昇給額の平均は?2016年の昇給見通しが発表

転職活動の歩きかた

昇給額 平均

キャンセル

ニュース

2016年の昇給見通しが発表

あなたの昇給額、平均より多い?少ない?

上場企業の昇給額の平均は6,689円になる見通し

年が明け、昇給査定の時期が近づいてきました。多くの会社が給与の改定を行う4月に向け、自分の昇給額が平均と比較して多いのか少ないのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

労務行政研究所は、東証第1部・2部上場企業の労働組合委員長や人事・労務担当部長などを対象に、昇給に関するアンケート調査を行いました。その結果によると、2016年の昇給率は平均2.12%、平均の昇給額は6,689円になる見通しとなっています

あなたの昇給額、平均より多い?少ない?- 2016年の昇給見通しが発表に・画像

しかしこれは、上場企業における平均の昇給額。昇給額はそれぞれの会社の規模によって大きく異なります。
経団連が「2015年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果」で発表した昨年の実績では、一部上場、従業員500人以上の大企業の平均昇給額は8,235円、従業員500人未満の中小企業では4,702円と大きく差が開く結果に。これは、多角的に事業を展開している大企業と比較すると、中小企業の方が業績を景気に左右されやすいためだと言われています。
昇給額の平均と自分の昇給額を比較する際には会社の規模も考慮して比べてみると良いでしょう

昇給額が平均よりも低い場合は転職が必要?

平均と比べ自分の昇給額が低く、落胆した方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも悲観する必要はありません。
多くの会社は昇給額を一定にし、業績や個人の成績はボーナスなどの一時金に反映させる傾向があります。一般的に毎年の昇給額よりも一時金の方が年収を大きく左右するもの。日々の仕事に励んでボーナスがアップすれば、昇給額の差はすぐに埋めることができるでしょう
また、基本給を上げる定期昇給とは別に、昇進によって役職手当をもらえるケースも少なくないため、一般的な昇進スピードよりも早く昇進できれば、昇給額の差をカバーできる可能性も十分にあります

昇給額が平均よりも少なかったという方も、落ち込まずに年収アップを目指して今の仕事を頑張ってみてはいかがでしょうか。

ボーナスも昇進も見込めない場合

会社によっては昇給だけではなくボーナスや昇進による手当もほとんど期待できないというケースもあるかと思います。今の給料のままでは将来が不安だという方や、仕事のモチベーションが上がらないという方は、昇給額アップを目指して昇進制度が整った会社への転職を考えてみてはいかがでしょうか
給料の昇給額は、会社で働き続けるための大事な要素。今回、昇給額の平均を知り、今の会社で長く勤めることに不安を感じた方は、転職について考えてみてもいいかもしれません。

2016年昇給が期待できる求人に強い転職エージェント

doda(デューダ)

doda(デューダ)画像

国内最大級の規模と実績を誇る転職エージェント。10万件を超える求人を誇り、その中の約8割が非公開求人。履歴書・職務経歴書を登録することでスカウトサービスも利用可能。さらにプロのキャリアコンサルタントによる適職診断や、自分自身のもらうべき年収がわかる市場価値診断等、転職に役立つサービスが充実転職活動を通じ、大きな昇給を期待できる

求人数 2018年12月時点 13万2,000件以上(内、非公開求人:約10万9,000件以上)
昇給に強い理由 無料会員登録で本来もらうべき年収=市場価値がわかる

パソナキャリア

パソナキャリア画像

常に20,000件を超える求人と質の高いサポートが魅力の転職エージェント。男性はもちろん、女性の正社員転職にも強い。転職支援サービスに登録することで、キャリアカウンセリングはもちろん、応募書類の添削や面接対策、昇給を実現する年収交渉、退職手続きまでフルサポート。パソナキャリアを通して転職に成功した人の年収アップ率は67.1%と、数ある転職エージェントの中でもトップクラス。

求人数 2018年12月時点 3万3,000件以上(内、非公開求人:約2万件以上)
昇給に強い理由 年収アップ率67.1%!昇給につながる転職に強み