20代、30代が未経験で営業の仕事に転職する方法と6つのコツ

転職活動の歩きかた

20代 30代 転職

キャンセル

20代、30代が未経験の営業の仕事に転職する方法

ケース別転職対策

20代、30代が未経験の営業の仕事に転職する方法

20代、30代が未経験で営業の仕事に転職する方法と6つのコツ

20代、30代が未経験の営業の仕事に転職する方法

はじめに

営業には、一般企業や福祉施設、学校などに商品やサービスを提案・販売員する「法人営業」と、個人に商品やサービスを提案する「個人営業」があります。さらに、パソコンや住宅、オフィス用品、自動車など形があるものを提案・販売する「有形商材の営業」、サービスやシステムなど形がない商材を提案・販売する「無形商材の営業」に分類することができるなど、一口に営業と言ってもその職種はさまざまです。

未経験から営業の仕事へ転職したい場合は、まず初めに「誰を相手(個人or 法人)にどんなもの(商品なのかサービスなのか)を売りたいのか」を決める必要があります。それが定まったら次のステップで自身の強みやスキルのアピール方法、採用担当者に好印象を与える志望動機などを考えましょう。

本特集は、未経験から営業の仕事へ転職を目指す20代、30代の方のために、おすすめの業種や志望動機の考え方、営業の転職に強い転職サイトや転職エージェントの情報を厳選し、ご紹介しています。未経験での転職に不安を感じている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

異業種・未経験から営業の仕事への転職は可能?

営業職は、未経験でも転職しやすい職種の1つです。これは、営業職に求められる知識や技術が企業ごとに異なり、他業種で培った知識が役立つケースが多いことから、経験の有無を問わずやる気のある人材を採用しているためです。ちなみに、すでに営業職を経験している場合でも、転職先の企業が全く同じ方法で営業しているとは限りません。

もちろん、基本的な知識や技術があった方が採用されやすいのは事実ですが、経験者であったとしても、営業のやり方が異なる場合は転職後に知識や技術を学び直すことになります。このように、営業という仕事は他業種と比較すると経験者と未経験者の差が小さいため、未経験からでも十分に転職できる可能性があるのです。

異業種・未経験から営業の仕事への転職は可能?・画像

また、人員の入れ替えが激しいことも転職のしやすさに関係しています。退職理由は、「ノルマが厳しい」、「土日休みを取りにくい」といったネガティブな理由もあれば、「次のステップへ進みたい」、「今よりも金額の大きい商品・サービスを販売したい」といったポジティブな理由までさまざまです。離職率が高いからといって「人員の入れ替えが激しいから営業の仕事がキツい」とは言い切れません。

20代が未経験の営業の仕事に転職するコツ

20代の未経験者が営業の仕事への転職を目指すのであれば、若さが評価される業界を狙いましょう。また、スキルアップの意思が強く伝わる志望動機を伝えることで、好印象を与えられます。未経験で営業の仕事に転職したい20代の方におすすめの業種と志望動機の例をご紹介します。

未経験から営業を目指す20代におすすめの業種

20代で未経験から営業の仕事に転職したい場合は、以下のような若さが評価されやすい業種がおすすめです。

1不動産業界

不動産業界・画像

不動産業界は、住宅やオフィス、倉庫、施設などの仲介営業を主力事業としているところがたくさんあります。仲介営業は、不動産の購入や賃貸物件への入居を希望する人に、条件を満たす不動産を紹介したり、大家とのやり取りを仲介するのが主な仕事です。不動産業界の営業職には、明るく元気でフレッシュな人材が求められるため、20代の若い世代には適した職種と言えます。

未経験者の採用に対して積極的で、専門資格を取得するためのサポート体制が整っている企業も多いため、不動産業界の仲介営業は、未経験者でも転職しやすいでしょう。

2金融業界

金融業界・画像

金融業界には、銀行や証券会社、保険会社などがあります。主な業務は、個人の顧客への投資信託商品や保険商品の提案、法人の顧客への資金調達の提案など。金融商品の営業は、法律知識や専門知識も求められるため、働きながら勉強する必要があります

金融商品は顧客の資産形成に深く関わるため、商品の魅力を伝えるだけでは成約には至りません。顧客のライフプランや運用に対する考え方まで踏まえた上で、提案することが求められます。また、顧客との間に信頼関係を築き、相手に不快感を与えない気持ちの良い対応が求められるため、若くフレッシュな人材が重宝される傾向があります。

未経験から営業を目指す20代におすすめの志望動機の考え方

20代で未経験の場合、営業スキルを前面に打ち出した志望動機を作ることは難しいでしょう。以下のように、なぜ未経験から営業という仕事を目指すのか、その理由がしっかり伝わる志望動機を作ってみてください。

20代におすすめの志望動機の例

例1前職では、アパレル企業の販売員として、さまざまな世代のお客様のトータルコーディネートをご提案しておりました。会話から潜在ニーズを引き出し、想像を超える商品を提案することを得意としています。しかし、服飾よりもさらにお客様の人生に深く関係する不動産を提案したいと考えるようになり、営業職への挑戦を決意いたしました。

このように、前職と営業職の違いに着目して、志望動機を考えることがポイントです。未経験の営業職へ転職したい理由を明確に示すことで、採用担当者に納得感を与えられます。

例2前職では、マーケティング部に在籍し、自社製品・サービスのPRや広告制作をしておりました。新しいマーケティング手法をいち早く取り入れ、より多くのお客様に商品の魅力をお伝えすることを得意としております。しかし、日々の業務に取り組む中で「お客様のお喜びいただく姿を間近で見たい」と思うようになりました。その時思い浮かんだのが、お金を有効活用することで、社会を動かす金融という仕事です。御社は幅広い世代に向けた金融商品を展開されており、顧客を大切にされていると様々な記事で拝見しました。御社でればより多くのお客様と接することができ、お客様に喜んでもらえる機会を得られると思い、御社への転職を志望しています。

こちらの例も、異業職から営業職に転職したい理由と熱意を明確に伝えることで、納得感のある志望動機になっています。

30代が未経験の営業の仕事に転職するコツ

未経験で営業の仕事に転職したい30代の方は、前職の経験を活かせる業種を選びましょう。知識や経験を活かすことで、より内容の濃い提案ができるため、採用担当者にも好印象を与えられます。以下に未経験で営業の仕事に転職したい30代の方におすすめの業種と志望動機の例をご紹介します。

未経験から営業を目指す30代におすすめの業種

30代の方には、前職の経験を活かせる業種や、社会人経験が結果に反映されやすい業種がおすすめです。まずは業種ごとの特徴を理解するところからはじめましょう。

1前職と同じ業種の営業職

前職と同じ業種の営業職であれば、知識や経験が活きるはずです。例えば、車の整備士が自動車メーカーの営業職に転職した場合、現場で学んだ深い知識を車の提案に活かせるでしょう。また、同じ業種の営業職に転職する場合は、納得感のある志望動機を作りやすいため、未経験であっても転職の際、有利になります。

2メーカー系

メーカー系の営業職の主な業務は、自社製品の提案営業です。ルート営業が中心の企業も多く、若さよりも顧客のニーズを丁寧に掘り下げ、的確に提案し、より強固な信頼関係を作り上げる力が求められます。信頼関係の構築は、これまでに培ってきた経験が活きることから、20代よりも社会人経験豊富な30代に向いている業種と言えるでしょう。

製造業についていた方が営業への転職を目指す場合、商品の知識やこれまでの経験が活きるため、提案営業として採用される確率が上がります。

未経験から営業を目指す30代におすすめの業種・画像

未経験から営業を目指す30代におすすめの志望動機の考え方

30代の未経験者の場合は、次のように過去の経験を活かした志望動機を作りましょう。

30代におすすめの志望動機の例

例1前職では、車の整備工場で整備士として働いていました。整備士は、お客様の大切な車のメンテナンスや故障個所のチェックなどを行う重要な仕事です。これまでは車を整備する事で、お客様に喜んでいただいていましが、その車を実際に営業販売し、お客様にお喜びいただきたいと思い、これまでの経験を活かすことができ、高品質な車を取り扱う御社を志望いたしました。

このように、同じ業種の中で職種だけ異なる場合には、取り扱う商品に触れることがポイントです。自分の想いを組み込むことで、納得感を与えられるでしょう。

例2前職では、製造業としてレトルト食品の製造に従事していました。お客様の暮らしを快適にするレトルト食品を製造することを誇りに感じていましたが、30代になり、誇りを持って作った商品をお客様に届けるお手伝いをしたいと考えるようになりました。そこでまず思い浮かんだのが、人々の暮らしをもっと豊かにする商品を多数開発している御社です。これまでに培った製造業での経験を活かし、御社の営業職として従事することを希望しています。

過去の経験を踏まえた志望動機は、採用担当者に納得感を与えられます。また、お客様と強固な信頼関係を築き上げたい気持ちが伝わるように、「お客様にお喜びいただきたい」、「お客様の生活を豊かにしたい」などのパワーワードを盛り込み、志望動機を作成しましょう。

未経験OK!20代、30代の営業職に強い転職サイト&転職エージェント

未経験で営業の仕事に転職する場合、「本当に採用されるのか」、「自分に合った転職先が見つかるのか」など、さまざまな不安を感じるものです。このような不安を解消する手段として上手く活用したいのが、営業職の転職に強い転職サイトや転職エージェントです。

特に、転職エージェントは求職者のスキルや強み、経験を踏まえ、自分に合った企業を紹介してくれるので、一人で転職先を探すより、良い企業への転職を実現できる可能性が高いでしょう。以下は20代、30代の未経験での営業職への転職に強い転職サイトと転職エージェントを厳選し、ご紹介します。

おすすめの転職サイト&転職エージェント

ベンチャーセールス

ベンチャーセールス・画像

ベンチャーセールスは、20代の営業職に特化した転職エージェント。運営元の株式会社リアステージは、複数の人材紹介サービスを提供しており、質の高いサポートが期待できる。リアステージを利用し、転職した求職者の平均年収は603万円、内定率も95%と非常に高い。トップ営業マンが専属のキャリアアドバイザーとして、1,000社を超える優良企業の中から自分に合った企業を紹介。トップ営業だからこそ話せる秘話や、転職後に営業として活躍するためのアドバイスができるので、未経験から営業への転職に不安を感じている方にもおすすめできる。さらに、営業職としてのマインドの伝授、1人1人に合わせたキャリアプランの提案など、より良い転職先を見つけるためのサポートも充実。金融業界や人材業界、IT業界など幅広い業界に対応しているので、業界を絞り込めていない方も一度相談してみると良いだろう。また、転職に関する相談には24時間365日いつでも対応。忙しくて転職活動の時間を確保できない人にとっても、サポート体制が充実しているベンチャーセールスは心強い味方になる
無料会員登録は名前と年齢、メールアドレス、電話番号のみ。簡単に登録でき、転職活動に取り組めるので、未経験から営業への転職を視野に入れている方は、一度試してみると良いだろう。

いい求人net

いい求人net・画像

いい求人netは、株式会社hapeが提供する営業職に特化した転職サイト。リクナビNEXTによる調査では、430社を超える転職エージェントの中で、総合部門、営業部門、販売・サービス部門、首都圏部門の4部門で1位を獲得する等、営業に特化した転職サイトとして、高い評価を獲得している。
いい求人netは、優れたマーケティング力によって開拓した多くの求人企業と良好な関係を構築しており、質の高い求人紹介が期待できる。また、経営理念や財務基盤、職場風土、ワークライフバランスなど、複数の基準をクリアした企業の求人には「いい求人認定」というマークを掲載。求人選定の際に活用することで、自分に合っているかどうかを判断しやすい。また1人で転職を進めることが不安な場合には、転職支援サービスに申し込むことで、営業職に精通したキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることもできる。応募書類の添削や面接対策等も無料で提供しているので、未経験から営業の仕事への転職を目指している人も安心して転職活動に取り組むことができるだろう。また、企業と求職者のミスマッチを防ぐために、どちらも同じ人物が担当。行き違いやミスマッチを防ぐことで、高い内定率と定着率を実現している。

まとめ

営業職の求人数は非常に多いため、狙う業界によってはスムーズに転職活動が進むことも。未経験から営業職に転職したい場合は、20代なら若さを活かせる業界、30代なら経験を活かせる業界を狙いましょう。

また、自分では気づいていない強みやスキルを知るために、転職エージェントのキャリアアドバイザーに一度相談し、スキルの棚卸に取り組んでみるのもおすすめの方法です。

未経験から転職する際は、転職活動の効率と成功率を上げるために、営業職に特化した転職サイトや転職エージェントを上手く活用しましょう。

著者
加藤 良大

著者 加藤 良大

東証一部上場企業の元人事担当者として、販売員や営業の採用をしてきた。また、ライターとして人材関連記事をはじめとした多ジャンルの執筆を手がけている。