ブランクのある転職を成功させよう

Step.ブランクがある転職を成功させる方法 様々なブランクの理由別に転職の対策を解説

転職はブランクがあっても大丈夫?ブランクがある転職を成功させる方法01

ブランクがある転職を成功させる方法

転職活動をしていてもなかなか思うような結果が出ないときや、退職してから何年も経過している場合、ブランクの期間が転職にどの程度不利に働くのかが気になる方も多いでしょう。

結論を先に言えば、一般にブランク期間が長いほど、転職活動は不利になるのは間違いありません。
しかし、ブランクができる理由は1つではなく、ブランク期間の捉え方も企業によって大きく異なるのもまた事実。
ブランクにきちんとした理由があり、離職期間中も「目標を持って努力していた」「社会との接点を持つようにしていた」など、高い意欲を持っていることを示すことができれば、ブランクがあることを大きなマイナスとは捉えない企業も少なくありません。

そこで本特集では「ブランクがある転職を成功させる方法」をテーマに、ブランクの理由別の転職対策や、ブランクがある場合に活用したい各種の転職支援サービスをご紹介します。

ブランクがあると転職が不利になるのはなぜ?ブランクがある転職を成功させる方法02

ブランクが長いと転職で不利になる傾向が強いのは、採用する側が、ブランクのある求職者に対して、以下のような不安をおぼえるためです。

  • 仕事への意欲が低下しているのではないか
  • スキルや知識が古くなっていないか、仕事の勘が鈍っていないか
  • 本人の転職スキルに問題があるのではないか
    (自分自身を客観的に把握する能力や、面接等におけるコミュニケーション能力など)

いずれも、採用側にとっては、その求職者を雇用するうえで大きな懸念材料となります。
ブランクのある求職者は、採用側が、自分に対して上記のような不安を抱く可能性が高い、ということを、まずは理解しておきましょう。

そのうえで、企業側の不安に先回りするかたちで、応募書類や面接などで対策を練ることが大切です。

ブランクの理由別、転職の対策ブランクがある転職を成功させる方法03

ブランクの理由1
転職活動をしていた(とくに理由がない)
退職後に転職活動をスタートした場合、とくに理由がなくとも(転職活動をしていただけで)2~3ヶ月程度のブランクができるのは、めずらしいことではありません。
ただし、思うような結果が出ないまま時間だけが経ってしまう場合は注意が必要です。どこかで自分のこれまでの転職活動を振り返り、応募書類や応募先企業の選び方などを見直すなど、対策を考える必要があります。
6ヶ月以上のブランクができると、企業側の心証にも影響を与えるので、転職活動が長引く前に定期的な活動内容の見直しを心がけましょう。
転職エージェントや転職サイトは、1社だけでなく複数社利用するのがベター。とくに転職エージェントでは応募書類の添削や模擬面接なども行ってくれるので、積極的に活用すると良いでしょう。
ブランクの理由2
リストラに遭った
退職後の転職活動と同じく、ブランクのできやすい転職と言えます。とくに40代や50代の場合は、それより下の世代と比較すると、転職に時間がかかるのが一般的。新しい仕事への柔軟性や、働く意欲など「気持ち」の部分も問われやすくなります。長期戦を覚悟したうえで、たとえば、空いた時間に勉強し、資格を取得する、セミナー・勉強会に参加し、知識を磨くなど、リストラに遭っても前向きに働く意欲があることを示しましょう。
転職サイトや転職エージェントとハローワークなどの公的転職支援とを併用してアクセスできる求人を増やすのがおすすめ。応募書類等では「リストラに遭った」とマイナスイメージの言葉を使用するよりも、業績不振による人員整理のためなど、具体的な状況を説明する言葉を添えると良いでしょう。

あわせて読みたい

中高年の転職
中高年の転職を解説。30代後半から40代までの転職者を取り巻く転職市場の実際、中高年求人へのアクセス方法、上手に活用したいサービスとは?
ブランクの理由3
病気やケガ
ブランクの理由となった病気やケガが完治していること、仕事に支障がないことを明確にすれば、一般的には、ブランクがあってもそれほどマイナスの印象は持たれません。信頼度を高めるためには、医師の診断書を取得し、応募書類に添付するのも1つの方法。
ただし、「うつ病」や「適応障害」など精神系の疾患については、完治していても再発を不安視する企業があることも事実です。仕事に支障がないことが医師に確認できているようであれば、必ずしも病気やケガをオープンにする必要はありません。
ブランクの理由4
(親などの)介護をしていた
病気やケガと同じく、やむを得ない事情で仕事を離れ、ブランクがある場合は、企業側がマイナスの印象を抱く心配は、ほぼゼロと言えます。ただし、ブランクの期間が長く、前職でのスキルや知識が古いものになっている場合は、転職に備えて再勉強をするなど、働くことに対する前向きな姿勢をアピールする必要があるでしょう。
また、現在も介護中である場合は、残業の可否、突発的な事態に対するフォロー体制(ヘルパーの利用等)などを明らかにし、企業側にしっかり説明できるようにしておきましょう。
ブランクの理由5
出産・育児
結婚や出産とともに退職し、育児などが落ち着いたタイミングで再就職を希望する方は少なくありません。一般に、ブランクが長期間になりやすいため、働く意欲や社会人としての心構えなどを問われるケースが増えてきます
ブランクのあいだに取り組んだこと、たとえばPTAやボランティア、サークル活動などでの経験や、資格の勉強、社会人講座の受講などを材料に、社会との接点を持ち続けてきたことをアピールしましょう。
また、子どもが小さく、急な欠勤・早退の可能性がある場合や、残業が難しい場合などは、介護のケースと同様に、事情を説明しつつ、いざというときのフォロー体制(病児保育やファミリーサポートの利用など)についても考えおくと良いでしょう。

あわせて読みたい

主婦からの再就職
主婦からの再就職を成功させるための、3つの方法を解説しています。ブランクが長くても働くことはできる? 再就職するために利用したいおすすめのサービスは?
ブランクの理由6
資格取得や留学
資格や留学を理由としたブランクがある場合、「目的」と「成果」を明確にしておくことが大切です。
仕事を辞めてまで、その資格の勉強や留学に専念した理由はなにか。また、その期間にどのようなスキル・経験を得ることができたのか、その中で実務に活かせることがあるか、などを説明できるようにしておきましょう。
資格取得であれば、同じ資格を在職中に取得した人と比較しても見劣りしない強みがあればベター。
留学の場合も、TOEICスコアのみでは、在職中にハイスコアを取得した人と比較すると見劣りする場合があるため、留学で得たプラスアルファの経験を提示すると良いでしょう。

ブランクがある転職に役立つ転職支援サービスブランクがある転職を成功させる方法04

check転職エージェント

求職者1人1人にキャリアアドバイザーがつき、求人紹介や応募書類の添削といった転職サポートを提供します。正社員求人がほとんどで、大手企業の求人に強いことが特徴。
アドバイザーにブランクに関する相談はもちろん、今までのスキルと経験の棚卸しなども協力してもらうことが可能です。ただし、ブランクの長さによっては、登録が難しい(紹介案件がないと断られる)ケースも。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の転職エージェント。業界トップクラスの求人数と転職実績を誇る。取り扱い業種・職種共に他の転職エージェントと比較しても幅広く、ブランクのある転職にも積極的。求職者の転職をサポートするキャリアアドバイザーも経験豊富なベテランが多く、サポート力にも定評がある。

パソナキャリア

パソナキャリア画像

キャリアアドバイザーによるきめ細かい転職サポートが特徴。男性の正社員転職はもちろん、系列の人材派遣会社「パソナ」で培った企業人脈の関係から、女性の転職も積極的にサポート。大企業はもちろん中小企業の求人にも強く、オフィス関連の求人案件が充実。

check転職サイト

Web履歴書を作成し、サイトに掲載された求人情報を検索して応募するのが基本の活動方法となります。求人は、転職エージェントと同じく正社員案件が中心ですが、ブランクがあっても登録できないということはまずありません。また、スカウト機能を持つ転職サイトが多いので、活用すると企業側からオファーがもらえる場合も。掲載求人数が豊富なサイトを選ぶと良いでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT画像

リクルートが運営する転職サイト。取り扱う求人数・業種・職種は業界トップクラス。Web履歴書を一部公開し、企業からのアプローチを待つ「スカウトサービス」の草分け的存在でもある。転職に役立つコンテンツも充実しているので併せてチェックしておきたい。

doda(デューダ)

doda画像

転職サイトと転職エージェントの2つの転職支援サービスをワンブランドで提供。求人数やスカウトメール配信数ではリクナビNEXTに迫る。職務経歴書の自動作成サービスなど便利な機能も充実。会員向けに人気企業への合格診断や年収査定などのサービスも提供している。

check人材派遣会社

最初に会員登録し、派遣会社の紹介で企業などに出向します。職種は一般事務以外の専門職も豊富。ブランクが長い人のために、大手派遣会社では研修制度やスキルアップセミナーにも力を入れています。長く働きたい場合は、正社員化を視野に入れた紹介予定派遣や、契約期間に定めのない無期雇用派遣を検討してみましょう。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング画像

リクルートグループの派遣会社。求人数の多さに加え、スキルアップ研修やeラーニング、キャリアカウンセリングなど派遣スタッフへのサポート体制も充実している。就業中は「リクルート健康保険」に加入でき、安価は社会保険料で健康保険を利用可能。

checkアルバイト情報サイト

アルバイトの求人を地域や各種条件ごとに検索できる情報サイト。まずはアルバイトで仕事の勘を取り戻したり、手っ取り早く収入を得たい、という場合に便利です。ただし、非正規雇用の求人がほとんどなので、長く働くことを視野に入れるのであれば、正社員採用のあるアルバイト先などに応募すると良いでしょう。

バイトル

バイトル画像

全国のパート・アルバイト情報を扱う。日払い、単発、在宅ワークなどの条件でも検索が可能。アルバイト情報画面で各アルバイト先の年齢層や男女比などがわかり、職場の雰囲気を把握しやすい。

ブランクのある転職は採用側の気持ちになり「不安」を先回りしようブランクがある転職を成功させる方法05

ブランクがある転職を成功させる方法

ブランクのある転職は、在職中の転職や退職直後の転職よりも、難易度は高くなります。
しかし、採用側がブランクに抱く不安を理解し、それに対してどのような解決策を考えているかを説明するだけでも、印象は全く異なってきます。

現在は、人手不足から採用を積極化している企業も多いため、粘り強く活動することで、ブランクを大きなマイナス要素ととらえない(あるいは、ブランク期間の過ごし方次第では、その取り組みを高く評価してもらえる)企業と出会える確率も高まるでしょう。

長い社会人生活の中では、様々な事情からブランクができるのは、ある意味自然なことでもあります。
今回ご紹介した様々な転職対策を参考に、ご自身を前向きに評価してくれる企業と出会い、転職を成功させましょう!

Pick Upおすすめコンテンツ

  • 求人サイト比較
  • 求人サイトを比較!求人数やスカウト、独自サービスで人気のサイトは?
  • 転職エージェント比較
  • 転職エージェントを比較!リクルートエージェントやマイナビエージェントの評判・口コミは?
  • 派遣会社比較
  • 福利厚生やスキルアップ支援、口コミ等を参考に、評判が良い派遣会社を選びましょう

New Contents新着コンテンツ

  • 営業の転職に有利なおすすめの資格3選
  • おすすめのサービスや、営業の転職に強い転職エージェントを紹介
  • 介護離職からの再就職を成功させる方法
  • 介護を理由に離職したあとの再就職を成功させよう
  • 英語力と転職 定番のTOEIC、注目が高まるBULATSとは?
  • 英語を使う職種への転職に役立つ英語能力テストとは
  • パートから正社員への転職を成功させる3つの方法
  • 正社員になるための3つの方法や、メリットとデメリットも

口コミ募集みんなでつくるランキング|口コミ受付中!

転職エージェントや求人サイトなど、各種の転職支援サービスを利用してのご感想やこれから利用する方へのアドバイス等、転職活動に役立つ口コミ情報がございましたらぜひご投稿ください。

  • 口コミ募集中!
  • 口コミが3回採用された方にもれなくAmazonギフト券500円分をプレゼント!

口コミ投稿についてもっと詳しく

パソナキャリア

このページのトップへ