病院以外や夜勤なしで看護師が活躍できる勤務先は?年収・求人の見つけ方

転職活動の歩きかた

看護師 病院以外

キャンセル

看護師から転職

ケース別転職対策

看護師から転職

看護師を辞めたいと思ったら? 看護師から転職する際におすすめの3つのルートをわかりやすく解説

看護師から転職

転職ルート3別の病院や病院以外の勤務先で看護師として働く

看護師からの転職ルート3つめは、看護師という仕事は辞めずに他の職場へ勤務先を変える方法です。転職の理由が職場の労働環境や人間関係、給与等にあり、看護師の仕事自体が嫌いというわけでない場合は、状況改善を期待できる有力な選択肢となります

看護師から転職

現在は、時短制度や日勤のみ(夜勤なし)などの採用枠を導入している病院も多く、介護施設や保育所の増加によって病院以外で看護師が活躍できるフィールドも増えています。
ただし、年収や必要とされるスキルは勤務先により異なり、夜勤のない勤務先では収入がダウンする可能性や、医療行為・緊急対応の不要な施設では看護師としてのスキルアップが望めない、といったケースもあります
まずは転職したい理由を整理し、「ここは譲れない」というポイントを中心に自分に合った勤務先選びをすることが大切です。

転職理由と勤務先選びの例

スキルアップ

小さい子供がいるので残業ができず突発的な欠勤も多いが、いずれはフルタイムで働きスキルアップしたい。

  • 時短制度のある病院やクリニックなど最新の医療に触れられる勤務先がベター

労働環境

夜勤や長時間労働が体力的につらい。スキルアップはそこそこで良いので体を壊さないように働き続けたい。

  • クリニック、夜勤のない介護施設、美容クリニック、企業医務室、保育園・幼稚園、健診センターなどがおすすめ

クリニック(医院・診療所)

クリニック(医院・診療所)画像

クリニック(医院・診療所)画像

特徴 入院設備がゼロもしくは19床以下の小規模な医療機関。スタッフも少人数となるため、看護師一人あたりの責任が重くなる傾向がある(子供の病気などで急に休めない等)。看護のほかに事務・受付・掃除などの業務が加わる場合も。
夜勤の有無 施設による
休日 週末や祝祭日にとれる
年収の目安 施設による
  • 夜勤がない場合は病院勤務より給料が下がることが多い
看護師としてのスキルアップ 向かない(重症患者への対応は少ない)
転職のポイント
  • 人間関係を事前にチェック(少人数の職場で人間関係がこじれると追い詰められやすい)

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)画像

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)画像

特徴 自宅での介護が困難な高齢者が入所する介護施設。医師の在籍は義務付けられていないが、看護師は入所者100名に対し3名の配置義務がある。
夜勤の有無 施設による(夜勤なしの場合もオンコールはあり)
休日 比較的土日に休みをとりやすい
年収の目安 夜勤なし:450万円前後/夜勤あり:670万円前後
  • 夜勤がない場合は病院勤務より給料が下がることが多い
看護師としてのスキルアップ 向かない(入居者の健康管理が中心)
  • その後の転職では看護師の実務経験としてカウントされない場合も
転職のポイント
  • 入所者の体調に応じたケアが必要となるため看護師としてある程度の臨床経験が必須
  • 看護師としての仕事のほか介護の仕事も加わる
  • 夜勤がなくオンコールのみの施設の場合はオンコール手当の有無をチェック

老人保健施設(介護老人保健施設)

老人保健施設(介護老人保健施設)画像

老人保健施設(介護老人保健施設)画像

特徴 入所者が自宅で生活できるようになることを目標としリハビリ治療を行う介護施設。医師が常駐しており、看護師も入所者100名に対し9名の配置義務がある。24時間看護体制。
夜勤の有無 あり
休日 シフト制が多い
年収の目安 450万円前後
看護師としてのスキルアップ 向かない(入居者のリハビリが中心)
  • その後の転職では看護師の実務経験としてカウントされない場合も
転職のポイント
  • 看護師としての仕事のほか介護の仕事も加わる
  • 入所者とのコミュニケーションスキルが求められる

有料老人ホーム(民間運営)

有料老人ホーム(民間運営)画像

有料老人ホーム(民間運営)画像

特徴 民間運営の介護施設で入所者の介護レベルはまちまち。医師は不在で、看護師は入所者30名に対し1名の配置義務がある。
夜勤の有無 夜勤なし
  • ただしオンコールはあり
休日 シフト制が多い
年収の目安 500~600万円前後
看護師としてのスキルアップ 向かない(入居者の健康管理中心。最新の医療に触れる機会は少ない)
  • その後の転職では看護師の実務経験としてカウントされない場合も
転職のポイント
  • 医師がいないため入居者の緊急事態では看護師が医療的な判断を迫られる。病棟勤務などの臨床経験が不可欠
  • 看護師としての仕事のほか介護の仕事も加わる
  • 入所者とのコミュニケーションスキルが求められる

デイサービス・ショートステイ

デイサービス・ショートステイ画像

デイサービス・ショートステイ画像

特徴 デイサービスは日帰り、ショートステイは宿泊(連泊も可)の介護施設。医師は不在で看護師は通常1施設に1名。夜勤がない施設では病院勤務と比較して給料は低い。
夜勤の有無 施設により異なるが夜勤のないケースが多い
休日 シフト制が多い
年収の目安 300~400万円前後
看護師としてのスキルアップ 向かない(入居者の健康管理中心。最新の医療に触れる機会は少ない)
  • その後の転職では看護師の実務経験としてカウントされない場合も
転職のポイント
  • 看護師は1施設に1人のケースが多く、看護師としての臨床経験や介護施設での勤務経験が求められる
  • 看護師としての仕事のほか介護の仕事も加わる

美容クリニック

美容クリニック画像

美容クリニック画像

特徴 美容整形・脱毛・レーシックなどの保険外診療を行うクリニック。自由診療となるためクリニックの経営が安定している。看護師は脱毛用レーザーなどの医療機器の操作に加えて接客なども行う。
夜勤の有無 ほぼなし
休日 土日祝日は出勤となる
年収の目安 500万円前後
看護師としてのスキルアップ 向かない(最新の医療に触れる機会が少ない)
転職のポイント
  • 20代~30代の看護師求人が中心
  • 接客スキルが必要
  • クリニックによっては営業ノルマがある場合も

企業医務室(企業看護師)

企業医務室(企業看護師)画像

企業医務室(企業看護師)画像

特徴 企業の従業員の健康管理を行う。企業の社内に設置された医務室に勤務するケースもあれば、グループ内の事業所や工場を巡回して健康チェックを行うケースもある。後者の場合は移動・出張が増える。
夜勤の有無 なし
休日 土日祝日に休める
年収の目安 400~500万円前後
  • 大企業勤務の場合は給料が高い傾向
看護師としてのスキルアップ 向かない(医療行為を行うことはほぼない)
転職のポイント
  • 従業員の健康データ管理などPCスキルが必須
  • 人気があり離職率も低いため転職支援サービスなどを活用した幅広い情報収集が必要

保育所、幼稚園

保育所、幼稚園画像

保育所、幼稚園画像

特徴 保育所・幼稚園などに勤務し、園児や保護者、保育士などの健康を守る。入院はなく、残業もほぼない。子供が好きな看護師や仕事と家庭を両立したい看護師に人気が高い。給与水準は他の勤務先と比較して低い傾向にある。
夜勤の有無 なし
休日 土日祝日に休める
年収の目安 350~400万円前後
  • 公立の場合は公務員待遇となりやや有利
看護師としてのスキルアップ 向かない(医療行為を行う機会は少ない)
転職のポイント
  • 子育て経験や小児科での勤務経験を生かせる
  • 内科・外科・歯科・皮膚科などの幅広い知識が必要
  • 看護師資格に加えて保育士資格もあると有利

健診センター、人間ドッグ専門クリニック

健診センター、人間ドッグ専門クリニック画像

健診センター、人間ドッグ専門クリニック画像

特徴 健康診断を行う施設で医師のサポート業務を行う。入院がなく残業もほぼない。パート・アルバイト・派遣社員としての募集も多い。正職員は福利厚生に加えて賞与や定期昇給もあり、人気が高い。
夜勤の有無 なし
休日 日祝(施設によっては土曜も)休める
年収の目安 350~450万円前後
看護師としてのスキルアップ 向かない(医療行為を行う機会はない)
  • ただし予防医療の知識を得られる
転職のポイント
  • 健診受診者に対するコミュニケーションスキル(接客スキル)が必要
  • 離職率が低く正職員の求人は限られる。転職支援サービスなどを活用した幅広い情報収集が必要

時短制度のある病院や、病院以外の勤務先を探す場合は、看護師求人を様々な条件で絞り込める看護師転職サイトがおすすめです。豊富な求人数を誇る全国対応の看護師転職サイトは、地方の看護師求人もカバーしているうえ、求人紹介や面接時の条件交渉といったアドバイザーのサポートも首都圏同様に受けることが可能
看護師転職サイトによって、つながりのある医療機関や施設は異なるため、取り扱う看護師求人も異なります。競争率の高い人気の勤務先へ転職を希望している場合は、複数の転職サイトに登録し、情報を集めると良いでしょう

病院以外の看護師求人も豊富に扱う転職支援サービス

看護roo!

看護roo!画像

東証一部上場の看護師向け転職エージェント。看護師に特化した転職エージェントの草分けとして圧倒的な数の看護師求人を取り扱う。利用者の満足度は96%以上。無料会員登録するともれなく、転職ノウハウが詰まった転職本「ナースのHappy転職ガイドブック」がもらえる。

MCナースネット

MCナースネット画像

全国18か所に拠点を持つ全国対応の看護師向け転職エージェント。常勤に加えて単発(スポット)求人や派遣求人も多数取り扱う。企業医務室や保育園、健診センターなどの看護師に人気の高い求人は、特集ページを設けて目当ての求人にすばやいアクセスが可能。

看護師から転職~まとめ~

「看護師から転職する方法」いかがでしたでしょうか。
慢性的な人手不足に悩む医療現場で、看護師は一貫して高いニーズを持つ職業の一つです。医学・薬学等の専門知識や看護スキルなどの高い専門性を生かし、多様なキャリアを築くことができる点は、看護師の大きな強みでしょう。
一方で、どのような勤務先を選ぶかにより、転職後のキャリアは大きく異なります。

看護師から転職

「看護師を辞めたい」と思ったときは、理想の働き方を考える良い機会です。根本的な辞めたい理由をきちんと整理したうえで、どのような働き方がしたいか、どのようなスキルを身につけたいかを考えれば、満足度の高い転職を実現させることができます
看護師として働いてきた年月を無駄にしないためにも、自身の強みを把握し、自分に合った勤務先を選んで、後悔のない転職活動を目指しましょう!