Pythonエンジニアに未経験から転職するには?Python初心者におすすめのプログラミングスクールをチェック

転職活動の歩きかた

IT エンジニア 未経験 転職

キャンセル

Pythonエンジニアに未経験から転職する方法と初心者におすすめのプログラミングスクール

ケース別転職対策

Pythonエンジニアに未経験から転職するには?

Python初心者におすすめのプログラミングスクールをチェック

Pythonエンジニアに未経験から転職する方法と初心者におすすめのプログラミングスクール

はじめに

AIが私たちの生活の様々な場面で活躍するにつれ、AIプログラミングへの注目も飛躍的に高まっています。AIの多くは、主要なAIプログラミング言語である「Python」を使用しており、このPythonを扱えるエンジニアの需要も年々増加。この大きな流れはしばらく変わることはないでしょう。

未経験からエンジニアになりたいと考えている方の中には、Python を学び、AI技術に強いエンジニアになりたい、AI活用に取り組むIT企業への転職を目指したいという方も多いはず。

ただ、実際には全くの未経験からPythonエンジニアを目指すというのは困難です。

そこで、今回の転職活動の歩き方の特集は、未経験からPythonエンジニアを目指したいという方に向けて、未経験からPythonエンジニアになるために必要なスキルや転職の方法を詳しく解説。また、プログラミング初心者がPythonを身につける際におすすめのプログラミングスクールも厳選してご紹介します。
未経験からPythonエンジニアへの転職を目指している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

未経験からPythonエンジニアに転職できる?求められるスキルとは?

全くの未経験からPythonエンジニアへ転職したいと考えている場合は、まずは求められるスキルについて把握しておきましょう。

Pythonエンジニアに求められるスキル・経験とは

Pythonエンジニアへの転職を目指すのであれば、プログラミングの基礎知識を持っていることは大前提。プログラミング自体が全くの未経験という場合は、プログラミングスクール等を活用し、まずはプログラミングの基礎知識と技術を身につけるのがおすすめです。プログラミングの基礎知識を身に着け、スクールなどで一定の経験を積めば、職種未経験であってもPythonエンジニアとして転職できる可能性が高まります。まずは基本的なスキルを身につけることが最優先事項と言えるでしょう。

プログラミングの基礎知識・画像

それでは、具体的にどのようなスキルが必要なのか解説します。
未経験からPythonエンジニアへの転職を目指す場合は、Pythonに関する基礎スキルや成果物が必要です。またRubyやPHPなど、他のプログラム言語の基礎知識と開発経験があると、評価してもらえるケースもあります。RubyやPHPの経験がなくても、Javaに関する知識と経験があれば、評価されるケースも少なくありません。その他、機械学習やAI、データ分析に関する知識があれば、転職する際、有利です。大量のデータ処理経験も、Pythonエンジニアへの転職を目指す際、アピールできるポイントの1つです。

このように、Pythonに関するスキルだけでなく、関連するプログラミング言語の開発経験や知識を持っていると、未経験からでもPythonエンジニアとして転職できる可能性が高まると言えます。

未経験からPythonエンジニアに転職するためのスキル・経験(1つ以上を推奨)

  • RubyやPHPなどのLinux環境の開発経験
  • Javaに関する知識
  • Pythonに関する基礎スキル、成果物
  • 機械学習、AI、データ分析に関する知識
  • 大量のデータ処理経験

未経験からPythonエンジニアに転職したい!パターン別に解説

それでは、実際に転職を目指す場合は、何から始めれば良いのでしょうか。以下では、未経験からPythonエンジニアに転職したいと考えている方を3つのケースに分け、転職する方法を解説します。

1プログラミング未経験の場合

プログラミング自体が全くの未経験の場合は、プログラミングスクールに通う、独学で学ぶ等の方法で、まずプログラミングの基礎知識を身につけることが必須。プログラミングの基礎知識がゼロの状態で、いきなりPythonエンジニアへ転職するのは困難です。
プログラミングは独学で学ぶこともできますが、初心者の場合は挫折しやすいという点も。プログラミング未経験の場合は、メンター(講師)がつき、個別に質問対応等を行ってくれるプログラミングスクールを利用し、スキルを身につけるのがおすすめです。本特集の後半に、「初心者におすすめのプログラミングスクール」を厳選してご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

2Pythonは独学で学んだが実務未経験

Pythonの知識やスキルを既に独学やプログラミングスクールで学んだが、実務は未経験という方であれば、ポートフォリオを作り、求人企業に自身の技術と成果物をアピールしましょう。ある程度知識を身につけることができていれば、コピーアプリやクローンアプリの作成から始めるのがおすすめです。また、オリジナルアプリの作成やPythonを利用したWebサイト開発に取り組めば、そのアプリやシステムが転職する際のアピールポイントなります。
実務未経験の場合は、できるだけ制作実績を積み、ポートフォリオを充実させておくことが重要です。

3Pythonは未経験だがRubyやPHPの実務経験はある

介護職・画像

Python自体は未経験であっても、RubyやPHP等のLinux環境で開発を行った実務経験が3年以上あれば、Pythonエンジニアへの転職の成功率は高くなります。その他、大量のデータ処理経験もアピールポイントにすることができるでしょう。
ただ、Pythonエンジニアを目指すにあたって、全くPythonの知識が無い状態では、転職意欲が低いのではないかと見られることも。関連言語の実務経験があっても、Pythonの基礎知識は学んでおくことをおすすめします

未経験からPythonエンジニアへの転職を成功させる方法

未経験からPythonエンジニアへの転職においては、「業界研究・職種研究」、「スキルの習得」、「転職エージェントの活用」の3つが特に重要です。

業界研究、職種研究を行う

求人案件のリサーチ・画像

業界研究や、職種研究をしっかりと行い、実際にPythonエンジニアに必要とされる知識や経験、業界知識を身につけることが重要です。
自己応募型の求人サイトを利用するにせよ、転職エージェントを活用するにせよ、基本となる業界への理解がなければ、自分に合った求人を選ぶことはできません。また、プログラミングスキルを習得するにあたっても、実際に業界現場で求められるスキルを把握したうえで必要なスキルを身につけることが重要です。求人案件のリサーチを行い、実際に必要とされるスキルセットや実績をチェックしておきましょう

プログラミングの基礎やPythonを学習する

業界研究をしっかり行い、求人票の情報などから必要とされるスキルセットや実績を把握したら、実際にプログラミングの学習を開始します。必要なスキルから逆算し、目標を立て、自分にあったカリキュラムでプログラミングを学びましょう
また、転職を目指す場合は、プログラミング知識のインプットだけでなくアウトプットが重要です。学んだ言語を用いたWebサイトやオリジナルアプリの開発などを通して、成果物を作りましょう。
また、Pythonエンジニアとして転職するためのポートフォリオ作りは非常に重要です。しっかりしたポートフォリオを作ることで、転職の成功率がぐっと高まります。 時間に余裕がある場合は、ココナラクラウドワークス等の副業サイトなどを通してPythonの実績を積むのもおすすめです。

転職エージェントを活用して転職活動を進める

転職エージェント・画像

未経験でも、独学等ですでに一定以上のITスキルを身につけており、プログラミング関連の資格を取得している場合や、プログラミングスクールに通い、一定以上のプログラミングスキルが身についている場合は、未経験からPythonエンジニアへの転職支援実績のある転職エージェントに登録し、転職活動を進めるのがおすすめです。未経験からIT業界への転職事例を豊富に抱えている転職エージェントであれば、実際にPythonエンジニアへの転職が可能かどうかも含め、具体的なアドバイスをもらう事ができるでしょう。

転職エージェントに無料会員登録すると、転職サイトには公開されていない非公開求人を紹介してもらうことができ、IT業界の最新動向に詳しい転職支援のプロのサポートを受けつつ、転職活動を進めることができます。また、応募書類の添削や面接対策、内定獲得後の条件交渉なども無料でサポートしてくれるため、上手く活用し、効率的に転職活動を進めましょう。

以下では、IT業界の求人が充実しており、未経験からPythonエンジニアへの転職に強いおすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント画像

リクルートエージェントは、圧倒的な規模と実績を誇る転職エージェントの最大手。数ある転職エージェントの中でも、他を圧倒する求人数を有しており、ほぼすべての業種・職種の求人をカバーしている。Pythonエンジニアの求人も多数取り扱っており、未経験職種への転職支援実績も豊富
リクルートエージェントの特徴は、転職活動をサポートするキャリアアドバイザーの質の高さ。リクルートエージェントには、IT業界に特化した経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、業界の専門知識を持つキャリアアドバイザーから、質の高い転職サポートを受けることができる。
さらに、IT業界はもちろん、幅広い業種・職種に強いコネクションを持っている点もリクルートエージェントの大きな魅力。国内大手企業はもちろん、ベンチャー企業、外資系企業等からも多数の求人が集まっている。
未経験からPythonエンジニアへの転職を考えている方にとって、リクルートエージェントは、まず登録しておくべき転職エージェントであることは間違いない。

WORKPORT(ワークポート)

ワークポート・画像

ワークポートは、IT企業・インターネット関連・ゲーム関連企業に特化した転職支援サービスとして創業した転職エージェント。現在は、IT企業の転職に強みを持つ、総合転職エージェントとして多くの利用者から支持されている
ワークポートの特徴は、企業との強いコネクションを活かし、他の転職エージェントにはない求人が充実している点。特にIT企業の求人に関しては他の転職エージェントと比較しても求人数が豊富で、質も高く、求職者から高い評価を獲得している。Pythonエンジニアの求人も取り扱っており、実務未経験可(ポテンシャル採用)の求人も
また、業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが、企業選びから履歴書・職務経歴書の作成、面談日程の調整、年収交渉まで、一貫して手厚いサポートを提供している点も大きな魅力。
未経験者の転職に強く、IT企業への転職支援実績も豊富なワークポートは、未経験からPythonエンジニアへの転職を検討している方にとって、利用する価値がある転職エージェントと言えるだろう。

Pythonを学びたい初心者におすすめのプログラミングスクール

Pythonを学び、エンジニアへの転職を検討している場合は、転職支援付きのプログラミングスクールを上手く活用すると、転職の成功可能性がぐっと高まります。
以下は、Pythonを学べるのはもちろん、プログラミング初心者にもおすすめのプログラミングスクールです。これらのサービスを上手く活用することで、転職成功をめざしましょう。

DMM WEB CAMP COMMIT 専門技術コース

WebCampCommit(ウェブキャンプコミット)

DMM Web Camp COMMIT(ウェブキャンプコミット)は、DMMグループが運営する転職支援つきプログラミングスクール。転職成功率は98%と非常に高く、所定の条件を満たす受講生が転職に成功しなかった場合、受講料を全額キャッシュバックする返金保証も行っている。
Python(AI関連)のスキルを身につけたい場合は、「専門技術コース」がおすすめ。受講期間は、4ヶ月間+キャリアサポートとなっており、AIやクラウド技術等、ITエンジニアとして必要になる実践的なスキルを身に付けることができる。受講修了後は、キャリアアドバイザーによる求人紹介やキャリアカウンセリング、応募書類の添削、模擬面接などの転職サポートを受けることができる。
「専門技術コース」の受講料は、一括払いした場合、通常910,800円(税込)(※分割払いの場合は38,706円から)だが、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となっているため、所定の条件を満たすと、受講料から最大70%(限度額:56万円)のキャッシュバックを受けることができる。
転職保証制度は、30歳未満の方限定となっている点には注意が必要だが、DMM Web Camp COMMITは、プログラミング初心者で、未経験からPythonエンジニアとして転職したい場合、ぜひチェックしておきたいプログラミングスクールの1つだろう。

受講料金 一括払い:910,800円(税込)
  • 全額返金保障制度あり&受講料の最大7割が助成される教育訓練給付金対象コースあり
  • 分割払いの場合は38,706円(税込)~
受講スタイル 通学(東京、大阪)/オンライン
受講期間 4カ月の学習+キャリアサポート
学べる内容
  • HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Railsなどの基礎学習
  • チーム開発(ECサイト開発)
  • ポートフォリオ制作
  • AI教養/クラウド教養(選択科目)
無料体験 無料カウンセリングあり

キャンペーン情報

5万円キャッシュバックキャンペーン
2021年5月31日までにカウンセリングを受け、カウンセリング後1週間以内に対象コースの受講契約を締結すると、最大5万円のキャッシュバックが受けられる。

SAMURAI ENGINIEER 転職コース/AIコース

SAMURAI ENGINIEER画像

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は、プロのエンジニアがマンツーマンで指導する、日本初のマンツーマン専門プログラミングスクール。累計28,000人以上の指導実績があり、受講生の90%が未経験者となっている。
未経験からPythonエンジニアに転職したいと考えている場合は、「転職コース」または「AIコース」がおすすめ。「転職コース」では、4週間プランと8週間プランを用意。転職に成功した場合、受講料が実質完全無料となる点は要チェック。他の転職支援付きプログラミングスクールでは、転職できなかった場合に全額返金を保障しているケースが多いが、SAMURAI ENGINEERは転職に成功した場合に受講料が無料に。転職成功率は94.1%と非常に高いことから、大半の受講生は実質無料で講義を受講できる。
「AIコース」では、12週間、24週間、48週間から学習プランを選択可能。Pythonの基礎学習から、スキルを用いてAIを実装する過程も学ぶ。
プログラミングスクールとしての歴史と実績があり、マンツーマンレッスンが高い評価を獲得しているSAMURAI ENGINEERは、プログラミング初心者からPythonエンジニアへの転職を目指す場合、利用を検討したいプログラミングスクールと言えるだろう。

受講料金

転職コース

  • 4週間プラン:(一括/一般):77,000円(税込)
  • 8週間プラン:(一括/一般):228,800円(税込)
  • 転職に成功すると受講料無料
  • 入学金別途52,800円(税込)

AIコース

  • 12週間プラン(一括/一般):605,000円(税込)
  • 24週間プラン(一括/一般):990,000円(税込)
  • 48週間プラン(一括/一般):1,650,000円(税込)
  • 分割払いの場合は25,208円(税込)~
  • 入学金別途107,800円(税込)
受講スタイル オンライン
受講期間 12週間、24週間、48週間
学べる内容

AIコース

  • Pythonの基礎学習
  • AI実装
  • 実データの機械学習処理、画像解析、ブロックチェーン習得 など
無料体験 無料体験レッスン受講可能

キャンペーン情報

レッスン延長キャンペーン
2021年4月30日までに無料体験レッスンに申し込み、2週間以内に「AIコース」を含む対象のコースの本申し込みを行うと、最大2週間レッスン期間を無料で延長可能。

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

Aidemy Premium Plan・画像

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)は、初心者から始めることができる、Python特化型のオンラインプログラミングスクール。マンツーマンで指導を行い、未経験から3カ月の短期間でAIプログラミングの基礎知識を身に付けることができると高い人気を集めている。
アイデミープレミアムプランでは、Pythonを学ぶことができる4つのコースを用意。「AIアプリ開発講座」、「データ分析講座」、「自然言語処理講座」、「AIマーケティング講座」から選んで学習できる。また、「選び放題システム」を利用すると、完全オーダーメイドの講座にカスタマイズすることができる点も嬉しい。どの講座を選ぶか迷う方は、オンライン無料相談会を実施しているため、専属コンサルタントに相談してみると良いだろう
また、転職相談も行っており、AI技術を生かした職種への転職を考えている場合は、キャリアコンサルタントに相談できる点も嬉しい。キャリアコンサルタントは、教材選定やメンタリングでサポートを行ってくれる。
受講料金は3ヶ月プランが528,000円(税込)、6ヶ月プランが858,000円(税込)、9カ月プランが1,078,000円(税込)。講座に満足できなかった場合、受講後8日以内であれば受講料の全額返金に対応している。また、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となっているため、所定の条件を満たすと、受講料から最大70%のキャッシュバックを受けることができる点はチェックしておきたい。
未経験からPythonエンジニアへの転職を目指している方であれば、アイデミープレミアムプランは受講を検討すべきプログラミングスクールの1つだろう。

受講料金
  • 3ヶ月プラン:528,000円(税込)
  • 6ヶ月プラン:858,000円(税込)
  • 9カ月プラン:1,078,000円(税込)
受講スタイル オンライン
受講期間 3カ月、6カ月、9ヵ月
学べる内容
  • AIアプリ開発
  • データ分析
  • 自然言語処理
  • AIマーケティング など
無料体験 オンライン無料相談会あり

まとめ

Pythonエンジニアは、今後も大きな需要が期待できる将来性のある職種の一つ。Pythonのスペシャリストとしてスキルと実績を磨き、データサイエンティストや機械学習エンジニアなど、専門性の高い職種へとキャリアアップすることで、高い年収を得ることも可能です。

未経験からPythonエンジニアを目指す場合は、まずは業務に必要となるプログラミングスキルを身につけることが必須。プログラミング自体が全くの未経験であれば、初心者向けのプログラミングスクールを活用し、プログラミングの基礎知識を身につける必要があります。

また、Pythonエンジニアをはじめ、エンジニア職種は、プロジェクトごとにチームを組み、複数人で仕事をする職種です。そのため、プログラミングスキルだけではなく、チーム内でコミュニケーショを取り、納期をしっかり守るといったビジネススキルも求められます。さらに、日々進化していくプログラミング技術に対し、自発的に学習し続けられる姿勢も重要です。

未経験からPythonエンジニアへの転職を考えている方は、本特集を参考に、転職に必要なプログラミングスキル、ビジネススキルを身につけ、転職を成功させましょう!

著者
西山 さき

著者 西山さき

Hayakawa所属のライター・編集者。
主な執筆ジャンルは金融、エンタメ・カルチャー、教育、転職・就職等。カルチャーに関心があり、休日は音楽と美術鑑賞、読書に明け暮れている。