効率よく転職する方法とは?おすすめの求人サイトや転職エージェントなども紹介

転職活動の歩きかた

転職 効率

キャンセル

効率よく転職するには

転職の流れ

効率よく転職するには

スマートな転職方法と利用価値の高いサービス

効率よく転職するには

効率よく転職するには~はじめに~

「転職をするのであれば、効率よく取り組みたい」「離職期間をできるだけ短くして、早く転職活動を終わらせたい」と思っている人は多いのではないでしょうか。

転職にかかる期間は一般的に3ヵ月から半年と言われていますが、初めての転職の場合、転職活動をスタートしてから転職先が決まるまでの期間は、平均約2.1ヵ月(※@type「データで見る初めての転職 転職活動期間」)。約半分の人が、1ヵ月以内に転職先を決めています。

効率よく転職するには

転職は、時間が経てば経つほど不利になるもの。そこで今回は、効率よく転職する方法を3つご紹介。本特集を参考に、効率のよい転職を目指しましょう!

友人の紹介を受ける

効率の良い転職先の見つけ方として、友人や知人を介して仕事を紹介してもらう方法があります。友人・知人に転職先を紹介してもらう場合、企業のリサーチ、情報収集などの転職活動にかける時間を減らすことが可能。

また、転職先の良い点だけでなく、悪い点についても事前に情報収集ができます。例えば、業務内容や福利厚生、給料、残業時間、職場の雰囲気など、転職するうえでチェックしておきたいことについて、詳しく聞くことが可能です。実際に働いている人にしかわからない情報を得られる点は、大きなメリットでしょう。

ただし、友人や知人を介した転職では、仕事が合わなかったとき辞めにくい点に注意。転職してみたら思っていた仕事内容と違った…という事態を防ぐためにも、紹介者の話だけで決めず、事前にしっかりと情報収集をしておくことが大切です。

効率よく転職するには

情報収集は、企業サイトや就職四季報、就職口コミサイトなどを利用をして、自分でチェックする方法がおすすめ。小さい会社の場合は、上記の方法でも調べられないことがあるため、事前に聞いておきたい項目をまとめておき、面接時に質問しましょう。

おすすめの転職口コミサイト

キャリコネ

キャリコネ画像

キャリコネは利用者の口コミをもとにした情報サイト。各企業の社風、働く環境、残業・休日出勤など様々なテーマで口コミを募集、一部を公開している。企業ごとに転職面接のページが用意されており、面接時の年収と入社後の年収の比較、面接官にされた印象的な質問、面接の応募職種、選考期間など様々な情報が閲覧できる。無料会員登録をしたうえで、口コミの投稿もしくは「ID一括登録サービス」に登録すると、すべての口コミが1年間閲覧可能。

求人サイトや転職エージェントを併用する

転職活動を始めるに当たり、まず思い浮かぶのは求人サイトや転職エージェントへの登録。どちらかを利用するという人が多いかもしれませんが、こちらは併用がおすすめです

求人サイトは自分の興味に沿った業種・職種が中心になりますが、転職エージェントは、キャリアアドバイザーが面談を実施したうえで、利用者の希望にできるだけ沿った求人を紹介します。また、求人の紹介だけでなく職務経歴書の書き方、面接の仕方などのアドバイスももらえるため、採用にさらに近づくことができるでしょう。

効率よく転職するには

求人サイトで実施されている、企業から転職者へオファーが届くスカウトサービスの利用もおすすめ。スカウトサービスは、Web上に履歴書を公開し、企業からアプローチを受ける制度です。スカウトは自分のキャリアに好感を持っている企業から届くため、そのぶん採用される確率が高くなります。

2つのサービスを並行し利用することで、より多くの求人にアクセスし、転職の効率を高めることができるでしょう。

おすすめの求人サイト・転職エージェント

doda(デューダ)

doda(デューダ)

求人サイトと転職エージェント両方の機能を兼ね備えた転職サービス。自分で企業を探してエントリーをすることはもちろん、エージェントサービスに申し込めばキャリアアドバイザーに様々なサポートをしてもらうことができる。スカウトサービスも実施しており、非公開求人のオファーや、書類選考無しの面接確約オファーを受けることも。オファー数が他社と比較して多く、月に1,300万通以上が配信されている。

ヘッドハンティング会社の活用

効率の向上とキャリアアップを兼ねたい場合は、ヘッドハンティング会社の活用も選択肢の1つ。ヘッドハンティングというと、ヘッドハンターから声をかけられるイメージがありますが、近年は転職者が自分で登録できるヘッドハンティング会社が増加しています。

ヘッドハンティング会社を利用すると、利用者はそれまでの仕事からステップアップした役職・地位に就くことが可能です。ヘッドハンティングを依頼した企業は、新規事業のリーダーなど即戦力となる人物を探している場合がほとんど。そのため、給料などの待遇が前職よりも悪くなる可能性は低く、新しい会社・業種でも自信を持って挑戦することができます。

しかし、ヘッドハンティング会社はそれぞれ主にサポートする職業、年代や年収が決まっている場合が多いため、事前に自分が当てはまるかどうか確認しておきましょう。

おすすめのヘッドハンティング会社

ビズリーチ

ビズリーチ画像

採用企業数6,400、公開求人数約7万(※2017年6月時点)を誇る、国内最大級のエグゼクティブ向けヘッドハンティング仲介サイト。管理職やグローバル人材に特化しており、職務経歴書審査に通過後、サービスの利用が開始するシステムとなっている。
有料会員と無料会員の2種類があり、有料会員になると、職務経歴書を入力することで非公開求人への応募や、スカウトへの返信が可能に。他にも企業が掲載している求人への応募、一流のヘッドハンターからの求人の提案など様々なサービスを受けることができる。

キャリアカーバー

キャリアカーバー画像

人材サービスの最大手企業「リクルート」が運営するヘッドハンティングサービス。サービスは完全に無料となっており、匿名でレジュメを記入しヘッドハンターに提出すると、ヘッドハンターが把握している案件の中から利用者に合いそうな求人をピックアップ、スカウトメールで提案してくれる。作成したレジュメは企業側には公開されないため、現職の関係者等に転職活動を知られる心配もない。また、全ヘッドハンターの中からプロフィールを参考に、自分が相談したいヘッドハンターを選ぶことができる点も嬉しい。

効率よく転職するには~まとめ~

効率よく転職する方法はいかがでしたか?

友人や知人の紹介、求人サイト、転職エージェント、ヘッドハンティング会社など様々なサービスを利用することで、転職活動を効率的に行うことが可能です。
また、転職の幅が広がり、これまで考えていなかった企業にも関心が向くかもしれません。

本特集を参考に、転職活動を短期決戦で終わらせましょう!