30代未経験の仕事への転職 成功のポイントを解説

転職活動の歩きかた

30代 転職 未経験

キャンセル

30代未経験の仕事への転職

ケース別転職対策

30代未経験の仕事への転職

どのように転職活動を進めていけば、30代でも未経験の仕事へ転職できるのか、ポイントをチェックしましょう

30代未経験の仕事への転職

30代でも未経験の仕事に転職できる?

多くのビジネスパーソンにとって、30代はキャリアの分岐点です。新卒で入社して10年。仕事にも慣れ、社内ではベテランとして部下を指導する立場にある方も多いでしょう。
一方で、地道に続けてきた今の仕事に留まるか、思い切って別の仕事にチャレンジするかで悩む方も少なくありません。後者の方にとって30代とは、新たなキャリアをスタートさせる最後のチャンスでもあります

今までとは異なる未経験の仕事に就くことは、決して簡単ではありません。仕事の内容も会社の慣習も、新しく憶えなければならないことばかりです。入社当初は仕事のスキルもまだ低く、無力感を覚えることもあるでしょう。自分より年下の上司や先輩に指導を受けることも、ごく当たり前に起きます。
また、30代で未経験の仕事に転職する場合は、20代と比較すると内定が出にくいことも覚悟する必要があります。

一見、不利な条件ばかりのように感じれられる未経験の転職ですが、上記のような注意点を把握し、一つ一つ対策を講じていけば、30代で未経験の仕事に転職することは十分可能です
本特集では、30代で未経験の仕事への転職を考えている方を対象に、転職する上での注意点や転職を成功させるためのポイント、未経験OKの求人に強い求人サイトや転職エージェントの情報をお伝えします。

未経験分野への転職を考えている方はもちろん、30代で初めて転職する方にも役に立つ内容となっていますので、是非参考にしてください。

30代で未経験の仕事に転職する場合の注意点

30代前半と30代後半では転職のしやすさと求められるスキルが違う

30代と言っても年齢の幅は広く、30代前半と30代後半では、転職活動の進め方や、転職の際に求められるスキルが異なります
採用傾向としては、未経験者より即戦力人材(経験者)が有利であることは、どちらも変わりません。

ただし、30代前半の場合、本人に明確なビジョンや熱意があり、将来的に業務の中核を担える人物としての可能性を見出すことができれば、採用確率は高まります。即戦力となるだけのスキルがない場合は、変化への対応力や問題解決力、コミュニケーション能力などであるていどカバーできるのが、30代前半の特徴です。

一方、30代後半の場合は、たとえ未経験の仕事であっても、どこかに即戦力としての強みが求められます。今までの経験・知識・スキル・人脈などを直接業務に活かせることに加え、マネジメント経験も求められることが多いでしょう。企業は、未経験者の採用に対して、30代前半よりも慎重になるため、転職活動は長期化する傾向があります。

30代前半 30代後半
未経験の仕事
同業種・異職種の仕事
異業種・同職種の仕事
同業種・同職種の仕事
求められるスキル
  • キャリアプランが明確
  • 即戦力もしくは近い将来に業務の中核を担える業務改善やマネジメント等の主体的な取り組みができる
  • 即戦力になれる
  • マネジメント経験がある企業の利益に貢献できる知識・経験・ネットワークがある新しい環境になじめる
  • 特に30代後半は、企業側がマネジメント経験を求めるケースも多く、30代前半と比較しても転職活動が長期化する傾向があるので注意が必要

30代で未経験の仕事を目指すなら、在職中の転職がベター

転職活動を進めるにあたっては、在職中から転職活動をする人もいれば、仕事を退職してから転職活動を始める人もいます。ここで注意しておきたいのが、30代で未経験の仕事に転職する場合は、転職活動が長期化する可能性がある、という点です。

転職活動は、長引くほど経済的にも精神的にも負担が大きくなります。そのため、できる限り在職中に転職活動をはじめ、退職する前に転職先を決めておいた方が良いでしょう

給料のダウンは覚悟しておく

業界・職種によって状況は異なりますが、一般的に、未経験分野への転職は今までのキャリアが生かせない分、給料が下がる傾向があります

30代ともなれば、役職についていたり、昇給していたり等で、給与水準が高い方も多いでしょう。給料ダウンの可能性が高いようであれば、生活にどのていど影響するのか、貯蓄などでカバーが可能な範囲なのかどうかを考えておきましょう。

30代で未経験の仕事への転職を成功させるには?

前述の通り、30代で転職する場合は、企業側から即戦力としての活躍を求められるケースがほとんどです。
しかし、未経験分野への転職となると、即戦力として活躍するのは困難。この問題点をクリアするために行いたいのが、「今までの経験・キャリアの中で、未経験の仕事に活かせる部分」と「その仕事に就くために実践している具体的な取り組み」を企業側にしっかりと伝えることです。

30代の未経験転職成功のポイント①今までの経験・キャリアで活かせる部分を考える

未経験の仕事に就くということは、その仕事に対して実務経験や専門知識がないことを意味します。こ実務経験や専門知識は、その分野の仕事をこなす上での大きなアドバンテージになりますが、社会人として必要なスキルはそれだけではありません。業界や仕事内容が違ったとしても、ビジネスマナー、コミュニケーションスキル、仕事に対する姿勢、交渉力や営業力、人材育成や後輩指導の経験などのスキルや経験は汎用性が高く、未経験の仕事でも役立つ場面が多々あります
今までの経験のなかから、自分の活かせるスキルは何か、自分の強みは何かを、もう一度考え、明確にしておきましょう。そして、それはそのまま転職を希望する先へのセールスポイントとしてアピールすることができるはずです。

30代の未経験転職成功のポイント②転職にあたっての具体的な取り組み(熱意)を伝える

未経験の仕事に転職する場合、その仕事で必要とされる知識やスキルを身に付けるために自分がなにを行っているか、を伝えられるようにしましょう。

具体的には

  • 関連する資格の勉強
  • ビジネススクールやセミナーの受講
  • 最新の業界情報のキャッチアップ
  • 公的機関が主催する職業訓練に通う
  • 通信講座で勉強する

などが挙げられます。

上記のように、その仕事で必要とされるスキルを身に付けておくことは、実際の業務で役に立つだけでなく、未経験分野への転職では「できるだけ早く即戦力になれるよう努力している」というアピールにもなります。また実際にこれらの努力は、就業後、戦力になるための期間を短縮してくれるはずです。
未経験の仕事へ転職するためには、熱意を持って、その仕事に向き合う姿勢が必要と言えるでしょう

求人はどう見つける?「30代未経験OK」の仕事の探し方

最後にもっとも重要となる、30代で未経験OKの求人を探す際のポイントをご説明します。
転職には直接応募、転職サイト経由での応募、転職エージェント経由での応募という3種類の方法があります。30代で未経験OKの仕事を探す場合は、転職サイトと転職エージェントの併用がおすすめです

特に転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーに「30代未経験OK」の確証がとれた求人のみをピックアップしてもらうことができます。一般には公開されない非公開求人を多数取り扱っている点もポイント。さらに履歴書・職務経歴書のブラッシュアップや、面接対策まで無料でサポートを受けることができるため、転職活動を効率よく進めたい方は活用すると良いでしょう。

30代未経験OKの求人の探し方・画像

転職サイトは自分のペースで転職活動したいという方に適しています。Web履歴書・職務経歴書を登録しておくことで、企業側からのスカウトを受けることも可能です。未経験OKの求人を探す際は、キーワードに「未経験」と入力して、求人を絞り込むことができます。

また希望の求人に「未経験歓迎」といった表記がない場合も、その時点で諦めるのではなく、とりあえず応募してみましょう。万一書類選考で断られたとしても、それを気にする必要はありません。
結果にこだわり過ぎず、また条件に縛られ過ぎずに転職活動を行うことも、30代で未経験の仕事に転職する際は、非常に重要な要素になります。

下記は、30代未経験OKの求人に強い、おすすめの転職サイトと転職エージェントです。転職活動を進めていく際、是非ご活用ください。

30代未経験の仕事への転職 おすすめ転職サイト・転職エージェント

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクルートが運営する転職サイト。業界トップクラスの求人数を取り扱う。特に事務・営業・企画などの分野に強く、未経験OKという求人も多い。これらの分野への転職を希望する場合は、ぜひチェックしておきたい。未経験の仕事への転職を検討する場合も必ずチェックしておきたい転職サイトの一つ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界No.1の転職成功実績を誇る転職エージェント。リクルートエージェントでは、未経験の仕事への転職を、専任のコーディネーターが無料サポート。履歴書の書き方から面接まで直接、指導してくれる。未経験の仕事への転職を検討している方は、必ずチェックしておきたい。

パソナキャリア

パソナキャリア画像

パソナグループが運営する転職エージェント。転職希望者のサポート実績は25万人を超えており、信頼度・実績はトップクラスを誇る。派遣で培ったネットワークを武器に12,000社以上から公開・非公開含め、多数の求人が寄せられており、男性はもちろん女性の転職支援にも強い。

未経験でも採用されやすい業界・職種は?

1旅行・ホテル・ブライダル業界

訪日外国人の増加やオリンピック需要等で活気がある業界の1つ。ブライダル業界は変則勤務。接客力に加え、語学力、PCスキル等も求められる。土日祝日勤務あり。

2交通・運輸業界

トラック運転手や、タクシードライバー、バス運転手などは人手不足が顕在化。給料の水準が高く、運転免許等の資格取得サポートも手厚い。勤務はシフト制が多め。

3不動産業界

未経験者採用に積極的。法律・金融の知識は必須。宅建(宅地建物取引士)があると給料がアップする企業が多い。土日祝日勤務あり。

4IT・通信業界

AIやIoTなどの技術革新によりエンジニア需要が高い。プログラミング言語などの専門知識が必須。日進月歩の業界であり、つねに学び続ける姿勢が必要。

5飲食・アパレル業界

接客中心の仕事が多く、人物や熱意を重視した未経験採用が多め。近年、人手不足感が高まっている業界の1つ。土日祝日勤務あり。

6福祉・医療

介護士、保育士、看護師などは慢性的な人手不足。国家資格が求められる職種が多く、他業界よりもハードルは高め。残業・不規則勤務あり。

志望動機・強み・具体的な取り組みをセットで伝えよう

30代での未経験の仕事への転職は、決して容易ではありません。しかし「未経験の仕事でも、これまでの経験やスキルが何らかの形で活かせること」や「その仕事へ転職するために、資格の取得をしてきたなど、自分自身が取り組んできたこと」を、応募書類や面接でしっかりアピールすることができれば、転職できる可能性は十分あり、実際に成功している方も多数います。

30代未経験の仕事への転職・画像

大切なのは
「なぜその仕事をしたいのか」
「仕事内容が変わっても、自分が新しい会社で活かせる強みは何か」
「その仕事に転職するために、どんな努力・取り組みをしてきたか」
をしっかり考え、「その仕事をしたい」という熱意を持ち、転職活動に臨むことです。もし転職活動がなかなか思うように進まなくても、この経験を次に活かすという気持ちを持って諦めずにチャレンジし続けましょう。

これまでの経験を次に活かせるのが30代の強みです。その強みを最大限に活かして転職活動を進めていくことが、30代で未経験の仕事への転職を成功させるための最大のポイントと言えるでしょう