40代・50代の中高年の転職に役立つ資格

転職活動の歩きかた

中高年 転職 資格

キャンセル

40代・50代の転職に役立つ資格 中高年の転職を成功させる方法とは?

ケース別転職対策

40代・50代の転職に役立つ資格

中高年の転職を成功させる方法とは?

40代・50代の転職に役立つ資格 中高年の転職を成功させる方法とは?

はじめに

「あと10年、20年の社会人生活を考えると、このタイミングで転職しておきたい」「たとえ年収が下がってもキャリアチェンジ(異業種転職)したい」と考えている40代・50代の方の中には、転職活動を有利に進めるため、資格の取得を考えている方も多いはず。

そこで、今回の転職活動の歩きかたの特集は、中高年の転職に役立つ資格と転職を成功させる方法を取り上げます。
中高年が転職する際に役立つおすすめの資格を厳選し、わかりやすく解説。また、その資格がどの業界への転職に役立つのか、資格の取得難易度についてもご紹介しています。
さらに、40代・50代の転職をサポートするおすすめの転職エージェントの情報も。

転職に役立つ資格を取得したいと考えている40代・50代の方や、中高年の転職を成功させる方法を知りたいと考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

中高年の転職に役立つ資格とは?

40代・50代の転職は、20代・30代の若い世代と比較すると、得意分野への高い専門性やマネジメント経験が求められます。特に同業種での転職の場合、それが顕著です。

40代・50代の転職に役立つ資格・画像

現場での経験や実績に加え、指導力やマネジメント能力、コミュニケーション能力、転職先の変化に対応できる柔軟性があるかという点も評価されるため、中高年の転職ではこれらのスキルをアピールすることが重要です。

参考:企業が中高年の転職者に求める能力とは?

  • これまでに蓄積された経験・スキル
  • プロフェッショナルであること
  • 情報のキャッチアップと柔軟な思考
  • 過去の栄光にとらわれない

中高年の転職では、専門的な知識やマネジメント等の実務経験が必要となる資格を取得することで、上記の1~3の能力を客観的に証明することができるというメリットがあります。
経験のある分野での転職を目指す場合、業務経験にプラスし、自身のスキルを証明する資格を取得しておくことで、アピールポイントを強化しましょう。未経験分野への転職を目指す場合、資格を取得することで、やる気とスキルのアピールに繋がり、内定取得の可能性がアップします。
40代・50代の転職においては、自分のキャリアプランや転職希望先にあった資格をしっかりと見極め、取得を目指しましょう。

【業界別】中高年の転職に役立つ資格

40代・50代の中高年の転職に役立つ資格は、取得難易度が高いものが多く、マネジメントに関する知識や専門的な知識が求められます。
その一方で、業界・職種によっては中高年でも、実務未経験から資格を取得し、転職に役立てることができる資格も。
40代、50代の転職に失敗は許されません。必要な資格をしっかりと選び、自分に合った資格を取得することが重要です

以下では、中高年の転職に役立つ資格を業界別にご紹介します。

【金融業界・経営系】中高年の転職に役立つ資格

金融業界・経営系・画像

中小企業診断士

中小企業の経営状態を分析し、その結果をもとに経営者やマネジメント層にアドバイスを行う国家資格。資格の取得難易度は高いが、経営戦略立案などマネジメントに関する知識を身に付けることができる。

中高年転職のポイント
金融業界や経営層に近い部署が資格保有者を優遇。税理士事務所への転職も可能。キャリアを積めば、将来的に経営コンサルタントとして独立することもできる。

FP(フィナンシャルプランナー)技能士

資産運用や保険、相続等、金融に関する専門知識を証明する国家資格。金融業界でのニーズが高く、証券会社では必須資格になっている。

中高年転職のポイント
1級FP技能士(CFP)を取得すれば、金融関連のコンサルタントとして転職を目指す上で、大きなアピールポイントとなる。保険会社や証券会社、不動産業界等への転職にも役立つ。

社会保険労務士

労働や社会保険関係の国家資格。合格者のうち約2割は50代以上となっている。総務や人事、経理の経験者におすすめ。

中高年転職のポイント
企業の人事・経理、厚生労働組合等への転職に役立つ。前職で人事・総務の経験があれば社労士事務所への転職も可能。社会保険まで手掛ける総合税理士事務所へ転職するケースも多い。

【IT業界】中高年の転職に役立つ資格

PM(プロジェクトマネージャー試験)

IT業界のマネジメント能力を証明する資格。受験資格は特に必要ないが、実務経験を伴わない場合、資格取得がかなり難しいため、プロジェクトマネージャーとしての能力及びキャリアの裏付けとして役立つ。

中高年転職のポイント
大企業及び官公庁案件に多く携わるシステム開発企業への転職に役立つ。資格手当や一時金が支給されるケースも。大手メーカーなどではPM資格取得を昇給の条件としている場合もある。

【不動産業界】中高年の転職に役立つ資格

宅地建物取引士

不動産売買や賃貸の仲介の仕事に必須の国家資格。合格率は15%程度と決して高くはないが、中高年の転職に役立つ難関資格の中では、比較的取得しやすいため、40代・50代で挑戦する人も多い。

中高年転職のポイント
不動産業界への転職には必須の資格。未経験から中高年で不動産業界へ異業種転職する際にも役立つ。

管理業務主任者

マンションの運営・管理業務をおこなうことができる国家資格。合格率は20%程度。宅地建物取引士と合わせて勉強する人も多い。資格手当が支給される場合があり、中高年の再就職に役立つ資格として50代以上を中心に人気が高い。

中高年転職のポイント
未経験からマンション管理会社への転職に役立つ。この資格だけでの転職は難しいため、宅地建物取引士と合わせて取得する、マンション管理士試験の前段階として取得する等、関連資格と合わせて勉強するのがおすすめ。

【介護・福祉業界】中高年の転職に役立つ資格

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護の基礎知識の習得を証明する資格。介護業界で働く場合、まずはじめに取っておくべき資格となる。年齢制限はなく、誰でも資格取得のための研修に参加できる。

中高年転職のポイント
中高年転職のポイント:中高年から未経験でもチャレンジできる資格。訪問介護員や特別養護老人ホーム、障がい者施設などへ転職可能。業界未経験の中高年が異業種転職を目指すため、取得するケースも多い。

中高年の転職におすすめの転職エージェント

40代・50代の転職は、資格を取得するだけではなく、いかに中高年をターゲットとした求人にアクセスするが成功のポイント。そのためにも、40代・50代向けの求人を多数取り扱っており、中高年の転職を支援し、成功に導いた実績がある転職エージェントの活用は欠かせません。
また、転職を通じたキャリアアップを考えている場合、通常の転職エージェントだけではなく、ヘッドハンティング型の転職支援サービスを利用することも視野に入れると良いでしょう。

中高年の転職におすすめの転職エージェント・画像

以下に中高年の転職におすすめの転職支援サービスを厳選しました。転職を検討している40代、50代の方は、ぜひチェックしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェント。数ある転職エージェントの中でも、他を圧倒する求人数を保有しており、40代・50代の中高年の転職にも豊富な実績がある
リクルートエージェントは、ほぼすべての業種・職種の求人をカバー。様々なキャリアを持つ中高年の転職にも柔軟に対応することができる。
また、リクルートエージェントでは転職活動をサポートするキャリアアドバイザーの質の高さにも定評があり、中高年の転職支援に実績を持つアドバイザーが多数在籍。業界ごとに専門知識を持ったベテランアドバイザーから質の高いサポートを受けることができる。
40代・50代の中高年で転職を考えている方にとって、リクルートエージェントは、まず登録しておくべき転職エージェントと言えるだろう。

求人数 2019年12月時点 32万5,519件以上(内、非公開求人:約16万3,177件以上)
リクルートエージェントの強み
  • 中高年の転職支援に実績を持つベテランのキャリアアドバイザーが在籍
  • 求人数、転職実績ともにトップクラス

リクルート キャリアカーバー

リクルート キャリアカーバー画像

キャリアカーバーは、リクルートが運営するハイクラス専門の転職支援サービス。
キャリアカーバーが取り扱うのは、原則年収600万円以上のハイクラス求人となっており、30代後半から40代、50代の利用者が最も多い
キャリアカーバーでは、求職者に求人や転職支援サービスを直接提供しておらず、キャリアカーバーに登録したプロのヘッドハンターが求職者のプロフィールを見て、サービスを行う。登録しているヘッドハンターは、2019年12月現在1,834名以上、求人数は5万1,020件以上と、ハイクラス向けの転職支援サービスの中では最大規模。また、他の転職支援サービスでは取り扱いのない重要ポジションの求人やマネジメント職、専門職の求人、秘匿性が高く、条件の良い求人が充実している。登録できる年収に一定の制限がある点には注意が必要だが、キャリアアップのために転職を考えている40代・50代の中高年の方は、チェックしておくべき転職支援サービスだろう。

求人数 2019年12月時点 公開求人:約5万1,020件他、非公開求人多数
リクルートエージェントの強み
  • 30代後半、40代、50代の中高年がメインで利用
  • 取扱い求人は全て年収600万円以上

まとめ

40代・50代の転職に役立つ資格についてご紹介した本特集はいかがでしたでしょうか?
中高年の転職は、今までの社会人生活の中で築いてきた業種・職種固有のスキルや経験、実績が求められます。つまり、それらを客観的に証明するための資格を取得しておくことは、必ず役立つはずです。
ただ、これまでに蓄積された業務経験・スキルだけでなく、マネジメント能力や指導力が重視される40代・50代は、資格を取得するだけでは転職できません。

転職を考えている40代・50代の中高年の方は、社会人生活で培ってきた経験や専門的なスキルについても、しっかりとアピールしていくことが重要です。
本特集を参考に、自分のスキルや経験を裏付けする資格や、転職を希望する業界と将来のキャリアプランに合った資格を取得し、40代・50代での転職を成功させましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。