職理由をしっかりと掘り下げ、なぜその業種(職種)に転職したいのか、転職して何を変えたいのかについて、しっかりと考えることが重要です。保育士を辞めたいと思った理由や、異業種へ転職したいと思ったのはなぜなのかを掘り下げて考え、分析してみましょう。

転職理由

転職理由を明確にすることができれば、転職において譲れない条件や、その優先順位、転職を通じて成し遂げたい将来のビジョン等も見えてきます。転職理由をまずしっかりと掘り下げ、そこからさらに深い自己分析へとつなげていくことで、業界・企業選びや志望動機にも一貫性が生まれ、転職の成功率を高めることができるはずです。

保育士から異業種への転職を成功させるポイント その2 転職準備を入念に

しっかりと転職理由の掘り下げや自己分析を行い、実際に転職活動をスタートしたあとは、しっかりと選考の準備を行うことが重要です。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、転職を成功させるには、入念な準備が不可欠。職務経歴書などの応募書類の作成をきちんと行うことはもちろん、面接対策をしっかりとおこなうことが大切です。想定問答をしっかりと作成し、イメージトレーニングをするのはもちろん、実際に声に出して面接の練習をすることもポイントの1つ。自己PRや志望動機、職歴や実績について、自分の言葉できちんと伝えることができるようになるようしっかりと備えましょう。
新型コロナウイルスの影響でWeb面接が増えてきていることもあり、志望企業によってはWeb面接への環境を整え、ツールを使いなれておく等の準備も必要
また、面接ではビジネスマナーの確認も大切です。転職面接に臨むにあたっては、ビジネスマナーを再度確認してみましょう。

転職準備

保育士から異業種への転職は、転職エージェントを活用し、プロのサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。
転職エージェントを利用すれば、無料で経験豊富なキャリアアドバイザーに求人の紹介を受けることができるほか、将来のキャリアプランを相談することもできます。さらに、応募書類の添削や模擬面接等の対策を受けることも可能。転職活動が初めてという方も安心です。

以下では、保育士から異業種への転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。
保育士からの転職に適した転職エージェントを活用し、効率よく転職活動を進めましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、圧倒的な規模と実績を誇る業界最大手の転職エージェント。数ある転職エージェントの中でも、他を圧倒する求人数を有しており、ほぼすべての業種・職種の求人をカバー。保育士の転職や、異業種への転職にも幅広く対応し、実績面でも他を圧倒している
リクルートエージェントの特徴は、転職活動をサポートするキャリアアドバイザーの質の高さ。経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、業界ごとに特化した、高い専門知識を持ったキャリアアドバイザーから質の高いサポートを受けることができる。未経験職種への転職支援実績が豊富な点もうれしい。
また、業種・職種を問わず幅広いコネクションを持っている点もリクルートエージェントの大きな魅力。国内大手企業はもちろん、ベンチャー企業、外資系企業等からも多数の求人が集まっている。
保育士からの転職を考えている方にとって、リクルートエージェントは、まず登録しておくべき転職エージェントであることは間違いない。

求人数
2020年10月時点
20万3,769件以上
(内、非公開求人:約10万7,441件以上)
リクルートエージェントの強み
  • 圧倒的な求人数を誇る転職エージェントの最大手
  • キャリアアドバイザーの質の高さに定評があり、異業種への転職支援実績も豊富

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

doda(デューダ)は、総合人材サービス大手・パーソルキャリアが運営する転職エージェント。転職者が自分で案件を検索し直接応募する「求人サイト」としての機能に加え、キャリアアドバイザーが求人の紹介を行う「エージェントサービス」も提供している。
dodaの特徴は、キャリアアドバイザーのきめ細かいサポートに定評がある点。転職をサポートするキャリアアドバイザーは、業界・職種・地域ごとに担当が分かれており、業界ごとの転職情報・求人情報に精通している。また、キャリアアドバイザーが原則女性となっている点もチェックしておきたい。転職サイトと転職エージェントのサービスを一元化して利用できるdodaは、豊富な求人の中から希望の条件に合う求人を見つけたいという方はもちろん、業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートを受けながら、異業種への転職を目指したいという保育士の方であれば、利用を検討すべき転職エージェントと言えるだろう。

求人数
2020年10月時点
9万4,837件以上(内、非公開求人:3万5,579件以上)
dodaの強み
  • 原則女性のキャリアアドバイザーがきめ細かいサポートをおこなう
  • 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策に定評あり

まとめ

保育士から異業種への転職について解説した本特集はいかがでしたか?
保育士から異業種への転職は、保育士資格を活かし、子どもと関わる仕事や、ホスピタリティ・コミュニケーション能力の高さを活かした仕事がおすすめです。また、介護業界も、保育士の経験や資格を活かして働くことのできる業界の1つ。
保育士から事務職への転職を目指すのであれば、資格取得を目指すか、無期雇用派遣を利用し、実務経験を積みながら正社員を目指す方法もあります。

保育士から異業種への転職を目指す際は、保育士の転職に強い転職サイトや、異業種転職の支援実績のある転職エージェントを賢く活用し、効率的に転職活動を行うのがおすすめ。
保育士から異業種への転職を考えている方は、本特集を参考に、転職を成功させましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。