ホテル業界から未経験の仕事に転職するには?強みと志望動機、おすすめの業界やエージェントもご紹介

転職活動の歩きかた

ホテル業界 転職 未経験

キャンセル

ホテル業界から未経験の仕事へ転職する方法とは?

ケース別転職対策

ホテル業界から未経験の仕事へ転職する方法とは?

強みと志望動機、おすすめの業界やエージェントもご紹介

ホテル業界から未経験の仕事へ転職する方法とは?

ホテル業界から未経験の仕事を転職する人が急増

新型コロナウイルスの影響を受けて、ホテル業界では営業規模の縮小や廃業を迫られるケースが増えています。

非正規雇用として働いている場合は退職後も雇用保険などで十分な保障を受けることができなかったり、ホテルの仕事にやりがいを感じているものの収入面で別の仕事を探さざるを得ない、という方も少なくありません。

ホテル業界・画像

通常転職では、前職に関連した業界・職種を選ぶことがもっともスムーズに再就職を成功させるコツですが、コロナでホテル業界の先行きが不透明な現在は、ホテル業界ではなく、別の仕事を探したほうが良いと考える方も多いはず。

ホテル業界から未経験の他業界・他職種への転職は決して不可能ではありません。なぜなら接客がメインとなるホテル業務の中には、他の仕事で活躍するスキルが数多くあるからです。

そこで今回は、ホテル業界から未経験の仕事への転職を検討している方のために、ホテル業界で働いていた方の強みや、転職の際に伝えたい志望動機、おすすめの仕事をご紹介します。

ホテル業界で働いていた強みとは?志望動機のポイント

ホテル業界出身者の強みとは?

ホテルの仕事とは「おもてなし」を第一に、利用客に快適なサービスを提供することです。実際の業務内容は、フロント、配膳、客室清掃、イベントの企画や従業員のシフト管理など多岐に渡りますが、それぞれの仕事を振り返り、自分が身に付けてきたスキルを棚卸ししてみましょう。

たとえば、接客の技術ひとつを取っても、利用客の意向を汲み取り、最適なサービスを提供すること、そのために必要なコミュニケーションスキルや語学力、適切な敬語や所作、さらにはトラブルやクレームがあった場合の対応力など、ホテル業界で身につくスキルは高い多様性があることがわかります。

さらに、ホテル内でのイベント企画の経験等があれば、なにかを立案し実行するまでの流れを経験したことが、プロジェクト管理などで役立つでしょう。

より高度なホテル経営を経験した方は、従業員の採用やシフト管理、経理などでもそのスキルが評価される場面があるかもしれません。

未経験の業界・職種へ転職する際も、このようなスキルの多くは実務に活かすことができるため、自己PRのポイントとして応募書類や職務経歴書にもしっかりと記載しておきましょう

ホテル業界出身者が身に付けている主なスキル

  • 語学力(英語、中国語etc.)
  • コミュニケーションスキル(気配り、ホスピタリティetc.)
  • ビジネスマナー(敬語、身だしなみ、所作etc.)
  • トラブルやクレームへの対応力
  • リスクマネジメント
  • イベント等の企画や運営
  • ホテル全体の経営管理(総務、人事、経理etc.)

ホテル業界から未経験の仕事に転職する場合の志望動機

志望動機は、ホテル業界から未経験の仕事への転職を目指す際、応募先企業の採用担当者からほぼ100パーセントの割合で聞かれる質問です。
「なぜうちの会社を選んだのか」「この業界を選んだのはなぜか」という問いに応えるためには、自分自身の強みを知っていると同時に、志望する業界・企業についても情報を把握しておく必要があります。

特に未経験の業界・職種であれば、採用側が重視するのは、応募者の「意欲」と「適正」。さらに、「すぐに辞める人でないか」「応募した仕事に就くためにどのような具体的努力をしているか」などもチェックの対象となります。

志望動機・画像

「新型コロナウイルスの影響で収入が不安定になった」などの事実は、転職の理由になり得たとしても、その業界や企業に応募しようと考えた理由(=志望動機)とは異なります。
そもそも志望動機とは、自分がこれからどのような仕事をし、どのようなかたちで応募先企業に貢献していきたいか(できるか)、仕事を通じて成し遂げたいことやビジネスパーソンとしてのなりたい姿などを伝えるものです。
そのため、ネガティブな内容よりも正確な情報をもとにしたポジティブな内容を伝えられるよう、心がけましょう

ホテル業界から未経験の仕事への転職 その1 介護業界

介護業界は圧倒的な人手不足を背景に、未経験者にも広く門扉を開いている業界の1つです。
40代・50代の採用も一般的で、未経験・無資格からの就業も可能。また、実務をこなしながら関連資格を取得し、徐々にステップアップしていくためのルートもあり、スタッフの資格取得をサポートしている介護施設も少なくありません。

ホテル業界出身者が得意とするホスピタリティやコミュニケーションスキルを活かしやすい分野でもあります。「人の役に立つことが好き」「ありがとうと感謝されることが嬉しい」など、人との関わりにやりがいを感じる方に特におすすめです

介護業界・画像

ただし、介護の仕事は、職場によっては「夜勤がある(夜勤なしの求人もあるが、夜勤ありの場合よりも給料は下がる傾向)」「排泄介助など適正の分かれる業務がある」といった注意点もあります。
身近なところに介護業界の従事者がいれば話を聞いてみたり、実際の介護施設を見学してみるなど、介護業界の詳しい情報収集も怠らないようにしましょう。

介護業界の求人を探す場合は、介護職の転職を専門でサポートする転職エージェントの利用がおすすめ。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、マンツーマンで求人紹介や応募書類作成の手助けをしてくれるだけではなく、介護施設の詳しい雰囲気や研修制度なども把握しています
未経験者歓迎の介護施設情報も手に入るため、介護業界への転職を目指す場合は上手く活用しましょう。

介護業界への転職におすすめの転職エージェント

ミラクス介護(旧スマイルSUPPORT介護)

ミラクス介護(旧スマイルSUPPORT介護)画像

医療・介護関連の人材サービスを手がけるHITOWAキャリアサポートが運営する介護職専門の転職エージェント。首都圏最大の介護求人数と、介護分野に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートに定評がある。未経験者OKの求人はもちろん、資格取得中の求職者向けの就職サポートも実施。求人の紹介に加え、面接日程の調整、給与や夜勤の有無といった待遇面の交渉も任せることができる。

対応エリア 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)

ホテル業界から未経験の仕事への転職 その2 外資系企業(営業)

語学力やコミュニケーション能力に自信のある方は、外資系企業の営業職を狙うのもおすすめ。特に、ホテル業務の中で、他の団体・企業と関わる仕事や、販売促進・広報などのPRを行う仕事に従事していた場合は、前職の経験を活かすことができるでしょう。

外資系企業は実力主義の社風を持つところが多く、「年齢」「性別」「就業年数」よりも今現在できることと将来的な潜在能力(ポテンシャル)を重視する傾向があります
接客スキルの高いホテル業界経験者は、ホスピタリティやビジネスマナーに加え、トラブル対応などの問題解決能力も鍛えられていることが多いため、営業職に向いている方は少なくありません。
TOEICスコアなどの実力を証明できる資格がある場合は、より有利

外資系企業・画像

ただし、ひとくちに営業といっても、業界・営業形態により仕事内容は大きく分かれます。まずは求人同士を比較し、営業職の中でも未経験者OKの企業やポテンシャル採用を行っている企業の求人をチェックしてみましょう。
漠然と「営業の仕事」と捉えるのではなく、応募先企業の業界内でのポジションや、その中で自分が貢献できる役割を考えることが大切です。

なお、転職エージェントの中には、外資系企業への転職を専門にサポートしているところもあります。日本国内はもちろん、アジアや欧米などに海外拠点を持ち、現地の求人情報や現地企業の社風を把握しているため、外資系への転職を目指す場合は利用してみましょう。

外資系企業におすすめの転職エージェント

エンワールド

TECH CAMP(テックキャンプ)

タイ・インドなどアジア太平洋地域5ヵ国に拠点を持つ転職エージェント&人材派遣会社。外資系企業や日系グローバル企業のミドル~ハイクラスポジションの転職支援を手がける。
転職をサポートするコンサルタントはチーム制で、各業界に特化した専門知識を持つスタッフが担当。求職者1人1人の仕事観や人生観を共有し求人を提案してくれる。

ホテル業界から未経験の仕事への転職 その3 IT業界

介護業界と同じく未経験者の中途採用を積極的に行っているのがIT業界です。社会システムのオンライン化やECサイトの増加などによってITエンジニアは慢性的に人手不足の状態が続いており、20代はもちろん30代のニーズも少なくありません。

IT業界・画像

プログラミング言語や開発ツールの使い方に始まり、仕様書の読み方、デバッグの方法等、多くの専門知識を必要とするITエンジニアですが、学歴・職歴に左右されにくい職種であり、自分自身のスキルを磨くことがキャリアアップにつながる点も魅力の1つ

また、IT業界に興味はあるが、ものづくりよりも分析や企画のほうが好きという場合は、Webマーケターを目指すのもおすすめです。

未経験からIT業界を目指す場合は、プログラミングスクールやWebマーケター養成講座等で基礎知識を身に付けたうえで、転職活動に取り組んだほうが、専門的な知識を効率よく吸収することができます。卒業生のために転職支援サービスを提供するスクールも増えているので、IT業界に興味がある方はチェックしてみると良いでしょう。

IT業界への転職におすすめの転職保証付きプログラミングスクール

DMM WEBCAMP COMMIT

DMM WEBCAMP COMMIT・画像

DMMが運営する20代向けのITエンジニア養成講座。完全オンライン型のWebスクールで、3ヶ月間の「短期集中コース」と4ヶ月間の「専門技術コース」がある。専門技術コースは厚生労働省の専門実践教育訓練給付金制度の対象となり、最大70%の教育訓練給付金がキャッシュバックされる点も嬉しい。プログラミング学習・チーム開発・ポートフォリオ作成などのカリキュラムをこなしたあとは、専属のキャリアアドバイザーが転職をサポート。 98%の高い転職率を誇る。

料金
  • 短期集中コース … 628,000円(税別)
    ※分割払い:月々15,500円~
  • 専門技術コース … 828,000円(税別)
    ※専門実践教育訓練給付金制度でキャッシュバックを受けると350,800円(税別)、分割払い:月々20,500円~
  • 万一転職できない場合は受講料を全額返金

IT業界への転職におすすめの転職保証付きWebマーケター養成スクール

DMM MARKETING CAMP

サイトキャプチャ

インターネット上において広告運用・集客・広報などを手がけるWebマーケターの養成講座。
無料のオンラインカウンセリングを実施。3ヶ月間の講座を受講し、オンライン動画やグループワークで広告運用やプランニング・データ解析等の理論を学んだあと、2回の実践的な広告プランニングワークを行う。講座終了後はキャリアカウンセリングを経て実際の転職活動もサポート。未経験から短期間でWeb・IT業界への転職を目指すことができる。

料金
  • 入会金 … 3万円(税別)
  • 受講料 … 598,000円(税別)※分割払い:月々29,000円(税別)
  • 20日間全額返金保証付き

ホテル業界で培った強みは他業界・他職種にも活かせる。やりたいことを整理して後悔のない転職をしよう

新型コロナウイルスという予期せぬ災厄により、日本のみならず世界中で、ホテル業界は大きなダメージを受けています。
しかし、転職市場を見渡せば人手不足の業界も依然としてあり、その中にはホテル業界で培ったスキルや経験が活きる職種も少なくありません。

ホテル業界の転職を検討している方は、まずはご自身の経歴を振り返り、ホテル業務の中で身に付けたスキルなど、強みを把握しましょう
また、自分自身のやりたいことや興味のある仕事について情報を集めることも大切です。
もしも、自分ひとりでうまくキャリアの振り返りや今後のキャリアプランを描けない場合は、転職エージェントを利用するのもおすすめ。
あらゆる業界・職種の求人を取り扱う大手の転職エージェントであれば、キャリアについて相談し、ご自身に合った提案を受けることもできます。

今回ご紹介したホテル業界経験者の強みや志望動機のポイント、おすすめの業界情報も参考に、ご自身のやりたいことを主軸として後悔のない転職を実現しましょう!

著者
長尾 尚子

著者 長尾 尚子

フリーランスライター。得意分野は、育児・教育、住宅ローン、保険、金融、エンタメ等、幅広い。子ども2人を育児中のママでもある。
【資格】消費生活アドバイザー、FP2級